> > > 今すぐ車を買いたい!そんな貴方のためのカードローンを徹底検証

今すぐ車を買いたい!そんな貴方のためのカードローンを徹底検証

今すぐ車を買いたいけれど、先立つものが無い!お金を借りるにしても、どこでどんな借入れをしたらいいのか、まったく検討もつかない!

貴方はそんな悩みをお持ちではありませんか?

車を購入するためにお金を借りると言うと、誰しも「オートローン」などと呼ばれる、資金使途が車専用の融資を思い浮かべることでしょう。

ここでは、「オートローン」がどんなもので、各会社の特徴を事例を交えて説明していきます。

また、「オートローン」の審査に通らないという人のために、銀行のカードローンのことを説明しています。

銀行のカードローンは、車を買うためのお金を借りたい人には、断然お薦めなのです。ぜひ、参考にしてみてください。

車を購入するための「オートローン」って、一体どんなものなの?

お金を借りて車を買いたい人は、そもそも「オートローン」というのは、どんなものなのかとお思いのことでしょう。その呼び方も様々で、「オートローン」の他に、「マイカーローン」や「自動車ローン」などと名付けているところもあります。

ここでは、「オートローン」とはどんなものを意味していて、これまでの歴史的な流れや、どんなところで扱っているのかを説明していきましょう。

元々「オートローン」は信販会社とディーラーの割賦販売のこと!

本来「オートローン」と言われているものは、信販会社や自動車ディーラーで扱っている、クレジット=割賦販売で車を購入するものでした。狭い意味での「オートローン」を取り扱っているところは、次の2つになります。

  • 信販会社
  • 自動車ディーラー
自動車ディーラーは、車の売上を増やすため、毎月返す金額をなるべく高くならないように、割賦販売方式を採用しました。この方式とは毎月の返済回数分の手形をまとめて発行する方法でした。

万が一返済不能となれば、自動車ディーラー自ら取り立てしなければなりませんが、通常は割賦金利が儲けとなります。つまり、自動車ディーラーは、お金が返済されないリスクを負いながらも、次の2つの儲けを得るというものなのです。

  • 車を売った利益
  • 「オートローン」の金利

中古車の販売が増えてくると、そのための「オートローン」というものも必要になってきて、信販会社も「オートローン」を取り扱うようになりました。また、自動車ディーラーとしても、バブルがはじけて「オートローン」に負担を感じ始めたため、自動車メーカーがファイナンス会社を作り、「オートローン」を取り扱いだしたのです。

現在は銀行なども「オートローン」のようなもので融資している!

現在、預金金融機関の関連では、「マイカーローン」や「自動車ローン」という商品名で、「オートローン」を取り扱っています。その金融機関には、次のようなところがあります。

  • 銀行
  • 信用金庫
  • JAバンク
  • 労働金庫

更に現在は、損害保険会社もこの事業に参入しています。

預金金融機関の「オートローン」は、車を買う資金にする他、運転免許取得・車検・車の修理など、車関連の購入以外の費用として融資されることもあり、とても便利な商品となっています。

但し、自動車ディーラーがローン会社を斡旋していなければ、融資申込や契約は自分で行なわなければならず、少しめんどうなところもあり、預金金融機関の「オートローン」のデメリットになっています。

どんな「オートローン」があるの?各社の「オートローン」の特徴

「オートローン」は、自動車ディーラーの他、様々な金融機関などで取り扱っていることをお話しました。では、そんなにいろんな種類がある中で、それぞれの会社にはどんな特徴があるのでしょうか。

一番気になるのは、すぐにお金が借りられるかどうかや、金利のことでしょう。メリット・デメリット共に、特徴がどうであるかを理解した上で、最良の融資先を選択すると良いと思います。

信販会社関連の「オートローン」の特徴は審査が通りやすいこと!

信販会社や自動車ディーラーの「オートローン」の最大の特徴となるメリットは、何と言っても融資の審査に通りやすいというところでしょう。

信販会社や自動車ディーラーの「オートローン」の特徴をまとめると、次のように3つになります。

  • 審査の厳しさ:預金金融機関に比べてゆるい。
  • 審査の早さ:比較的スピーディー
  • ローンの金利:一般的に高め
  • 車の所有権:信販会社(ローン完済まで)

信販会社の「オートローン」は、どちらかと言うと、中古車を買いたい人に最もお薦めできるところです。そして、新車購入となると、当然のこと自動車ディーラーということになります。

自動車ディーラーの「オートローン」と言っても、大抵は信販会社と提携している場合が多いので、その特徴は信販会社と同じになり、返済期間中の車の所有権も、信販会社のものとなっているのです。

但し、自動車ディーラーだけの特徴としては、車へのオプションを追加したり、値引きをしてもらえたりと、ディーラーでないとできないいろんなサービスがついているのが挙げられるでしょう。

新車購入をお考えの人であれば、この頃目にする機会が多くなっていると思いますが、自動車ディーラーの「オートローン」のひとつとも言える、「残価設定ローン」と言うものがあります。

大手自動車メーカーのトヨタの場合、「残価設定型プラン」という名称でやっていて、例えば36回(3年)のローンを設定して、3年を過ぎた後の車の査定額(残価)を差し引いた額を分割払いしていくのです。そして、3年後になって、残価をどうするかというのを、次の3つから選ぶというものです。

  • 同一ディーラーでの新車への乗換え
    (返却する車両=残価)
  • 現有車両=残価の返却
    (車両状態により別途清算金あり)
  • 車=残価の買取り
    (一括又は再クレジット)

銀行の「オートローン」の最大の特徴はローンの金利が低いこと!

銀行の「オートローン」は、通常は「マイカーローン」と言っていますが、このローンの最大の特徴は、金利が低いということに尽きるでしょう。

車を買うということは、とても高額な買い物となります。一括で払える人には関係ないことですが、借金でとなるとどうしても金利の違いは、最大の関心事となります。

銀行の「マイカーローン」の特徴をまとめると、次のように3つになります。

  • 審査の厳しさ:信販会社関連に比べてきつい。
  • ローンの金利:一般的に低め
  • 車の所有権:購入者(購入と同時)

「今すぐ車を買いたい!」という人にとっては、銀行の「マイカーローン」は、金利が安いという最大のメリット以上に、手続きが煩雑で時間がかかってしまうという、希望とな真逆のデメリットがあって、ちょっと利用しにくいものかもしれません。

また、金利が低いところが銀行の「マイカーローン」の特徴とは言っても、もしかしたら、他の面で損をしていることもあるのです。それは場合によってですが、保証料や手数料がローン金利の中に含まれている時もあるからです。

銀行の「マイカーローン」を利用する時は、このあたりも吟味しながら選ぶ必要があるのです。
(⇒カードローンでも車ローンは組める?

JAバンクや労働金庫の「オートローン」も銀行と同様の低金利!

預金金融機関として、JAバンク(農協)や労働金庫(ろうきん)の「オートローン」も、銀行同様にローンの金利は比較的低く設定されています。

その呼び名は、JAバンクは銀行と同じ「マイカーローン」、労働金庫だと地区毎に「マイカーローン」・「カーライフローン」・「自動車ローン」などいろいろあります。

JAバンクの「マイカーローン」の特徴は、次の4つにまとめられます。

  • ローンの金利:一般的に低め
  • 車の所有権:購入者(購入と同時)
  • 申込み条件:比較的容易
  • 審査の厳しさ:きつい。

JAバンクは農協=農業協同組合でやっているため、本来は農家をやっている組合員のための銀行機能ですが、「マイカーローン」は組合員以外でも利用することができます。

労働金庫の「オートローン」の特徴は、次の5つにまとめることができます。

  • ローンの金利1:固定型で低め
  • ローンの金利2:優遇金利(組合員)
  • 車の所有権:購入者(購入と同時)
  • 借り換え:対応
  • 審査の厳しさ:きつい。

労働金庫は、労働組合や生活協同組合の組合員のための銀行機能で、通常は組合員に融資するのを事業としていますが、地域によっては組合員以外でも利用することができます。「オートローン」の呼び名も、地域によって様々で、金利の条件なども違っていますので、利用の際は確認が必要です。

損害保険会社の「オートローン」は中古車でも新車並みの低金利!

「オートローン」を取り扱っているところで、ちょっと替わっているところとして損害保険会社があります。ここの融資の申込み条件には多少厳しい面もありますが、他の会社に比べ、新車と中古車での金利にあまり大きな差がありません。

損害保険会社の「オートローン」の特徴をまとめると、次のように4つになります。

  • 申込み条件:きつい
  • ローンの金利1:低め(新車・中古車の差小さい)
  • ローンの金利2:保証料込みでも低め
  • ローンの金利3:固定型で低め

どこの「オートローン」が良いの?「オートローン」の徹底比較!

会社の種類別での特徴は分かりましたが、やはり具体的な会社名をあげて「オートローン」商品の内容を比較してみないと、そのメリット・デメリットがピンときません。そこで、会社の種類別の各1社のサイトから、「オートローン」商品の代表的なものの内容を確認・比較してみることにしましょう。

比較する会社の種類は、「自動車ディーラー」・「信販会社」・「銀行」・「信用金庫」・「JAバンク」・「労働金庫」・「損害保険会社」の7つで、大手か東京などの首都圏の会社とを選んでいます。JAバンクについては、地域毎に違うところもあるのですが、サイトは全国組織のもので確認しました。

まったく同じ条件での比較は難しかったので、ほんの参考程度ではありますが、少しでも車購入時の借入先選択の目安になればと思います。

各社「オートローン」商品の内容を具体的な会社で徹底比較した!

各社の「オートローン」商品を比較検討したいのですが、中には融資額や金利を明確にせず、申込み相談時の確認としているものもあり、注意が必要なところです。

「オートローン」審査の通りやすさを確認するには、ローン申込み時に必要とされる本人情報にどんなものがあるかということでしょう。この中に一般的に、審査で重要とされている項目がいくつ入っているのかというのが、審査の通りやすさにつながるからです。

では、一般的に審査で重要とされる項目とは何でしょうか。それは、次のような6項目となります。

  • 年収
  • 勤務先
  • 勤続年数
  • 雇用形態
  • 他社借入状況
  • 過去返済実績

これら6項目が各社の「オートローン」申込み時に必要とされているかが、審査の通りやすさと関係しているものと考えられます。なお、「他社借入状況」と「過去返済実績」は、個人信用情報機関で確認できますので、比較検証には入りません。

各社「オートローン」審査の通りやすさを徹底的に検証してみた!

それでは、具体的に各社の「オートローン」商品の内容を比較して見てみましょう。比較する内容は、融資額と金利・審査項目・各社の特徴としているところです。なお、審査項目では、審査の通りやすさと関係していると考えられる4項目(年収・勤務先・勤続年数・雇用形態)の何項目が必要とされているかを比較しました。

社名 融資額
(金利)
審査項目 特徴
東京トヨペット 1項目必要
(勤務先、他は不明)
*月々支払いラクラク!
*最終支払い3プラン
オリエントコーポレーション *来店不要
*必要書類=契約書1枚
*審査スピーディー
*支払いプラン途中変更可能
みずほ銀行 500万円まで
(年3.7%変動)
(年4.4%固定)
4項目必要 *最長7年
*おおよそ予算で申込み可能
*エコカー金利:年0.1%引き下げ
*銀行利用者優遇
東京信用金庫 30万~500万円
(年1~3.28%固定金利)
3項目必要
(雇用形態は不明)
*福祉介護車金利割引
*低公害車金利割引
*カードローン同時契約金利0.4%割引
JAバンク 500万円以内
(各JA毎)
2項目必要
(年収200万円以上、勤続1年以上、他は不明)
*新車中古車購入・修理車検費用
*無理のない返済計画提案
*ネット仮申込み無休対応
中央労働金庫 最高1千万円
(組合員等:年1.7%変動・年2.2%固定)
(一版勤労者:年2.475%変動・年2.7%固定)
3項目必要
(雇用形態は不明)
*車に関する費用
*マリンスポーツに関する費用
*自転車に関する費用
*繰上返済手数料無料
損保ジャパン日本興亜クレジット 50万~500万円
→年収で3段階
(年2.65%固定)
4項目必要
(年収400万円以上、勤続3年以上)
*保証料込みの低金利
*車名義本人
*WEB申込み来店不要
*スピーディー融資

以上のような結果から、審査項目4項目すべてを必要とする、銀行と損害保険会社の「オートローン」審査は、やはり一番厳しいと思われます。次に厳しいのが、3項目を必要としている信用金庫と労働金庫と言ったところでしょうか。

目的フリーのカードローンは、「オートローン」の変わりになる!

今すぐ車を買いたい人のために、「オートローン」についていろいろ説明してきましたが、中には「オートローン」審査に落ちてしまって困っている人もいることでしょう。そこで、車購入を諦めてはいませんか?

大丈夫、他にも手はあるんです。車を買うからと言って、なにも専用の「オートローン」にこだわらなくとも、資金用途が自由な「カードローン」を利用すれば良いのです。

使用目的自由な「カードローン」には、「オートローン」には無いメリットがたくさんあって、審査も比較的ゆるやかな面があるので、充分に「オートローン」の変わりになります。少し、車購入に利用する際の「カードローン」について説明していきましょう。

「オートローン」がダメでも、「カードローン」を使う手がある!

「オートローン」と「カードローン」を比較すると、大体次のような違いがあります。

項目 オートローン カードローン
車名義 ローン会社
(信販会社系)
本人
担保
保証人
車の権利
が担保
不要
販売店
バックマージン
有り 無し
借り増し 不能 可能

「カードローン」の最大の特徴は、融資額を利用者の希望額(車の購入代金)とは関係なく、返済能力に合わせて決定するため、審査は比較的ゆるくなるということです。「オートローン」では買いたい車の価格(頭金差し引き)が決まっているので、高額であればあるほど審査は厳しくなるのです。

今すぐ車を買いたいのであれば、借入できる金額に合わせて車を選ぶというガマンも必要となってくるのです。今回は「カードローン」で借りられる金額に見合った車でガマンして、次には「オートローン」で希望の車が買えるように力(収入)をつけるようにしましょう。

収入証明不要な金額が高いほど、カードローン審査は通りやすい!

一口に「カードローン」と言っても、いろいろなものがあります。特に審査が通りやすいところを選ぶにはどうしたらいいのかというと、「収入証明書不要」というもがカギとなります。

どういうことかというと、収入証明が不要と言うことは、金融機関が利用者の申告を信じているということで、収入証明書が不要となる金額が高いほどその信用度は高く、それだけ審査は通りやすくなっていると考えられるからです。

実際に、各社の「カードローン」で、収入証明書が不要な金額はどうなっているかを一覧にして見ました。

会社 収入証明書
が不要な金額
イオン銀行 300万円
オリックス銀行 300万円
楽天銀行 300万円
みずほ銀行 200万円
アイフル 50万円
アコム 50万円
プロミス 50万円

同じ「カードローン」と言っても、銀行と消費者金融では格段の差があります。銀行の融資は総量規制対象外となっているため、貸付額をかなり高く設定でき、大衆車なら手が出る金額を融資できるのです。

今すぐ車を買いたい!!ならば銀行のカードローンが断然お薦め!

これまで見てきた、車を買うための「オートローン」と「カードローン」についてまとめると、次のようになります。

ローンの種類 審査 融資額 金利
自動車ディーラーの
オートローン
通りやすい 希望額 比較的高め
信販会社の
オートローン
早い
通りやすい
希望額 比較的高め
銀行の
オートローン
厳しい 希望額 低い
JAバンクの
オートローン
厳しい 希望額 低い
労働金庫の
オートローン
厳しい 希望額 低い
損害保険会社の
オートローン
申込み条件
厳しい
希望額 低い
銀行の
カードローン
比較的ゆるい 200万円~
300万円程度
(収入証明不要)
比較的高い
消費者金融の
カードローン
様々 50万円程度
(収入証明不要)
高い

以上のように、審査の通りやすさと、融資額の高さから判断して、多少金利の高いところをガマンすれば、今すぐ車を買いたい人には、銀行のカードローンを利用することをお薦めします。

【参考ページはこちら】
おすすめの三和サービスの自動車ローン

新着記事
TOPICS