> > > ちょっと待って! カードローンの審査落ち後の再申込みは慎重に!

ちょっと待って! カードローンの審査落ち後の再申込みは慎重に!

巷であふれるたくさんのカードローンの勧誘。なのに突然知らされた審査落ち。とっても落ち込みますよね。何だか自分が否定されてしまったみたいな気持ちになりませんか?

一度審査に落ちてしまうと、実はすぐに再申込みをしても落ちてしまうケースがほとんどなんだそう。悲しい!もうこんな経験は嫌ですよね。

でも、これで大丈夫!カードローンの審査の仕組みを知って対策を練れば、あなただっても う一度カードローンに申し込めるんです。

なぜ、どうして?審査落ちの理由が知りたい

せっかくカードローンを申し込んだのに、審査に落ちるのは大ショック。何が原因か知りたくありませんか?

実はカードローンの審査内容は非公開とされていて、カード会社に問い合わせても教えてくれないことがほとんどなんです。その理由は、審査に通ることだけを目的にお金を借りるだけの悪意のある人が、上手にすり抜けていってしまっては困るから。

会社だって、切実に困っているあなたのような誠実な人と取引をしたいのです。でも、心配があるから審査が通らなかったのです。あなたは信用されない理由が思い当りますか?どうすればあなたは信用してもらえるのでしょうか?

カードローンの借入金額は適正でしたか?

カード会社はたくさん借りてほしいのでは?と考えるのは自然なこと。そして目的外にちょっとゆとりが欲しいかな~と、余裕を見て借入金額を決めるのも自然なこと。でも、そこに落とし穴!

ローンの使い道を聞かれたあなたは、正直に必要な額を申請したでしょうか?使い道が自由なローンで用途を聞かれなかったあなた、いきなり限度額いっぱいに申請していないかしら?

そう、カードローンはきちんと返済できる適正額を借りることが大切。たくさん借りるということはたくさん返済するということ。カード会社はあなたの借入金額に不信を抱くこともあるのです。使い道が不明なお金。何に使われるか心配になるのは当然です。

もしあなたが、借入審査に通過したいのであれば、次の申し込みでは最低限必要な金額を申請することをお薦めします。まずはきちんと借りて、きちんと返す実績を作りましょう。そして、やっぱり不足していたら、審査が通った後に改めて相談しましょう。

ブラックリストに心当たりはありませんか?

ローン審査の奥深さはまだまだあります。慎重になってくださいね。誰もが一度は聞いたことがあるでしょう?ブラックリスト。もしかしたらあなたの名前が記載されているかもしれません。(こちらもご参考に→知らない間にブラックリストに掲載されている?

実はブラックリストというものは存在しません。でも、それに近い「個人信用情報」という物が存在します。あなたが信用できる人物かどうか、クレジットや携帯・スマホの支払い遅延や不払い、債務整理などの事故情報が記載されている物。この情報を通称としてブラックリストと呼ぶことがあるのです。

ローンを組むなどの場合、この個人信用情報が開示されその回数が記録されます。再申込みを慎重にする理由がこれですよね。個人信用情報が何度も開示されている人は、要注意とみなされます。こんなにお金が必要なんて何かあるなと警戒心をもたれてしまうのです。

クレジットの引き落とし、今までに「ついうっかり」はありませんか?今や生活必需品の形態やスマホの支払いは?たった一度の遅延なら大丈夫。でも、このうっかりが悪意ととらえられてしまったり、同時期に重なってしまっていたら事故情報として記録されます。心当たりはないですか?また、あなたの家族は大丈夫?

危ないかもと、少しブルーな気分になってしまったかもしれませんね。でも、安心してください。半年以上時間がたてば帳消しになる事柄があるのです。ですが、債務整理など、ずっと付きまとうものもあります。その時は「今はきちんと返済できますよ」という信頼を高めればいいのです。

慌てると損!失敗しないカードローンの審査を知ろう

カードローンの審査は各社様々。でも、一度審査に落ちてしまったそのままで、例え会社を変えたとしても楽々審査通過なんてありえない。そして、次の再申込み失敗してしまったら、増々審査通過が難しくなる。これが恐怖の審査落ちスパイラル!巻き込まれないようにしっかり対策しましょう!

予想通り?カードローンの審査とは

あなたが申し込んだカードローン。どんなことを聞かれましたか?何を記載しましたか?名前とか住所・年齢。勤めている会社名に勤続年月・収入などなど、聞かれたこと全てが審査対象です。 ご存知でしたか?

見落としがちなのは生年月日や携帯番号・メールアドレス。ちょっとでも違うと虚偽記載とされてしまいます。ついうっかりはないかしら?ちょっとした字の読み違いでも間違っていると会社側が判断したら、そこで審査落ち。実際とっても多い事例だそう。

そして、分からないだろうと思っているあなたの金融資産なども、会社側は調べてしまいます。個人信用情報というものです。今手を付けたくない預貯金や株式など、プラスの要素なら安心だけど、忘れがちなのはクレジット系のローンなど。申告を忘れると大変。大きな傷になってしまいますよ。

もちろん、これらの審査内容は各カード会社によって異なります。ですが共通していることは「この人を信用しても良いだろうか?返済期間の間、資金繰りに困ることなく、計画的に返済できるだろうか?」ということですから、例え不利になる内容だったとしても、誠実に正しく自分の情報を伝えることが一番です。

聞かれたことは正確に!不利情報こそ信頼につながる

では、もう一度、審査内容を振り返ってみましょう。1つでも怪しいところがあれば、審査落ち原因かも。でも、自信をもって大丈夫なら他の要素があるかもしれません。
(⇒審査落ちを繰り返す人には原因が!?

  • 名前、生年月日、住所などの基本情報を正確に申告したか
  • 勤務先、勤続年月で安定した収入が継続してあると分かるか
  • メールアドレスに不備はないか
  • 借入理由は正確かつ正当なものか
  • 借入金額は適当か

繰り返しますが、大切なのはあなたが「信頼できる人」であることを証明すること。例えば就職して間もなかったり、借入理由が複数にわたったりなど、心配なことがあるかもしれません。そんな時は正直に、不利な情報も伝えてみましょう。あなたの誠実な人柄を分かってもらうにはとても良いと思いますよ。

今すぐできる!再申込みで気をつけたい点

賢いあなたは、自分の情報を正しく伝えたか確認済みのことでしょう。そして、次の審査では一発合格を狙うはずです。さあ、ここは慎重に、再申込みの準備をしていきましょう。もし、途中で不安になってしまっても、いろんな解決法がある!あきらめないでくださいね。

危険な「すぐ」の再申込み

いろいろと心当たりがなくてうっかりミスかも・・・と思ったあなた。でも、すぐに再申込みに走ってはいけません。多くのカード会社がまだまだ深い審査をしているからです。

その代表がカードローンの申し込み件数。気をつけなくてはいけないのが、これは融資を受けた件数ではなく「申し込んだ」という件数。審査に通っても、落ちても1回のカウント。もしここでまた審査落ちとなってしまったら、さらに1回「カードを申し込んだ」履歴が残ってしまいます。すごく損ではないですか?

闇雲にカードローンを作れば、返済に困るのは分かりきったこと。また審査の甘い会社を探して申込みし続ける人もちょっと信用できませんよね。だから融資回数ではなく申込み回数を大事にするのはうなずけます。

でも、あなたは大丈夫。

審査落ちという経験は裏を返せば「誠実なカード会社」を選んだ証拠だからです。この審査はあなたが審査されるだけでなく、あなた自身が「信用できる会社かどうか」を試した結果なのです。

申し込みの際は、一社に絞り、落ち着いて審査の合否を待ちましょう。

あなたの身を守る!危険な会社の見分け方

あなたが選んだカード会社は安全な会社でしょうか?大手銀行でも偽サイトが横行し、セキュリティを強化したり、注意を呼びかけたりしているこの時代。危ない会社ほど素敵な隠れ蓑をまとっていることでしょう。それを見破る自信、ありますか?

聞いたことのある名前だから安心と思うのは隠れ蓑のせいかもしれません。一度審査落ちを経験したあなたなら、同じ会社を選べば安心率は上がりますが、心機一転、別会社を選ぶ方も多いはず。そんな時はぜひ、チェックしてみてくださいね。たくさんのチェックが入れば危険度アップ。

  • 借りやすさを前面に出している
  • 金利の話になかなか乗らない
  • たくさん借りさせようとする
  • 審査事項が少なすぎる
  • 借りるために条件が出る
  • 借りるためにお金が必要
  • 口座番号以外に暗証番号を提出させる
  • 不要に急がせる
  • 話を丁寧にじっくり聞かない

審査内容を理解して、正しく申し込みすれば大丈夫!

カードローンを作るって、CMで宣伝されているより複雑で簡単ではなかった。正直な感想ではないかしら?そんなことはありません。誠実に普通に暮らしているのあなたなら、本当は簡単だった。だた、お金の問題って、デリケートで相談しにくいですよね。だからあなたは、ただ知らなかっただけなのです。たいしたことではないのです。

悪いことじゃない!賢く使えばハッピーになる!

カードローンは先に大きなお金を準備し、こつこつ返済していうというのが基本。急な冠婚葬祭が重なっちゃったら、ボーナスなんて待ってられないですもんね。今しか手に入らない自分へのご褒美とか、あなたの人生を素敵に輝かせるタイミングを逃さない!その手段として上手に活用くださいね。

仮にあなたの過去に、個人信用情報が傷ついてしまうようなことがあっても、会社側があなたを信頼し「大丈夫!」とすれば、あなたは審査に通るはず。ですから、あなた自身も長く付き合っていきたい会社をきちんと選んで、信頼される努力をしてみてください。

【参考ページはこちら】
カードローン本審査で落ちた原因を解明!

新着記事
TOPICS