> > > あなたは大丈夫?知らない間にブラックにのる人が急増したワケ

あなたは大丈夫?知らない間にブラックにのる人が急増したワケ

お金が必要だけど、今手元にない!そう思ってカードローンを申込みしたはいいけれど、結果は否決!

他でお金を借りたりしていないのに何で?!ということになりかねない事態が最近増えています。

アナタはスマートフォンを持っていますか?そのスマホ、分割払いにしていませんか?

スマートフォンの未払いが原因で俗にいう「ブラックリストにのってしまった」状態の人が増えています。

スマートフォンの未払いがカードローンの審査に与える影響をご紹介します。カードローンをしたいと考えている方、ぜひご自身は大丈夫か今一度ご確認ください。

存在は幻?ブラックリストとは

ブラックリストという言葉。アナタも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

借金の返済が遅れたり、自己破産するなど、なにかお金を借りてトラブルを起こしたらのってしまう。という認識の方も多いようです。しかし、お金に関してトラブルになった人間を集めて載せたブラックリストというリストは、この世には存在しません。

では、俗に言う「ブラックリストにのる」とは、いったいどういうことなのでしょうか?
(⇒ブラックの原因と対策

信用情報機関にはあなたの情報が登録されています

クレジットカードで買い物をしたことありますか?ショッピングローンを組んだことありますか?カードローンを利用したことは?

これらの行為をしたことがある方が大半だと思います。実は、これらの行為を申込みした時点で、アナタの情報は、信用情報機関に登録されます。ではこの信用情報機関とはいったいどういったものなのでしょうか。

銀行や貸金業者は必ず登録しています

信用情報機関は日本にいくつか存在しており、信販会社や消費者金融等の貸金業者や銀行は必ずいずれかに登録しています。1つの機関のみに登録している業者もあれば、複数の機関に登録している業者もいます。

信用情報機関では、加盟する業者から登録される顧客情報を、管理・提供をし、信用取引をより健全に、スムーズに行えるよう補助をしています。私たち利用者が、クレジットカードを申し込んだり、カードローンを利用したりする時に、業者は利用者の情報を登録するのです。

この登録された情報は、他の加盟する業者が閲覧することができます。これにより業者は、利用者の他社からの借入・返済状況などを確認することができ、信用度を判断しているのです。

利用者の「個人情報」、「利用情報」、「異動情報(事故情報)」の主に3つの情報が登録されています。

異動情報の登録がいわゆるブラックという状態です

利用者の個人情報とは、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先情報など基本的な情報です。そして、利用情報は、利用商品ごとに登録されています。利用商品とは、クレジットカードや各種ローンです。

内容は、商品情報(契約先・契約日・商品種類・利用限度額など)、利用状況(借入金額、利用金額等)、残高、次回返済日等細かく登録されています。

異動情報というのは、返済が滞ったりして、返済に問題が起き、何らかの金融事故を起こしたという情報です。

  • おおよそ3ヵ月以上の長期延滞
  • 特定調停
  • 個人再生
  • 自己破産

このような状態になると登録されます。そして、この異動情報が記載されることこそが、俗に言う「ブラックにのる」ということになるのです。1つでも異動情報が記載されていると、新規にローンを契約したりすることは極めて難しくなるでしょう。

アナタは大丈夫?スマートフォンの未払いで信用情報に傷がつく

スマートフォンを購入するとき、一括で購入しましたか?それとも分割ですか?

分割で購入したという方。アナタのその購入情報は信用情報機関に登録されています。

分割で購入した=ローン契約を組んだということなのです

最近のスマートフォンはガラケーと違い、本体自体が高価格になってきています。それに伴って、通信会社も一部の端末などで「実質0円」や、「本体価格○万円相当キャッシュバック」などのキャンペーンをしているところもありますよね。

端末を分割払いにし、その分割分を月々の通信料から差し引いて割引が受けられるという、利用者にとってはかなりお得感のあるサービスです。

しかし、スマートフォンの端末料金を分割払いにした時点で、信用情報機関に情報が登録されます。つまり、スマートフォンの分割払いはローンだということなのです。

ローンと言われても、実質0円で購入したし関係ないはず!と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、この実質0円は、本体価格が0円になるわけではありません。

スマートフォンの本体代金を分割払いにした場合、通信会社からの請求は、端末の分割払い分と通信料を合計した金額になります。そして、この実質0円などの割引制度は、通信料から割引をしています。そのため、端末の代金はきちんと支払う必要があるのです。

結果、スマートフォンの代金の支払いが滞ると、他のローンと同じように、延滞記録が付いたり、異動情報が記録されてしまったりするのです。

また、スマートフォンの本体代金を一括で既に支払ったという方は、信用情報機関に登録されてはいません。

お金が借りられない!スマフォ代金未払いの代償

カードローンの申し込みの否決の原因が、スマートフォンの未払いだと結びつかない方も多いでしょう。

しかし、先ほど説明しました通り、スマートフォンの未払いは、異動情報として信用情報機関に登録されてしまう場合があります。実際、異動情報となってしまったという人が、既に300万件を超えているのです。

アナタの信用情報はチェックされています

カードローンを申し込んだとき、業者は、まずアナタの信用情報を確認しています。登録している信用情報機関に照会し、他社の借り入れ状況、返済状況を細かくチェックします。カードローンを発行する人物に値するかどうかの値踏みをしているのです。

誰だって他の人から借りたお金を返さないような人に、自分も貸そうとは思わないですよね。異動情報…つまり、お金をきちんと返していなかったという履歴がある人にお金を貸そうとはなかなかなりません。それは、カードローンなどの返済だけではなくスマートフォンの分割払いでも同じことなのです。

利用停止の可能性アリ!現在カードローンを利用中の方も要注意!

現在カードローンを利用している方も、注意が必要です。スマートフォンの代金の未払いにより、異動情報が記載された場合、今使用しているカードローンが利用できなくなることがあります。

貸金業者や銀行は、お金を貸す際に、信用情報機関に照会し是非を審査していますが、それで終わりではありません。途上与信といって、定期的に、信用情報機関に照会し、変更事項はないか、異動情報がないかなどのチェックを行っています。

このチェックの際に、異動情報がある場合、たとえ現在カードローンを利用していても、限度額が引き下げになったり、最悪の場合、利用停止になってしまうこともありうるのです。

ある日突然、限度額が引き下げになったり、利用停止になった場合、信用情報に異動情報が記載されてしまった可能性があり、返済状況を顧みる必要があるのです。

確認してみよう!アナタの信用情報

カードローンを申込みして否決になった!となると、焦ってしまいますよね。

まずは、現在滞納しているものがないかどうか思い返してみましょう。カードローンやクレジットカードなどだけではなく、分割で支払って購入した商品についても考えなくてはいけません。

それでも特に思い浮かばない場合、ご自分の信用情報を確認してみることをお勧めします。

自分の信用情報は開示することができます

信用情報機関に登録されている自身の情報は、登録業者だけではなく、私たちも見ることができます。開示の請求方法は信用機関によって異なりますが、主に以下の3つの方法で行うことができます。

  • 信用情報機関に赴き直接請求
  • 郵送で請求
  • インターネットで請求

どれも有料にはなりますが、実際に開示してみることで、自分のローン状況等を改めて認識することができます。もし、異動情報が登録されていた場合は、むやみにカードローンの申込みなどはせず、信用情報をクリアにすることに専念したほうが良いでしょう。

単なる延滞などの記録なら、堅実に返済を続けていくことで返済実績が積まれていき、延滞情報が抹消されクリアになる場合もあります。しかし、異動情報はその情報が事実であれば一定期間、抹消したり修正をしたりすることはできません。期間は、長ければ10年も情報が残ることがあります。

たまに、ネットの情報などで「ブラックリストを消す方法」など有料で紹介しているところもありますが、そういった方法は存在しないので、注意が必要です。
(⇒何年経てばブラック時効?

ある程度の期間がかかりますが、信用情報機関に異動情報が載っている時点で、追加でローンが認められることは難しいでしょう。カードローンの審査を通るためには異動情報をクリアにすることが必要になってくるのです。

毎月の堅実な支払が大切です

スマートフォンの本体代金の未払いは、やってしまいがちで、それでいて忘れてしまいやすいです。これから契約する場合は、一括払いにするか、毎月の支払いをきちんと行うことが重要となってきます。

また、今までの支払いについて記憶があいまいな方や、一度も信用情報を開示したことのない方は、ご自身の信用情報をきちんと把握するためにも、信用情報を開示してみると安心です。

【参考ページはこちら】
ブラックでも借りられる審査が激甘の業者は?

新着記事
TOPICS