> > > ブラックでも借りられるカードローン会社はある?

ブラックでも借りられるカードローン会社はある?

一度ブラックになってしまうとカードローンで借り入れができない、またはとても難しい、というのが常識です。

しかしよく探してみれば、実際にはブラックの人でも審査をしてくれる、いわゆる“審査の甘い”消費者金融もあるのです。

「助かった!」と思ったブラックのあなた、ちょっと待ってください。

利用する前に、ぜひ知っておいていただきたい事や注意していただきたい点がありますので、まずはポイントをきちんと押さえておきましょう。

ブラックリストには、どれくらいの期間登録されるのか

「ブラックリスト」とは、クレジットカードや各種のローンを利用していて返済が遅れたり、自己破産などの債務整理をしたりすると名前が載る金融機関の台帳のようなもの、と考える人がいらっしゃるかもしれませんが、実際にはそういったリストは存在していません。

信用情報機関における金融事故情報の記録のことを、俗にブラックリストと呼んでいるのです。

この登録された事故情報があると「金融ブラック」となり、一定期間クレジットカードは作れませんし、新たにお金を借りることも、ローンを組むこともできません。

一度でもブラックリストに載ってしまうと、この先一生どこからもお金が借りられないのはもちろん、社会的にも信用を無くしたままなのかと不安になる人もいるかもしれません。

ですが、信用機関の登録先や事故の内容による多少の違いはありますが、一定期間が過ぎればブラックリストから削除されるので、そこまで悲観的にならなくても大丈夫なのです。

では期間としてはどれくらいなのでしょう?

個人信用情報機関別のブラックリストから削除される期間

ローンやクレジットの利用情報など個人の信用情報は、国が指定する個人信用情報機関によって管理されています。

指定個人信用情報機関には、CIC、JICC(日本信用情報機構)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つがあり、信用情報の共有を行っています。

CIC JICC
(日本信用情報機構)
KSC
(全国銀行個人信用情報センター)
延滞:5年
任意整理:5年
自己破産:7年
延滞:1年
任意整理:5年
自己破産:5年
強制解約:5年
延滞:5年
代位弁済:5年
任意整理:5年
自己破産:10年
※CIC…クレジットカード系の信用情報機関

※JICC(日本信用情報機構)…消費者金融系の信用情報機関

※KSC(全国銀行個人信用情報センター)…銀行系の信用情報機関

以上のように通常の延滞などでは、延滞の解消から5年でブラックリストから外れます。

ブラックリストから削除されない人がいる?!

しかし、唯一ブラックリストから削除されることのない人が存在します。それは返済をせずに放置し続けたり、逃げ続けている人です。これらの人は当然ながらブラックリストから消えることはありません。

こういう人がまたお金を借りようとローンの申し込みなどをしたとします。でも契約通りにお金を返さなかったからブラックになったわけですから、常識的に考えれば、誰だってお金を借りて返さないとわかっている人に、さらにお金を貸そうとは思いませんよね。それはローン会社も消費者金融も同じことです。

それゆえリストから抹消されるまでの間、少しでも信用を回復させるために、毎月の返済は必ず滞らせずに行うことが大事です。

ブラックでも借りられるカードローン会社って?

自分はブラックだけれど、急にまとまったお金が必要になったのでどうしても借りたい、という人も多いのではないでしょうか。おかしなもので、お金のない時に限って出費がかさむようなこと、よくありますよね。

事故情報の掲載期間が過ぎるのを待っていられない、「その前に何とか借り入れはできないの?」というブラックの人でも借りられる、カードローン会社はあるのでしょうか?
(⇒おすすめのカードローン会社をチェック!

ブラックに登録されるとお金を借りられないし、ローンも組めないと先に述べましたが、実は絶対に不可能、というわけではありません。

ブラックでも借りられる優良金融機関はあるのか?

あなたもインターネットで検索していると「ブラック借入OK」のような文字を多く目にするので、「意外とたくさんあるじゃない」と思うかもしれませんね。

しかし当然ながら有名な銀行系のカードローン審査はかなり厳しいと言わざるを得ませんし、テレビCMや広告を多く打っている会社は、ブラックはまず無理と思って間違いありません。

危険な闇金には要注意!

そして確かにたくさんある、「ブラック即日借入可」などとうたっている金融機関は、未登録の怪しい会社が多く、法外な利息を要求する闇金と考えられるのです。
(⇒ブラックでも借りたい!銀行系で借りる方法

また登録をしていても危ない会社は多数存在しますし、登録番号を偽造している闇金もあります。気を付けなければいけないのは、最近の闇金は名前や外見をソフトに偽装して、巧妙に私たちのそばまで忍び寄ってきているということです。うっかりそんなところに引っ掛かってしまったら大変です。

一度でも闇金から借りてしまうと、たとえ全額返済しようがあなたを追い込んで、とことん搾り取ろうとします。違法な業者は「借りたくても借りられない」と困っている人に対して、都合のいい言葉で巧みに勧誘してきますから、絶対に乗ってはいけません。

どこからもお金を借りられないと切羽詰っているような人は、特に充分注意して、正規の消費者金融業者と違法な闇金業者をきちんと見きわめることが何より大事です。

ではどんな方法で業者を選べばよいのでしょう?お金を借りたいと思ったら、まずは慌てずに落ち着いて、その金融機関に関する口コミや利用者の体験談の情報などを集め、大丈夫かどうか、しっかり確認しましょう。

「申し込みブラック」にも要注意!

ブラックの状態で、短期間にあちこち借り入れを申し込むと、金融事故を起こしているのにさらに多重に借りようとする、つまりとてもお金に困っているので返済が難しいと見なされて「申し込みブラック」となり、事故記録が更新されてしまいます。

自らブラックの期間を延長しないためにも、むやみに申し込みをしないようにしましょう。そのためにも、前出の信用機関に問い合わせて、自分の情報を取り寄せ、ブラックの期間などもきちんと把握しておくことをおすすめします。

申し込みブラックになってしまったら

申し込みブラックとは、ブラック状態の短いものと思ってもらえば分かりやすいのですが、一般的なブラックが5年や10年借り入れができないのとは違い、申し込みブラックは半年といわれています。

つまり、もし申し込みブラックになってしまっても、半年待ってから再度借り入れの申し込みをすれば大丈夫、というわけです。

実はあった!ブラックでもOKな消費者金融と借りるコツ

それでも、中には優良な消費者金融会社もあります。口コミなどで評判になっているので、探せばいくつも見つけられるでしょう。

中小の地域密着型金融機関を探そう

やはりそれらは大手ではなく街金と呼ばれるような中小企業に多いので、あまり目立つような宣伝はしていませんが、地域密着型の経営をしていて評判はしっかりしているところが多いようです。

ただ審査のための提出書類が通常よりも多いとか、審査に時間がかかるので即日融資はない、融資額が低めに設定されている、ネットではなく電話、または店頭まで出向いて対面での審査を受けなければならないなど、多少の面倒はあるようです。

ですが困っている時に貸してもらえるのは本当にありがたいことです。相談や交渉次第では即日融資をしてくれる可能性もありますので、見つけたらまずは話しをしてみましょう。

また、厳しいといわれている銀行系のカードローンの中でも、比較してみると意外と審査の甘いところがあります。

意外な狙い目は地方の信用金庫

それは、都市部の人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、地方の信用金庫です。利用の仕方によってはハードルが低くなる場合があるのです。

たとえば口座を持っていて、給料の振り込みに使っている、公共料金の引き落とし口座にしている、すでに住宅ローンを組んでいる、などの条件があれば、大手のメガバンク系カードローンよりも信用金庫では借り入れがしやすくなる可能性があります。

さて、ではどうすればより審査に通りやすいのでしょう?最低限必要な条件は、ブラックになった後の返済もきちんとしていることと、仕事をしていること、そしてちゃんと連絡が取れる手段があることです。

逆を言えば、この条件を満たしていれば、ブラックでも借りられる可能性は高くなると考えられます。自分は信用できる人間であるということを知ってもらうのです。

厳しい言い方になりますが、カードローンを探していて最も満足できる条件でお金を借りたいと思ったら、まずはブラックでなくなること、そして信用があることが一番なのです。

正しく賢い使い方をすれば、便利でこれほど心強い味方はないカードローン、できれば早くブラックから抜け出して、上手に利用したいものですね。

【参考ページはこちら】
本当にブラックでも安心な街金とは

新着記事
TOPICS