> > > 日雇いを隠したい!カードローン審査で調べられる事はあるのか?

日雇いを隠したい!カードローン審査で調べられる事はあるのか?

日雇いの場合、カードローンの審査が厳しくなることは良く知られています。これは金融機関が収入の安定性を重視するためです。

このため、申込みに際して、日雇いという事を隠しておこうと考える人がいます。しかし、審査では在籍確認が行われるので、すぐにばれてしまうため、お勧めはできません。

そこで、可能性は小さいとはいえ、日雇いの中でも通りやすい場合と、通りにくい場合があり、どのような働き方をすれば、審査に通りやすくなるのかを調べてみました。

また審査に通ったとしても、収入は不安定ですから、事前に返済計画を立てることが重要です。そこで返済できる返済計画の立て方についても説明しておきます。

なぜ日雇いの審査は厳しいのか?就業形態と審査の関係

通常収入と言えば、月々安定して入ってくるものだというのが一般的な認識ですから、カードローンに限らず様々なローンはそれを前提に作られています。したがって金融機関は月々の安定収入を大変重視します。

もちろん働き方というものは様々な形態があり、必ずしも月々収入が入ってくるとは限りません。このため金融機関は貸したい相手と、貸したくない相手というものができることになります。

そこで就業形態からローン審査の通り易さを調べ、その中で日雇い労働者がどのような位置付けにあるのかを示して、なぜ日雇い労働者の審査が厳しくなるのかを考えてみましょう。

金融機関は収入の額よりも安定性をより重視する

金融機関で行う審査の内容は、主に返済能力の審査と信用力の審査の2つで、このうち返済能力の審査では、返済できるだけの年収があるかという点と、月々の収入が安定しているかという点が問われます。

金融機関が求めるのは、貸したお金を利息をつけて返してくれるという人です。そのために最も良いのはどういう人なのかを考えてみましょう。

そういう点で考えると金額も大事ですが、より重視されるのは安定性です。カードローンの説明資料を見てみると分ると思いますが、申込み条件には、殆どの場合安定収入があることという条件が入っているはずです。

例えば毎月25万円の収入が入ってくる年収300万円の人と、100万円程度づつ不定期に入ってくる年収300万円の人では、前者のほうがずっと審査では有利になります。

金融機関が好む利用者の備えるべき条件

次に信用面の審査で問われる条件について考えてみましょう。たとえば自分が誰かとお付き合いをする場合、長期に同じ職場に務めている人と、転々と職場を変えている人とどちらを信用するでしょうか。

最近では転職も普通になっていますから、あまり気にしないという人もいるかもしれませんが、多くの場合前者のほうを信用すると答えるでしょう。

金融機関はこういう点では非常に保守的で、信用を測る目安として、こういった就業の安定性を信用に結び付けて重要なポイントとして考えています。

そこで金融機関が好む利用者の備えるべき条件をまとめておきます。

  • 収入が安定していること
  • 長期間就業先が変わらず勤続年数が長いこと

審査の通り易さと職業・就業形態の関係

ではこの条件に照らして、審査の通り易さと職業・就業形態の関係について纏めてみましょう。(こちらもご参考に→キャッシング審査に通るための職業

審査の通り易さ 職業・就業形態
公務員、会社員(正社員)
中の上 会社員(契約社員、派遣社員)
パート、長期アルバイト
中の下 個人事業主、年金受給者、専業主婦
日雇い労働者、短期アルバイト、水商売
表をみれば分りますが、年金受給者と専業主婦の場合を除いて、ほぼ収入の安定性によってランキングされます。また下に行くほど長期の就業から短期の就業になっていく傾向があることが分ります。

そこで日雇い労働者の審査が厳しくなる理由を考えてみると、収入が安定しないうえに、就業場所が日々変わっていくために、信用面でも評価が低くなってしまうためという事になります。

隠すことは勧められない!在籍確認で調べられる

本来であれば、日雇いの場合、収入が安定しないからこそ、カードローンを利用して安定した生活をしたいと考えるわけですが、説明したように、日雇いの場合には審査で大変不利な評価がなされ借入れは難しくなります。

このため日雇いという事を隠して申込もうと考える人が出てきても無理はありません。しかし審査では在籍確認というものが行われ隠しておくのはそう簡単ではありません。

もし隠していたことが発覚すれば、その審査だけではなく将来にも影響が出ることになり、大変不利な扱いを受けることになってしまいまうため、あまりお勧めできる方法ではありません。

日雇いを隠すことは難しい

日雇いがカードローンの審査では不利だという点については、日雇い労働者自身であれば、良く分っていることです。このため生活を安定させるために、カードローンを申込む場合も、日雇いだという事を隠そうと考えることは自然でしょう。

しかし、かつてローンの審査では日雇いではない場合でも、少しでも有利にしようと考え、一流企業の正社員を装ったりすることがよくあったため、金融機関はその対策を講じています。

この対策は在籍確認と呼ばれるもので、申込時点で隠したとしても、本人確認の一環として殆どのローン審査で行われています。在籍確認は実際に在席先に金融機関のほうから電話が入るため、日雇いという事を隠すことはまず無理でしょう。

隠していた日雇いが発覚した場合どうなるか

もし日雇いを隠していたとして、在籍確認で発覚したとしたらどうなってしまうのでしょうか。金融機関は大変信用というものを重視します。信用によって融資の可不可、融資金額、金利などすべてが決まるといっても過言ではありません。

そういう相手に嘘を言ったという事になると、申込者の信用はガタ落ちです。もちろん申込んだカードローンの審査は落とされますし、虚偽の申告をしたという点が信用情報データベースの残される可能性もあります。

そうなってしまうと、申込んだ先の金融機関の話だけではなくなります。その記録がデータベースから消されるまで、どの金融機関に行っても信用評価は低くなって、それでなくても不利な審査が更に不利になってしまうでしょう。後々まで影響が残るのです。

信用情報データベース

銀行や貸金業等の各金融業界毎に利用者情報を共有するために作られたデータベースで、特に金融機関に都合の悪い情報については、業界間でも共有される仕掛けになっています。

正直に申告するのが最も良い方法

こういう点を考慮すると、日雇いという審査上のハンデを背負ったとしても、虚偽の申告をするよりも、正直に申告したほうが、ずっと良いことが分かります。

万万が一日雇いを隠して在籍確認をかいくぐり審査に通ったとしても、利用中に利用限度額の増額など何らかの切っ掛けで、再度審査が行われて、発覚してしまう場合もあります。

そうなってしまうと強制的に解約になって、即全額返済を求められることも可能性としては出てきます。金融機関とのおつきあいをする場合には、何事も正直に行なうべきという事を覚えておきましょう。

同じ日雇いでも審査で差が出る!通過の可能性のある働き方とは?

日雇いと言っても様々な形態で働いている場合があるので、同じ括りで語るのには少々無理があります。働き方によっては、審査での評価も違ってくるのです。

そこで重要になるのが次の2点です。

  • なるべく収入を安定させる働き方
  • 自分向きの金融機関の情報収集

まず日雇いであっても安定した収入を得るにはどうすれば良いのかについて考えることにしましょう。

またカードローンと言ってもピンキリで様々な申込条件が設定されているため、中には日雇いでも申込みやすいものや、また審査も金融機関ごとに違いますから、情報を集めて通り易いところを探すようにしましょう。

日雇いの働き方にはどのようなものがあるか

まず日雇いにはどういった働き方があるのか考えてみましょう。通常、各現場に派遣する場合、派遣元からそこの所属として、行くことになります。日雇いとはいっても現場から見れば派遣元の作業員という事です。

この派遣先になる現場は日雇いですから、常に同じとは限りません。場合によってはそれこそ日々変わっていくかもしれませんし、長期に同じところに派遣される可能性もあります。

また人によっては毎日同じ派遣元とは限りませんから、そういう場合には現場はさらに頻繁に変わっていく可能性が高くなります。

日雇いではカードローンの審査は非常に厳しいという事は説明しましたが、金融機関から見るとこの派遣状況によっても感じ方が少しづつ違います。

残念ながら、なかなか作業を選べるほど立場は強くありませんし、とにかく仕事が得られればどこにでも行くという考えを持っている人が多いのですが、カードローンの利用を前提に考えているのであれば、厳しいながらもできるだけ金融機関が好む方法で働きたいものです。

働き先を転々と変えるのは不利

では金融機関はどういったところを嫌うでしょうか。先ほど金融機関は勤め先を転々と変える場合は評価が下がることを説明しましたが、これは日雇いでも言えることです。

たびたび派遣元が変わってしまったり、たびたび作業現場が変わってしまうと、収入的にも安定しませんので、審査での評価では大変不利になってしまいます。

また派遣元が頻繁に変わるようだと、在籍確認をしたとしても、すぐに変わってしまうのではないかと考えるため、この点でも安心して融資などできません。

なるべく安定した収入が得られるようにすることが大切

そこでどうするのが最も良いのか考えてみましょう。まず目標としては、なるべく安定した収入を得ることです。ですから金額の大小は有るでしょうが、安定性を狙うことを第一に考えなければなりません。

そこで最も良いのは、長期にわたって同じ条件で同じ現場で働くことです。そのためには、また在籍確認のこともあるので、派遣元は無暗に変えないようにしましょう。

同一派遣元から、月々安定して収入が得られれば、金融機関から見ると、長期アルバイトと同じように見えるようになります。そうすれば、審査でも他の日雇いと比べて評価は高くなるはずです。

事前に申込条件や口コミ情報を入念に調査しよう

そうはいっても日雇いで審査に通るのは非常に難しいことは変わりません。そこで次に重要になるのが情報です。誰でも良く知られている日々宣伝されているカードローンを利用しようと思うでしょうが、申込みに当たって申込条件まで詳細に調べる人は少ないでしょう。

しかし審査が難しいのが分かっているのですから、少しでも有利になるように、なるべく申込条件を満たしているところを狙わなければなりません。時間をかけて徹底的に調べてください。

もう一つは実際の申込者の情報です。現在インターネット上にはあらゆることに口コミ情報を見つけることができます。カードローンについても同様です。

口コミ情報には虚偽の情報や悪意の情報があるので信用しすぎるのは危険ですが、中には本当の体験談も混じっている為、無視するのももったいない話です。

実際に色々と目を通してみて、日雇い労働者の成功例を探してみてください。本当の情報であれば、その金融機関では日雇いでも条件さえ整っていれば契約できる可能性があるという事になります。

借入れする場合も要注意!返済計画を必ず立てよう

このように大変難しい審査に通った場合、それだけで舞い上がってしまう人もいるほどですが、本当に気を付けなければいけないのは、むしろそれからといっても良いのです。

利用を始めるという事は返済が始まるという事です。特に日雇いの場合には収入が不安定ですから、返済には十分気を使わなければなりません。そこで必要になるのが返済計画です。お金を借りる場合誰でも必要な事ですが、日雇いの場合には特に重要なのです。

そこでどのように返済計画を立てればよいのかについて、考えていくことにしましょう。

審査に通っただけで安心してはいけない

金融機関はこの人なら返済に問題はないだろうと考えるからこそ審査に通すわけです。利用者のほうも、どんなローンであっても審査が通れば一安心しますし、審査に通ったことで、返済力に自信を持つ人もいます。

しかし、忘れてはいけないのは、審査が通ったからと言って、返済できる保証など全くないという事です。金融機関は一般的に考えて返済できるだろうという事で審査に通しているだけです。

返済していくのは自分ですから、おかしな自信をつけるのではなく、自分が返済していくにはどうすることが必要になるのかを考えて、借入れをしなければなりません。

日雇いの場合に特に返済計画が重要になる理由

返済で重要になるのが返済計画というものです。カードローンの場合借入れ額はそう大きくありませんから、利用者の中で返済計画を立ててから借りるという人は少ないですが、日雇いの場合は特に必要ですから、面倒かもしれませんが必ず返済計画を立てるようにしましょう。

日雇いでは収入が安定していないことから、返済計画では、返済額をどう捻出するかという点のほか、そもそも収入がどの程度以上なければならないかという点も、計画中で明示しなければなりません。

こういった点が予め分っていれば、仕事の量を調整することができるようになりますから、この点からも返済計画というのは日雇いには大変重要なものになるのです。

返済できる返済計画の立て方とは

そこで返済できるようになるための返済計画を立てる方法について説明していきましょう。

通常返済計画を立てる場合には収入を元にして作成します。しかし収入が不安定な日雇いの場合にはそう簡単にはいきません。そこでまず行わなければならないのは、過去一年分程度の自分の支出を計算してみることです。

支出は季節変動などもありますから、過去一年分有れば、ほぼどの程度の生活費がかかっているのか、その傾向をつかむことができますし、それが必要となる最小限の収入額という事になります。

借入れした場合には、必要となるお金は、この支出額に返済額が上乗せされる事になりますから、必要になる収入も、その上乗せ分を含む額という事になります。

もちろん生活していれば必要となるお金は多少の上下はありますから、できればさらに多少の余裕が欲しいところです。

これで必要になる収入額が計算できたわけですから、日雇いの場合には、これを目安にして仕事を行う事になります。ここで自分の実際の収入を良く調べてみてください。

必要な収入を上回っていれば、そのままの調子で仕事を行えば、返済が滞る可能性は小さいですが、もし実際の収入が必要な収入を下回っているのであれば、そもそも借入れを止めるか、あるいはそれに見合うだけ仕事を増やさなければならないという事になります。

これらを月ごとに分けて返済計画を作成してみてください。

最後に日雇い労働者がカードローンを利用する場合の注意について纏めておきます。

  • 日雇いの場合なぜ審査が厳しくなるのかを理解しておく
  • 日雇いという事を隠すのは結局不利に働くので勧められない
  • 日雇いでも働き方によって審査に差が出る場合がある
  • 借り入れできる場合でも、借入れ前には必ず返済計画が必要

これ等に注意して適切な申込先を選ぶようにしてください。

【参考ページはこちら】
キャッシングの疑問はここでチェック!

新着記事
TOPICS