> > > 銀行カードローンブラック対応!すぐ借りれるところをご案内

銀行カードローンブラック対応!すぐ借りれるところをご案内

頼りにしていた銀行カードローン。でも、時にはそれが使えなくなってしまうことも…。

ちょっとした油断で銀行カードローンは、あなたからそっぽを向いてしまうことだってあります。

そんな困ったことになってしまった時、本当に役に立つ即日キャッシングのサバイバルテクニックを知っていると安心です?

そこで今回は、キャッシングを即日利用したい時の、キャッシングサバイバル術(ブラック対応)を公開したいと思います。

なぜ銀行カードローンがそんなに有利で魅力的なのか?

銀行カードローンが有利だという話をどこかで聞かれたことはありますか?

あるいはカードローンの必要を感じない人でも、どうせなら銀行カードローンだと考えているそうですが、あなたはいかがでしょうか?

例えば、テレビコマーシャルなどでひんぱんに広告を流している某有名、大手銀行カードローンのスペックは次の通りです。

金利 年4.6%~14.6%
融資額 最高500万円まで

かつての銀行といえば、お堅いイメージが先行していて実際には貸してくれない、という評判でした。

しかし、そのようなイメージが最近は大きく変化してきたことも事実です。

結果、銀行のカードローンが非常に使いやすいのではないかという評価が一部で得られることになってきています。

このような評判の変化はいったいどの程度の真実性を持っているのでしょうか。

銀行カードローンはかつてないほど審査が緩くなった

ある時代に日本が経験した金融危機は、証券市場、不動産市場、金融業界をも巻き込んだ産業全体の一大変革を招きました。

変革の影響から、業界内にあった企業間の垣根を超えて相互に業務提携や資本提携を結ぶようになりました。

銀行は消費者金融業者との業務提携によって、消費者金融に対する業務ノウハウを手に入れることになったのです。

具体的一例として、銀行はカードローンの保証会社として消費者金融業者に業務委託を結んだりしています。

保証会社は利用者の保証業務を引き受けるのみならず、カードローン申込みに対する審査も受け持つのです。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準について


ですから、あなたがカードローンに申し込めば、保証業務を受託している消費者金融業者が審査を実施することになります。

この仕組によって銀行のカードローンであるにも関らず、消費者金融レベルの審査で発行されるカードローンが実現したのです。

銀行は業者が保証を引き受けてくれているので、負債を引き受けることになるような危険を避ける事が可能になりました。

こうしてみてみると、銀行と消費者金融業者、そして利用者との間でそれぞれに大きな利益がもたらされていると言えるでしょう。

保証会社による審査であれば誰でも審査に可決できるか

保証業務の提携によって銀行カードローンは消費者金融のカードローンと同等の審査基準になったのかといえばそうとも言えません。

カードローンに限らず銀行のローンは、消費者金融とは違った法律による規制があります。

消費者金融では配偶者の名義でカードローンを発行できませんが、銀行では配偶者貸付制度を利用することが可能です。

一般に銀行の規制の方が消費者金融のそれよりも緩いように見えるほどです。しかし、ここに落とし穴があります。

たとえば、消費者金融でも銀行でもアルバイトに対してカードローンを発行できることは同じです。

ところが、銀行では年収制限があって200万円以下では利用者本人名義のカードローンは難しくなります。

これらの法律的な規制による条件の違いは、時間とともに改善されることが見込まれますが、道のりは遠いと言うしかありません。

銀行の個人信用情報管理は厳しいと言われるのは何故?

日本には公的な個人信用情報管理機関が3つあります。それは次の3つの情報機関です。

  • 株式会社 シー・アイ・シー
  • 株式会社 日本信用情報機構
  • 全国銀行個人信用情報センター

上記2つの情報機関は信販や消費者金融業者が利用することになっており、銀行が使用するのは全国銀行個人信用情報センターです。

銀行と消費者金融、それぞれ個人信用情報の一番大きな違いは、利用履歴の保存期間が異なることです。

消費者金融が参照している信用情報機関は5年間の履歴保存が原則になっています。

それに対して、銀行の信用情報機関では10年の履歴保存が決められています。


つまり、過失の大小に限らず、銀行カードローンの利用に問題が生じた場合の利用履歴は10年間は保存されます。

これは利用者としては大きなリスクの1つだと言えるのではないでしょうか?

最悪の事態を考えてみましょう。自己破産すれば債権者の記録に永遠に経歴が残されることになります。

しかし、信用情報の経歴や事故記録は一定の期間を経過すれば参照できなくなります。

ですから最悪の事態としての自己破産をしたとしても、一定期間を過ぎれば他の業者なら利用することが可能になります。

ところが銀行の数はそれほど多くないので、今後も銀行カードローンの審査に通ることが難しいという状況が続くことになるのです。

銀行なら必要になった日に申し込めば、即日カードローン発行?

銀行が開いているホームページでカードローンの説明を見ると、最短即日発行と記載しています。

しかし、本当に即日で発行してもらえるかというと必ずしも思うとおりには行かないようです。

第一の理由として、申し込み金額や状況によって必要な書類が変わってくることが挙げられます。

必要書類によっては当日に用意できないものも含まれることも考えられますし、銀行の都合で変化する場合もあります。

申込みの時間によっては保証会社による審査が間に合いません。

保証会社に審査が回されている間に、銀行側は業務の終了時間になってしまう事態も考えられます。

だからこそ、銀行のホームページでは最短即日と表記しているのであって、すべての申込みが即日ではないことを意味しているのです。

消費者金融を利用するとダメになるというウワサの真相

消費者金融というと、どのような印象を抱かれているでしょうか?

まだ、お付き合いをしたことがないという方から、もう業者並によくご存知の方まで様々に意見が違ってくるでしょう。

いつも利用者に寄り添うようにしてきた消費者金融なのですが、全体的な印象は釣り合っていないかも知れません。

評判が伴わない背景には、歴史的状況を伴った薄暗い記憶が誤解とないまぜになって底に沈んでいる事実があります。

消費者金融は金利が高すぎるというのは事実でしょう?

消費者金融の金利は高すぎるという意見が最も代表的だと思えます。

それではまず、消費者金融業者が提示しているカードローンのスペックから代表的と思われるものを示してみます。

実質年率 4.7%~18.0%
融資額 1万円~500万円

通常、実質年率(金利)は最低利率~最高利率という幅を持った形式で表示されています。

ですから、比較するときには最低利率同士、最高利率同士を比較する必要があります。

さきほど提示した銀行の例とこの消費者金融の例とから、最低利率と最高利率とを並べてみましょう。

最低利率 最高利率
銀行 4.6% 14.6%
消費者金融 4.7% 18.0%

最低金利の差はわずか0.1%に過ぎないのですが、最高金利の差は3.4%の差があります。

この3.4%が大きいということであれば、確かに消費者金融は金利が高いということができるでしょう。

そもそもローンの利用は利用代金と分割支払い期間から手数料を支払うことになります。

この時の利息(手数料)を計算するための定数が金利と呼ばれており、一般的なリボ払いの計算式は次の通りになります。

利息(円)=元金(円)×金利(%)×日数(日)÷365(日)

金利20%で5万円を利用。30日毎に支払いをして返済すると、初回の利息(手数料)は

50,000円×0.20×30日÷365日=821円

この計算式で、821円は5万円を30日利用するための手数料になります。

ちなみに10回で完済するためには毎回5,500円程度の返済によって達成することができるはずです。

手数料は元金と利用期間日数で決定されるので、単純に金利が高いか低いかで判断することは難しいことなのです。

ですから金利で判断するのではなく完済までに支払うことになる総支払い利息で考えることをおすすめします。

前述の例での総支払い利息は4,598円で、金利を逆算してみると、意外なことが判明します。

50,000円を利用して4,598円を利息として支払ったのですから、これを年利に換算すると約9.2%になります。

実質年率が20%で利用したにも関らず、逆算すると9.2%にしかならないのはリボ払いの効果です。

ここで消費税程度の利率である9.2%という金利が高いか低いかという判断が必要になるのではないでしょうか。

消費者金融を利用すると後々の取り立てが恐ろしい

金融業者が職場や自宅に押しかけて恐喝めいた取り立てを受けたという証言を引用して消費者金融の利用をいさめる人がいます。

確かに突然、職場や自宅に押しかけてきて取り立てされたとしたら恐ろしいことこの上ないでしょうが、ちょっと待ってください。

順調に支払返済が継続されている限りにおいては、どのような業者であっても脅迫めいた取り立てはありません。

また、すべての金融業者が暴力的な取り立てを行っているはずもありません。

つまり、表題の主張には前提としていくつかの条件が隠されているので、考えるべき要素を明らかにする必要があります。

それは、

  • ローンを提供した業者
  • 返済支払い延滞時の処理

ということになるでしょう。

特に似非消費者金融・自称消費者金融などを利用した場合、問題を生じます。

これらの似非・自称の業者は一般にはヤミ金融と呼ばれることが多いのですが、彼らは消費者金融ではなく、非合法業者です。

非合法業者は、法律で定められている登録をしていないばかりか、営業の内容も合法的ではありません。

ですから、表題で言っているような被害に遭ったのは非合法な業者を利用したのではないかと推定できます。

消費者金融業は登録事業であって、各都道府県知事あるいは内閣総理大臣の登録を受けて事業を行わなければなりません。

勿論、事業を営業するにあたっては関係法令の他、各規制に準じて合法的に行うことが厳しく定められています。

特に中心的な役割を果たしている法律、貸金業法では貸金業の実際業務を事細かに規制していて、取り立てに関する規制も含みます。

突然、自宅を訪れて取り立てを行うことは明確に禁止されている営業形態なのです。

次に返済支払いの遅延・延滞についてはどのように考えればよいのでしょうか?

キャッシング・ローンは個人に対する信用に基づいて実行される契約ですから、遅延・延滞などをしてはいけません。

しかし、なんらかの事情でやむを得ず数日の遅延が発生することは偶発的に起こりえることでしょう。

そのような場合は利用者が自発的に対処する必要があります。

早急に業者が開設しているサービス窓口に連絡を入れ、相談することでそれ以上の影響を回避する手段を講じることができます。

ヤミ金などを利用している場合はこのようなことはさらなる問題を引き起こす可能性が極めて高いのです。

また、親戚・友人関係からの借入などであれば、どのようにしても以後の関係がぎくしゃくしてしまうことも考えられます。

ヤミ金はもとより、親戚・友人も避けた方が賢明となれば、プロである消費者金融がもっとも紳士的だと言えるのではないでしょうか。

消費者金融ってなんとなく怪しいよね?と言われるのは何故

消費者金融を利用しようと思って友人などに相談をすると、消費者金融のイメージが悪いと止められたという話が聞かれます。

悪印象による批判は原因が基本的にはっきりしないので、もっとも扱いにくい批判になってしまうものです。

一般論として消費者金融の悪印象の原因に挙げられることは、過去の歴史にまつわるいくつかの事件のようです。

消費者金融は戦後の好景気時代にサラリーマンの生活必要に応じるために始まった事業でした。

その頃の景気と収入とのバランスを図る便宜を提供することを目的として、無担保・無保証人によるローンを提供したのです。

景気が上向くに連れて、業界は過熱して行き過ぎた貸付けが生じて一部に社会問題化したような事象も起こったのです。

それをマスコミが取り上げた時の経緯が悪印象の原因として指摘されることが多いようです。

いわば草の根運動のように生活の場から発生し育ってきた業界だけに加熱した時のコントロールには困難が伴いました。

しかし、過剰なまでの遵法精神によって業界を規制する法律を整備し続けていることもまた事実なのです。

今や歴史を踏まえて改正を積み上げた関連法令によって極めて紳士的な営業を業界の標準にすることができたと言えそうです。

一朝一夕に整備された業務を持つことができなかったことが消費者金融の悪印象の原因であるとすれば、とても悲しいことですね。

さて、銀行に比べると消費者金融はお得ではないと言えるか?

これまで消費者金融の特徴を銀行と比較しながら検討してきましたが、その要点は次のとおりでした。

  • 金利
  • 取り立て
  • 歴史

これらをまとめれば、消費者金融とは生活者の立場で紳士的な貸金業を営み消費税程度の金利を得る業者だということになります。

銀行のカードローンが表面上は有利に映るような気もしますが、絵に描いた餅では役に立たないのです。

銀行のカードローンと消費者金融が提供するローン商品とでは比較することに意味がない場合も少なくありません。

このことを少し補足しておく必要があるかも知れません。

カードローンを利用する動機は主に生活資金の調達であって、金額的には5万円程度だと言われています。

さて、銀行のカードローンを申し込むとすれば、カードローンの限度額の最低金額は30万円程度になると思われます。

つまり、30万円の限度額に対する個人信用が調査されることになるわけです。

しかし、このような設定が本当に親切かは不透明でしょうし、不必要な利用を誘う危険も少なくありません。

それに対して消費者金融のカードローン申込みでは最低申込み金額が1万円からであることが多いのです。

ですから、5万円の必要であれば5万円を利用限度額としてカードローンの申し込みが可能です。

消費者金融のカードローン・キャッシングから見れば、銀行の利用は過剰であり、不合理だと言えそうです。

つまり、銀行のカードローンと消費者金融の金融商品とは全く別のサービスとして理解することが正しいのです。

ですから、銀行カードローンが利用できない状況にあったとしてもそれを悲観する必要はなく、消費者金融は利用できます。

また、状況によっては消費者金融が利用できないような事態もありますが、銀行カードローンは利用できる場合があるのです。

結論を言ってしまえば、消費者金融のカードローンは銀行のものに比べて劣っている、不利であるということに意味はありません。

消費者金融ならキャッシングローンに柔軟な対応が期待できるワケ

消費者金融ならではという評価はほとんどの場合、生活・利用の状況に密着しています。

ここでは、そのような消費者金融ならではの利用するメリットを取り上げて説明します。

様々な消費者金融はそれぞれ個性に溢れているメリット

銀行なら大きく分けて都市銀行と地方銀行ということになり、営業対象の地域に大小があっても銀行は銀行です。

消費者金融の場合、有名大手かその他の中堅・中小といった具合に業者の規模で分類されることになります。

特に中堅・中小になると地元に密着しての営業に力を入れていることがほとんどであり、業者ごとにかなりの違いが生じます。

その違いは事業規模であり、また得意とする顧客のタイプであるということができるでしょう。

商店街に拠点を構える業者であれば、地元商店やそこの顧客が中心的な利用者として想定されているはずです。

学生街にある消費者金融業者なら、あるいは学生ローンといった学生向けのキャッシング商品を用意しているかもしれません。

消費者金融業者が主力の顧客を想定することは、利用者にとって大きなメリットを生み出します。

業者が利用者の個別な状況を理解しやすいということです。

これによって状況に応答した審査を実施することが可能になり、また利用期間中の相談に応じることも可能になるのです。

大手消費者金融のカードローンは魅力が一杯!


有名大手の消費者金融が発行しているカードローンはとにかく便利だということ。

営業の規模が全国に及んでいることは、銀行のカードローンと変わるところがありません。

画一のサービスが規制されているわけではないので、業者ごとにキャンペーンが実施されて金利面での優遇もあります。


業者によっては一定期間の利息が免除されるといったキャンペーンを実施している場合があります。

このようなキャンペーンは無論、いつでもあるわけではありませんが、業者の工夫・努力の表れだと考えることができます。

コンビニエンスストアなどとの提携を結んでおり、利用・返済の便宜を計っている工夫はそのまま利用者の負担軽減につながります。

利用と返済に必要な手間が効率化できれば、利用者の負担を減らすことが可能になり、カードローンが使いやすくなります。

中には24時間の利用・返済を可能にした業者もあり、時間的な制限を利用者から取り除くことに成功しています。

もちろんカードローンですから、利用限度額の枠内であれば何度でも、いつでも利用することが可能です。

定期的に利用状況をチェックしており、増額の案内なども適時行われ、利率の調整も細やかなのです。

全国各地で優秀な中堅・中小の消費者金融業者を利用できます

日本全国にある商店街や学生街で店舗を構えて営業している消費者金融業者も無視することはできません。

これらの消費者金融が提供しているのはカードローンではなく、キャッシングローンと呼ばれる金融商品です。

キャッシングローンは必要な金額を申込んで、審査に可決すれば現金が渡される素朴な形態の金融商品です。

ですから、3万円必要になった時には3万円を申込み、その分の信用審査を受けることになります。

カードローンのようにいつでも利用できるというわけにはいきませんが、場所的に便利な業者を選ぶことができます。

また、業者はそれぞれ独立した業者であることが多く、従って審査基準も大きく違っていることが魅力です。

地元の事情を理解しているので、状況に則した審査になることが多く利用に際しても無理なく申込みができるでしょう。


これらのメリットは中堅・中小の業者が採用している対面審査と呼ばれる審査によって実現されています。

担当者と向かい合って、相談しながら契約できるので、柔軟で積極的な結果を導いてもらえるのです。

気をつけたい!似非消費者金融に引っかかるな

有名な消費者金融業者によく似た名前だからといって安心できないのは、似非消費者金融業者が紛れ込んでいる場合があるからです。

自称消費者金融業者は消費者金融ではなくヤミ金なので、どのような事態に巻き込まれるか予想がつきません。

イメージで判断するのではなく、しっかりとした法的な鑑識眼をもって判断するようにしましょう。

たとえ提示している金利が低くても信用はできず、融資そのものが実行される保証もないことを知っておきたいものです。

ブラック対応!即日キャッシングを実現する裏ワザ

本当に追い詰まった時、即日でキャッシングを実現しなければならない時、そのような時に何とかするノウハウが必要です。

本来、このような事態は避けるように計画的に利用すべきなのは言うまでもないので、ここでは触れません。

最悪の事態を回避するためのサバイバル術の1つとして、たとえブラックであっても利用できる方法を紹介することを目的にします。

手順は以下の通りになります。

  • 情報を集める
  • 登録を確認する
  • 審査方法を確認する
  • 口コミで評価する
  • 電話で問い合わせる

では以降、それぞれの手順に説明を加えていきます。

業者情報はインターネットで簡単に収集できる

インターネットの検索サイトを利用し「消費者金融」等のキーワードを指定すれば、容易に消費者金融業者のリストを入手できます。

手に入れたリストに含まれる業者がすべて信用に足る業者だとは限らないので、注意が必要です。

まずは、業者がホームページを開設していることを用意していることをひとつの目安にすることをお奨めします。

ホームページを開設していれば、業者の公式情報を簡単に閲覧することが可能であり、時間的にも効率が上がるからです。

業者の情報として以下の内容をしっかりと把握しましょう。

  • 業者の正式名称
  • 貸金業登録番号
  • 業者の所在地

これらの情報を元に、その業者が信用に足る業者であるかを判断することになります。

正規の登録業者なのかを確認しよう

消費者金融業は登録業であることは既に説明しましたが、登録がされていることをどのように確認すればよいのでしょうか。

そのためには金融庁が公開しているサイトにある「登録貸金業者情報検索」を利用することができます。

商号・名称の入力欄に業者の正式名称を入力し、検索開始ボタンをクリックすると検索結果が表示されます。

業者の情報が表示されなければ、その業者は似非消費者金融業者だと判断しましょう。

表示された時は、業者自身が公表している登録番号と所在地とを確認することが大切です。

どのような審査を受けるのか事前に確認しておこう

既に説明したように、審査には個人信用情報が用いられることが普通です。

このことは対面審査を行う中小の消費者金融業者でも同様で、基本的には個人信用情報を参照しながらの審査になります。

しかし、個人信用情報は機関に加盟している業者しか照会することはできないことになっています。

大手ではない消費者金融業者の中には、これらの個人信用情報機関に加盟していない業者があるのです。

加盟していない業者であれば、個人信用情報を参照できませんのでブラック経歴があっても業者は知ることができません。

つまりこのような業者を探すことで、ブラック経歴があっても利用できる可能性は極めて高くなると言えるでしょう。

各個人信用情報機関は公式サイトで加盟会員(業者)を検索することができるようになっています。

加盟会員のリストに正式名称が見当たらない業者を選ぶことで目的を達することが可能になります。

消費者金融業者に対する口コミを活用しましょう

口コミサイトに対象にしたい業者に対するコメントを探してみましょう。

概ね、コメントを見ることで業者に期待できるかが判断できるはずです。

この時、極端な悪評と過剰な高評価は無視するに限ります。

インターネットに見つかる情報は匿名情報であることの良い面と悪い面とが混在していることがあたりまえだからです。

また、いつのコメントなのかも判断材料として大変重要です。

消費者金融は日々変化して、より工夫を重ねて営業しているので、数年前のコメントともなると価値がないのです。

実際の申込みの前に是非やっておきたい!問い合わせ

消費者金融を適当な気分で選び、申込みをすると時として思わぬ不都合に出くわすことになります。

申込みをした事実が個人信用情報として記録されるのです。

短期間に続けて申込みをした事実は審査に悪影響を及ぼし、ほぼ自動的に審査に否決されるようになります。

このような事態を避ける常套手段が、事前の問い合わせの電話なのです。

電話をすると必ず業者のオペレータが応答しますが、この応答の感触で業者の態度が判断できます。

マニュアル化できていない業者なら避ける方がよいでしょうし、マニュアル対応しかできない業者もお付き合いは難しいでしょう。

基本は、様々な問いに対して親切に応接してくれる業者を選びたいものです。

たとえブラック経験者であっても相談に乗ってくれる業者を見つけたなら、即日キャッシングはほぼ達成できたと言えそうです。

【参考ページはこちら】
審査に通りやすい即日融資カードローンの選び方

新着記事
TOPICS