> > > 審査が甘いのはどこ?急いで借入したい人に耳寄りな情報!

審査が甘いのはどこ?急いで借入したい人に耳寄りな情報!

今週中にはお金が必要なのに審査を通過できるか分からない…審査が甘いところですぐにでも借入したい!そんな時ってありますよね。

審査を待ったのに結局借入ができなかった…なんて事態に陥ってしまうと、本当に時間がもったいない上さらに余裕がなくなってしまいます。

お金が必要だけど、審査をゆっくり待っている余裕なんてない!そんな人に知ってもらいたい、借入に関するノウハウを伝授します!

今週中に借りたい!すぐに対応してくれる金融機関はどこ?

まず、お金を借りるには審査が必要です。審査基準は金融機関によりマチマチですが、その基準が甘い所ほど審査を通過しやすく、お金が借りやすいのです。
(⇒カードローンの審査基準とは?

では、どんな金融機関があってどこが借りやすいのか、まずは比較してみましょう。

金融機関名 特徴
銀行 審査に時間がかかる。
利息は低めだが、審査基準は厳しい。
消費者金融 借入までスピーディーに対応する。
枠内なら何度でも追加融資可能。
コンビニATMで借入や返済の手続きができる。
街金 少額から借入可能で、振込みによる借入がメイン。
審査基準は一番甘く、地域密着型の営業をしている。

おおまかに分けて4つほど金融機関を紹介しますので、自分に合ったものを見つけていきましょう。

銀行系で借入を検討している場合

地方銀行や全国規模の大手銀行など、銀行にも種類はありますが、審査基準はどこもハードルが高めに設定されています。

  • 現在他社からの借入がない
  • 過去5年以内に延滞や踏み倒しなどの履歴がない
  • 金額に限らず、一定の審査期間を待てる
  • 銀行の営業時間内に申込みに行ける
  • 現在安定した収入がある

上記の条件に1つでも当てはまらない場合、銀行での借入ができる可能性は低くなります。

特に銀行での借入のネックになるのは、営業時間内に窓口で申込みをしなければいけない点です。働いているとなかなか事務所を抜け出せない場合がほとんどでしょうから、これは非常に難しいですよね。

銀行のカードを作る際に、フリーローンの機能をつけたキャッシュカードを作る場合もあります。このフリーローン機能がついていれば営業時間外でも借入ができます。しかし、新しくフリーローン機能をつけたキャッシュカードを作るのは、給料振込み口座に指定する必要があるなど、手間がかかるのがネックになるでしょう。

これらの点からも、銀行系での借入は急ぐ人には向いておらず、時間に余裕のある場合に借入先として候補に上がる程度でしょう。

一番借入しやすいのは消費者金融

消費者金融というのはお金を貸す「貸金業」ですので、借入に対して一番柔軟でお金を借りやすいといわれています。金額は少なめになりますが、過去に金融事故を起こした場合でも借入ができる可能性が高いのです。

最初は少額の借入から始めて、借入と返済を続けていくうちに消費者金融と信頼関係を築きます。そして、少額の枠内で借入したお金を滞りなく返済し続けていると、消費者金融側から増額できるようになったとお知らせが来るのです。

しかし、消費者金融での借入については少しだけ制限があります。

  • 現在無職の場合はNG(主婦は消費者金融の判断による)
  • 未成年・65歳を超える高齢者はNG
  • 現在、他社からの借入がある

消費者金融の制限はこれだけですので、他の金融機関と比べても非常に借りやすいのが分かりますよね。現在無職でも、日雇いやアルバイトなどに就けば借入ができる可能性は非常に高くなります。(こちらもご参考に→カードローン審査で日雇いであることを隠したい!

また、主婦は配偶者の収入がある事を証明できれば借入できる事もありますので、分からない点は消費者金融に相談してみると良いでしょう。そのためには旦那様の源泉徴収票や給料明細のほかに、自分の健康保険証や運転免許証を持っていくなど、世帯所得があるという証明ができるとさらに借りやすくなります。

最近よく耳にする街金での借入を検討したい

最近では「街金」でお金を借りる人が増えています。街金にあまり親しみがない場合、とても高金利で貸付をされるのではないかと心配になりますが、実際はそんな事はありません。

街金というのは都道府県に「貸金業」として登録し、認可を受けた金融機関のみが経営できるので、いわゆる消費者金融の小規模な地域密着型の貸金業となります。

この街金は消費者金融よりもさらにお金が借りやすいといわれています。最初の借入額は少なめに設定されていますが、借入の利息は消費者金融とほとんど同じです。

自分の申請した口座に振込みという形で借入をして、返済も相手の口座に振り込んで返済となります。コンビニATMでも借入や返済ができるので、最近では困ったら街金に相談する人が増えています。

都道府県の認可を得ている貸金業というのは決められた範囲内で利息を定めて、法外な取立てや催促をすることはまずありません。なぜならそのようなことをしてしまうと、認可が取り消されてしまうからです。

安心して借入ができるというのは嬉しいですよね。特に街金は電話対応が親切な企業が多いといわれています。過去には何万もの数があった街金も、ピーク時の10分の1程度まで減ったといわれています。つまり、現在も経営を続けている街金というのは消費者からの信頼を得て、経営を続けているのですね。

審査に必要なものは何?申込みに必要なものと注意点は?

お金を借りやすい金融機関について、それぞれの特徴を知る事ができましたね。借入先を決めたら、次に審査を申し込むようになります。そんな審査時に注意したいことをまとめてご紹介いたしますので、ぜひ借入の参考にしてみてください。

借入を申し込んでいるのが本人かどうか確認するためです。

準備物 注意点と理由
本人確認書類 運転免許証や健康保健証、またはパスポートが必要です。
源泉徴収票
給料明細
不要な場合もありますが、収入を確認するために必要です。
主婦の場合は配偶者のものを持って行きましょう。
在籍確認の連絡先 必ずといっていいほど在籍確認があります。
その時に連絡がとれる職場の連絡先をメモしておきましょう。
健康保健証 提出を求められることは少ないですが、
一応持っていきましょう。

本人確認書類や健康保険証を用意しよう

借入は本人が申し込む必要があるので、本人確認書類の提出を求められます。できれば運転免許証やパスポートなど、公的証明となるものを用意しておくのをオススメします。

万が一難しい場合は、住民票でも大丈夫か電話で聞いてみましょう。だいたいの場合は運転免許証で本人確認を済ませる事が多いので、原付免許でもとっておくのをオススメします。

その他に健康保険証を同時に提出、もしくは運転免許証の代わりに提出を求められる場合があります。その理由として。本人確認と同時に、会社に所属しているか、収入があるかを確認するのです。

源泉徴収票・直近数か月分の給料明細を用意しよう

源泉徴収票は前年度のもので構いません。これは、借入の「総量規制」という年収の3分の1までしか借入できないという法律があるので、提出を求められる場合があるのです。

もしくは収入の参考にするために給料明細を提出するだけでよいという企業もありますので、こちらも申し込み前に電話で確認してみると良いでしょう。これらは収入があるという証明になるので、借入額を決める時の参考資料となります。

主婦の場合は旦那様の給料明細や源泉徴収票を提出すればクリアできる金融機関も多々ありますので、借入の申込み前に主婦でも借入できるかどうか確認しておきましょう。困った事があれば電話で問い合わせをすればスムーズに返答してもらえますので、相談してみるのをオススメします。

在籍確認の電話をクリアする秘訣は?

借入の際に一番心配になるのが、在籍確認の電話をクリアできるかどうかですよね。

在籍確認の電話で、金融機関が企業名を名乗る事はありません。個人名であなた宛に電話をかけてくるのですが、あなたが不在でも「席を外している」という返答で、在籍の確認が取れるので問題はありません。

しかし、最近ではセキュリティや個人情報の保護の観点から、在籍確認の電話の応対も企業によって様々になりました。それにより在籍確認が難しくなったと頭を抱える人もいます。

そんな在籍確認をクリアするためには、まず電話に出る可能性がある受付や事務の同僚に「クレジットカードを新規で申し込んだから、在籍確認の電話がある」と何か理由をつけて、事前に会社で申告しておきましょう。

もしも、借りる予定がある、または借りる可能性が出てきたという人は、早めにそれを伝えておきましょう。そうすると怪しまれたり、深く聞かれる事はないので、安心して借入ができます。

簡易審査やスピード借入が便利!便利な豆知識をご紹介

消費者金融の場合、30秒で結果が分かる簡易審査や、平日の14時30分までに申し込んだら即日借入ができるというスピード借入が利用できるので非常に便利です。

インターネットでの審査の場合は、氏名や生年月日、収入、他社からの借入状況などを入力すれば1分以内に借入の可否が分かります。

これらの簡易審査は色々な消費者金融で取り扱いがあります。24時間いつでも借入ができるか調べられる上、この審査を受けた事は他の人に知られる事はありませんので、非常に便利ですよね。

インターネット環境がなくても、スマートフォンや携帯電話で消費者金融を検索し、アクセスすれば簡易審査や申込みをする事ができます。もちろん、無人自動契約機が近くにある場合は、そこへ行って審査を受けてみるのも良いでしょう。

消費者金融での審査を通過すれば、あなた専用のキャッシングカードが完成します。このカードはコンビニATMでの借入にも利用できるので、急な借入や返済でも、枠内で追加融資を受けたり返済をできたりと非常に便利です。

あなたの過去の借入履歴や現在の借入状況、また延滞などの金融事故は信用情報機関に登録されています。審査を申し込んだ時点でその審査を申し込んだという履歴は半年程度、そして借入から返済までの状況は3年程度、信用情報機関に登録されます。信用情報を元に、金融機関はあなたへ借入をするかどうか判断するので、できるだけ延滞をしないようにしましょう。

延滞を繰り返す人をいわゆるブラックと呼びますが、このように延滞を繰り返す人は、消費者金融や街金以外での借入は難しいでしょう。では、消費者金融や街金では、なぜ借入ができるのか、そのポイントをまとめました。

  • 少額からの借入と返済を繰り返すことで借主との信頼関係を築く
  • 取引に問題がなければ3ヶ月から半年後には増枠ができるという連絡がくる
  • 枠内で何度でも借入ができるが、決まった額をきちんと返済する事が大切

以上の点を踏まえて、消費者金融や街金での借入が一番借りやすくスピーディーだという事を覚えておきましょう。

まずは電話で聞いてみよう!知っておく事が何より大切

とにかく急ぐ借入は消費者金融や街金が便利だという点が分かりました。また、審査に自信がない人もぜひ、消費者金融や街金での借入を申し込むと安心して借入ができます。

銀行系は金利が低いものの、時間がかかったり目的を明確にする必要があるなど、メリットとデメリットが大きく、手続きに時間がかかってしまいます。クレジットカードも同じく、ショッピング枠との兼ね合いを考えなければいけません。

消費者金融や街金は、返済プランも消費者に合わせたものを用意しているので、残高によって返済額が決まる分割払いや、リボ払いという毎月一定の金額を返済するという返済方法があります。

これらの返済方法や、借入後の流れなど、分からないことは積極的に電話で聞いてみるなど、分からないままにせずにフリーコールで問い合わせてみましょう。最近では女性専用窓口もありますので、主婦だけではなくOLでも問い合わせをしやすくなりました。

親切丁寧に、消費者側の立場に立った対応をしてくれるのが、消費者金融や街金で借りる最大のメリットなのです。

【参考ページはこちら】
ブラックの人の狙いは中小業者!

新着記事
TOPICS