> > > 一番通るカードローンはどれ?厳しい審査を避ける方法とは

一番通るカードローンはどれ?厳しい審査を避ける方法とは

カードローンの申込みでは審査に通るか通らないかという点を気にする人が多く、審査の難易度について多くの情報が飛び交っています。

しかしカードローンの審査はぞれぞれ審査基準が異なり、その基準によって通りやすい状況にある人がいれば、逆に通りにくい状況の人がいて、他の人の例というのはあまり指標としては使えません。

そこで、審査通過の条件として何を目安にすればよいのかについて調査し、実際にどのように選んでいけばよいかについて考えてみることにしましょう。

またこういった条件に合わずカードローンが利用できない場合、融資を受けるためにはどうすれば良いかについても考えていきましょう。

審査の厳しさは人それぞれ!他人の例を信じ過ぎてはいけない

審査が厳しそうで申込みを迷うという人の多くが、実は審査で何が行われていて、なぜ厳しくなるのかについて理解してはいないようです。

しかし一番通るカードローンを考える場合には、まず実際の審査では、どのようなことが行われているのかについて理解しておかなければ始まりません。

インターネットが発達したことで、審査の難易度についての情報が得られやすくなっていますが、審査について正しい理解をしていれば、実際に自分が申込む際にそういった情報を信じすぎるのは危険だという事も分かってきます。

審査では何が行われているのか

審査で何が行われているのかわかってしまえば、それに合わせるように偽装する人も出てくるかもしれないため、細かい内容については外からは分かりません。

しかし、大まかに何が行われているのかについては容易に想像することができます。金融機関がお金を貸すための前提になるのは、利子をつけて返してくれるかくれないかという点です。そのために行なわれるのは次の3点です。

確認内容 審査しなければならない理由
本人の確認 他人名義で借入れしたら、請求先は他人になり、金融機関は請求できなくなってしまいます。
返済能力の確認 家計に返済できるだけの余裕がなければ、途中で返済は滞ることになります。
信用情報の確認 過去にローン返済や何らかの支払いに滞っていた場合には、再度同じことが繰り返される可能性があります。

金融機関ではこれら3点についてチェックを行い、問題が無い場合だけ審査に通して融資を行う事になります。

審査基準はそれぞれ違い利用者の状態もそれぞれ違う

大まかにはこの3点という事になりますが、実際には細かい審査基準という形で各金融機関はその基準を満たすかどうかを審査します。

この審査基準は、各カードローンで違いますから、金融機関の違いだけではなく、同じ金融機関内でもカードローンが違えば審査の内容は変わってくることになります。
(⇒審査に通りやすいのは銀行?消費者金融?

審査に通るかどうかは、これらの基準を申込者が満たしているかどうかという事になりますが、これは各申込者の状況によって変わってきます。

審査というのは審査基準とこの申込者の状況の整合性によって結果が変わり、状況が全く同じという人はいませんから、他の人の審査結果が、自分にも当てはまるという保証はありません。

例えば年収は同じであっても、他の条件が微妙に違えば、審査結果も違ってしまう可能性があるという事です。

最近はインターネット上に口コミサイトというような便利なサイトがあって自分の体験を口コミ情報として載せられるようになっていて、カードローンの審査の難易度についても様々な体験情報が載せられています。

これ等の情報から一般的な難易度を判断する人もいますが、本当の体験談なのかという問題もありますが、ここで説明したように、他の人の体験はあてになりません。したがってあまりこういった情報を信用しすぎるのは意味が無いのです。

審査通過の条件を考える!予め押えておくべきポイントとは

ではどうやって通りやすい審査のカードローンを見つければよいのでしょうか。

まず金融機関は審査基準は公開していませんが、予め申込みができる条件を示しています。これを満たしていなければ審査は通りません。逆に言えばこれを満たせば通る可能性があるという事です。

また、過去の支払いなどに問題があった場合には、信用情報データベースに情報が残っており、それも審査には重大な影響を及ぼしますから、過去を思い出してみることも重要です。

さらに金融機関は他社の利用を嫌いますから、そういったことについても確認されることになるので、この点についても留意が必要です。

利用者が分かるのは申込条件だけ

そこでまずは何でもよいので、カードローンの説明資料に目を通してみましょう。今ではインターネット上にある金融機関のホームページにカードローンの情報が載っていますので簡単に確認できます。

その中に申込条件が示されている筈ですので見てみましょう。主な項目としては次のようなものがある筈です。

申込条件 内容
申込可能年齢 下限は20歳以上でほぼ統一されていますが、上限はまちまち
安定収入 殆どのカードローンが月々の返済になるので、月々安定した収入が求められる
収入源の制限 年金受給者や専業主婦などを排除している場合がある
書類の提出 本人確認書類、借入希望額によっては収入の証明書類

この他、カードローンによっては細かい規定が設けられている場合もあります。申込むためには自分がこれらの条件をすべて満たしていなければなりません。

返済能力のチェックもしておこう

審査の大きな目的の一つは返済能力の評価です。金融機関は収入からそれを判断しますが、詳細な判断方法は公開されていません。このためまずは自分なりに返済が可能なのかどうかについても計算しておく必要があります。

自分で計算する場合には、月々の収支を計算して、返済していくだけの余裕があるかどうかを確認します。人によっては自分がどの程度お金を使っているのかはっきりわからない人もいるのです。

収入が大きいからといっても安心はできません。収入以上に支出が大きければ返済できない状態になっている可能性さえあります。

過去の信用情報も非常に大切

次は信用情報の確認です。このためには、信用情報データベースといって銀行や消費者金融などの業界ごとに個人の金融情報を共有するためのデータベースを利用します。

特に滞納などの金融機関に都合が悪い情報というのは業界間でも共有されることになっており、これを参照することによって金融機関は、申込者がかつて問題を起こしたことがあるかどうかすぐに分かってしまいます。

例えば次のような情報が記載されていると所定の期間ブラックという状態になり、ほとんどの金融機関で融資を断られる筈です。

情報 期間 ブラックの種類
ローン返済の滞納 5年 金融ブラック
各種支払いの滞納 5年 金融ブラック
債務整理 10年 金融ブラック
ローンの審査落ち 6カ月を超えない期間 申込ブラック

したがってカードローンを申込む前にこういったことが所定の期間内に無かったかどうかを確認してください。

他社を利用している場合は審査は厳しくなる

さらに金融機関が嫌う状態として、他社の利用があります。例えば他社のカードローンを利用していた場合、その分返済能力は削がれます。この他社の利用状況も信用情報データベースを確認すれば隠してはおけません。

収入から計算した返済能力が大きければ返済可能と判断されますが、返済能力が小さい場合には、他社利用が足を引っ張ってしまって審査に落ちる可能性も出てくるのです。

もし他社を利用している上に、どうしても更なる借り入れが必要な場合には、まず利用中のカードローンで利用限度額の増額ができないかを考えて、それでも必要な場合に限って、よく返済能力を判断して申込みをしなければなりません。

実際に選んでみよう!焦ってはいけない重要なのは情報収集

では実際に一番通りそうで自分に合ったカードローンを探すにはどうすれば良いでしょう。まず重要になるのは選択肢をできるだけ多くすることです。要するに情報をたくさん集めることが必要です。

次にその中からなるべく客観的に最も良いものを選ぶ事が重要になります。そこでどのように選べば良いのかについて考えてみましょう。

もっとも自分に合っているローンを選ぶには情報が重要

まず必要になるのは情報収集です。カードローンはたくさんあるといっても、利用するのに電車に乗らないとATMが無いようなものではいざと言う時に役に立たないかもしれません。

そこでまず自分が便利に利用できるカードローンを提供している金融機関をできるだけたくさん探しましょう。自宅の周辺や勤務先の周辺など利用しやすいところにあるものが候補になります。

都市部ならかなりたくさん見つかるはずです。地方ではそれほどの数はありませんが、地方銀行などの支店網やコンビニで利用できるものもあるので見逃さないようにしてください。

次にそれらの金融機関が提供するカードローンの説明資料を集めましょう。インターネット上の情報でもよいですが、せっかく自分の行動範囲内にあるわけですから、店舗に行ってパンフレットを貰ってきてはいかがでしょう。

金融機関によっては、一押しのカードローンのほかにも、女性に特化したものや利用者に年金受給者や専業主婦も対象にしたものを提供している場合もあるので、全部資料を集めておいてください。

カードローン選択方法の例

資料が集まったらその中から申込むカードローンを絞り込みます。数が少なければ、申込み条件から通りそうなところを選べばよいでしょう。

数が多いようであれば、比較するためにチャックリストを作ると、良いものが選べるようになります。

できればこのチェックリストでは申込条件だけでなく、自分がカードローンに要求する項目も並べておけば、最も自分に合ったものを選び出すことができるようになるでしょう。

判断はできるだけ客観的に行う必要がある

ここで注意しなければならないのは、チェックをする段階で自分に都合のよいような判断をしないことです。あくまで客観的に判断することが一番通りやすいカードローンを選ぶポイントです。

1つ目のチェックリストで条件が合わず申込みできるカードローンが見つからなかったとしても、それは仕方のないことです。申込んだとしても審査には通らないという事です。

一括審査サービスの利用も考えてみよう

最近になって始まったサービスにローンの一括審査サービスというものがあります。このサービスに申し込むと一括して多くのカードローンなどの審査を受けることができます。

これを利用すれば、審査結果を見て審査に通っているところから1つを選んで改めて申込みができるようになっています。また通っているところがあったとしても、実際には申込みに進まなくても構いません。

仕掛けとしては実際に一括して金融機関に申込むというわけではなく、サービス元が各金融機関の審査条件をもとに審査を行っているというものです。

このサービスの利点は実際に申し込むわけではありませんから、審査に落ちるという判定であっても、審査落ちという事ではありませんので、先ほど示した申込ブラックにはならないという事です。

ただし、このサービスでは審査が厳しいと言われる金融機関から通りやすいと言われる金融機関まで網羅はされていますが、まだ参加している金融機関が少ないという難点があります。

しかし、もし自分の申込みたい金融機関が入っていなかったとしても、どの程度審査に通るものか目安として利用することは可能です。

カードローンは難しくても借入れが可能な業者選び

次に申込めそうなカードローンが無い場合を考えてみましょう。もちろんそこで諦めるのも一つの選択肢ではあるのですが、どうしても必要と言う時にどうすれば良いでしょう。

金融機関にはいろいろとあって、カードローンを提供しているところは銀行や大手消費者金融のような大きな規模の金融機関です。

しかし金融機関はそういうところばかりではなく、大手の金融機関が貸してはくれないような人でも融資してくれる金融機関はたくさんあります。中には先ほど表で説明したブラックでも対応しているところもあるのです。

中小の消費者金融なら融資してくれるところもある

金融機関には様々な業者があって、次のような審査の難易度の傾向があります。

金融機関 審査の難易度
銀行
大手消費者金融
中小消費者金融
闇金 超易(ただし違法)

カードローンを提供しているのは銀行と大手消費者金融ですから、その審査に通らない場合に狙えるのは中小の消費者金融となります。
(⇒審査が甘い借入業者の探し方

ただしカードローンは有りませんから、申し込んで口座に振り込んでもらうという利用方法です。

どうしてもお金が必要という場合には、こういった業者を探せば融資を受けることができる可能性があります。ただしこういった業者にも審査はありますから、必ず借りられるという保証はありません。

信用情報に問題がある場合も諦めなくてよい

中小の消費者金融の中には、ブラック対応業者といって、審査では返済能力は問いますが、信用情報のチェックをたいへん甘くしている業者があります。

インターネット上で検索すればすぐに見つかる程度に業者が増えて来ていますし、全国から申込みができる業者も存在するので、周辺に無い場合でも、ネット検索して探してみてください。

非正規業者をどう見分けるか

怖いのはいわゆる闇金と呼ばれる非正規業者です。こういった闇金も小規模な業者ですし、申込時点では正規業者と見分けがつきませんから注意が必要です。

これ等の業者は利用してしまうと、後が大変になる場合があるので、利用しようという業者が見つかったら、金融庁の貸金業データベースを検索して登録業者かどうかを調べてみましょう。

調べる際には名称だけではなく、次の情報がすべてデータベースに一致していることを確認してください。

  • 名称
  • 所在地
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 電話番号

闇金は正規業者の情報を拝借して電話番号だけを入れ替えたりして、利用者が騙されるのを待っている場合もあるので確認は慎重に行ってください。

返済能力が無い場合には借りてはいけない

ここまで借りる前提で話を進めてきましたが、もし返済能力が不足していてカードローンの審査が難しい場合には、中小の業者を探しても返済が無くなるわけではありませんから、申込は勧められません。

返済能力ができるまでは、借入れしないことを勧めます。中小の場合審査に通るかもしれませんが、返済が行き詰れば、自己破産しなければならなくなる可能性すらあるのです。借入れは諦めて別の方法を探ることが重要です。

最後に一番通るカードローンを探す方法についてまとめておきます。

  • 同じ審査でも申込者の状況によって結果が違うため、他の人の例はあまり参考にならない
  • 申込み条件から通りそうなカードローンを探せが通りやすいものを見つけやすい
  • できるだけ多くのカードローンの情報を集めて良いものを探せば見つけやすい
  • カードローンは無理な人でも融資してくれる金融機関はある

時間はかかっても焦らず自分に合ったところを探すようにしましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの厳しい審査に通るには?

新着記事
TOPICS