> > > 三井住友銀行でも借りられる!?主婦のレディースローン活用方法

三井住友銀行でも借りられる!?主婦のレディースローン活用方法

給料日前で家計が苦しい時などは、旦那に内緒でカードローンに手助けをしてもらいましょう。

最近では、主婦のカードローン利用も珍しくもなく、家族に気づかれない内に借入してきちんと返済することも可能です。

ただ、一括りに主婦と言っても自身に収入がある場合とない場合では、審査の通りやすさや借り入れ方法なども大きく異なってきます。

今回は、大手メガバンク、三井住友銀行のカードローンをご紹介し、主婦が利用するにあたってどんな注意点があるのか探ってみましょう。

収入のある主婦は問題なく借りられる!三井住友銀行カードローン

三大メガバンクの一つである三井住友銀行のカードローンは、低金利で高限度額なだけではなく、即日での融資も可能と好条件での借り入れを実現出来るカードローンとなりますが、どのような審査基準なのか気になる人も多いと思います。

銀行カードローンというだけで申込みを断念してしまう人も多いですが、自身に収入があることを証明することさえ出来れば、融資を受けることが可能な場合も多かったりもします。なので、主婦の方でパート・アルバイトをしている場合はカードローンの審査の対象内となります。

三井住友銀行カードローンの金利は4.0~14.5%です。消費者金融の最高金利が18%ということを考えてみると、低金利での借り入れが実現可能なことが分かります。銀行カードローンで即日融資に対応している大手銀行は、三井住友銀行を含めて今のところ3箇所しかないのも長所の一つです。

そんな三井住友銀行カードローンの特徴を教えてほしい

三井住友銀行カードローンの限度額は10~800万円と高めに設定されているだけではなく、銀行カードローンなので総量規制の対象外となります。ただ、法律上では年収などに関係なく10~800万円までの借り入れが可能ということになっていますが、初めの内は100万円以下での限度額での借り入れとなることがほとんどです。

カードローンを利用していく際に非常に便利なるのがおまとめローンになりますが、三井住友銀行カードローンの場合は、低金利・高限度額・総量規制の対象外と好条件が全て揃っていると言えるので、借り入れを行う際はおまとめローンも検討してみるのもおすすめになります。

審査なども銀行カードローンは厳しいと思われがちですが、三井住友銀行はプロミスと提携するようになってからは、審査に通りやすくなったという評価も多くなってきています。ただ、多重申込みや債務整理を行ってしまっている場合は、当然ですが審査の対象外となりますので注意してください。

融資を受ける前に注意しておきたいのが、三井住友銀行には無利息期間のサービスはありません。ですので、短期で完済するつもりで借り入れを行う場合には、他の金融機関を利用するのも視野に入れておいた方がいいかもしれません。

実際に借り入れを行った際、返済方法はどういったものになる?

返済を行っていく際には出来るだけ手数料がかからないようにする為にも、ATMを利用して返済を行うのがおすすめです。三井住友銀行の場合は、自社のATMと提携金融ATMのどちらの場合でも手数料が無料で借り入れを行うことが可能です。

三井住友銀行の返済方式は、「残高スライド元利定額リボルビング方式」となっているので、借入残高に応じていって毎月の返済額が変動していきます。毎月の返済額を抑えることが出来るので、利用者の負担が少なくなるのが特徴です。返済総額を抑える為にも返済に余裕がある場合は、出来るだけ繰り上げ返済を行っておくことをおすすめします。

  • 三井住友銀行は主婦の方でも収入があれば、カードローンの申込みや審査が可能。
  • 銀行カードローンなので低金利・高限度額・総量規制の対象外といった好条件の借り入れが実現出来る。

初心者にもわかりやすく解説、カードローン申込手順

三井住友銀行カードローンに申し込みを行う際には、公式ホームページ・店頭窓口・電話・輸送・ローン契約機から選ぶことが出来ます。その中でも、公式ホームページ上で申し込みを行うのが便利なのでおすすめです。

申込みから審査までの記入が終わると、審査結果がメールか電話で報告されます。無事に審査に通った場合は、借り入れを行うためのカードが指定された住所に輸送されるので、カードローンの利用を始めることが出来ます。

審査に必要な時間も30~60分と銀行カードローンの中で考えてみてもとてもスムーズに行えますし、契約とカード受取が完了した段階ですぐに借り入れを行っていくことが可能です。

即日融資でのカードローンを希望する方もいると思いますが、即日融資を利用をしたい場合には電話から申し込む必要があります。まず、電話から申し込みを行ってから、ローン契約機で契約を完了することによって、契約機からカードを受け取られるので、その場ですぐに借り入れを行うことが実現可能になります。

審査に必要な時間はその人によって異なることも多いですが、ローン契約機は9時~21時までなら使用することが可能です。土日や祝日も同様に稼働しているので、すぐにカードローンを利用する必要にな場合にも対応することが出来ます。

実際に申し込む前に仮審査をしておきたい場合はどうすれば良い?

カードローンを利用する前に一度お試し審査を行っておきたい人も多いと思います。ですが、三井住友銀行カードローンでは残念ながらお試し審査を行うことは今のところは出来ません。

ただ、三井住友銀行カードローンはプロミスと提携を組んでいるので、審査や信用保証などが共通している部分があります。申し込む前にお試し審査をしておきたい場合には、プロミスの公式ページで仮審査を行っておくと良いと思います。

借り入れを行っていく際には必ず講座も作っておいてほしい

三井住友銀行カードローンは口座を作らなくても融資を受けることは可能ですが、口座がないと利用することが出来ないサービスもあります。

口座引落しでの返済やインターネットバンキングを利用しての借り入れなどは、三井住友銀行の口座がないと利用することが出来ません。借り入れを行っていく上で合った方がまず良いサービスになるので、基本的には口座も作っておくようにしておいてください。

  • 三井住友銀行カードローンは主婦の方でも収入があれば、申込み手順は基本的に同じ。もちろん即日融資も可能。
  • 三井住友銀行とプロミスは提携を組んでいるので共通点が比較的に多い。

専業主婦は借りれない!?申し込み前に知ってほしいこと

三井住友銀行の公式ページには、申し込み時に満20歳以上で満65歳以下で、安定した収入があり、保証会社の保証を受けられる方は、カードローンを利用することが可能と掲載されています。

この審査基準で考えてみると分かると思いますが、主婦だからといってカードローンを諦めてしまう必要はありません。ただ、収入がない場合で考えてみると、三井住友銀行のカードローンで借り入れを実現するのは、とても難しくなってきます。

プロミスの場合は女性に特化したレディースローンがある

ただ、三井住友銀行系列のプロミスにはレディースローンが用意されていて、三井住友銀行でカードローンをする場合よりも主婦の方の借り入れを積極的に行っています。
(⇒専業主婦でもOKなカードローンもある?

レディースローンは女性が借り入れを行うような状況などにも対応がしやすいだけではなく、審査などでプライベートなことを聞く際にも女性のスタッフが対応してくれることが多いです。それに、プロミス以外でもレディローンがある金融機関は着実に増えてきています。

プロミスのレディースローンの場合は「30日間無利息サービス」といったサービスもあるので、それらも活用することで主婦の方でもより効率の良い借り入れを実現することが可能になります。特に、収入がある方の場合だと、とても審査に通りやすくなります。

配偶者貸付はばれてしまうので基本的には避けた方がおすすめ

専業主婦の方の場合は自身に収入がないので、配偶者貸付を利用するという形になります。配偶者貸付とは文字通りで、配偶者の同意を得て配偶者の収入を引き当てにすることで借り入れを行う方法になります。

配偶者貸付で融資を受けるには、契約者と配偶者が婚姻関係である証明以外にも、カードローンを利用するのに必要な収入があるかなどを証明する必要になります。ですので、配偶者の同意書・住民票・配偶者の収入証明が必要になってきます。

配偶者貸付を行う場合には配偶者の同意が必要となってくるので、配偶者の方にカードローンを利用していることを秘密にしておくのはどうしても不可能になってしまいます。中には、旦那に成り済まそうとする方がいますが、金融機関側からカードローンの審査を受けていることが、配偶者の方に通告されることになっているのでおすすめは出来ません。

三井住友銀行では自身に収入がない場合申込みは不可能に

三井住友銀行カードローンは旦那の同意を得て配偶者貸付を行うことが出来たとしても、契約者自身に収入がない場合は残念ながらカードローンに申し込みを行うことが不可能となっています。

金融機関の中にも配偶者貸付を行うことが出来るところもありますが、専業主婦の方は収入自体がないので、実際に借り入れを行うのはやはり困難となってきます。ただ、上限が30万円以下の場合なら三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行の場合なら、契約者自身に収入がない場合でも融資を受けることが可能なので、同意を得られた場合はそちらを利用してみてください。

  • 配偶者貸付は配偶者の同意が必要なだけではなく通告もされるので避けておいた方が良い。
  • 三井住友銀行では自身が無収入の場合は配偶者貸付は利用することが出来ない。

三井住友銀行のカードローンは働く主婦向きのカードローン!

最後に要点をまとめてみると。

  • 三井住友銀行カードローンは定期的な収入があれば、カードローンのご利用が可能。もちろん低金利・高限度額・総量規制の対象外に。
  • 主婦の方でも申込み手順や審査の流れは基本的には同様で、早急に借り入れが行いたい場合は即日融資も可能。
  • 三井住友銀行では無収入の方への配偶者貸付は行っていない。他のところで配偶者貸付を行う場合にも同意書が必要なだけでなく、審査結果や借入状況も通告がされるようになっている。
三井住友銀行カードローン意外で考えてみても、申込みや審査の際に共通しているのが、安定した収入があるかどうかとなってきます。なので、パートやアルバイトの方でも収入が安定していることを証明さえ出来れば、借り入れを行うことが可能な場合も実際に多かったりもします。

つまり、主婦の方でパートタイムなどをしていて、定期的に自身に収入があることが証明出来れば、三井住友銀行といった大手の銀行カードローンの場合でも審査に通ることは不可能ではなくなってきます。働いていて定期的に収入のある主婦の方には、相応の審査を行ってくれるところも実際に増えてきています。

ただ、カードローンの審査基準では勤続年数が重視されることが多いので、確実に審査に通りたい場合にはしばらく勤務先で働いてからの申込みを行うことをおすすめします。1年以上同じ勤務先で働いている場合は、審査に対して優位に働くことが多いです。

以上のことを踏まえて考えてみると、三井住友銀行カードローンは働いている主婦の方にはとてもおすすめの出来るカードローンだと言えます。ただ、金融機関を利用する際には、きちんと返済プランや資質のバランスを考えてからの借り入れを実現出来るようにしておくことだけは忘れないようにしておいてください。

【参考ページはこちら】
専業主婦でも作れるカードローンは?

新着記事
TOPICS