> > > お金を借りたい人は必見!銀行系は厳しいとは限らない?

お金を借りたい人は必見!銀行系は厳しいとは限らない?

銀行系カードローンは審査が厳しいからと利用を諦めてはいませんか?

だとしたら、それはとても勿体ない選択かもしれませんよ。

銀行は消費者金融よりも低金利で、安心できる借入先です。借入先を決める時、過去に長期間のローンの滞納や、債務整理などの経験が無いのなら、ぜひ銀行カードローンも選択肢に入れることをお薦めします。
(⇒イオン銀行カードローンは主婦も使える?

では、アナタが安心して銀行カードローンを申し込めるよう、審査の詳細を見ていきましょう。

まずは知ってほしい!銀行で借りたほうが絶対お得だってこと

カードローンを利用するとき、コンビニエンスのATMを利用することも考えられますが、
どうせなら給与口座のある銀行ATMであったり、日常よく利用するATMを使えたらいいですよね。

それに、銀行系カードローンのカードは口座のキャッシュカードと同色で、パッと見ただけではローンのカードに見えないかもしれません。

お金を借りているところは、なるべく他人に、特に知り合いには見られたくないですから
なるべく日常に違和感なく利用したいものです。

銀行で借りると金利がお得になることも

日常よく利用する銀行や給与振込口座、住宅ローンを組んでいるなど、すでにお取引きがある銀行でカードローンを申込むと金利が優遇される場合もあります。

また、逆に最近では、今までお取引きがなかった場合でも、口座を持っていなくてもインターネットでカードローンの申し込みをすることができるようになりました。

これを機会に、新たに利用者を増やしたいという銀行の作戦ですが、その狙い通り、返済の口座を作るなど、利用者が確実に増えているようです。

一銀行とのお付き合いの方が得か?おいしいところだけ取っていくつかの銀行とお付き合いの方がいいのか、検討してみてくださいね。

審査について、銀行系カードローンと消費者金融を比較!

ここで比較してみたいのは、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンです。
(⇒オススメのカードローン会社はこちら

お金を貸す側にとって、重要なのは「返済できる見込があるか」です。

これは銀行系であろうが、消費者金融系であろうが同じですが、その判断規準は両者ともに異なっています。

簡単に言えば、ここまでならOKというハードルが違います。

また、審査にかかる時間も異なっています。

銀行系 条件がそろえば即日利用可能な場合もあるが大体は数日審査に必要 金利は低め
消費者金融系 最短30分で結果がわかるところも。即日が多い。 金利が高めになる場合が多い

銀行系のカードローンの方が審査時間に関して、不利に思われるかもしれませんが、その分しっかり審査をすることによって、より低金利で借りられるとも言えます。

消費者金融系は借りられる金額に限度があります

また、消費者金融会社は金融業法の「総量規制」によって年間収入の3分の1以上の貸し出しができない決まりになっています。

よって、消費者金融会社の何社から借りても合計で年間の収入の3分の1以上になれば、新たな審査には通らず、それ以上借りられないことになります。

この「総量規制」消費者金融会社に対するもので、銀行は対象外です。

また、消費者金融のローンでもすべてが「総量規制」の対象になるわけではありません。

「総量規制」の対象外となるもの

  • 住宅ローンや自動車ローン
  • ショッピングローン
  • 有価証券担保などの借り入れ

だからといって、たくさんお金を借りてよいというわけではありませんが、今までお金を借りたことのない方は、まず銀行系から契約することをお勧めします。

融資を申込む前に知っていると審査に有利なポイント3つ

お金を借りる際に必要な書類と言えば運転免許証などの証明書でしょうか。

最近は銀行系カードローンでも、一定金額まで収入証明書なしで申し込むことができます。

例えば

  • みずほ銀行カードローンは200万円まで収入証明書不要
  • オリックス銀行カードローンは300万円まで収入証明書不要
  • りそな銀行カードローンは300万円まで収入証明書不要

でも、急にそれ以上の融資を申込まなくてはいけなくなる事態が起こるかもしれませんから、源泉徴収票などの収入が証明できる書類はコピーして保管しましょう。

そして、融資可能な上限の金額で申し込むことをお勧めします。これがひとつめのポイントです。

同時に数社申し込まない!


ふたつめのポイントは、同時期に何社も申し込まないことです。

融資の審査の際、銀行系であっても消費者金融系であっても信用情報機関に照会をします。

主な信用情報機関とは

日本信用情報機構JCCI
シー・アイ・シーCIC
この信用情報機関には、加盟している会社からの問い合わせにより、申込者が過去に同様の照会を受けているかなどがわかります。

何度も照会を受けているということは、何枚もカードを持っているか、そのうち何社かには断られているかということになり、資金繰りに困っていると考えられます。

あらぬ疑いをむけられないように、せめて1か月以内には、できれば3か月以上あけて他社に融資を申込むことをお勧めします。

3つ目のポイントは、すでに契約しているローンなどの返済を滞らせないことです。

カードローンはもちろんですが、ショッピングローンや携帯電話の端末代金などにも注意しましょう。

遅延したことがあるというぐらいなら大丈夫ですが、滞納した後、返済していないものがあるうちは、新しい融資を申込まない方が得策です。

これで銀行系カードローンの審査はOK!安心して申し込もう!

最近では、銀行系カードも審査にかかる時間が短くなってきています。

それは、信用情報とともに属性や利用者の返済状況などのデータが蓄積されてきており、診断が早くなってきているのだと思います。

それだけ銀行系カードローンを利用している人が増えているからかもしれません。

お金を借りるときに重要なのは「どこから借りることができるか?」よりも「どこから借りると返済しやすいか?」だと思います。

日常で利用しやすいところから借りるのが一番返済しやすいはずですから、銀行系カードローンはその点有利ですね。

銀行系カードローンは審査が厳しそうだからと、申し込むことを躊躇しているなら勿体ない!

ここで学んだポイントを押さえて申し込んでみたら大丈夫!しっかり準備して銀行系カードローンに挑みましょう!

【参考ページはこちら】
銀行系カードローン利用のポイント

新着記事
TOPICS