> > > 最低でも口座やカードが必要!?銀行で即日融資ができる条件とは?

最低でも口座やカードが必要!?銀行で即日融資ができる条件とは?

「銀行のカードローンは審査が厳しく遅い…」

「即日融資と書いてあっても日をまたぐ…」

カードローンを申込む際に、このような悩みを抱えたことはありませんか?

確かに銀行は、消費者金融と比べて審査が厳しく時間が掛かることがデメリットとしてもよく挙げられます。

「即日融資」といっても当日中に審査が通過するわけではなく、日を空けて審査の結果を待つことが多いと思いますので、早急にお金が必要な場合には不便ですよね。

ということで今回は、当日中に「即日融資」ができる銀行の条件をご紹介します。

銀行選びと条件さえ満たせば、当日の融資も可能になります。諦めていた方はぜひ参考にしてみて下さい!

即日融資は「当日」とは限らない!?なぜ銀行は審査が遅いのか?

銀行からカードローンを作る際に「即日融資」や「スピード融資」などの謳い文句を一度でも観た方はいると思います。

しかし、消費者金融と違って当日ではなく「最短で」という言葉が付く場合がほとんどです。では、なぜこのように銀行の即日融資は当日にならないのでしょうか?

保証会社を審査に含めるから

銀行は借入者が無担保でもカードローンを作れるように保証会社と提携していることがあります。その場合、保証会社の審査もあるので、通過までの時間がかかるのです。

その審査期間は銀行によって違いますが、早くて数日もしくは一週間程度かかることも。昔と比べれば、確かに期間を考えれば「最短」なのかもしれません。

銀行は当日の融資は見込めない?

それでは、消費者金融と同じように、銀行からは当日融資を受けることはできないのかというと、実はそうではありません。

銀行の掲げる即日融資は、条件さえ揃えれば、当日に審査を通過し、融資を受けることも可能です。そのためには、最低限以下の項目を事前に準備や確認をする必要があります。

  • 借入する銀行の口座とキャッシュカード
  • 個人信用情報をクリアに
  • 当日融資が可能な銀行

カードローンを作る際に、契約する銀行のキャッシュカードと口座を持っている必要があります。これを持っていないと、作成時間もあるため当日の融資は厳しくなります。

また、個人信用情報についても、クリアな状態にしておくことが大事です。他社の借入や返済状況が不明な場合には見直しておくと、当日融資を受けたい場合にも便利です。

振込とカードは何が違う?即日融資の注意すべきポイント

銀行が融資するときには「振込タイプ」と「カードタイプ」の2種類があります。

前者は消費者金融で、後者は銀行でカードローンを申し込む際に聞いたことがあるのではないでしょうか。

片方のみ、または両方のタイプに対応している銀行もあります。この2つは融資を受ける方法なので、どちらのタイプも覚えておく必要があります。

振込タイプとは

振込タイプは、審査通過したときに銀行がキャッシュカードに振込をすることです。契約する銀行はもちろん、他の銀行でも振込が可能です。

たとえ、口座やキャッシュカードを持っていなくても、自身の指定した口座に対応していれば振込をしてくれるので、面倒な手続きは不要です。

しかし、他銀行の場合、当日の融資は難しく、早くても数日程度の日数は待たなくてはなりません。

指定の口座を持っていなくて、銀行の融資だけをしたい方にとってはおすすめの方法です。

銀行が指定する口座を持っていると当日融資をしてくれる場合もあります。早急に融資を受けたい場合には、既に口座を持っている金融機関での振込タイプにすると良いでしょう。

カードタイプとは

カードタイプは、キャッシュカードとは別に専用のローンカードを発行するタイプのことを言います。キャッシュカードと一緒になっているタイプもあります。

最初からカードを発行をする場合には、1週間前後で自宅に届きます。それまでは、振込タイプになることが多いです。

カードタイプを発行する際には、即日融資は厳しくなる可能性が高いです。このタイプは融資に余裕を持っている方が向いている方法でもあります。

ただ、こちらのタイプも当日で発行できる銀行もあります。審査通過すれば、すぐに契約機から発行できるので、カードタイプで当日融資を希望したい場合には、そういった銀行を探しましょう。

当日融資可能な銀行選びを

銀行によって結果が出るのに差がありますが、どちらのタイプも「最短」で「即日」の場合は、申込んだ当日に融資を受け取ることが可能です。
(⇒即日審査、即日融資!一番早く借りられるのは?

なので、日常で使用している口座が当日融資に対応できる銀行選びから始めると良いでしょう。

時間帯が重要!審査の順番を早くする方法

即日融資は、どの時間帯に申込んでもすぐに良いということではありません。銀行にも営業時間があるので、早めに申込まないと、どんなに条件を満たしても当日融資が出来ないことも。

しかし、早めと言っても、どの時間帯がベストなのでしょうか?朝一番に行ったとしても、時期によっては混んでしまうこともありまよね。

このようなトラブルを抱えないためにも、審査の順番を早くする方法を見ておきましょう。

即日対応している金融機関

まずは、銀行によっても審査や融資の時間が異なりますので、以下の表をご覧ください。当日中に融資可能な金融機関を集めてみました。

項目 審査時間 申込 受取り条件
三菱東京UFJ銀行 最短30分 WEB可 テレビ窓口にてカード受取り
三井住友銀行 最短30分 WEB可 ローン契約機から受取り
みずほ銀行 最短30分 WEB完結 普通口座を所持・ネットで申込み
新生銀行 申込完了時による WEB可 14時までに申込・確認書類の提出
スター銀行 当日可能(最短) WEB可 口座所持・午前中までに全て完了

契約する銀行口座が必要だったり、指定する時間内に申込みをすることで当日中に融資を受け取ることができます。

ただ、審査内容によっても、時間が延びることがあるので、時間内に間に合っても、当日にならない可能性があります。

WEBで先に申込みを済ませよう!

審査を早める手段として、営業時間より前にWEBにて審査の申込をしておくと、直接銀行に来店するよりも早くなります。

既に申込を始めていると、最初から手続きをしなくて済むので、すぐに本審査に入る可能性が高まります。

ただ、これは審査の順番を早くする方法なので、最終的には直接来店する必要があります。

銀行での手続きはできるだけ早めに行きましょう。特に、朝一番を意識すると、審査結果もより早くなります。

事前準備は万全に!即日融資を可能にする3つの条件

即日融資は、前述した通り、当日対応している銀行を選び、最低でも3つの条件が揃っていることが必要となります。

重複する部分もありますが、もう一度、必要な条件をおさらいも含めて挙げていきます。

  • 指定口座の作成
  • 個人信用情報のクリア
  • 早めの申込

特に、口座につきましては、カードローンを申込をする際には、最低限の条件となるので、持っておいた方が良いでしょう。

いつ必要になってもいいように

もし、急いで借入をしなくても良い状態でも、スムーズに審査通過するために、条件を揃えておくことをおすすめします。

早めの申込は借入が必要なときに出来ますが、他の2つに関しては事前に準備することが可能です。

急な借入に慌てないように、今まで挙げたポイントを抑えておくと、いざという場面でも役に立ちます。

【参考ページはこちら】
銀行カードローン審査は厳しい?

新着記事
TOPICS