> > > 銀行の審査に落ちた時、他のカードローンをつくる方法は?

銀行の審査に落ちた時、他のカードローンをつくる方法は?

いざというときのために、あなたの財布やご自宅のタンスの中などに一枚、ローンカードがあると大変便利です。契約時に定められた限度額の範囲内なら使途は自由ですから、急な出費やイザという時にいつでも利用できるのがいいですね。

しかしながら、カードローンは誰もが同じように申請できる金融サービスではありません。残念ながら審査に落ちてしまう人がいます。

そこで今回は、審査が厳しいと言われている銀行カードローンで審査落ちを経験した人が、問題なく他のカードローンを作る方法を公開します。

これまで審査がうまくいかずブルーになっていた人には、見逃せない情報ですよ!

そもそも、どうして銀行カードローンの審査に落ちてしまうの?

銀行系カードローンは、いま特に人気がある金融サービスの一つです。人気の理由はいろいろあります。例えば銀行が持つブランドそのものにある信頼性とか、あるいは消費者金融系のカードに比べればやや低金利でお金を借りられるのも魅力。

さらに、手数料がかからないなど、利用者に対して良心的な部分が多いのも銀行系カードローンの特徴です。ただ、メリットが多い反面、消費者金融系のカードローンと比較すれば、どうしても審査の基準が厳しかったりするんですよね。

具体的に、銀行系カードローンはどのような点において審査が厳しいのでしょうか? なぜ審査に落ちてしまう人がいるのでしょうか。その点について、できるだけわかりやすく解説していきましょう。

仮審査時のミスで審査に落ちる場合について

過去にカードローンの申請を経験した人なら、たいていはご存じだと思いますが、最近ではどこの金融機関でも、本審査の前の仮審査というプロセスが当たり前になっています。この仮審査というものは、カードローンの希望者が店舗などに足を運んで行うものではありません。たいていはweb上で完結するのです。

web上で完結するというところが、仮審査の最も便利なところであり、また同時に一番厄介なポイントでもあるのです。どういうことかというと。仮審査をweb上で行うからこそ、ローンを申請しようとしている人の周りに、専門のスタッフはいないのが普通ですよね? ということは、顧客が自由に数値を打ち込めるのです。

仮審査時には、自分がこれから融資を受けたいと思っている金額の他、現在の年収などを記入する項目があるのが普通です。どの金融機関でカードローンの審査を受ける場合にも、顧客の年収というものは非常に大きな基準の一つになります。

単純に言ってしまえば、年収が高ければそれだけ信用されて大金が借りられます。

希望した通りの融資を受けたくて、web上の仮審査ではついつい実際よりも高めの年収を記入してしまうというのも人情です。しかしこういうことをすると、のちに本審査で落ちてしまう原因にもつながるわけです。

カードローンの仮審査と本審査は全く別物です!

言うまでもなく、カードローンの仮審査と本審査は全くの別物です。言ってしまえば、自分一人で勝手にできる仮審査はあくまで「目安」の一つにすぎません。そのあとに待ち構える本審査こそが重要なのです。

自分がどのような形で、どういった機関から融資を希望しているのかという条件にもよりますが、本審査において「年収の確認」という項目は絶対です。だから仮審査の時に年収でさばを読んでしまっても、後で必ずばれるのです。

よく「カードローンの仮審査はパスできたのに本審査では落とされた」という人がいますが、それはたいてい、自分の年収でさばを読んでいるからこそ起こってしまう悲劇なのです。仮審査でパスできたのに本審査では年収の不足が指摘されて落ちたという場合、それは「仮審査時の入力ミス」ということになります。

申し込みブラックの状態でも、審査時は要注意ですよ!

さて、申し込みブラックという言葉を使いましたが、そもそもこの言葉の意味が解りますか? 申し込みブラックとは、一時に集中してたくさんの金融機関(銀行や消費者金融などを全部含めて)にカードローンの申請をしすぎて、企業に悪いイメージを持たれてしまっている状況です。

例えば多重債務を抱える人がカードローンの審査に落ちてしまうというなら、その理屈はよくわかってもらえると思います。なにしろ、自分が借りたお金がきちんと返せていないわけですからね。

ところが、金融機関に対して悪いイメージを与えてしまう原因というのが、実はもう一つあるわけです。一時に集中してたくさんのカードローンを申し込むだけでもダメなんですね。
そもそもどうしてこんなことをする人がいるのか?

その理由は単純で、もしも自分がある会社にカードローンを申請して、そのカードローンの審査に落ちてしまうと困るので、もしも審査がうまくいかなかったときのために、別の金融機関のカードローンも同時に申請するわけです。

こうすることで、「もしもA社のカードローンに落ちてしまっても、また別にB社のカードローンを申請すれば審査にパスできるかもしれない」と考えることが可能です。例えは悪いかもしれませんが、大学受験の際に、自分が本命とする大学以外に、やや偏差値の低いすべり止めの大学を受験するのと同じ発想ですね。

でも、この発想は実は認められないんです。金融機関ごとに少し基準は異なりますが、大体ひと月のうちに三つ以上のカードローンを申請すると、もうそれ以上はいくら別の会社に申請しようとしても、審査をパスできないという状態になるのです。この状態を俗に「申し込みブラック」といいます。

多重債務を抱えている場合も、もちろんアウト

先ほどもちらっと、多重債務を抱えている状態ではカードローンの審査に落ちてしまうという説明をしましたが、特に銀行系カードローンの場合は、それ以外のカードローンと比較して、多重債務を抱えている人に対する審査の対応が厳しい傾向があるようです。

カードローンを検討されている方ならご存知かもしれませんが、銀行系カードローンというのは一般的に、いわゆる「総量規制」の対象外になっているので、厳密な意味で、これくらいの借金をすれば、もうそれ以上の余分な借金はできないという明確な決まりがあるわけではないのです。

でも、やはりこれは程度問題というか、常識的に「どの程度の借金を抱えれば自分が苦しくなるのか」ということを自分で考えなければなりません。

もちろん、カードローンの申請を希望する人に対して、正しくアドバイスをするのがスタッフの役目なので、既に他の機関からお金を借りている場合には、新たなカードローンの申請を受けること自体がむつかしいといわれる場合も少なくありません。

年収や勤務状況など、顧客のステータスも非常に重要です!

銀行系カードローンの審査に落ちてしまう原因、その項目の最後としてどうしても付け加えておかなければならないのは、やはり、カードローンの申請を希望する顧客自身が持っているステータスの問題です。

お金を借りる際に重要となるステータスというのはもちろん、お金のこと、つまり顧客の年収や現在の勤務状況などです。一般的に言って、一定期間にわたって安定的に働き、しっかりと収入を得ていることが認められれば、カードローンの審査をパスできる可能性は高くなります。

逆に言えば、収入や勤務状況などが安定しているということが認められなければ、カードローンの審査に落ちてしまう可能性は高くなるのです。最近では、パートやアルバイトなどに従事する人でもカードローンの申請ができるというケースが増えていますが、それにしたって、審査がないわけではありません。

本人が希望した融資の金額にかかわらず、金融機関のスタッフが、これだけなら融資をしても大丈夫だと判断した金額しか借り入れできないのです。ましてや無職の人は、カードローンの申請を行うこと自体ができません。

◆銀行系カードローンの審査で落ちる原因をまとめると……

  • 仮審査をパスすることができても、その後の本審査で落とされることも
  • その理由は、例えば年収でさばを読むなど
  • 申し込みブラックの状態でも、審査時は要注意
  • 多重債務を抱えている場合も、もちろんアウト
  • 年収や勤務状況など、顧客のステータスも非常に重要です!

たとえ審査落ちを経験しても、他のカードローンを作る方法は?

当初、銀行系カードローンを申請しようとしても、審査の厳しさなどからうまくいかないということはよくあります。前項でもすでに説明しましたが、銀行系カードローンの申請時に特に厳しく査定される点は、顧客の年収や勤務状況なのです。

これこそが、銀行系カードローンの審査の厳しさのポイントだと断言しても過言ではありません。でも、たとえ銀行系カードローンの審査に落ちてしまっても、なんとかしてお金を借りたいと思っている人は、世の中に大勢いますよね。
(⇒銀行系カードローンについてもっと詳しく!

切実にカードローンを申請したいなら、消費者金融系がオススメ

仮に銀行系カードローンの審査に落ちてしまっても、ほかのところでカードローンを申請する方法はあります。金利は多少高くなってしまっても、やはり申請のしやすさという点においては、銀行系カードローンよりも消費者金融系のカードローンのほうが上ですね。

消費者金融系のカードローンであれば、パートやアルバイトに従事する人であっても、ローンの対象者として審査で認められる場合が多いようです。銀行系カードローンと比べれば、長期的に安定した収入を得ている、という項目の基準が緩いようです。

限度額が低いからこそ、借り入れ時に小回りが利く

消費者金融系のカードローンは、パートやアルバイトに従事する人でもカードローンの対象者として認められますが、だからといって審査がなかったり、誰でも同じように大金を借りられたりするわけではありません。

銀行系カードローンの場合は、借り入れ時の限度額が最初から高い代わりに、年収の低い人には融資が認められないというケースが多いのですが、消費者金融系の場合は全く逆なのです。つまり、年収が低い人にも条件次第で融資するけれども、限度額が非常に低いのです。

パートやアルバイトに従事する人なら、その年収に応じて、借り入れの限度額が10万円という場合もザラです。でも、銀行系カードローンのように審査をパスできない状況に比べれば、たとえ少額でも借りられたほうがよっぽどありがたいでしょう。

消費者金融系のカードローンは金利の設定がやや高め

いわゆる消費者金融系のカードローンは、一昔前に比べれば、ずいぶんとクリーンで信頼性の高いイメージが広がっています。もはや今では「消費者金融からお金を借りるのは危険だ」と考えるのは時代遅れでしょう。

審査もスピーディーで、最短で即日融資が可能という例も少なくありません。さらに最近では、競合するたくさんの金融機関が一人でも多くの顧客を獲得するために、それぞれが魅力的なサービスを展開しています。こういう点も、カードローンの申請を検討している人には見逃せません。

けれども、非常に魅力的な消費者金融系のカードローンでも、全くデメリットがないというわけではありません。銀行系カードローンの場合には、審査などに時間がかかる反面、金利は低めに設定されていました。ところが多くの消費者金融は、これと逆なのです。

つまり、審査はスピーディーでお金を借りる条件もそれほど厳しくはないけれども、その反面で金利がやや高めなのです。この点については十分に理解しておくべきでしょう。

◆たとえ審査落ちを経験しても、他のカードローンを作るポイントは?

  • 切実にカードローンを申請したいなら、消費者金融系がオススメ
  • 消費者金融系なら、年収や勤務状況などの条件が軽め
  • 限度額が低いからこそ、消費者金融系は借り入れ時に小回りが利く
  • 消費者金融系のカードローンは金利の設定がやや高め

審査に通りやすい、おすすめのカードローンはこれだ!

当然のことながら、カードローンを申請したいと思ったら、まずは審査というプロセスを問避けて通ることはできません。だからこそ、切実にお金を借りたいと望んでいる人こそ、どうやって審査にパスするかということを考えなければなりません。

ちょっと想像してみてください。一度に借り入れられる金額は確かに高いけれども、非常に審査の条件が厳しいカードローンか、一度に借り入れられる金額は低くても、審査の条件がそれほど厳しくはないカードローン。切実に困っている人にとってありがたいのはどちらでしょう。

常識的に考えて、後者のほうが頼れると思いませんか? 特に、銀行系カードローンの審査に一度でも落ちてしまった人は、切実にお金を必要としている中でさらに厳しいローンの審査に挑むことはむつかしいので、まずは少額であっても、安心して確実にお金を借りられる方法を考えるべきなのです。

銀行系カードローン以外に、おすすめのカードローンはいろいろあります。また、名称などが「○○銀行カードローン」となっていながら、実際には銀行系カードローンとは少し違うという条件で融資をしている企業もあるので、そういうところも要注目です。

「銀行系」の中でも、楽天銀行のスーパーローンはおすすめです!

銀行系のカードローンは審査が厳しいから……という話をしておいて、いきなり前言を撤回するようで申し訳ないのですが、過去に銀行系カードローンの審査に落ちてしまった人でも、もしまだ「楽天銀行のスーパーローン」を申請したことがないというなら、ぜひとも一度チャレンジしてください。

というのも、確かに楽天銀行というのは、いわゆるネット銀行の国内最大手で、銀行系カードローンであることには違いない(総量規制の対象外)のですが、楽天銀行の展開するカードローンは、審査時の条件などが、消費者金融系のカードローンに近いのです。

◆楽天銀のスーパーローン、その特色はこんな感じ!

  • 言わずと知れた「楽天」が親元なので信頼性が高い
  • 銀行系のカードローンだから、総量規制の対象外
  • 審査も大変スピーディー! 最短で即日融資が可能!
  • いわゆる「おまとめローン」や借り換えにも対応しているので安心
  • すでに他社からの借り入れがあっても大丈夫!
  • パートやアルバイトに従事する人でも申請可能!

銀行系のカードローンの場合、すでに他社からの借り入れがあれば審査に落ちてしまう場合が多く、さらに、パートやアルバイトに従事する人は申請が不可能という場合もあるわけですが、楽天銀行はそのあたりが非常に親切ですね。

カードローンを申請する人の年収に応じて、その人が返済可能なプランで、きっちり融資してくれるので安心です。さらに楽天銀行のカードローンは、申請に必要な書類の提出がweb対応なので、非常に楽なんです。たくさんの書類をいちいち郵送する手間が省けます。

消費者金融大手なら「レイク」がオススメです。

レイクは消費者金融の大手ですが、銀行系のカードローンの審査に落ちたことがあるという人にもオススメできる企業です。

◆レイクでカードローンを申請する6つのメリット

  • ご存じ、2種類の無利息プランを選べます(30日間・180日間無利息)
  • インターネット対応で24時間お申し込みオッケー
  • 急な入用でも安心! 最短で即日融資が可能!(平日の14時まで)
  • 超がつくほどスピード審査!
  • カードを忘れても、ケータイ・スマホがあればキャッシングオッケー
  • ATM手数料がゼロ円!

*180日間無利息は、5万円以内の融資に限ります。

「レイク」のカードローンを申請する際の条件は?

レイクでカードを作る条件は、それほどむつかしくありません。初心者の方でも大丈夫です。以下に、レイクでカードローンを申請するための条件をリストアップしておきましょう。

  • 融資の限度額は最大で500万円
  • 利率は年率で4.5パーセント~18.0パーセント
  • 国内にお住まいの方で、安定した収入がある満20歳~70歳の人が対象
  • パートやアルバイトに従事する人、自営業者、派遣社員も申請可能(要審査)
  • 遅延損害金は年率で20パーセント
  • 返済方法法は、残高スライド(あるいは原理定額)リボルビング方式
  • ローンの契約期間は最長で5年、分割払いなら60回まで

中堅の企業なら、ここが特におすすめ!

たとえ大手企業の審査に落ちてしまったとしても、まだあきらめる必要はありません。中堅の金融機関で、顧客に対する融資を積極的に行っているところはいくつかあります。中堅の企業の中で特におすすめなのは、(株)アルコシステムです。

アルコシステムとは、1983年に創業された、実績のある神戸の金融機関です。
その詳細について、以下にリストアップしておきましょう。

  • 年齢、職業などによる貸し付けの制限は特になし
  • ただし、すでに他社からの借り入れが滞っている人などは申請不可
  • ならびに、健康保険に未加入の方は申請不可
  • 融資の限度額は五十万円(証書貸付の形式)
  • 顧客による限度額の違いはあり(原則として年収の3分の1以内)
  • 利息は年率計算で、15パーセント~20パーセント
  • 返済の方式は、一括返済やリボルビング形式など4種類から選択可能
  • 契約期間は最長で5年 分割払いは60回まで
  • 返済遅延時の年率保証は20パーセント
  • 担保や保証人の類は原則として不要

◆さらに、(株)アルコシステムのご利用時に必要な書類などをリストアップしておきます。

  • 健康保険証
  • 運転免許証
  • 例えば「給料明細」など、顧客の収入がわかる書類
  • 源泉徴収票(顧客の年収がわかるもの)

銀行カードローンに落ちても他で借りられる可能性あり!

銀行系のカードローンの審査に落ちてしまったら、そりゃあ誰だって悔しいでしょう。でもよく考えてみれば、審査に落ちてしまう原因というのはもちろん顧客自身にあるわけです。顧客の側に非がないのに審査に落ちるなんてことはあり得ません。

銀行系のカードローンの審査に落ちてしまっても、他のところでカードローンを申請できる可能性はもちろんあります。しかしながら、銀行系カードローンの審査が厳しいポイントは、すでに前項で書いた通り、顧客の年収や勤務状況なのです。

逆に言えば、これ以外の条件については、銀行系のカードローンもそうでないカードローンも、実はそんなに変わりません。

つまり、もしも自分が年収や勤務状況以外のポイントでカードローンの審査に落ちてしまったという場合(年収に対して借り入れの希望額を小さくしているのに、それでも落ちる)なら、それはすぐにでも改善できる問題があるということなのです。

ローンの審査に落ちてしまうなら、改善できるポイントを探せ!

まず、ものすごく基本的なポイントなのですが、仮審査の際に自分の年収をサバ読みで入力するのはやめましょう。そんなことをして、仮に良い条件が出たとしても、結局は本審査の時にがっかりするだけなので、あまり意味がないのです。

たくさん申請するより、1社に集中すべし!

すでに、申し込みブラックという状況について説明しましたね。金融機関の審査に落ちるのが怖いから、前もって複数の企業から借り入れを申請して、その結果たくさんの金融機関を返済対象にしてしまい、申し込みブラックの状態になるのです。

なんとしてもカードローンを申請したいという気持ちはよくわかりますが、どちらかといえば、審査に落ちてしまった時に備えて複数の機関にカードローンを申請するより、1社との契約に集中したほうが、お金を借りた後の返済も含め、何かとうまくいくことが多いのは事実です。

借金がかさんできたなら、とにかく落ち着いて返すこと!

消費者金融などからお金を借りるプロセスは、本当に手軽です。消費者金融そのものに関するイメージも、一昔前に比べればずいぶんとよくなってきていて、下手をすれば、自分がお金を借りているんだという事実すら忘れてしまいがちです。

実はこれが良くないのです、多重債務を抱える人は、あまりに消費者金融からお金を借りるのが簡単なせいで、ついつい油断してしまい、次第に借金がかさんでしまって自分が苦労をします。

借金がかさんでくると、だんだんとお金を新規で借りることがむつかしくなります。とにかく、失った信頼を取り戻さなければどうしようもありません。新しくお金を借りることより、これまでに借りたお金を少しずつ返すことを考えましょう。

いざというときのために助かる「おまとめローン」のプラン

特に中堅の消費者金融に多いのですが、少し借金がかさんできた人に対しても、積極的に必要な融資を行ってくれる企業もあります。ただし、何もせず普通にお金を借りられるのとは少し違い、「おまとめローン」というものが適用されるんですね。

借金が複数の会社を相手にかさんでくると、当然、金利面での負担も大きくなります。例えば、A社とB社とC社という3つの会社から同時にお金を借りている場合、それぞれの会社が提示する金利の条件は当然違うわけですよね。

金利が異なる複数の企業に対して、それぞれ律儀に別の金利を支払っていては、金利の支払いだけで大損することになってしまいます。そういう状況を避けるために「おまとめローン」というプランで、金利の払い過ぎによる損益の拡大を防ぐのです。

信頼を失った状態では、カードローンを申請することは難しくなります。まずは落ち着いてきっちり借金を返し、失った信頼を取り戻せばいいのです。

【参考ページはこちら】
カードローン掛け持ちの注意点

新着記事
TOPICS