> > > 知って得をする!自由業がキャッシングしやすくなるポイント

知って得をする!自由業がキャッシングしやすくなるポイント

自由業は収入が不安定のため、キャッシングするときに消費者金融から信用が低いです。反対に、一般のビジネスマンは、万が一に返済できなかったときの請求先や会社に勤めていれば収入が保証されていることから、審査が通りやすいです。

たとえ、自由業が一般のビジネスマンよりも月収が上回っていても、継続性がなければ信用が足りてないと見なされます。消費者金融や銀行の審査基準は「収入・返済能力」が大事だからです。自由業の方の場合も、一般のサラリーマンのように「収入・返済能力」を認めてもらう必要があります。

では、具体的にどうすればいいのか、自由業の方がキャッシングの際に気をつける点をご紹介いたしましょう。

自由業の方とサラリーマン、信用度の違いを知ろう

それぞれの信用度の違いを知ることにより、自由業の方でもキャッシングできるポイントがあります。

なぜ信用度が違うのか

まず、収入の面で言うなら、自由業の場合は収入がなく一定ではありません。いくら単月に月収何百万稼いでいても、翌月からの収入がないと返済能力が見込めないとされ、審査が厳しくなります。

サラリーマンが信用される理由

一方で、サラリーマンの場合は月の給与は保証されています。会社勤めをしている限り、給与がなくなる可能性は極めて少ないです。このことから返済能力があるとみなされ、審査基準も甘くなります。

「収入に継続性がない=返済能力がない」と借り手から判断されることになります。

なので、サラリーマンの場合は、継続性に期待が持てる企業が審査が通りやすくなります。例えば、公務員や大企業などです。自由業の場合は勤務形態も決まっていない分、審査に通りにくいというのが実情です。

以上のことからまとめると、信用度の違いは二つになります。

  • 収入
  • 返済能力

2つの信用は必要


収入と返済能力は必ず審査に見られるポイントなので、覚えておく必要があります。
勤務先や勤務形態が決まっていない自由業は、サラリーマンと同様の信用度を得ることでキャッシングしやすくなります。では、さらに2つの信用を得るための方法や対策など詳しくご紹介しますね。

信用を証明しよう!自由業の方が借りるときに大事なこと

自由業が借りるときに大事なポイントは2つです。

  • 1~3年の継続収入を証明する
  • 小口からキャッシングして返済実績を作る

自由業はまず実績を作ろう

単月の収入では審査が通りづらいことは前述した通りです。なので、自由業の場合は収入や返済能力などの実績を証明する必要があります。そのためには、1~3年程度の継続的な収入があるのが望ましいと言えます。

このくらいの期間を公的証明できるものを用意しておくと、借入の際にも審査も通りやすくなります。さらに、その期間内に収入が上がっていると、証明としては申し分ないものになります。

収入以外の方法はないの?

しかし、収入が継続していても、月収の金額が少ないと心持たないときがあります。そのときには、収入以外の方法で実績を作る方法もあります。それは、小口でキャッシングをして、返済をし続けるというものす。

しっかりと返済をすることにより、返済実績と証明することができるので、審査は通りやすくなります。収入とは違い、一度キャッシングする必要はありますが、公的証明書も必要がないので便利ですね。

ここを意識すると、キャッシングの審査も楽になります。それでは、実際に借入する際に銀行と消費者金融のどちらが良いのか悩むと思います。それぞれの特徴の違いを抑えてキャッシングしましょう。

抑えておくべき!銀行で借りるか、消費者金融で借りるか

キャッシングする際に銀行と消費者金融のどちらかになりますが、まずそれぞれの特徴を見ていきましょう。

項目 銀行 消費者金融
金利 低い 高い
引き出し手数料 無料 有料
審査難易度 厳しい 甘い
即日融資 不可能 可能

どちらから借りるべきか?

どちらも一長一短ですが、優位性を持って借りた方が上手に利用できます。例えば、収入がしっかりと安定していたり、日数に余裕があれば銀行を、早めに欲しい場合には消費者金融を選択するなどです。

ただ、消費者金融も借りやすいからといって、どの機関を選んでもいいわけではありません。金利や返済額を見極めてキャッシングする必要があります。

自由業の不安な点として、借入をすることで取引先に情報が伝わり、信用を失うのではないかということです。その点に関しては、借入したから仕事を失うものではありません。ただ、滞りやブラックなどは情報が伝わる可能性があるので、返済のトラブルには注意が必要です。

また、ビジネスローンは個人では利用ができないことも覚えておきましょう。この2つの注意点を守りながらキャッシングをすることで、取引先や仕事を失うこともなく、個人での借入先を集中して借入先を検討することができます。

自由業の場合は、消費者金融から借りることが多くなるでしょう。収入が安定して日数にも余裕が出てくる頃に全てを返済して、銀行から借入に変更すると負担が少なくなり、ベストです。

銀行と消費者金融から借入するときの抑えるべきポイントは以下になります。

信頼が大事!注意点を守って、返済はしっかりと!

キャッシングがしやすいかどうかは、優良だと判断されることが信頼を得る近道です。優良というのは、継続的な収入や返済能力などの実績をしっかりと身に付けることです。

片方だけでは不十分だと判断されます。一度も借入したことがないのでしたら、収入のみで判断されますが、何回か借入したことある場合にはどちらも実績が必要です。

特に返済には気をつけなくてはなりません。一度の滞りは、借り手にとってマイナスしか記載されませんので、返済期日は守りましょう。ただ、返済すれば実績を作れるものではありませんので、慎重に返済実績を作ることが大切です。

自由業は責任先が本人となるため、2つの実績を作ることで信頼度は格段に違いますし、銀行・消費者金融のどちらでも審査は通りやすくなります。

なので、注意点と身に付けるポイントの両方を抑えておくことをオススメします。

【参考ページはこちら】
会社経営者が知っておくべきカードローンの使い方

新着記事
TOPICS