> > > 車のローンの審査はどこの銀行が早いですか?

車のローンの審査はどこの銀行が早いですか?

車に日頃乗ることが多い男女の方々は何年後に新車を買い替えるとかってプランを立てるってことはありますよね?まあ人にもよりけりでしょうが、早い人では現在使用している車のローンが終了してないにも関わらず、1年後にはもう新車に買い替える(主人の友人がそうでした。)例とか、あるいは貯金をある程度貯めてから待つ人。今乗ってる車を大切に10年近く使用する人など色々です。

車も世間では「金食い虫」とよく言われてます!税金、車検代も本当に高いですからね!それにこれらの支払いは分割が不可能なのがネックです。消費者にとっては痛い出費です。でもこれは仕方ないですね~!!ドライバーの皆さんにとっては。

さて、今回は「車のローンの審査はどこの銀行が早いですか?」についてのお話しをしていきますが、新車に買い替える時、やはりどんな時にでも先立つものがお金。まず貯金額を確かめて新車を買うためにどんな対策をとっていくべきかご紹介いたします。

車ローンのお勧め銀行について

やはり新車購入の際には車ローンの審査の早い銀行を探すことです。スマホ、インターネットからまず車ローンについて審査の早い銀行はどこなのかホームページを探しましょう。ではまず車ローンについてお勧めの銀行を挙げましょう。

銀行名 車ローンの名称
住信SBIネット銀行 Mr.自動車ローン
朝日信用金庫 朝日マイカーローン
関西アーバン銀行 マイカーローン(購入型)
JAバンク大阪 JAマイカーローン
東京信用金庫 東京信金のカーライフプラン
千葉銀行 マイカーローン
アプラス Tポイント付きアプラスオートクレジット
大阪信用金庫 ニューマイカーローン
損保ジャパン日本興亜 損保ジャパン日本興亜の新車ローン
横浜銀行 横浜銀行マイカーローン

上記が車ローンお勧めベスト10の金融業者です。一度参考になさってください。もしお近くに上記の銀行が無い場合は他の銀行を探すのも手です。

チェックしておきたい項目

新車を購入するにあたり、気になる所がローンの金利ですね。これは住宅ローンと同じです。ローンに対する金利もピンキリですが、まず審査があることも頭に入れておきましょう。
(⇒マイカーローンより銀行の車ローンがいい?

  • 新車購入は自宅から近めがお勧め
  • 販売店の評判・口コミ
  • 購入予定の新車のローンの金利の数値
  • いつ頃新車を購入するのか

新車購入の際にはやはり販売店の評判も大切な情報源の1つです。近所や知り合いの口コミも案外重要な役割を果たします。まず販売店の前調べとして行ってみて、まず車のパンフレットなどを取り寄せてみましょう。そこで店の大方の雰囲気が分かるはずです。

新車購入は1人の問題ではありませんので、家族とよく話し合っていつ買うのか時期とか予定も決めておくといいでしょう。

車ローンの審査に通過するために

車ローンの審査に通過するために以下の条件が挙げられます。

  • 年間収入
  • 保証人の有無
  • 過去の借り入れ状況(延滞実績が無い・返済が遅れていない)

キャッシング利用と同様にやはり車ローンにも年収は審査の大きな重要項目です。車ローンは年収の3分の1までしか提供出来ませんので、年収が少ないと審査に通らない場合があります。そういった時、不足金は「頭金」として支払うことがあり得ます。

従って新車を購入する際に年収の低い方はそれだけ「頭金」の金額が大きくなると予想されます。ですからご自分の年収を考慮に入れて新車のローンを組むことも必要です。

審査どんなことで有利になるのか

今回は銀行での車ローンのお話ですので、まず簡単に審査はどのような形で有利なのか述べておきます。(こちらもご参考に→カードローンで車を買うコツ

  • 銀行系車ローンは審査が意外と厳しい
  • 新車を本人名義にすると低金利になる便利さ有
  • 正社員であれば審査に尚有利(5年以上勤務実績が条件)
  • 給料の振込銀行口座と車ローン専用の口座が同じだとこれまた審査に有利

以上です。正社員の方がやはり審査ではかなり有利な傾向です。但し、5年以上の勤務であることが条件となってきます。

新車を購入し、銀行と契約してローンを組むのは大変なことです。金利も色々違ってますので一概には言えませんが、新車を本人名義にするだけで低金利になる便利さも何とも魅力の1つだと言えます!

平成26年3月までは消費税が5%でしたので、8%に上がる前に駆け込み需要で新車を購入された方、沢山いらっしゃったですね!消費税は段々上がっていく一方ですからね。8%に上がったお蔭で新車の売上が落ちてると某ニュースで見ましたが、やはり中古より新車を買いたい!とこだわる方は多いですよね。特に男性の方は。

少し話が脱線して恐縮ですが、私の息子(21歳)は免許を取って1年半たちました。でもまだ自分専用の自動車はありません。主人の仕事専用の車を日曜日なんかに借りて乗ってるんですが、やはり友人を乗せるとなると「親父の車は汚いから友人たちを乗せるのは正直恥ずかしくって仕方ない。」と言ってます。

まだ大学生の身ですので、勉学優先、バイトで稼ぐと言ってもなかなか時間が限られていて思うように貯まらないと息子は嘆いてます。(汗)でもきっといつか自分の力で自分専用の車を買うんだ~って張り切ってますね!楽しみは延ばせば延ばすほど倍増します。今は就職活動とバイトの両立で、車を買いたい云々は話してる暇はありません。でも私はそんな息子の夢を応援したいです。

息子が新車を買うときはまた変わったデザインの新車類が登場すると予想されます。そううち娘(17歳)も免許取りたい!と言い出すでしょう。

すっかり私的事で話がそれて申し訳ありません。でも新車の車ローンの審査は意外と時間がかかることを覚えておいてください。特に販売店の場合がそうですね。

車ローン審査どこの銀行が早いの

やはり新車を購入してローンを組む際には審査が早いことに越したことはありません。では特に早いと評判の銀行をここで挙げましょう。

会社名 新車金利 審査時間
住信SBIネット銀行 個別確認 仮審査あり・2営業日以内
損保ジャパン 2.7% 12時間程度
E-ROAN 個別確認 各金融会社で確認

とりあえず3社挙げてみましたが、一番早いのは「損保ジャパン」ですね。約半日待てばもう審査結果が分かります。でも「損保ジャパン」は保険会社ですので、銀行で一番審査が早いのは「住信SBIネット銀行」です。

反対に審査に落ちる要因とは

新車を折角銀行にてローンで組んで申し込みをしたのに、審査落ちしてしまったってこともあり得ますよね?審査落ちする原因はご自分で思い当ることはありませんか?キャッシングと同じように申し込んだからと言って必ずしも誰もが審査に通れるわけではありません。審査落ちの主な原因としては以下の通りです。

年収が低い
保証人がいない
他社に借り入れ在り

主に3点を挙げてみました。やはりローンを組む以上、他社に借り入れがあってはその時点でアウトなんです。過去に延滞や滞納の繰り返しの実績があればどんなに今完済を済ませててもこのお客様にはローンの融資の提供の信用が置けないということで審査落ちの対象になってしまいます。気を付けたいところです。

審査の早い方法を選ぶ

今まで「車のローンの審査はどこの銀行が早いですか?」ということでお話ししてきました。新車を買う際にはどうしても販売店での直接申し込みが多いです。ですから審査も販売店を通しての処理になりますので、どうしても審査の時間にロスが生じます。

最後の手段として審査結果の早い方法を探ってみました。

インターネットのホームページから販売店を探す
返済シュミレーションがあればネット上で確かめるのも可能
ネットからのローン申し込み→審査結果

やはり一番手っ取り早いのがインターネットです。販売店での書類記入による申し込みよりも遥かに早い審査結果が分かるのではないでしょうか?今はネット中心で情報がすぐに入手できる時代ですので。

新車を買うのはあくまでご本人様の考えと意思です。ご自分にあったプランを立てて新車購入の時期を考えたり、金利比較などしてみてください。

【参考ページはこちら】
車のローンを嫁名義にする条件とは?

新着記事
TOPICS