> > > 無職の人必見!仕事してなくてもお金を借りる方法!

無職の人必見!仕事してなくてもお金を借りる方法!

どうしても今すぐお金が必要!そんな時に無職だったらどうしますか?

無職での借入は無理、どこの金融機関へ行っても門前払いだろう・・・そう思ってお金を借りるという選択を諦めてしまう人も多いでしょう。
(⇒無職でも簡単に借りれるカードローンは存在する?

確かにキャッシングやカードローンは、無職では借りられないという話が一般的ですからね。

でも、まだ諦める必要はないかもしれませんよ。

実は、無職でもお金を借りる方法があるんです!

あなたはどれ?無職色々、借り入れの可能性も色々!

意外にもあまり知られていないことですが、一概に無職と言っても、世の中には様々な無職の定義があります。ここで無職についてはっきりと理解しておきましょう。

いわゆる無職とは、以下のような考え方で定義されています。あくまで一般的なものですが、分かりやすい区分と言えますので、覚えておいて損はありません。

  • 失業者:働いていた経験があり、職を失ってから比較的短期間、かつ失業保険を受けている人
  • 不労所得者:働かなくても収入がある人(家賃収入、権利収入など)
  • 専業主婦(主夫):結婚して家庭内での家事を専門にしている人
  • 年金生活者:定年後、年金で生活している人
  • ニート:雇用されておらず、学生でもなく、職業訓練を受けている状態でもない人

諦めない!あなたは「借りられる無職」かも!

お金を借りるキャッシングやカードローンについて考えた時、失業者、専業主婦、年金生活者、不労所得者は前向きになるべきでしょう。この種類の無職とは、確かに無職ではあるのですが、「収入がある無職」です。
(⇒無職や年金受給者のカードローン利用は?

そう、ニートと求職者以外は全て「収入がある」という定義になります。無職であっても自由に使えるお金がある立場です。「専業主婦は収入がない!」と言われそうですが、それは後ほどゆっくり説明しましょう。

また、この他にも、保険などの社会保障がないために「無職」という公的な扱いをされやすいのが水商売です。しかし収入があるのは確かですので、こちらもキャッシングなどに前向きになれる立場です。

専業主婦や水商売、失業中でもOK!

お金を借りる相談でよく上がる話が、専業主婦、水商売、そして失業中の人は本当に借りられるの? という心配です。結論から言いますと、全ての金融機関ではないものの、貸してくれるキャッシング会社やカードローン会社はたくさんあります。

お金を借りる時に金融機関が重視するのは、何よりもその人の返済能力です。専業主婦はご主人の収入(家計)で、水商売の人はもちろんその収入で、失業者の人は社会保険から支給される失業保険給付金がありますよね。

また、学生の人もお金を用立てたい時があるかと思いますが、やはり無職扱いになるのか? という質問も耳にします。この件に関しましては、学生さんはアルバイトができます。アルバイトの収入で返済していけば全く問題ありません。

無職とは?金融機関の定義は様々!

さて、無職についての一般的な定義は先に少し説明しました。ここでは「金融機関が」どういう人を無職と断定するかを考えてみましょう。認識としては一般的な定義とあまり変わらないと思われがちですが、実は違う部分がいくつか存在します。

まず完全に違うのは、金融機関からすると、無職という立場は「無収入である」人のことを指します。キャッシングやカードローンは「貸したお金を返してもらう」ビジネスですので、これは当然の考え方かもしれません。

金融機関にとって「収入がある無職」は完全な無職とはならないことを覚えておきましょう。これなら専業主婦や失業者がお金を借りられるという理由が納得できますよね。つまり、その立場の人が諦めなくて良いという証明です。

最初から諦めてる?まずは金融機関をチェック!

キャッシングやカードローンの商品を扱う金融機関としては、貸したお金に利子をつけ、その利子が利益となるビジネスの形態を取っています。借りたお金より返済金額の方がちょっとだけ高額なのはそれが理由ですし、おかしなことではないですよね。尚、利子の割合は商品によって異なります。

つまり、「貸したお金が返ってこなければ商売にならない」というわけです。これでは確かに収入がない無職の人にお金を貸すわけにはいきません。収入がなければ返済能力など期待できませんし、やはり「収入がある」人しか相手にしないのは当然です。

金融機関のこの考え方が一部だけ広まってしまい、やはり無職では…と最初から諦めている人が大変多いことをご存じでしょうか? もしかするとあなたもそうかもしれません。しかし先に説明した通り、「あなたは金融機関では無職とされないかもしれない」立場ではないでしょうか?

最重要!忘れちゃいけない情報集め!

今の時代、インターネットで様々な情報をすぐに集めることができます。スマホの普及でそれは更に手軽になりましたね。例えば無職の人がお金を借りたくなった時、じゃあどの金融機関で借りようかな? と思って調べてみたら、何と「無職は”絶対”無理!」という絶望的な情報が……!

ここで、「もう借りられない」と諦めてしまう人がとても増えています。まさに情報が素早く手に入るようになったことで生じる現象と言えるでしょう。口コミを投稿しやすく、また、広げやすい今のネットの世界、便利な反面、意外な弊害もあるものです。

先に説明した通り、無職でもお金を借りるのは可能です。諦めずに金融機関に問い合わせをしたり、もっと詳しく調べてみたりした人はその事実を知っているでしょう。

ネットの時代になった今、経験者が情報を提供してくれることが当たり前のようになっていますが、初心に帰り、口コミだけではなく、実際に諦めないで行動してみることもまた大切ですね。

条件次第で借りられる!無職もOKなキャッシング!

ここまで読んでくれたあなたは、例え一般的に無職とされる立場であっても、条件次第では金融機関からお金を借りることが可能であると分かって安心していることでしょう。重要なのはとにかく返済能力の有無であり、ここを証明することができれば、例え働いていなくても大丈夫というわけです。

特に心配されるのは専業主婦の方なのですが、先に少し触れた通り、専業主婦の返済能力は主に世帯主(ご主人)の収入にかかっています。つまり、ご主人が返済に充てるお金を稼ぐことができるという判断が下されれば、金融機関としては融資を断る理由がなくなるということです。

業者選びを慎重にすれば、家族や恋人にもバレない!

中には「主人に連絡が行ったらどうしよう」と心配する専業主婦の方もいるようですが、その心配は100%ありません。金融機関は契約をする本人(この場合専業主婦)とのやり取りだけを行い、例え専業主婦であったとしても、家計(お金)を扱うことができる人として、返済能力があると判断するのです。
(⇒主婦がカードローンを作るなら銀行系がオススメ!

無職でも、返済能力さえあれば、お金を借りられることが分かって頂けたかと思います。人それぞれ事情がありますし、無職でもお金が必要な時があるのですし、そして違法ではないのですから、堂々と借りられるといいですね。

でも金融機関はOKと言っても、もしかするとあなたの周りには「無職なのにお金を借りるなんて!」と眉をひそめる人がいるかもしれません。残念なことですが、キャッシングやカードローンに偏見を持つ人はまだまだいる社会です。健全に利用しようとしても、こういった目に阻まれることもありでしょう。

家族や恋人、友達にキャッシングしたことがバレたら……と申し込みを考える前から躊躇っている人もいるのではないでしょうか。あまり外聞が良くないと思ってしまいがちですよね。

しかし今の時代の金融機関はお客様第一。ちゃんと配慮してくれます。お金の貸し借りはデリケートな問題です。商売する側としては最大限の配慮をする部分です。

絶対バレない!安心確実申し込み!

申し込みの時、人によっては家族の名前を書くことがあるでしょう。また、審査に通過して無事にキャッシングができることになったとしても、必要な書類が自宅に送られてくるのでは……という心配もあるかもしれません。ご家族と同居ならそこからバレてしまうかも、という心配ですね。

その心配はごもっともです。でもよく考えてみて下さい。同じ悩みをたくさんの人が持っていると思いませんか? もちろんキャッシング会社もそんなことはとっくにリサーチ済み、そして対策を練り、今では顧客が嫌な思いをしないよう、完全な対応をしてくれるようになりました。

その代表的な方法がWEBでの申し込みです。申し込み、審査、審査通過後の手続きがすべてネット上で完結するという、他人には申し込んだことすら知られない画期的な方法です。何と煩わしい在籍確認の電話もありません。今では銀行や大手のキャッシング会社など、様々な金融機関で利用されています。

返済計画はしっかりと!不安があるならまず相談!

無職でもお金を借りることができると分かった今、胸をなでおろしている人も多いでしょう。中には早速、キャッシング会社のHPを眺めたくなる人もいるかもしれません。でもちょっと待って下さい。とても基本的なことですが、返済計画は大丈夫ですか?

やはり返済計画を立て、計画通りに実行していくことがキャッシングの大切なコツです。このことをおろそかにすると、間違いなく大変なことになってしまいます。

もしあなたが返済計画に少し不安があるのなら、思い切って借りる予定の会社に相談してみましょう。全く恥ずかしいことではありません。むしろ歓迎されるはずです。

最近のキャッシング会社のほとんどは、返済計画について親身に相談に乗ってくれます。大抵のキャッシング会社、銀行の中には、相談のフリーダイヤルが設置されているほどです。不安があるのなら、このシステムを利用しない手はありません。

安全安心!相談して余裕の返済計画!

もし相談したらマイナス評価になって、以後お金を借りられなくなってしまうのでは……と先回りの心配をしてしまう人もいるでしょう。しかし、それは実際に「返済ができなくなってしまった」人だけに適用されるペナルティであり、まだ返済が滞っていない人であれば全く問題ありません。

むしろ返済が滞り、最終的に返済が不可能になられてしまうより、返済計画の相談に乗って、時間がかかってもお金を返してくれる人の方がキャッシング会社や銀行としては「良いお客様」と認識します。

返済の相談をすることによって、お金に対する責任感を評価してくれるわけです。相談することによって無理な返済計画を立てることもなく、不要な借り入れをすることもなくなるでしょう。

まさに上手にキャッシングを利用できるのです。お金の世界の信用は一度の返済滞納で大きなダメージを受けることが多いため、無理だと感じたらすぐに相談するようにしましょう。

無職でもキャッシングできる!上手に使おう!

無職でもお金を借りるポイント、心配事は本当に様々です。でも、今回説明した以下の事項に関しては、そこまで絶望的にならなくても良いでしょう。

  • 無職でも返済能力があればOK!
  • (特に心配する人が多い専業主婦は、ご主人の収入があればOK!)

  • 申し込みから融資まで、全てインターネットだけで完了するweb申し込みが便利!
  • (借りたことが家族や恋人にバレにくい!)

  • 返済計画に迷ったら金融機関に相談できる!
  • (金融機関だって貸し倒れはしたくない!)

無職という立場は何事も諦めてしまいがちですが、このように、キャッシングやカードローンでお金を借りることは十分に可能であると言うことができます。社会的な都合で「無職」とカテゴライズされている人はいませんか?

もしもあなたが社会的に損なカテゴライズをされていて、知らず知らずに諦めているのなら、まったくもってもったいないお話です。キャッシングができるだけでも人生や生活に潤いが出たり、緊急事態を難なく切り抜けることができるわけです。

無職でもすぐに諦めることはありません。今は様々なキャッシング会社、銀行が門戸を開いている時代です。必要ならば遠慮することなく堂々と、自分に合うと思える金融機関を選んで申し込みをしてみましょう。毎日の生活に潤いが出ること請け合いですよ!

【参考ページはこちら】
退職した後でもカードローンは申込める?

新着記事
TOPICS