> > > 新潟で借りるならここ!堅実経営の大光銀行

新潟で借りるならここ!堅実経営の大光銀行

今回は、新潟県長岡市を拠点に展開している地方銀行「大光(たいこう)銀行」のカードローンをご紹介いたします。

大光銀行は以前、規模を拡大しすぎたことで業績が悪化したこともありましたが、現在は小口融資を中心とした堅実な経営をしています。

再建して生まれ変わった大光銀行のカードローンをご紹介する前に、まずは消費者金融よりも銀行、そして大手銀行よりも地方銀行でお金を借りることのメリットを知っていただきましょう。

何が違うの?銀行と消費者金融のカードローン

カードローンと一口に言っても、銀行や消費者金融など、様々な金融機関が提供しています。だったらどこで借りても同じかな、と思われるかも知れませんが、各金融機関で細かいところに差があります。
(⇒カードローン会社のおすすめ情報

借入限度額が全然違う!「総量規制」

銀行と消費者金融で異なる点はいくつかありますが、一番の大きな違いは借りられる額です。

消費者金融は「貸金業法」が適用されており、そこで定められている「総量規制」のため、「年収の合計の3分の1」を超えない範囲での貸付に制限されています。

対して銀行は「銀行法」が適用されるのですが、それには総量規制がないため、ある程度まとまった額の借り入れが可能です。

つまり、頻繁に利用したり、急に多くお金を用意しなければならなかったときなどに利用しやすいと言うわけです。

総量規制(過剰貸付の抑制)

消費者金融に適用される「貸金業法」に規定されている。一社で50万円、複数社で合計100万円を超える貸し付けを行う場合には、源泉徴収票等の提出を依頼することを義務づけ、年収等の合計の3分の1を超える貸し付けを「原則禁止」する規制のこと。銀行からの借り入れには適用されない。

意外と低い?銀行カードローンの金利

銀行は消費者金融よりも審査が厳しいと言われています。ですが、その分金利は有利になっています。

法律で定められている上限金利は20%ですが、消費者金融は18%程度となっています。対して銀行は15%程度と低く設定されています。

これは、審査を厳しくすることで貸し出しする人を限定し、返済遅延などのリスクを減らしているためです。

リスクが少なので金利を低く抑えても、返済してもらえる確率の方が高いので、銀行としても損が少ない、と言うわけです。

都市銀行だけではない!地方銀行と言う選択肢

銀行と言うと、多くの人はみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行と言ったメガバンクと呼ばれる都市銀行を思い浮かべると思いますが、地域に密着した地方銀行の存在も忘れてはいけません。

どう違う?都市銀行と地方銀行

都市銀行と地方銀行の違いは、資金力と経営規模です。

その資金力により都市銀行は大口(大企業向け)の取引、地方銀行は小口(中小企業や個人向け)の取引が主となっています。

全国に支店を持ちATMの数も多い都市銀行は、都市部を中心に活動している人にとっては便利な銀行です。

一方地方銀行は、大規模経営をしていない分、その地域に特化して営業をしており、小口の顧客に対し親身になって様々なサービスを提供しています。

申し込みのしやすさで選ぶなら地方銀行

銀行は消費者金融に比べて審査は厳しいと言われています。ですが、同じ銀行でも地方銀行の方が審査が比較的緩めだと言われています。かといって甘いと言うわけではありませんので、しっかり審査はしています。

借りるなら消費者金融より銀行だけど、審査が通るかどうかと心配されている人でも、審査に通る可能性もありますので、一度申し込みをしてみるといいかと思います。

また、都市銀行より金利が低めに設定されているところが多く、その銀行との取引状況次第では金利の引き下げも可能と言うカードローンもあります。

地方銀行と言うと、その地方に行って申し込みをしなければならないと思われがちですが、最近はネットで申し込みをするだけで完了と言うところも多いです。

金利も有利な地方銀行は、その地方に住んでないと利用できないような印象もありますが、他県の人にも利用しやすし銀行と言えるでしょう。

細かなサービスで地域貢献

地方銀行は全国にATMがなかったり、審査が遅かったりと、細かいところで都市銀行に劣る部分はあります。

規模や知名度で言ったら都市銀行の方が安心感はあるかも知れません。

ですが、地方銀行は個人の顧客が多いので、その人にあったサービスを提供してくれたり、とても親身に相談に応じてくれます。

地域に密着し、使い慣れている銀行の方がいいと言う方は、是非とも地方銀行も選択肢に入れてみてください。新潟在住の方は注目!大光銀行のカードローンをご紹介

今までの説明を読んで、どうせなら地方銀行でカードローンを、と思った人も多いと思います。そこで、新潟在住の方におすすめしたい銀行が、長岡市に本店を置く「大光銀行」です。

ここがおすすめ!「大光銀行カードローンLUXZO」

今回は、使い勝手の良い「大光銀行カードローンLUXZO」をご紹介します。

このカードローンは、大光銀行に口座を持っていなくても申し込みが可能で、インターネットで24時間365日受付をしています。

また、複数でお金を借りている人にお勧めなのが、ローンを一つに出来る「おまとめローン」としての利用が可能になっていることです。一つにまとめることで金利がお得になる場合があるので非常に便利です。

その他、金利が安かったり金額によって所得証明書が不要だったりと、とても利用しやすいカードローンとなっています。

金利 3.8%~14.0%
借入限度額 最高800万円
所得証明書 300万円までなら原則不要
月々の返済 3,000円から可能
申込方法 来店不要、申込・契約書記入不要、ネット申込OK

地方銀行は地域性を生かした細かなサービス

何かと都市銀行の方が有利と思われがちですが、地方銀行は地道な営業で地域の信頼を得たり、その地域にあったきめ細やかなサービスを提供したりと、決して都市銀行には負けていません。

地域に根付いた信頼関係

地方銀行はその地域の中小企業などに融資することが多く、地域活性化に貢献しています。また、その地域に密着した金融商品を多く提供しています。

給与振込などの指定口座を地方銀行にしている中小企業も多いことから、その信頼度をうかがい知ることが出来ます。

店舗やATMの数は都市銀行に劣りますが、その地域に限って言えば、支店やATMを数多く設置しています。むしろ都市銀行よりも便利に利用出来ることが多いのです。

個人に対しては、その人にあった様々な金融商品を提案したり、フォローがしっかりしていたりと、きめ細やかなサービスを行っています。

やはり、地域に根ざした堅実が経営していくためには、その地域の企業、個人顧客からの信頼を得ることは重要ですから、商品も接客もとても暖かみがあります。

それが地方銀行の特徴であり強みなのです。自分の住んでいる地域や利便性を考えて、利用する銀行を選んでみてください。

新潟在住なら大光銀行を選んで損はなし!

今回、新潟在住の方のために大光銀行をご紹介しました。もちろん他県の人も利用できます。都市銀行に負けず充実したサービスと堅実性で自信を持っておすすめできます。

関東の一都三県にも支店を構えていますから、新潟県を中心に営業しているとは言え、都市部の方にも比較的利用しやすい地方銀行だと思います。

銀行カードローンを探している人は、都市銀行だけではなく地方銀行も選択肢に入れて、是非大光銀行に注目してみてください。

【参考ページはこちら】
広島銀行のカードローンが気になる方におすすめ

新着記事
TOPICS