> > > 当日融資可の銀行選びの極意!即日融資受けるコツはこれだ!

当日融資可の銀行選びの極意!即日融資受けるコツはこれだ!

「急にお金が必要になった!」といった経験は誰でも一度くらいはあると思います。

そんな時、即日にお金の融資を受けることができたら、すごく助かりますし便利ですよね。

そしてその融資先が銀行なら、なおさらハッピーではないでしょうか。なぜなら、銀行は金利が低いし、融資額も大きいといったメリットがあるからです。

そこで今回のレビューでは、即日融資に対応した銀行選びでの”極意”をご紹介してみたいと思います。

即日融資可の銀行カードローンはなぜ少ないのか?

申し込んだ当日にすぐにお金が借りられるカードローンと言うと、多くの方が頭に思い浮かべるのは「消費者金融カードローン」ではないでしょうか?

“即日キャッシング”は、いまや消費者金融カードローンの代名詞と言っても過言ではないと思います。

他方で、銀行カードローンの場合はどうなのでしょうか?確かに銀行カードローンでも即日融資に対応したところは増えて来ていると思われます。

しかし、消費者金融カードローンの充実度に比べてしまうと、やはり見劣りしてしまう感は否めません。

では、どうして即日融資可の銀行カードローンは少ないのでしょうか?

審査にかかる時間が即日融資のカギとなります!

テレビCMや広告などで知名度の高い大手消費者金融のプロミスやアコム、アイフルやモビット、新生銀行レイクなど、すべて即日融資が可能となっています。

その一方で、銀行カードローンの場合はどうかと言えば、三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、またみずほ銀行などの大手都銀は、即日融資に対応できる銀行カードローンと言えます。(こちらもご参考に→口コミ評価の高い銀行系カードローン

しかし、他の地方銀行カードローンに関して言えば、即日融資に対応しているところはまだまだ少ないと言えるのではないでしょうか。

では、即日融資の可否における消費者金融カードローンと銀行カードローンとの違いは、なにが原因となっているのでしょうか?

それは一つに“審査スピード”の違いにあると言えます。

なぜなら、即日融資に対応するためには、できるだけ審査を早くすることで、実際の融資までに費やせる時間的余裕をどれだけ稼げるかが即日融資での重要なポイントになるからです。

そして、審査スピードについて言えば、一般的に消費者金融カードローンの審査の方が早いと言えるのです。以下に消費者金融と銀行の審査時間をまとめてみます。

金融機関 審査時間 即日融資の可否
プロミス 最短30分
アイフル 最短30分
モビット 最短30分※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
アコム 最短30分
新生銀行レイク 申込完了後に画面上に審査結果を即表示
三菱東京UFJ銀行 最短30分
※ただし条件あり
三井住友銀行 最短30分
※ただし条件あり
みずほ銀行 原則として当日回答
※ただし条件あり
オリックス銀行 最短即日
※通常は2,3営業日以内
静岡銀行 即日回答は不可
福岡銀行 最短翌営業日
※約2週間かかる場合あり
広島銀行 明記無し 明記無し

以上の表から分かるように、審査時間の早いカードローンは、原則即日融資も可能になっていると言ってよいでしょう。

また、すべての地銀ではありませんが、地銀カードローンの場合は、上記の表で取り上げた銀行のように、即日回答が無理であったり、即日融資について明記していないところも少なくありません。

審査の厳しさ・甘さも即日融資に影響します

一般的に銀行カードローンの審査は厳しめで、消費者金融カードローンの審査は甘めと言われています。
(⇒審査が甘いのはどこ?耳寄り情報はこちら

そして、審査が甘めとなる消費者金融カードローンでは即日融資が可能となり、一方で審査が厳しめとなる銀行カードローンでは即日融資に対応できないところが多くなります。

それは審査が厳しくなればなるほど、厳格に利用者の属性についても調べるのでそれなりに審査時間がかかります。

さらに審査にかかる時間の違いは、“保証会社の有無”によるのです。

たとえば、消費者金融は保証会社が不要となるので審査が短くなります。

一方、地銀カードローンも含めて銀行カードローンの場合は保証会社が必要となるので、銀行自体の審査に加えて保証会社の審査もあるので審査時間が長くなってしまうので即日融資の時間的余裕が取れないケースが多いのです。

それでは以下に銀行カードローンと保証会社の一覧表を示しておきます。

銀行カードローン 保証会社
三菱東京UFJ銀行 アコム
三井住友銀行 プロミス
みずほ銀行 オリエントコーポレーション
りそな銀行 オリックスクレジット
じぶん銀行 アコム
ジャパンネット銀行 プロミス
イオン銀行 イオンクレジットサービス

保証会社が必要となる銀行カードローンだと必ず即日融資は無理と言う訳ではありません。たとえば、保証会社の審査もある三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行では即日融資が可能となります。

そして、銀行カードローンでの「最短即日融資」は、あくまでも“最短で即日融資ができる”との意味であって、即日融資を約束するものではない場合が多いと考えてよいのです。

即日融資可の銀行カードローンはここをチェック!

さて、本章では銀行カードローンの中で、“即日融資可”のカードローンを見つける為の実践的な方法に関して紐解いていきたいと思います。

ここでは主に「3つのチェックポイント」をご紹介します。そして、これら3つのチェックポイントをすべて満たした銀行カードローンなら即日に融資してくれる可能性の高いカードローンと考えてよいでしょう。

【チェック①】“即日審査・即日回答=即日融資”ではない!

銀行カードローンの公式HPでの条件をながめてみると、「即日融資」「即日審査」「即日回答」といった類の言葉が各々に散りばめられているのが分かると思います。

そして、多くの人は「即日融資」も「即日回答」も「即日審査」も同じ意味合いでとらえてしまっているのではないでしょうか?

しかし、厳密に言うと、即日融資におけるこれら言葉が示唆する意味合いは微妙に異なり、その違いは実際の融資に反映されることになるのをご存知でしょうか?

即日に関する言葉 言葉が示唆する意味
即日融資 申込時間帯などの条件クリアすれば原則即日融資が可能
即日審査 審査こそ即日に行われるだけで回答は即日とは限らない。また即日融資の保証もない
即日回答 申込時間帯の条件を満たせば原則審査結果を即日に回答。ただし即日の融資については保証なし

たとえば、【みずほ銀行】の公式HPにある『「みずほ銀行カードローン」よくあるご質問』での“審査にはどのくらい時間がかかりますか?”との質問への回答で、「最短即日、審査結果を回答します。ただし、申込時間帯が午後の場合、翌営業日となります。」と明記されています。

つまり、みずほ銀行カードローンでは、最短で“即日審査+即日回答”とはなりますが、「即日融資」とは述べていないのです。

以上の事から、即日融資可能な銀行カードローンかどうか見極める1つ目のポイントは「即日融資」と明確に表記されているかどうかを確認することなのです。

【チェック②】即日融資の為の“条件の有無”を確認しよう!

消費者金融から即日融資を受ける場合には、“申込時間帯の縛り”以外には条件はありません。

消費者金融で即日融資をしてもらうには、特別に申込者が殺到して混雑している状況でなければ、一般的に遅くても平日の午後2時くらいまでに申し込みと審査を完了させておけば原則としてその日にお金を借りられます。

しかし、銀行カードローンで即日融資を受ける場合には、上記の申込時間帯での縛り以外にも“条件”がつくケースが多いと言えるのです。

具体的に即日融資の為の付帯条件を提示しておきます。

銀行カードローン 即日融資の付帯条件
三菱東京UFJ銀行 「テレビ窓口」を利用して申込当日にカード発行してもらう。カード発行までの時間はだいたい40分程度
三井住友銀行 ローン契約機を利用して申込当日にカード受け取れば即日融資は可能
みずほ銀行 みずほ銀行に口座を持っていることが条件。ただし、カードローン申込みと口座開設の同時申込は可能

以上のように、即日融資が可能となる銀行カードローンでは、即日融資を受ける為にはクリアすべき付帯条件があるので注意が必要です。

消費者金融カードローンのように申込時間帯さえクリアできれば即日の借入ができるとはならない点に、銀行カードローンでの即日融資での2つ目のチェックポイントがあるのです!

【チェック③】「ネット銀行カードローン」も狙い目にしたい!

最後のチェックポイントとしては、“ネットキャッシングの早さ!”となります。

そして、銀行カードローンでの即日融資でも、カード発行による時間的ロスの無いネットキャッシングが利用可能で、かつネットキャッシングのスピードが早さは絶対に外せない条件になります。

ネットキャッシングが特に充実している銀行カードローンを挙げれば、それは「ネット銀行カードローン」となります。

ネット上のみに開設された銀行ゆえに、申し込みを始めとして、ほとんどすべてのカードローン上の手続きと融資までをネット上で行うので、必然的にネット銀行カードローンではネットキャッシングが主流になるのです。

つまり、ネット銀行では“ネットキャッシングのノウハウ”が特に充実している銀行と言ってよく、それゆえネット振込のスピードには定評あるところが多いとも言えるのです。

以下にネット銀行でのネットキャッシングの時間をご紹介しておきましょう。

ネット銀行カードローン ネットキャッシングの時間
ジャパンネット銀行 申込から融資まで最短60分程度
東京スター銀行 正午までにWEB契約を完了できれば即日融資OK
イオン銀行 イオン銀行に口座あれば手続きと審査が簡略化されて即日融資はOK

ネット銀行に自分の口座があれば、カードローン手続き等をすべてネット上で完結できるので、ネットキャッシングへの移行もすごくスムーズになってそれだけ即日融資のスピードも上がると考えられます。

即日融資の銀行カードローンならこれがおすすめ!

これまでの考察を踏まえた上で、具体的に即日融資対応となる3つの銀行カードローンの各々の魅力について徹底的に掘り下げてみます。

各銀行カードローンでの即日融資の方法についてはむろんの事、“即日融資プラスα”のメリットに関しても触れるので注目して読んでみてください。

“使い易さ”で選ぶと【楽天銀行カードローン】で決まり!

ネット銀行カードローンとなる【楽天銀行カードローン(スーパーローン)】は、最短で即日融資が可能です。

また、審査も早くて、平日の昼間に申し込めば、1時間くらいで審査回答をメールで教えてくれるようですね。

そして、“審査が早い”からこそ即日融資も可能になるのです。楽天銀行カードローンで即日融資を受ける為のポイントは3つあります。

  • 申込は平日午前中がベスト
  • 審査で融資可なら即必要書類を送付/li>
  • ネットキャッシングを利用

以上の3つの点を守れば、楽天銀行カードローンでの即日融資は確定と言えます。

また、必要書類の送付については、スマフォなどで撮影した画像をアップロードするかメールに添付してネットで送ってください。

そして、楽天銀行カードローンは即日融資に加えて、“使い易さ”がなんと言っても魅力なんです。

たとえば、楽天銀行カードローンなら無収入の専業主婦でもキャッシング可能で、しかも50万円以下の借入なら夫の同意も夫の収入証明書も不要なんです。

もちろん、専業主婦でも即日融資が可能です。加えて、楽天銀行に口座を持っていれば24時間365日いつでもネットキャッシングで即日融資が可能となるんです!

さらに言えば、原則として200万円以下までの借入なら収入証明書の提出は不要です。もちろん、安定収入さえあればアルバイトやパートでも申込可能で、かつアルバイトで収入ある20歳以上なら学生だって利用できますよ。

そして、ネット銀行だから申し込みから審査を経て融資まですべてネット上で完結できるので来店する面倒は無しです。どうですか?

審査が早くて即日融資も可能で、しかも無収入の専業主婦でも夫の同意や収入証明書無しで申し込める“申込窓口の広さ”と“審査の柔軟さ”は使い易い銀行カードローンと言って間違いありません。

では最後に【楽天銀行カードローン】の融資スペックをご紹介しておきます。

銀行カードローン 金利 限度額 その他
楽天銀行カードローン(スーパーローン) 年4.9%~14.5% 500万円まで 楽天銀行に口座あれば24時間365日いつでも即日融資に対応可

“カード発行”で即日融資は【三菱東京UFJ銀行カードローン】

銀行カードローンの中で、カード発行をしてもらっての即日融資が可能となるところは【三菱東京UFJ銀行カードローン】と【三井住友銀行カードローン】となります。

しかし、三井住友銀行カードローンは、午後5時以降だと審査回答が翌日となってしまう可能性があるので、時間的制約にもっと幅のある【三菱東京UFJ銀行カードローン】の方を今回は取り上げてみます。

三菱東京UFJ銀行カードローンなら、申し込んだ当日にカード発行が可能なので、カードでの即日融資ができます。三菱東京UFJ銀行で申込当日にカードを発行してもらう為のポイントは次の通りです。

そして、当日のカード発行が三菱東京UFJ銀行カードローンでの即日融資となります。

  • 申込はインターネットで
  • 審査はWEB完結
  • 審査通過後は「テレビ窓口」でカード受取

三菱東京UFJ銀行カードローンの審査は早くて、最短で30分で審査結果を教えてくれます。その意味からも即日融資はらくらくなんです!

「テレビ窓口」を利用するメリットは、平日の15時以降の申し込みおよび審査でも、また土日・祝日の利用でも、当日にカードを発行してくれる点です。

なぜなら、ネットキャッシングによる即日融資可能な銀行カードローンでは、平日の15時以降の申し込みや審査完了、あるいは土日・祝日の利用だと口座振込は翌営業日以降となるからです。

そして、「テレビ窓口」の利用可能時間帯は以下の通りとなります。

利用曜日 利用可能な時間帯
平日 9:00~20:00
日曜 10:00~17:00
土曜・祝日 10:00~18:00

他方、「テレビ窓口」の利用において注意して欲しい点が2つあります。

1つ目は、「テレビ窓口」の利用時間帯は、設置されている店舗によってまちまちとなる場合があることです。そのことから最寄りの三菱東京UFJ銀行にある「テレビ窓口」の利用時間帯を前もって確認しておくことをおすすめします。

2つ目としては、「テレビ窓口」でのカード発行を希望するときは、必ず本人確認書類として“運転免許証”を提示する必要があることです。

本人確認書類として運転免許証以外の場合には、カードは郵送されることになるので注意してください。

カード発行にかかる時間は、だいたい40分くらいとなるようです。では最後に【三菱東京UFJ銀行カードローン】の融資内容をまとめておきます。

銀行カードローン 金利 限度額 その他
三菱東京UFJ銀行カードローン 年4.6%~14.6% 500万円まで 三菱東京UFJ銀行に口座無くても即日融資可
土日・祝日でも即日融資OK

即日融資“プラスα”の魅力で選ぶ【みずほ銀行カードローン】

正直に言えば、みずほ銀行カードローンでの即日融資については、今回取り上げたおすすめの即日融資可の銀行カードローンと比べて、これといった目を惹くような即日融資での特徴や特色はありません。

むしろ、みずほ銀行カードローンで即日融資してもらう為の付帯条件を考えるとデメリットさを感じてしまいます。

たとえば、みずほ銀行カードローンで即日融資を受ける為には「窓口申込」が条件となります。つまり、来店不要のWEB契約では即日融資は受けられないのです。

加えて、みずほ銀行に口座を持っていることも即日融資の条件となります。

このように、みずほ銀行カードローンの即日融資は、とても使い易いという訳ではありません。

であるのに、なぜみずほ銀行カードローンがおすすめかと言うと、それはみずほ銀行カードローンの融資内容に“プラスαの魅力”を感じ取れるからなんです。

【みずほ銀行カードローン】の融資スペックは以下の通りです。

銀行カードローン 金利 限度額 その他
みずほ銀行カードローン 年4.0%~14.0% 1000万円まで 「窓口申込」なら即日融資可能
同行に口座あれば即日振込OK

上記の表からも分かるように、みずほ銀行カードローンの見逃せない魅力は、なんと言っても“金利の低さ”なんです。

たとえば、同じ大手都銀の即日融資可の三菱東京UFJ銀行カードローンは年4.6%~14.6%で、楽天銀行カードローンでは年4.9%~14.5%となるので、みずほ銀行カードローンの低金利は明白ですよね!

加えて、魅力は「最高1000万円!」という、他の銀行カードローンの追随を許さない大きな融資額なんです。

つまり、みずほ銀行カードローンなら、“即日に多額のお金を低金利で借りることが可能”となる点に、即日融資プラスαがあると言ってよいのです。

また、200万円以下の借入なら収入証明書の提出不要となることも見逃せません。

即日融資可の銀行少ないが魅力は一番!

消費者金融カードローンについて言えば、“即日融資”は織り込み済みの魅力と言ってよいでしょう。

つまり、即日融資に対応できないような消費者金融カードローンは、カードローンとしての魅力には欠けると言うことになると思います。

一方、銀行カードローンに関して言えば、消費者金融カードローンと比べた金利の低さや融資額の大きさ、加えて銀行からお金を借りる安心感というものは、銀行カードローンゆえの魅力であり、それらメリットだけでも銀行カードローンは魅力いっぱいと言えるのではないでしょうか。

そして、これらの魅力やメリットに“即日融資”というメリットが加味された銀行カードローンは、数あるカードローンの中でも一番魅力的なものになると言っても過言ではないでしょう。

しかし、現実に即日融資可の銀行カードローンはそんなに多くありません。それゆえ、「即日融資に対応した銀行カードローンの魅力は一番!」と言えると思います。

【参考ページはこちら】
無職でも即日で借りられる?

新着記事
TOPICS