> > > できるだけ有利に!銀行より借入上限の高いカードローンはココ!

できるだけ有利に!銀行より借入上限の高いカードローンはココ!

車の修理代や、急な飲み会が給料日前に開催されるなど、突然の出費は誰にでもあるものです。

でも困った時にどこでお金を借りたらいいか分からない、申し込んでも上限が低くて必要な金額が借りられない…そんな急な状態でも、やっぱり有利に借入したいですよね。

そこで今回は、銀行よりもお得に借りる方法を伝授します。

これからカードローンを利用しようとお考えの方も、賢く利用するために知っておくと良いでしょう。

借入はどっちが有利?銀行と消費者金融を徹底比較!

一般的にお金を借りるとすれば、銀行と消費者金融のどちらかで借入をしようと考える人がほとんどでしょう。しかし、銀行と消費者金融での借入ではどのような違いがあるのでしょうか?
(⇒オススメのカードローン会社はこちら

まずは銀行と消費者金融を徹底比較して、どちらがあなたにぴったりの借入なのかご紹介します。

まずは特徴と違いを知る事が大切

それぞれに特徴があるので、借りる側の用途や期間などその場に合った借入先を探すのが良いでしょう。例えば長期で借入をするマイカーローンや住宅ローンなどは銀行でも良いのですが、急ぐ借入の場合は銀行での審査期間を待てない場合もあります。

では、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?徹底比較していきましょう。

銀行各社 消費者金融
利息の平均は年4.0%~14.0% 利息の平均は年4.7%~18.0%
審査に時間がかかる 24時間いつでも簡易審査を受けられる
融資までに最短でも24時間かかる 14時45分までに審査を
クリアすれば当日融資可能
来店や事前申し込みが必要 インターネットや電話申し込みが可能
用途の申告が必要な場合がある 用途の申告は不要

このように、年利を比較しても大きな差はないのですが、条件面を比べてみると消費者金融のほうが圧倒的にスピーディーな対応が期待できます。審査をパスする自信がないという場合は、まずは簡易審査を受けてみましょう。

特に急ぐ場合や、用途を申告するのが手間という場合には消費者金融での借入が圧倒的に向いているのが分かります。では、さらに細かくそれぞれの特徴を比較してみましょう。

金利の低いイメージがある銀行での借入だけど…

銀行での借入について、まずメリットとして思い浮かぶのは金利の低さでしょう。

しかし銀行での借入には、キャシュカード自体にクレジット機能を持たせるために、年会費が必要となったり、給料支払いの口座に指定しなければいけないなど、突然の借入に対しての柔軟性がありません。

新たにキャッシュカードにクレジット機能をつけようと申し込んだ場合には、在籍確認や収入などの確認が行われるので、時間がかかるのもデメリットとしてあげられます。その他にも、銀行窓口の営業時間内に出向いて手続きをしなければならないなど、急に借入をしたい場合にはあまり向いていないのが現状です。

さらにまとまった金額になると、窓口で使用用途を記載して申し込まなければならないので、金利が低いからというイメージで手続きをしにいったものの、支払日に間に合わなくて逆に損をしてしまったというトラブルも起こりがちです。

もちろん、キャッシュカード自体にクレジット機能をつけてしまえばよいのですが、借入をする機会がなければ年会費がムダになってしまいますよね。このように、お急ぎの場合や使用用途がはっきりと審査を通過できる確証がない場合、あまり銀行での借入は向いていません。

では急ぐ場合はどのような借入法方が良いでしょうか?さらに検証してみましょう。

消費者金融での借入が人気なのはどうして?

急ぐ場合は消費者金融での借入がオススメです。なぜなら、消費者金融は貸金業というお金を貸す専門の金融機関だからです。

  • 最近では総量規制対象外となる消費者金融が多い
  • 返済は借入後でも変更ができる上、電話や来店して返済プランを立てられる
  • 初回借入キャンペーンを利用すれば利息無料で借入も可能!
  • 年会費や入会費無料なので、いざという時の強い味方になる

対応が素早く、また会員になっても借入をしない限り年会費や入会費がかからないのも最大の特徴です。急ぐ時には24時間いつでもオンラインで審査を受けられるのも最大の特徴です。

また、消費者金融での借入の場合、心配なのが金利ですが、実際のところ銀行とあまり変わりません。だいたいの消費者金融は年利は18%を上限として定めているので、一年間で借りた金額の18%が利息として請求されます。

1万円を1年間借りたとしたら、返済額の合計が11,800円になるのですね。それが1ヶ月単位となるともっと金利は下がります。例えば年利18%で1ヶ月(30日間)10万円を借りた場合の利息は、約1,500円です。

実際の金額を想像して考えると、金利は低いものだと実感できますね。消費者金融はすごい利息を請求されるのではないかというイメージを持っている人もいると思いますが、急な借入でも翌日には10万円借りる事ができたら、利息が少しかかってもすぐに借入がでいる消費者金融を選ぶ人が増えているのも納得できますよね。

それだけでなく、消費者金融での借入は一緒に返済計画を立ててくれるので、借入から返済まで相談に乗ってくれるのも消費者金融の優しさであり強みといえます。

さらに電話やインターネットで24時間いつでも申し込みができる上、限度額が決定されれば、コンビニのATMや無人契約機へ行って、その限度額内で何度でも借入と返済をすることができます。

これが銀行と消費者金融の違いであり、消費者金融での借入が人気の理由なのです。

初回借入のメリットを利用するのも賢い選択!

実は、消費者金融で借入をする場合、初回申込み時の利息を0円にするというキャンペーンが多いのをご存知でしょうか?これを知っておけば、本来かかるはずの利息がかからずに借入できるので、借りる側にとっては非常にありがたい話ですよね。

大手消費者金融では、初回申込みから30日間無利息で何度でも借入や返済ができたり、カード発行から数ヶ月は5万円以内なら利息がかからないというキャンペーンを行っているのです。

これらの利息がかからない期間を利用して、急にお金が必要になった場合にお得な借入をすれば、お得に賢く借入ができますよね。いざという時のためにぜひ覚えておきましょう。

消費者金融は主婦やフリーターでも借入できる!

借入をするときに心配なのが、アルバイトや主婦の借入の方が申し込んだ場合に審査を通過できるかですよね。特に急ぐ場合は審査結果を待っている時間もないし、審査が通らなかったら他の借入先を探さないといけないので不安…という心配もあるでしょう。
(⇒専業主婦なら借りやすい銀行系カードローン

次は、気になるけど人には聞けない…そんな疑問にメスを入れていきます。

消費者金融で借入するときのチェックポイントとは

まず、消費者金融で借入をする前に、それぞれの職業や立場によって必要なものがあるというのを知っておきましょう。大学生だから、主婦だからと諦める前に、まずは必要書類や条件を確認して申し込む事が大切なのです。

  • 大学生の場合、20歳を越えてアルバイトなどで収入があれば可能
  • 主婦の場合、配偶者の所得が証明できる書類があれば可能
  • 年金受給者でも借入の上限年齢を越えていなければ可能

大体の場合、審査をクリアできるか心配という声が上がるのはこれらの3パターンに該当する人達です。しかし、最近では借入に対する条件も緩和されているので非常に借りやすくなっているのです。

それではさらに詳しく説明していきましょう。

収入があれば大学生でも借入できるって本当?

大学生でも借入はできますが、注意点として20歳以上である事、そしてアルバイトなどで収入がある事が前提となります。

銀行ではNGとされる場合がほとんどですが、消費者金融では大学生でも借入ができるの場合がほとんどです。学費が足りない、飲み会の費用がかかるなど、大学生ならではの悩みにも対応できるのは消費者金融の強みですよね。

しかし、収入がない場合は借入ができません。これは大学生だからではなく、返済の見込みがないから借入ができないのです。日雇いや週に3日程度でもアルバイトをしていれば、返済の見込みがあると判断されて借入ができますので、まずは借入前にアルバイトなど始めておくと良いでしょう。

収入がない主婦の場合はどうなるの?

実は主婦でも借入ができる消費者金融が増えています。これは旦那さんの収入がある事が前提ですが、返済できる見込みがあると判断されれば、働いていない主婦でも借入ができるので、急な支払いや習い事の月謝のために借入する主婦も増えています。

主婦の場合、配偶者の給料明細や源泉徴収票、また健康保険証を持っていけばお金を借りられるので、まずは電話で必要書類を確認しましょう。

急な借入に慌てる前に、正しい知識を備えておく事が今後のためにつながります。また、主婦の方でもパートで収入を得ている場合はさらに有利に借入できますので、自分で収入を得ている人は審査を受けてみましょう。

最近では女性専用相談窓口がある消費者金融も多いので、女性オペレーターにつながる電話で自分でも借入できるか相談してみるのをオススメします。ひとりで悩む前に相談してみると、安心して借入できますよね。まずはインターネットで調べてみましょう。

年金受給中でも借入できる消費者金融はあります!

高齢者の場合、働いていないから借入ができないと諦めてしまう人が多いのですが、実は最近では借入の上限年齢を70歳と定めている消費者金融もあるので、年金受給中でも借入ができるのです。

もちろん、年齢の上限を超えていなければ年金受給者でも借入できるという消費者金融がほとんどですので、無職でも年金を受給している場合は問題無く審査を通過できます。

高齢者でもシルバー雇用や嘱託で働いている場合、年齢の上限を超えていても借りる事ができる場合もあるので、諦めずに相談してみましょう。インターネットは苦手という高齢者の方は、窓口やフリーダイヤルで相談してみると分かりやすく借入できますよね。

このように、借りる側の事情を考慮してくれるのも消費者金融ならではの強みといえます。

簡易審査ですぐに結果が分かる!24時間対応で素早く借りよう

すぐにお金が必要だけど、審査を通過できるか心配…そんな時は簡易審査を受けることをオススメします。

簡易審査は24時間いつでもどこでもインターネットであなたの年齢や収入、他社からの借入があるかないかを入力することで、借入ができるか判断できるのです。

簡易審査をクリアすればほとんどの場合借入ができます。では審査時に気をつける点や審査を通過するコツをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証)を用意しておく
  • 所得が証明できる直近数か月分の給料明細を用意しておく
  • 他社からの借入がある場合は、事前に電話で相談する
  • 口座振替になる場合を考えて、通帳を用意しておく

これらを用意しておくと審査をよりスムーズにクリアする事ができます。

現在他社からの借入がある場合、新たな消費者金融で申し込むよりも返済方法の変更や、追加融資を依頼したほうが利息が安くなる場合がありますので、新たに申し込む前に現在の借入先に相談するのも良いでしょう。

借入後に返済方法を毎月の残高に応じて変える方法だけでなく、リボ払いという一定額を返済するプランに変更できますので、こういった制度を利用して今後の返済時にはぜひ利用してみてください。

審査に不安がある人は街金での借入も検討してみよう

最近よく耳にする「街金」ですが、消費者金融とどのような違いがあるかご存知でしょうか?実は消費者金融と街金では企業の規模が違うだけで、同じ「貸金業」であり、法律に則って営業しているしっかりとした貸金業者なのです。

数年前に比べて現在は10分の1程度まで減ったといわれる街金ですが、現在も営業しているという事はそれだけ消費者に支持される営業努力を続けてきた証なのです。

貸金業を営むためには、都道府県の認可が必要となり、その認可を得るためには法律で定められた利息や営業形態を守る必要があります。これらの厳しい規則の範囲内で営業している街金ですが、地域密着型で小規模営業ならではの柔軟さが大きな特徴でありメリットといわれています。

例えば70歳を過ぎた高齢者や主婦の場合、消費者金融での借入を断られたとすると他の借入先を探さなければいけませんよね。そんな時にこの街金であれば借入ができるという可能性が非常に高くなるのです。

もしも、消費者金融での借入を断られた場合、諦めずに街金に相談したら借入ができたという場合もありますので、ぜひ検討してみてください。

借入のコツは自分に合った条件を見極めること

銀行や消費者金融・街金の3つを紹介しましたが、大切なのは自分に合った借入方法や返済プランを立てる事と、返せなくなる前に返済方法を変更するなど、自分に合った条件や借入方を知る事です。

特に消費者金融や街金では、返済ができなくなる前に相談すれば、返済方法の変更によって、リボ払いにして毎月一定額を無理のない範囲で返済する方法に切り替える事も出来ます。

逆にお金に余裕ができたら繰り上げ返済ができるか問い合わせてみたり、上限の範囲内で借入と返済をするなど借入プランの変更をマメにすることで、自分に合った条件で借りる事も出来ます。

コンビニATMで借入ができる消費者金融や、振込みでやりとりができる街金での借入というのは最近では非常にメジャーとなっています。銀行と違って、お金を貸すという営業形態に特化した貸金業だからこそ、私たち消費者の目線で様々なサービスを提供しているのです。

これからもいつ、どのタイミングでお金が必要になるか分かりません。正しい知識を知っておくこと、そして柔軟な借入先でお金を借りることが何よりも大切なのです。

【参考ページはこちら】
キャッシングの疑問を解決!

新着記事
TOPICS