> > > 専業主婦向け!銀行系カードローンの審査を通す方法を解説

専業主婦向け!銀行系カードローンの審査を通す方法を解説

家庭を守る主婦こそ、お金のやりくりが大事ですよね。でも、時には急な出費で、お金が足りなくなることも・・・。

そんな場合は気軽に使えるカードローンがいいですよ。

専業主婦なら、審査が甘いと言われている消費者金融より、審査が厳しいと言われている銀行カードローンのほうがむしろオススメなんです。

今回は、消費者金融よりも銀行カードローンがいい理由、そして、どこの銀行が自分にふさわしいカードローンを発行しているのかを考えて、正しく選択する方法をご紹介いたします。

結構複雑なカードローンの比較ですが、今回はどこを見て比較すれば良いのか、ポイントを押えて解説したいと思います。

専業主婦が借りるなら、消費者金融より銀行カードローンがいい訳

気軽に利用できるはずの消費者金融ですが、なぜか思うように利用できないという相談は後を絶ちません。

そのような相談者はほとんどが専業主婦の方々が占めているようなのです。

キャッシングの使途を調べたアンケートでは、

  • 生活費
  • レジャー資金
  • 旅行費用
  • ショッピング

で、ほとんどを占めています。

これらを生計費と呼びますが、消費者金融が提供するキャッシング・ローンの使途が生活資金であることを考えれば納得できます。

消費者金融業者は主婦の事情をよく知っているのですから、むしろ最優先して申し込みに応じても良さそうなものです。

どうして主婦を最優先していないのかといえば、そこには乗り越えられない事情があるのです。

消費者金融業は法的な制限を受けています

少し小金を溜め込んだおじさんが近所の人を相手に金貸しを営んでいた時代とはもはや事情が違っています。

消費者金融業は登録事業として、各都道府県知事あるいは内閣総理大臣による登録を受けることが定められています。

ですから登録を受けないで事業することはできませんし、未登録のまま事業をすれば、ヤミ金融だということになります。

もちろん登録を受ければ、様々な関係法令で事業が監視されますし、厳しく規制を受けることにもなるのです。


消費者金融を取り締まる関係法令の大原則は、一般利用者の日常生活を保護することにあります。

つまりは利用者のための法令・規制だということになりますが、このことによってまた、金融業界全体の存続も期待できます。

消費者金融業は本人利用の大前提です

家族の代理になって、名義を無断で使用して、消費者金融を利用できた時代がありました。

様々な事情があるでしょうから、あるいはどうしてもそのようなケースはあるかも知れません。

しかし、事情がどの程度の事実なのかを確認することはできないため、当時は社会問題化したのです。

貸金業法は名義人の保護と問題が発生することを事前に回避するために本人利用のみのキャッシングローンの提供を定めました。

このことは当然、様々な理由を配慮して原則扱いになっているのですが、業者ごとに個別対応することはやはり難しいようです。

利用者本人に収入が必要であることが必要です

収入がない人にキャッシングサービスを提供することには多くの問題が潜んでいます。

ですから、利用者本人に何かの収入がなければ、消費者金融業者はキャッシングサービスに応じてはいけないことになっています。

いわゆる「総量規制」と呼ばれる規制があり、年収の3分の1までの利用が貸金業法で定められているのです。

但し、給与収入がなくても不労所得があれば、消費者金融を利用することができます。

ですから、すべての専業主婦が利用できないというわけではないのですが、少し面倒なのです。
(⇒専業主婦がOKなカードローンってあるの?

収入証明書を提示する必要があるので、消費者金融の利用らしい簡便さが著しく損なわれることになります。

消費者金融の利便性が高い、最大の理由は収入証明などの提出書類が軽減されていることだからです。

銀行が消費者金融と大きく違う原因は何だろう

とにかく堅いイメージが先行している銀行ですが、実は銀行も消費者金融と同じようにカードローンを発行しています。

しかし、消費者金融業者を規制し取り締まる貸金業法は、銀行を規制したり取り締まりしたりしません。


銀行は「銀行法」による免許事業です。

つまりは、消費者金融を利用できない理由として挙げた理由は銀行に当てはまらない可能性があるのです。

おおむね、銀行は大きな金額のローンを提供してきました。

住宅ローンが代表的ですが、この種の大型ローンの名義人は工夫しなければ、別の問題を生じます。

消費者金融業者のキャッシングは結局のところ、

  • 法的な規制を受けている
  • 利用者が本人に限られる
  • 利用者に収入が必要

といった制限があるということになります。

知っおきたい!銀行カードローンの審査が難しいと言われる理由

前章では、銀行は住宅購入向けのような大型ローンを中心に扱ってきたと説明しました。

カードローンで提供されるキャッシングサービスはしかし、生活資金に利用することがおもな目的です。

ですから、住宅ローンなどに比較すれば金額的にかなり小さいものになることがほとんどです。

しかし、カードローンの使途を厳しくチェックすることもできないため、カードローンに特化した法整備をすることも難しいのです。

結果的に銀行が提供するカードローンは、大型ローン向けの審査基準をベースにしてカードローンにも適用したのです。

担保・保証人をつけることが銀行の原則

担保・保証人は計画どおりに利用が困難になった場合の手続きを簡単にします。

銀行は「ノンバンク」とは異なり、預金者の管理財産を保護することが最重要だと決められています。

ノンバンクであれば、預金者保護という問題はないので、リスクを管理することも銀行より単純なことになります。

銀行では、預金者の資産を運用することで利益を上げますが、万が一運用に失敗すると大きな問題になってしまいます。

そのため、利用者側の利用による問題を避けて、リスクを最小限にすることを目的に担保・保証人が必要になります。

この事情は現在でも変化していませんので、銀行はローンを提供する際には保証人、あるいはなんらかの保証を必要とします。

暗黙の了解。最低収入額が安定してあることが必要

主婦によるパートタイムが家計を支える時代です。

家計を助けるためにパートに勤しむわけですが、手放しということではありませんよね。

一般には収入が100万円を超えると、段階的に住民税や所得税などがかかりますので実質103万円に収入の壁があるようです。

それに対して、銀行が提供するカードローンを利用するために、年収が最低でも200万円は必要だとされています。

収入の金額と必要とされる年収とを見比べれば、カードローンの敷居が高いことが一目瞭然です。

この辺りの事情が大きく働いて、銀行のカードローン審査が通らないと言われるのではないでしょうか。

銀行は提出しなければならない書類が煩雑だった

住宅ローンで一戸建て、あるいはマンションを購入するには大変煩雑な書類提出が必要です。

現金で住宅を購入する人はあまり見かけませんが、その場合でも非常に多くの書類を必要とします。

ローンを利用するのであれば、それらの必要書類に加えて金融機関向けの書類が求められます。

公的ローンや銀行ローンを併用するのであれば、さらに必要な書類は必要になってくるでしょう。

銀行は、そのような住宅ローンに限らず、個人向けカードローンにも同様な手続きを実施していた経緯があるのです。

担保がある住宅ローンにまして、個人向けカードローンではそれに代わる何かを必要にするのですから大変なことなのでした。

様々な書類の提出が求められ、しかも増えた書類に見合った審査期間を必要にしたのです。

審査期間が長くなると、必要なキャッシュを手にする時期が遅くなり時間的コストが上がります。

つまり、銀行カードローンの利用コストが高くなっていたと言い換えることができるでしょう。

他からの借入状況が大きな関門

銀行には口座がありますが、口座本人が把握できる以外に、銀行も詳細に状況を把握することができます。

毎月の預金の出入りを、銀行はその気になれば逐一追跡することも可能なのです。

つまり、どこかからの借入れがあった場合、銀行は毎月どこに定期的に支払いしていることをしっかりと審査するのです。

これは逃れようがないことでしょう。

借入れのみならず、生活費の使い方も口座の出入り状況から推測できるといいます。

毎月定期的にどの程度の出金があるのかで、生活パターンまで推し量ることは可能でしょう。

このような事情が、カードローン申し込みに際しての審査に影響しないはずはありません。

銀行の預金口座が必要?大丈夫、必須ではございません!

銀行のカードローンは、口座を開いた時に渡されるキャッシュカードをキャッシング利用にも使えるようにします。

実際にキャッシングすることを考えれば、キャッシュカードを利用することがとても便利です。

銀行としても新たに専用のカードを発行する手間が省けます。

銀行カードローンは、預金利用者に向けた銀行のキャッシングサービス提供だという、側面を強く持っていたのです。

銀行カードローンを申し込む時、預金口座が必要でしたが近年、そのような状況が大きく変わりつつあります。

銀行口座とカードローンとの関係はどうなっているの?

現在、カードローンの申込みの時に預金口座が必要なのか、不要なのかは銀行によって3つのパターンに分けられます。

  • 申込みに預金口座が必要な銀行
  • 申込みに預金口座の開設が必要な銀行
  • 申込みに預金口座が不要な銀行

もちろん、銀行口座は不要だとする銀行が一番使いやすい銀行ではないかと考えられるでしょう。

銀行によってこのように違いがあるのですが、預金口座が必要だと考えている銀行があるのはどうしてなのかが問題です。

預金口座があると、なぜ銀行は都合が良いかといえば…

主に次の4つの理由が考えられますが、カードローンの利用者としてはどれも、あまり気持ちよくありませんよね。

  • 口座の入金を監視できる
  • 口座からの出金を監視できる
  • 口座の利用履歴が確認できる
  • 給与受け取り口座であれば、回収が安定する

顧客の信用度を把握するためには、これらの情報をチェックすることが有効だということはおわかりでしょう。

お金の使い方は他人に覗かれたくないプライバシーの最たるものですが、その気になれば、銀行は完全に把握できます。

つまり銀行としては口座を持っている利用者であれば、信用度をほぼ完璧に評価できるのです。

銀行にとって、特に大切なのは口座の出入り状況の把握かもしれません。

このように考えると銀行が口座を持っている利用者をありがたいと思うのは当然です。

逆に利用者としては、あまりうれしくないですね。

口座が不要な銀行が一番良いという考え方は、少し違う

預金口座が不要な銀行は、キャッシングを実施する際の手続きが一様ではありません。

専用のキャッシングカードを発行する銀行もあり、またインターネットバンキングを利用する銀行もあります。

この場合のもっとも大きな問題は、メインバンクとして使っていない銀行だろうということになります。

使い慣れない方法でキャッシングしなければなりません。

暗証番号やパスワードを別に管理する手間が増えてしまいます。

小さいことのようですが、意外とこれらの負担は小さくなかったりするのです。

こういった後々の利用を考えると、必ずしも口座が不要が良いと単純にお奨めすることもできないのです。

口座はカードローン申込時に用意するとメリットあり!

では、どうすることがお薦めかといえばカードローン申し込みの際に口座を開設することなのです。

そもそもは、銀行口座の利用履歴を銀行に覗かれることが心配だったからです。

新規開設した口座なら、過去の利用履歴は問題になりません。

キャッシング専用の銀行口座として管理することで、キャッシングローンの利用管理が簡単になることを期待できます。

また新規開設することでまっさらな状態から、ロイヤルティを育てることが可能になります。

ここでいうロイヤルティとは利用している銀行からの、個別の信用度を指します。

一般にキャッシングして完済するという利用のサイクルを繰り返すことでこのロイヤルティは大きく育ちます。

そしてロイヤルティを育てることで将来の必要に備えることになりますし、大きな恩恵を期待できるのです。

銀行カードでキャッシング利用できることのメリットとは

専業主婦ではとくに家族にキャッシングの利用を知られたくないという思いが強くあるようです。

家族・知人にキャッシングが知られてしまう理由として考えられるのは、以下の つでしょう。

  • 金融業者からの連絡
  • キャッシングカードの存在
  • キャッシングカードの利用

心配される方は多いのですが、消費者金融の利用の場合でも業者からの連絡で家族に知られてしまうことはありません。

消費者金融業者は利用者のプライバシーを最大限尊重してくれるからですが、それでもキャッシングカードの存在は問題です。

また、キャッシングカードを利用する時に家族・友人に知られることは十分にありえることです。

だからこそ銀行カードローンには大きなメリットがあるのです。

銀行カードローンだからこそキャッシングカードと区別なし

キャッシュカードでキャッシングを利用できれば、周りに知られる心配がありません。

キャッシングする時にATMを利用するから、キャッシングしていることが周囲にわからないのです。

もちろん、返済支払の時の利用もキャッシングの支払だとわかる心配は不要になります。

これが振込支払とかなどの利用であれば、コンビニ店員などの表情が気になったりする人も多いと聞きます。

また、小銭が使用できないATMを利用した場合、余分に支払った分は銀行口座に残ることになり無駄がありません。

余分に支払うことになった分は、言うまでもなく口座のない銀行でも返金してくれますが、手間が必要なのです。

ちりも積もれば山となるというたとえの通り、これらの小さなメリットがないストレスは積もりつもってきます。

手続きの簡単な銀行カードローンを選択しよう

銀行のカードローン申し込みには複雑面倒な手続きが待っているという神話がまだ残っているようです。

確かに銀行ではできるかぎりリスクの高いローンは敬遠しようとするため、個人向けローンは敷居が高かったのです。

やっかいな収入証明書提出-回避するために知っておくこと

銀行のカードローン申し込みで一般的に必要だとされている種類は次の通り3種類あります。

  • 身分証明書類
  • 預金口座振替依頼書類など
  • 所得証明書類

これらのうち、身分証明書類は運転免許証や健康保険証で間に合いますから手間がかかることはありません。

また、預金口座振替依頼書類は申込み手続きの時に作成する書類で必要に応じて用意することができます。


問題は所得証明書類だということになります。

源泉徴収票でよければ、会社が発行しますが、所得証明書は市区町村が請求に対して発行します。

かりに所得証明書を必要とされた場合、その年の1月1日時点で住所のあった自治体に連絡を取る必要があります。

ですから引っ越しをしたようなケースだと、自治体事務所は遠方であったりして面倒なのです。

もちろん郵送で対応してもらえますが、到着するまで手続きを進めることができなくなってしまうので、注意が必要です。

一定の金額以下の利用申し込みを条件にして、収入証明書が不要な銀行カードローンが増えてきました。

高額のカードローンとはいかないかもしれませんが、それでも所得証明書類を提出することを考えれば十分メリットがあります。

また、所得証明が必要な金額は銀行によって差がありますから、事前に確認してください。

運転免許証が簡単で、健康保険証より有利だという神話

身分証明書についても注意が必要です。

顔写真が入っていることから、運転免許証の方が身分証明書としてわかりやすいと考えられがちです。

しかし、運転免許証で確実に把握できる情報は、本人の氏名、年齢と住所程度に限られてしまいます。

これらの情報は、審査で本人同定のために利用される項目に過ぎないのです。

それに対して健康保険証であれば情報が多くなって心証が良くなることが期待できます。

健康保険証の資格取得年月日は、会社員であれば入社年月日と一致するはずです。

これらは本人同定に関する情報ですが、申し込み情報と比較することで確認するための材料になっているのです。

このように情報が少しでも多いという意味で健康保険証を身分証明書として提示することは信用度を高めること寄与するのです。

オンラインで申し込みできる銀行カードローン

銀行などに設置されているローン契約機などを利用して申し込むことができますが、オンラインで申し込めます。

オンラインであれば365日24時間いつでも申し込みを受け付けてくれるようになっていますので大変便利でしょう。

ただし、キャッシングカードを発行する銀行ではカードを郵送してもらうと即日のキャッシング利用はできないことになります。

ですから、オンラインでカードローンを申し込みして審査を受け、その後ローン契約機あるいは店頭でカードを受け取ります。

この申し込み・利用方法を活用することで銀行カードローンでも即日キャッシングが可能になるのです。

オンラインで申し込みできるということがそのままで即日利用することができることを意味しないことに注意してください。

銀行の保証会社に注目!信販系は避けよう!

銀行のカードローンを親しみやすい商品に進化させた核心は保証会社にあります。

銀行のローンに保証が必要であることは何も変化していませんが、保証を銀行側が用意することで状況が変化しました。

保証会社で選ぶ銀行系カードローン

ですから、銀行のカードローンを選ぶ時には保証会社に注目!なのです。

銀行各社がローン説明に用意している商品詳細説明のページをご覧になると「保証・保証人」という項目が表記されているはずです。

保証・保証人の欄に記載されている会社を保証会社と呼びますが、ここが保証人の役割を果たします。


そして、この保証会社が審査を担当することになりますので、審査に通るかどうかは、保証会社がどこなのかで決まります。

保証会社が厳しい会社だと、ローン審査に可決することは難しくなると言えます。

ここで選ぼう!保証会社を選ぶためのポイントはここです

銀行カードローンの商品説明詳細を見るとわかりますが、保証会社を引き受けているところは金融業者です。

この金融業者はほとんど消費者金融業者ですが、中には信販会社が引き受けている場合もあります。

金融業者による審査には各社の営業方針が強く影響していることが知られています。

つまり審査が緩い消費者金融業者が保証会社である銀行系カードローンは比較的審査に通りやすいということができるでしょう。


逆に信販系金融業者が保証会社なら、審査はそれなりに厳しい審査が実施されることを覚悟しなければならないのです。

一般的に信販会社は低く押さえた金利でローンを提供してきたために審査が厳しい傾向があるのです。


このようなことを前提にすれば、信販系の保証会社が入っている銀行カードローンは避けることが賢明だということになります。

専業主婦がカードローンを上手に利用するために

いかがでしょうか。専業主婦がカードローンを利用する場合に配慮することが役に立つことを説明してきました。

これらのことからポイントになることを整理してみます。

  • 申込時に口座不要の銀行
  • 口座を新規に申し込む
  • 収入証明不要の限度額を明示している銀行
  • 消費者金融が保証しているカードローン

まとめてしまえばポイントとなるのはたったの4つで、専業主婦がとても安心して申し込みできます。

銀行のカードローンを活用すれば、専業であっても主婦の生活資金を有利にキャッシング可能です。

キャッシングは賢明に活用することで生活の大きな力になります。

豊かで計画的な毎日を送っていただく参考として頂きたいと思います。

【参考ページはこちら】
主婦のためのカードローン講座

新着記事
TOPICS