> > > 審査の通りやすさ重視!絶対に通るカードローン利用術

審査の通りやすさ重視!絶対に通るカードローン利用術

カードローンで借り入れしたい時に重要視するのは審査の通りやすさ、という人も多いと思います。

特に、学生、主婦、年金生活をしている方は、安定した借り入れが実現できるかなども含めて、申し込みも不安な方が多いと思います。

そこで今回は、そういう時に知っておくと便利な申し込み方法や、おすすめなカードローン会社などをまとめました。

カードローンの仕組み自体に詳しくなかったり、審査に通るか自信がない方はぜひ読んで参考にしてください!

学生、主婦、年金生活の人でもカードローンは受ける事が可能!

学生の方は成人であってアルバイトなどでも定期的に収入が確認できる場合は、カードローンに申し込みことが可能になってきます。アルバイトを転々としている場合よりも、同じところで長期間勤務が続いて

いる場合の方が、審査には有利になることがやはり多くなってきます。

学生の方が比較的安定した借り入れを実現したい場合には、「学生ローン」などの学生専用のカードローンに申し込んでみるといいと思います。奨学金や授業料が足りない場合にも、学生ローンで借り入れを行っている方もいるので、安定性などで考えてみてもおすすめの出来るカードローンです。

専業主婦の方は、クレジットカード会社・信販会社・消費者金融などの総量規制によって、借り入れ可能な金額が自身の年収の3分の1以下と定められているので、カードローンに申し込むことが単身の場合では申し込むことが難しくなってきます。

銀行のカードローンの場合は総量規制の対象外になるので、専業主婦の方でも申し込む事が可能になります。ただ、専業主婦の方が借り入れを行う場合は、借入可能な金額や限度額が通常の場合よりも低めに設定されることが多いので注意が必要です。

専業主婦の方で借り入れを行いたい際におすすめなのが、「配偶者貸付」の制度を利用する方法になります。配偶者貸付でカードローンを利用することで、配偶者と合わせた年収の3分の1金額までの融資を受けることが可能になります。

配偶者貸付を利用したい場合には、配偶者の同意書や婚姻関係を証明することの出来る書類が必ず必要になります。特に、消費者金融の場合は配偶者貸付を行っていないところも多いので、予め注意が必要になります。

年金で生活をしている方でも、適したカードローン会社を選ぶことで、比較的安定のしたカードローンの借り入れを行うことが出来ます。申し込み可能な年齢の上限が60~65歳ぐらいの会社がどうしても多くなってきますが、年金生活者向けのカードローンを行っているところも最近では増えてきています。

中でも年金担保型融資を利用すると、公的機関の福祉医療機構から年金を担保にして借り入れを行う事が出来ます。生活保護を受けていないということが、年金担保融資の対象の条件になるので気をつけてください。

契約社員、アルバイト、パートの方なら、ほぼ確実に借り入れが可能

契約社員(派遣社員)やアルバイトの方なら、カードローン会社を選ぶことで何か問題がない限りは、審査にほぼ確実に通ることが出来ます。金利や限度額なども収入次第である程度、好条件にすることも可能になってきますし、より安定を重視をした借り入れも実現することが可能になってきます。

審査の場合には勤務年数が重要になってくるので、半年程度勤務している状態で申し込むと審査に有利な状態になります。その位に余裕がある状態の場合は、借りやすさの他でカードローン会社を選んでみるの

も悪くはないと思います。

申し込み前に知っておこう!審査の注意点

カードローンの審査の際に気をつけておかないといけないことが、当然いくつかはあるのである程度注意をしておく必要があります。例えば、会社によってそれぞれ審査項目が異なることが多いということや、単純にキャッシングの審査自体あまり詳しくない人も多いです。その他にも意外に知られていない基準など多かったりすることが多いです。

カードローンの審査に通したい場合には、まず申し込み資格の基準を満たしているかどうかになってきます。会社によって基準が異なってくることも多いですが、定期的に安定した収入がある場合とない場合では、当然審査の通りやすさに大きく影響してきてしまいます。年齢制限も基本的には20~65歳までの場合がほとんどです。

知らずに申し込むと後々命取りに!与信スコアと信用情報って?

カードローン会社では審査の際に、「与信スコアリングシステム」というリストを作っている場合がほとんどです。職業、年齢や借入状況、返済実績などから、利用者を点数化して、審査の際に参考にしている場合がほとんどです。

カードローン会社によってそれぞれの審査基準で得点化されていますが、雇用形態や収入、健康保険証、家族構成などはほとんどの場合共通していることが多いです。スコアが低いからといって借り入れが行えないという訳ではないので、あまり気にしすぎる必要はないと思います。

確実に審査に通りたい場合に重要なのが、信用情報機関に問題がないかどうかになってきます。借り入れの延滞や多重に申し込みをしてしまうなど、問題のあるようなことをしてしまうと、信用情報機関に事故情報として残ってしまいます。この信用情報機関はカードローン会社通しで共有されています。

延滞や多重申し込みの他にも、任意整理、自己破産、個人民事再生などを行ってしまった場合も事故情報として記録に残ってしまいます。事故情報が残っている間は、カードローンを行うのはとても困難になってきてしまいます。

このような事故情報が残ってしまうと、どれだけ審査に通りやすいカードローン会社も選んだとしても、借り入れを行うことは基本的には不可能になってしまいます。信用情報のスコアを高めることも重要ですが、事故情報があると審査に通らなくなってしまうのでまずこちらを優先してください。

借り入れするならココ!おすすめのカードローンを紹介

楽天銀行のカードローン「楽天銀行スーパーローン」は主婦、アルバイト、年金生活をしている方でも申し込みが出来るのが特徴です。満20歳以上の方でアルバイトなどで収入がある方は、学生の方でも申し込みが可能になります。

金利は年4.9~14.5%で最大限度額は500万円となっていて、限度額が200万円以下の場合は収入証明書の提出は基本的には必要ありません。全国のコンビニ各店でATMを利用することが出来るだけではなく、手数料も無料になります。

三重県に本店を置いている第三銀行が行っているカードローンに「SUN」といったものがあります。金利は6.80~14.50%で最短の場合は即日融資が可能になります。アルバイト、主婦、年金生活をしている方でも申し込みが可能で、第三銀行、セブン銀行のATMでの利用の場合は時間外定数料が無料になります。

申し込み可能な年齢は満20歳~65歳未満の方となっていて、ネット上で申し込みを行う事も可能です。定期的に収入があることを証明が出来れば、基本的には借り入れを行うことが出来るのでとても便利なのが特徴です。

みずほ銀行のカードローンはその名の通りの「みずほ銀行カードローン」です。金利は年4.0~14.0%で借入限度額は最大で100万円で銀行ならではの低金利で限度額の高いカードローンになります。限度額が200万円以下の場合は収入証明書も基本的には必要ありません。

最短で即日での借り入れが可能なのが特徴で、ネット上からの申し込みも可能になります。申し込み可能な年齢が満20~66歳未満の方となっていて、保証会社での保証を受けることが出来て、比較的に安定した収入がある方となっています。

関西アーバン銀行は大阪府に本店に置いている三井住友銀行の子会社です。関西アーバン銀行の「アーバンカードローン」は、金利が毎年4.0~14.4%で借入可能な限度額は最高500万円になっています。カードローンの申し込みはネット上からでも申し込みが可能です。

申し込み可能な年齢は満20歳~75歳未満の方となっていて、保証会社で保証を受ける事が出来る方となっています。関西アーバン銀行の店舗などにATMがあるので、近畿地方に住んでいる方には適しているカードローンになります。

初心者の方へ!手軽で簡単な借入方法をご紹介

上記のことを端的にはなってしまいますが、まとめてみると

学生、主婦、年金生活の方でも、それぞれに適したカードローンに申し込むことで、安定のした借り入れは実現可能。

カードローン会社では審査の際に、「与信スコアリングシステム」という信用リストを作っていて、その得点が高い程審査の際には有利になる。

借り入れの延滞や多重申し込みなど問題のあることをしてしまうと、信用情報機関に事故情報としてしばらく残ってしまう。信用情報機関はカードローン会社通しで基本的には共有されている。

カードローン会社を自分の返済プランに適したところを選ぶことで、審査の通りやすさだけではなく、金利や限度額などの他の条件も考慮して借り入れを行うことも可能に

学生、主婦、年金生活をしている方はカードローンで借り入れを行いたいような場合でも、どうしても諦めがちになってしまいます。ただ最近では、審査に不利になってまうような職業でも、専用の返済プランやコースなどを行っているカードローン会社も増えてきているので、一度詳しく調べてみることをおすすめします。

実際にカードローン会社に申し込んで審査を行う際には、申し込む前には気をつけてなければならないことも多かったりもします。カードローンの会社によって審査項目が異なることも多いですし、実際に借り入れを行ってから、後悔してしまうということも意外にあったりもします。

そのような時には、与信スコアリングシステムの採点基準をある程度頭に入れていたり、信用情報機関の仕組みを知っていたりするだけでも、審査の通りやすさは着実に変わってくるので、ぜひ憶えておくこと

をおすすめします。

カードローンで借り入れを行いたい場合には、事前に返済プランを立てておく必要性があります。どのような会社があるのか調べているうちに、自分の立てた計画性に合っているところを見つけられる場合も多

いので、事前に入念な下調べをしてすることだけはまずしておくことを強くおすすめします。

【参考ページはこちら】
審査が甘い中小ローンの救世主

新着記事
TOPICS