> > > すぐにお金が欲しい方は必見!即日融資カードローンを徹底検証

すぐにお金が欲しい方は必見!即日融資カードローンを徹底検証

今回のレビューでは、すぐに借りられるカードローンについて徹底的に検証してみます。

即日決済(正しくは即日融資)ができるカードローンは、利用者にとって、とても便利なカードローンと言って間違いないでしょう。

少しでも早くお金を借りたい方なら、即日融資可能なカードローンを利用してください。

また、幾つか借入業者のご紹介もするので、カードローンを探している方には必見の内容となります!

即日融資可能なカードローンってどんなカードローンなの?

現代人の生活の多様化に伴い、借入ニーズも各利用者によって多様になってきたと思われます。

その中でも「今すぐにお金を借りたい!」とのニーズは多くの利用者に共通したものと感じ取れます。

そのことから、多くの金融機関では、そのような即日融資のニーズに対応しているのです。

そこでまずは「即日融資が可能なカードローンに関する基本的な理解」を促してみたいと思います。(こちらもご参考に→オススメのカードローン会社をご紹介!

即日融資可のカードローンがどんなカードローンなのかをしっかり理解すれば、実際に利用する際に上手に活用できることと思います。

即日融資カードローンとはなにか?

即日融資可能なカードローンとは、端的に言うと、「申し込んだ当日にすぐにお金が借りれるカードローン」と言うことになります。

カードローンを利用する際には、申し込みをして審査を受けて、必要書類などを提出して確認が済んだ後に、ようやく融資の運びとなります。

即日融資に対応したカードローンでは、この一連の手続きを1日で処理できるカードローンと考えていただければよいのです。

他方で、利用できるすべてのカードローンが「即日融資カードローン」となる訳ではありません。その点には注意が必要です。

また、即日融資に対応したカードローンで即日借入するためには、なるべく早い時間帯に申し込んで審査を完了させて必要書類の確認も済ませておくのが条件になります。

具体的には、午後2時くらいまでに申し込みを済ませて、契約まで完了させておけばたいていの場合は即日の融資は可能となります。

そして、この申込時間帯さえ守れば誰でも即日融資は可能になります。

即日融資可のカードローンのメリット

即日融資に対応したカードローンのなによりのメリットは、「今すぐにお金を借りたい!」といった緊急ニーズに応えてくれることに尽きるでしょう。

即日融資が可能なカードローンでは、おしなべて審査時間が早くなっていることもメリットであり、審査が早いと必然的に簡易審査となるので審査も柔軟で甘めで借り易いと言ったメリットもプラスされます。

そして、即日融資に対応したカードローンの代表格は、「消費者金融カードローン」になると言っても過言ではないのです。

消費者金融の即日融資可のカードローンは、即日融資に対応した銀行カードローンと比べた場合、“即日融資のための条件が緩い”ので確実に即日キャッシングできるとのメリットもあるのです。

そして、そのような消費者金融カードローンには無視でない大きなメリットも隠されているのです。

それは即日融資に加えて、「無利息サービス」も享受できると言ったメリットなんです。

以下に「即日融資&無利息サービス」の消費者金融カードローンを提示してみます。
(⇒金利ゼロでキャッシングするには?

消費者金融 無利息サービス 利用条件
プロミス 「30日間無利息」 ・初回利用者のみ
・メアド登録と「WEB明細」の登録が必要
アコム 「30日間無利息」 ・初回利用者に限定
・返済期間を「35日ごと」で契約した場合
新生銀行レイク ・「借入額に関係なく30日間無利息」
・「借入額のうち5万円だけ180日間金利ゼロ」
・初回利用なら可
ノーローン 1週間なら何度でも無利息サービス ・契約した月と全額返済した月に利用可

即日融資可のカードローンのデメリット

さて、即日融資が可能なカードローンにはデメリットもあります。

そんなデメリットを指摘すれば、「審査が早い分だけ“金利が高め”に設定されている」と言ったことになります。

すでに指摘したように、即日融資のカギとなるのは、「審査スピード」となり、審査をできるだけ早くしないと即日の融資に充てられる時間的余裕が無くなるからです。

そして、審査が早いと簡易審査となる傾向が強いので、それだけ貸倒れ等の“信用貸しリスク”が高くなってしまうのです。

そのような信用貸しリスクを回避するために、金利を高く設定している即日融資可のカードローンは多いと言ってよいのです。

その代表的なものが即日融資に対応した消費者金融カードローンとなります。

その一方で、即日融資に対応した銀行カードローンなら“高い金利”と言ったデメリットは避けられます。

しかし、「即日融資の確実性」では消費者金融カードローンの方に分があるので、「確実に即日に融資を受けたい!」という人は、より確実性の高い消費者金融カードローンを選ぶ傾向が強いと言えますね。

即日融資可の金融会社 金利 限度額
アコム 年4.7~18.0% 最大500万円
プロミス 年4.5~17.8% 最大500万円
アイフル 年4.5~18.0% 最大500万円
モビット 年3.0%~18.0% 最大800万円
新生銀行レイク 年4.5~18.0% 最高500万円
三井住友銀行 年4.0~14.5% 最高800万円
三菱東京UFJ銀行 年4.6~14.6% 最大500万円
みずほ銀行 年4.0~14.0% 最大1000万円
じぶん銀行 年2.4~17.5% 最高500万円
東京スター銀行 年4.5~14.6% 最高500万円

即日融資可のカードローンの申込、利用に関する留意点

即日融資に対応したカードローンとそうでないカードローンとの違いを浮き彫りにしつつ、即日融資のカードローン選びにおける申込や利用上での留意点や注意点を説明します。

ここで指摘する「3つのポイント」をしっかり抑えておけば、即日融資に対応できるカードローン選びでもう苦労することは無いと思いますよ!

【ポイント1】“審査の早さ”は即日融資の要です!

即日融資に対応したカードローンは、すべてと言ってよいほど“審査が早い”と言っても差し支えありません。

つまり、即日融資が可能となっているカードローンの中で、一枚選ぶ際には、即日の借入がより確実とするために最初にしっかり気を使いたいのは「審査のスピード」と言うことになります。

なぜなら、審査に時間がかかってしまうと融資の手続きに費やせる時間的余裕が無くなってしまい、当日に融資に間に合わなくなってしまうからです。

また、消費者金融カードローンに比べて、銀行カードローンで即日の融資が確実になるところが少ないのは、“銀行は審査に時間がかかり過ぎてしまう”といったことがあるのです。

銀行は、消費者金融の審査に比して厳しめになります。審査が厳しめになると言うことは、「しっかり時間をかけて申込者を調べる」と言うことに他ならないのです。

「即日回答」や「即日審査」と謳っている銀行カードローンこそたくさんあります。

が、「審査にどれくらい時間がかかるのか分からない…」と言ったことで、銀行カードローンでは「即日融資」が確実となるところが少なくなってしまうのです。

以下に「審査時間」と「即日融資」との関連性を示唆する一覧表を提示します。

金融機関 審査時間 即日融資
プロミス 最短30分 即日融資可
モビット 10秒簡易審査 即日融資可※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
アコム 30分審査 即日融資可
アイフル 最短30分 即日融資可
新生銀行レイク 画面に審査結果を即表示 即日融資可
三菱東京UFJ銀行 最短で30分 「テレビ窓口」利用すれば最短で即日融資可
三井住友銀行 30分審査 「ローン契約機」利用すれば最短で即日融資が可能
みずほ銀行 最短即日 口座あって「WEB完結」利用できれば最短で即日融資
オリックス銀行 即日回答 審査通過後、最短で即日融資可
ソニー銀行 最短60分 審査60分で終わって提出書類に不備無ければ最速で即日融資可
即日融資がほぼ確実に可能となる審査時間は“最短30分”が1つの目安、基準になると考えてよいと思います。

他方で、審査時間が「最短即日」や「最短60分」といったカードローンでは、審査の進捗具合によって当日の借入が難しくなってしまう可能性があると言ってよいでしょう。

【ポイント2】“審査甘め”だと即日融資の可能性大きい!

審査が甘いカードローンが必ずしも即日融資に応じてくれる訳ではありません。

たとえば、カードローン審査の中では一番甘めで緩めと言われているのは中小消費者金融となりますが、実は中小消費者金融で即日融資に対応しているところはそれほど多くはないのです。

消費者金融の中で確実に即日融資に対応してくれるところはプロミスやアコムなどの大手消費者金融なんです。

そして、中小消費者金融の審査に比べると、大手消費者金融の審査は厳しめになります。

しかし、即日融資が可能なカードローンは、おしなべて“審査時間が早い!”と言ってよく、審査を早くするためにはコンピューターによる自動審査となるのです。

即日融資可のプロミスやアコム、アイフル、モビットなどの消費者金融の審査はコンピューターによる自動審査となることで“最短30分”と言ったスピード審査が可能になっていると言う訳なのです。

そして、コンピューターによる自動審査は、4~5項目の個人情報を審査対象にした「簡易審査」となる傾向が強いので、審査時間が長くなってしまう審査よりは甘めで柔軟になると言って過言ではないのです。

それゆえ、審査が甘め、緩め、やさしめとなるカードローンと即日融資とは密接に関係していると考えられるのです。

だって審査が厳格で厳しめとなる銀行カードローンでは即日融資に確実に対応できるところは消費者金融ほど多くないからです。

「どれだけ審査が緩め、甘めとなるのか?」は、即日融資に対応しているのかいないのかにおける1つの指標として考えてよいと思われます。

【ポイント3】“自動契約機”は即日融資の必須アイテム?!

即日融資のカードローンでは通常、指定した口座にお金を振り込んでもらえる「ネットキャッシング」「ネットバンキング」となります。

しかし、即日融資のネットキャッシングでは利用条件に制約がついてしまう場合があるのです。

それは「振込先の口座がある金融機関の営業時間内となる午後3時までに手続きを済ませる!」といったことです。

一方で、「申込当日のカード発行による即日融資」との借り方もあります。

カード発行での即日融資なら、ネットキャッシングのように“午後3時まで”といった時間的制約はありません。

即日のカード発行が可能な時間帯ならOKで時間的制約はもっと緩いのです。

そのことから即日のカード発行が可能になる「自動契約機」や「無人契約機」の充実度が即日融資では1つの重要なポイントになる、あるいは“必須アイテム”になると言っても過言ではないのです。

そして、自動契約機・無人契約機が充実しているのは「消費者金融カードローン」なんです!

消費者金融 自動契約機(無人契約機)の設置台数 利用時間帯
プロミス 自動契約機:1105店舗 9:00~22:00(土日祝日も可)
(※一部は21:00まで)
アイフル 契約ルーム:625店舗 9:00~21:00(土日祝日も可)
(※一部店舗では22:00まで)
アコム 自動契約機【むじんくん】:1066店舗 8:00~22:00(土日祝日も可)
(※一部は21:00まで)
モビット ローン申込機:350店舗 8:00~21:00(土日祝日も可)
(※店舗によって営業時間異なる)
新生銀行レイク(※銀行カードローン) レイク自動契約コーナー:779店舗 8:45~24:00(日曜・祝日は22:00まで)

利用方法は、まずなるべく早く申し込みから審査までをWEB上で完了させた後に、最寄りにある自動契約機、無人契約機で契約を済ませれば、だいたい40分~1時間くらいでその場でカードを発行してもらえます。

また、自動契約機や無人契約機で契約する際には必ず本人確認書類を持参してください。

本人確認書類を忘れると契約ができなくなってカード発行も無理となります。

即日融資可能なカードローンならこれがおススメ!

では、最後に「即日融資のカードローンならこれがおススメ!」と言った、2つの即日融資カードローンについて紹介したいと思います。

すでに指摘したように、即日融資の借入方法には「ネットキャッシング」と「即日カード発行」の2つがあります。

ネットキャッシングでの融資までの時間は、“当日融資”こそ大前提とはなるものの、各金融機関によって実際にはまちまちとなります。

そこでネットキャッシングの中で、とりわけ超スピーディーなプロミス【瞬フリ】と取り上げます。

他方、「即日カード発行」による即日融資に関しては、即日融資に加えてカードローンとしてのトータルバランスの良さにも注目して三菱東京UFJ銀行カードローン【バンクイック】を紹介してみたいと思います。

即日ネットキャッシングならプロミス【瞬フリ】がベスト!

ネットキャッシングでの即日融資に対応したカードローンの中で、プロミス【瞬フリ】ほど超早いところはありません!

プロミス【瞬フリ】は、プロミスを利用されている方なら誰でも利用可能になり、年収等の個人属性によって利用できないと言ったことは一切ありません。

プロミス【瞬フリ】を利用するためには、まずは申し込みから審査までを「WEB完結」で済ませることが前提になります。

「WEB完結」の手続きはだいたい30分くらいで終わります。次はプロミス【瞬フリ】の手続きとなります。

プロミス【瞬フリ】の魅力は、24時間いつでもネットキャッシングが最短10秒!で振込できることなんです。

ネットキャッシングが最短10秒で可能なところなんて他にありません!

また、プロミス【瞬フリ】を利用するためには、ネットバンキングサービスが利用できるように「プロミス会員」になることが条件となります。プロミス会員は公式HPから簡単に申し込めますよ。

ではプロミス【瞬フリ】の手続きを以下に解説します。

『瞬フリ』利用手順 手続き
①:プロミス公式HPの『会員サービス』にログイン 必ずカード番号とカード暗証番号を入力
②:振込先の指定口座登録 振込先の金融機関の名称・口座番号等を正確に入力
③:【瞬フリ】を選択 「会員サービス」メニューの中から【瞬フリ】選択
④:希望借入額を入力 利用限度額内の金額を入力
(※ 利用可能額超える金額だとNG)
⑤:振込完了 最短10秒で振込
プロミス【瞬フリ】が利用できる銀行口座は、三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱東京UFJ銀行・楽天銀行の4銀行となります。

それ以外の銀行口座だと【瞬フリ】ではなく通常のネットキャッシング利用となります。

また、24時間いつでも最短10秒の振込は三井住友銀行とジャパンネット銀行に口座を持っている方に限られます。

三菱東京UFJ銀行と楽天銀行の口座を持つ方については、平日の午前9時~午後2時50分までの時間帯に【瞬フリ】を利用した場合に最短10秒の振込が可能となります。

即日カード発行なら三菱東京UFJ銀行【バンクイック】で決まり

プロミスやアコムなどの無人契約機がある消費者金融なら、どこでも即日にカードを発行してもらえます。

他方、銀行カードローンでは自動契約機や無人契約機を設置しているところはとても少ないのです。

でも三菱東京UFJ銀行【バンクイック】なら無人契約機があります。また、三井住友銀行でも自動契約機の利用が可能となります。

では、なぜ三菱東京UFJ銀行【バンクイック】がおススメとなるのでしょうか?

それには以下に示すような理由があるからなのです。

  • 審査早い
  • 低金利
  • 審査緩め
  • 専業主婦も利用可

即日のカード発行が可能になる消費者金融では“金利が高め”で専業主婦は利用不可となります。また、三井住友銀行は金利こそ低めですが、専業主婦の利用はNGなんです。

つまり、即日のカード発行での即日融資に対応しているカードローンの中では、三菱東京UFJ銀行【バンクイック】は金利や利用のし易さと言った点で一番トータルバランスのとれた優れたカードローンとなることでおススメになると言う訳なのです。

三菱東京UFJ銀行【バンクイック】で即日カード発行で即日融資を受けるためには、まずWEB上で申し込みから審査までを完了させることが条件となります。

「WEB完結」が済んだら、最寄りの銀行店舗内に設置してある自動契約機「テレビ窓口」で契約を済ませれば、その場でカードを発行してもらえます。

カードの発行までにかかる時間は30~40分くらいとなります。

ただし、「テレビ窓口」で即カードを発行してもらうためには1つ注意していただきたいことがあります。

それは「テレビ窓口」で契約する時には必ず本人確認書類として“運転免許証”の提出が必要になることなのです。

即日融資に対応したカードローンは利用し易い

即日融資可のカードローンは、「申し込んだその日にすぐにお金を借りられる!」との1点において、すごく便利で使い易いカードローンと言って間違いないでしょう。

即日融資可のカードローンなら、だいたい審査を含めて融資までにかかる時間は1時間程度となるところが多いようですね。

だから急にお金が必要になってもすぐに借りられるのでとても利便性が高いとも言えます。

さらに言えば、たとえばプロミス【瞬フリ】を利用すれば、もっと即日融資の時間は早くなります。

また、カード発行という物理的な時間的制約がかかってしまう場合でも、三菱東京UFJ銀行【バンクイック】なら最短で即日キャッシングが可能になると言ってよいでしょう。

しかも即日融資を受けるために特別な面倒や手続き、煩雑な事務処理などが必要となる訳ではありません。

つまり、通常のカードローン利用にかかる手間において即日融資も可能になると言うことなんです。

だったら少しでも早くお金を借りられる即日融資に対応したカードローンを選びたくなりますよね!

【参考ページはこちら】
当日融資可能な銀行選び

新着記事
TOPICS