> > > 必見!主婦がカードローンをつくるなら断然!銀行系がおススメ

必見!主婦がカードローンをつくるなら断然!銀行系がおススメ

急な出費!今月お金が足りない・・・。主婦はやりくりがほんとに大変です。

だからってご主人に「生活費が足りないんだけど・・・」なんて、なかなか言えませんよね。やりくりが出来ない妻だと思われたくない。夫に心配かけさせたくない。と一人で苦しんでいませんか?

こんな時、夫に内緒でお金が借りられればって思いますよね。

そんな心配や不安を解決するのが、カードローンです。ここでは、主婦のための上手なカードローンの作り方やコツなどをご紹介します。

専業主婦でも借りられます!主婦激増中のカードローンとは?

収入のない主婦は、貸金業法の改正により総量規制で規制対象となる業者では原則お金を借りることができません。

総量規制とは

総量規制は貸金業者を規制する法律です。多重債務を防止するために「個人が借入できる総額は、年収の3分の1まで」という平成22年に改正された貸金業法のことです。

総量規制は、主に消費者金融系・信販系のカードローンに適応されます。収入のない専業主婦は、年収がありませんので当然総量規制の対象となる業者から借入することはできないのです。

では、専業主婦はどこでお金を借りたらいいの?

大丈夫、銀行なら総量規制の対象外なので専業主婦にも積極的にお金を貸し付けてくれるのです。

しかし無制限に借入ができるわけではありません。専業主婦の場合、ほとんどの銀行で利用限度額は低く(30万円~50万円)設定されています。一般の自営業者や安定した収入がある方の借入よりも審査は厳しめと言われており、希望額を多めに申し込んでしまうと返済できるかどうかの判断の中で落とされる可能性が高くなってしまいます。

返済利息や返済方法などを十分考えたうえで最初は希望額を抑えめで申し込み、様子を見ながら利用限度額をアップさせることがポイントとなります。

主婦の場合のカードローン審査とポイント

一般的に銀行系のカードローンの審査は厳しいと言われていますが、収入のない専業主婦の場合、配偶者の信用度合が大きく影響します。そうなると夫に内緒で借りるのは難しいのではないかと思いますよね。

申込時配偶者の収入証明が不要な専業主婦向けのカードローンも増えてきています。申込時の申告だけでOKなんです。しかし収入証明書や同意書が不要とは言っても、審査はあります。

どんな審査が行われる?専業主婦枠の審査とは

審査は、「仮審査」と「本審査」の2段階になっています。

「仮審査」は年齢・家族形態・配偶者の年収や勤務状況などを点数化し合計点数で「本審査」に入るかどうか判断されます。これは、システム化しておりコンピューターでスピーディーに審査されるため結果は早くわかります。

「本審査」では、しっかり返済できるかどうかを審査専門の担当者が仮審査よりさらに踏み込んだ内容で審査します。

  • 在籍確認
  • 本人確認書類
  • 申込書に虚偽や漏れがないか
  • 個人信用情報と照合

家族の信用情報を調べることはほとんどありませんが、同じ住所や電話番号でブラックの家族がいれば審査に通らない可能性はあります。

また、3社以上のカードローンに申し込んでいると「申込ブラック」となり、審査に通りにくくなります。申し込む前にシュミレーションを設定している金融機関もありますので、利用されることをお薦めします。
(⇒何社も申込みするとブラックになる?

借入から返済まで、抑えておきたいポイントとは?

収入がない専業主婦であっても銀行カードローンであれば借入ができるということはおわかりいただけたと思います。

しかし、借入するにあたり心配なのはどうやって返すかという不安がありまよね。家計費のやりくりや在宅ワークなどで稼いで返済にあてるなどできればそれに越したことはありませんが、その場合でも月々どのくらいなら返済できるのか返済する際の利息などはどうなるのかなど考えて利用しなければいけません。

そこでどのくらいの借入で、どのくらいの利息がつき、返済のタイミングはいつなのか?など例をあげて見ていきましょう。

カードローンのメリットとして、返済日は一応決まっていますが返済や借入をいつでもできて、返済日前にATMから返済すればその分借入残高は減り利用可能額が増えます。

そこで、気を付けなければならないのが返済額と返済のタイミングです。

カードローンには「約定返済金額」といって、カードローン会社によって違いますが借入残高の額に応じて毎月のこの金額だけは返済して欲しいという返済額があります。

また、返済する金額には利息が含まれます。約定返済金額1万円返済したとしても、うち4千円が利息だとすれば元金は6千円しか返済できてないことになります。

利息の計算式は

借入残高(引き出した金額)×実質年率÷365日×30日=30日間の利息

例として

専業主婦が実質年率18.0%のカードローンから10万円を借りて30日で返済を考えた場合。

10万円×18.0%÷365日×30日=1,480円(小数点以下切上)となり、約定返済金額が5千円とすると

5千円-1,480円=3,520円(支払元金)ということになります。仮に実質年率が15.0%だった場合、利息は1,233円で金利が3%違えば247円も差が出ます。

つまり、金利の差が利息の差でもあります。できるだけ金利の低いカードローンを選ぶと良いでしょう。

また、返済のタイミングによっては元金を多く返済することもできます。

  • 約定返済額にプラスして多く返済するとプラスした分は元金に充当される。
  • 口座振替の場合は、引き落とし金額は変更できないのでカードローン会社の返済用指定口座に振り込むことで振り込んだ金額が繰り上げ返済となります。(ただし、自動引落で返済できている場合)
  • ATMを利用し返済日以外の日に返済(臨時返済)した場合、返済日当日~14日前に臨時返済しても通常返済とみなされますが、それ以前の返済は臨時返済として繰り上げ返済扱いになります。

安心な銀行カードローンならココ

収入がない専業主婦借入OKの厳選カードローンを低金利順にいくつかご紹介します。

  実質年率 専業主婦借入限度額 返済方法 特徴
ソニー銀行 2.5~13.8% 10万円 残高スライドリボルビング方式 PC、スマホで完結
WEB利用明細で郵送なし
じぶん銀行 2.4~17.5% 30万円 借入金額スライドリボルビング方式 PC、スマホで完結
auユーザー優遇
au×三菱東京UFJ銀行
イオン銀行 3.8~13.8% 50万円 来店不要
ネットですべて完結
お買いものついでに利用できる
みずほ銀行 4.0~14.0% 30万円 残高スライドリボルビング方式 WEB完結なら24時間受付可能
楽天銀行 4.9~14.5% 50万円 借入金額スライドリボルビング方式 専業主婦に積極貸出中!

※スライドリボルビング方式とは借入金額または残額に応じて毎月の約定返済額が変わる方式のことです。

上記銀行カードローンは専業主婦向けで人気があるところです。銀行口座を持っていると即日融資可能だったり、返済に便利だったりします。また、会員優遇で低金利というところなどもありますので、よくご検討されてみてください。

知っていると安心!お申込み前の確認

意外と申込の際に、バレてしまう場合もありますが、あらかじめご家族に連絡がいかないようにお願いしておくということもできます。また、申込む前にいつかは知られるかもしれないということを頭に入れて申し込むと、のちのちのトラブルにも対応しやすいと思います。

その使途が生活費など、どうしても足りなかったという場合は、家族のための資金調達という明確な目的があるので家計簿などをつけておき、ちゃんと説明できようにしておけば、そう大きな問題にはなりにくいようですが、ショッピングなど自分だけの満足を満たすような使い方をしていた場合、モメてしまうケースが多いようです。

あくまでも、借りているお金なので返さなくてはいけません。ほんとに必要かどうかよく考えながらバレてしまってもちゃんと説明がつくような借り方をされると良いと思います。

もし、返済できなくなってしまったら

返済までちゃんと考えて借りたつもりでも、急病や予期せぬことで返済できない場合もあります。その場合、返済日に返済できないとわかった時点で借入先のサポートセンターなどに連絡をして遅れる旨と何日に返済できるかを伝えておけば、大丈夫です。どうすればいいのかなども担当者が説明してくれます。

返済日が経過してしまったら金融機関より「ご入金の確認がとれません」ということで連絡が入ります。その際に入金予定を聞かれると思います。あてがある場合は伝えてきっちりその日に返済されればよいのですが、遅延利息がつく場合がありますので、ご注意ください。

また、やはりどうしても返済ができないという事態になった場合は、『法テラス』や『日本クレジットカウンセリング協会』という機関をご利用されると良いと思います。

専業主婦でも借りられる銀行カードローン。かしこい使い方でやりくり上手になりましょう!

収入のない専業主婦、夫の収入だけではやりくりできなかったり、急な出費でお金が必要になることもあります。総量規制という法律で専業主婦は基本的に銀行カードローンで借入をする以外方法はありません。

銀行カードローンは周りに知られずに借りることも可能ですし、利用限度額も低めなので安心して借入ができます。借りすぎや無計画な借り方さえしなければ、とても心強い味方となります。

ピンチだからと焦らずに、安心と信頼の銀行カードローンを利用してやりくり上手になりましょう。

【参考ページはこちら】
専業主婦なら銀行系カードローンが安心

新着記事
TOPICS