> > > 銀行の審査は厳しい?審査の通る銀行カードローンの選び方!

銀行の審査は厳しい?審査の通る銀行カードローンの選び方!

カードローンに銀行が参入して、安心して利用できるようになったと感じている人も多いでしょう。

銀行カードローンは審査が厳しいと言われていますから、まず審査では何が行われて、どのように攻略するべきかを考えましょう。

次に自分の状態をよく知り、銀行のカードローン情報を集めて、通りやすいところを選ぶ方法についてもご説明いたします。

また、どうも銀行では審査に通りそうにないという場合の残された選択肢についても提案させていただきます。

銀行は貸したがっている!審査の内容を知って攻略しよう

以前は銀行といえば審査が厳しく、なかなか借りられないというイメージがあって、そのイメージが未だに強く残っています。しかしカードローンの時代になって、実態としては少し変わってきています。

ですからこれまでのイメージは捨てて、まず審査ではどのような内容が問われているのかについて理解し、どういった条件を満たせば審査に通るのかを考えることにしましょう。

カードローン審査の難易度は以前と変化している

以前の銀行のローンと言えば担保や保証人を要求され、大変厳しいと考えられていました。こうした厳しさのためお金を借りられない人に向けた融資を扱う事で業績を伸ばしたのが当時サラリーマン金融といわれた消費者金融です。

ですからローン審査の難易度としては一般的に次のようなイメージが持たれています。

金融機関 難易度
銀行 ← 難 →
大手消費者金融     ←―― 中 ――→
中小消費者金融            ←―――― 易 ――――→

しかし、現在の状況というのはこれとは少し違っています。もともとカードローンと言うのは大手消費者金融が提供していた無担保、無保証人で個人の信用保証をもとに融資を行うキャッシングローンです。

銀行は今でもこの個人の信用保証についてはノウハウが乏しく系列の消費者金融に委託しているほどです。銀行はキャッシングローンの隆盛をみてこの分野に参入せざるを得なかったのです。

このように銀行はこの分野では後発でしたから、利用者を増やすために様々な手法が必要でした。銀行というネームバリューを使い、利用者に安心して利用できると印象付けることもその手法の一つです。

このため、カードローンでは従来のように厳し審査を行っている銀行がある反面、利用者確保のために意外に審査を緩くしている銀行も少なくありません。従来イメージは一部崩れているわけです。

忘れてはいけないのは、銀行などの金融機関はお金を貸して利息付きで返済してもらわなければ利益にならないという事です。そういう意味で銀行は本来は貸したいのです。

したがって審査でも条件がしっかり満たされれば、断る理由などないのです。自分には銀行の審査は厳しいという判断は、従来のイメージからではなく、条件面から考える必要があります。

審査の内容を理解しておこう

そこでこの審査ではどのようなことが行われるのかについて、まず理解しておくことにしましょう。審査で行われるのは大雑把に言えば次の3点に集約されます。

  • 本人の確認
  • 返済能力の確認
  • 信用力の確認

まず別人に貸してしまっては元本の回収すら不可能になりますから、確認書類の提出が必要で、さらに勤務先の在籍確認を行って本人であることを確認します。

返済能力については、銀行は収入から月々幾らまでなら返済に回すことができるのか一般的な傾向から作った数式を使って計算し、返済できるかどうかを判断します。

数式は銀行ごとに工夫され表には出てきませんが、自分で判断する場合には、自分の収入だけでなく支出も確認して月々の収支を計算してみてください。銀行は支出までは分かりませんから、この点では自分のほうが正確に計算できます。

信用力については、過去に問題が有ったかどうかが問われることになります。この確認には信用情報データベースが利用されますが、これは銀行業界が共通して利用するもので、過去他行で問題があったとしても分かってしまいます。

消費者金融の利用で問題があった場合は別データベースになりますが、悪い情報というものはデータベース間でも共有されることになっているので、この場合もやはり隠しておくことはできません。

問題になる情報は次の通りです。

問題内容 データベースへの掲載期間
ローン返済の滞納 5年
公共料金等各種支払いの遅延 5年
債務整理 10年
ローン審査落ち 6か月を超えない期間

心当たりがあれば、審査通過は難しくなります。

審査基準は分からないが申込条件は示されている

この審査では詳細には各銀行が長年の経験から作った審査基準で行われます。もちろんこの審査基準はノウハウの塊と言って良いものですから、公開はされません。しかしカードローンにはそれぞれ申込条件が決められています。
(⇒キャッシングの審査基準とは?

先ほど説明した返済能力があり、過去の問題もなければ、あとはこの申込条件が満たされていれば、銀行のほうは断る理由は無くなります。

この申込条件としては例えば次のようなものがあります。

  • 年齢(20歳以上、上限は各カードローンで差がある)
  • 月々の安定収入(専業主婦の場合の扱いは各カードローンで差がある)
  • 収入源(年金は駄目な場合がある)

まずはこれらを満たしていなければ借りられないという事です。

地方銀行も狙い目!多様なカードローンから選択しよう

このように条件を満たしているカードローンを探すことが銀行のカードローンの審査に通るための第一歩という事です。

では候補となる銀行をあなたはどのくらい知っているでしょうか。いつも利用しているところという選択肢もあります。お付き合いを深める意味で良い選択ですが、その他にも沢山の銀行がある筈です。

良いところを探すのにまず必要なのはこういった候補を探すための情報収集です。自分の利用できる銀行のカードローンにはどのようなものがあるのか調べてみましょう。

自分が申込めるところで最も良いものを探すには情報収集が重要

銀行には全国で利用できるメガバンクといわれる巨大銀行をはじめとする都市銀行というものがあり、さらに主に各県域を営業区域としている地方銀行があります。

また銀行ではありませんが、それに準じる存在である、さらに狭い地域を営業区域とする信用金庫もあります。

そこで銀行とそれに準じる金融機関を次にまとめておきます。

金融機関 営業区域
都市銀行 全国
地方銀行 基本的に県域、周辺県も含む場合有り
信用金庫 複数市町村、県境を跨る場合有り
信用組合 比較的狭い地域の場合もあるが業域や職域で運営しているものもある

都市部では銀行といえば駅前を中心に多くの支店が存在し、あまり地方銀行や信用金庫などに目が行きにくくなりがちです。また地方に行くと、地方銀行ばかりが目につきます。

しかしよく探してみると、それまで知らなかったあるいは名前しか聞いたことが無かった銀行が見つかるかもしれません。そういった小規模な銀行も良く調べてみれば地域に根差した使いやすいカードローンを提供しているかもしれません。

そこで、まずはあまり偏見を持たず、自分の行動範囲を良く調べて利用できる銀行を探し、そこで提供しているカードローンの資料を集めてみましょう。

情報が多ければ選択は面倒になりますが、それだけ良いものが見つかる可能性が高くなるものです。自分の周囲に有る銀行を知っておくだけでも将来何かの役に立つ可能性もあるので、じっくり調べておきましょう。

厳しいと言われる銀行には裏がある

銀行によっては申込条件が厳しく、いかにも審査が厳しそうなカードローンを提供している場合があります。たとえば年金受給者や専業主婦は駄目とか、申込可能年齢の上限が55歳までとか、一見申込者自体を絞り込んでしまっているようなところです。(こちらもご参考に→専業主婦okのカードローンもある?

しかし全部とは言いませんが、そういう銀行には裏があります。そういった厳しい申込条件を掲げるカードローンを一押しで宣伝している裏で、もっと条件を緩めた別のカードローンを提供していたりします。

もちろん両者には差があって、条件が緩いほうが金利が高かったり、利用限度額が低く抑えられたりしますが、女性専用のものや、年金受給者でも申し込みが可能なもの、中には自営業者向けに返済時期が任意というものまであります。

したがって情報を集める際には、一押しのもの以外にも提供されているカードローンは無いか良く調べて、すべて集めておくことをお勧めします。

地方銀行は意外に狙い目のことがある

特に地方銀行の場合には一行に6種類もカードローンを抱えているところもあります。この中には同行から住宅ローンを借りている場合に限って有利な金利で利用ができたりするものが含まれていたりします。

また銀行によっては審査の厳しいカードローンに申込んで通らなかった場合に、もっと審査の緩いカードローンのほうに自動的に申込みが行われて、審査を受けるようになっているケースもあります。

このほかその地域の企業と提携して有利な利用ができたりする場合もあるので、地方銀行は意外に狙い目の場合が有り、調べる場合には良さを見逃さないようによく資料を読んでみて下さい。

消費者金融も捨てたものではない!大手消費者金融も選択肢

さてここで返済能力などの点で問題があり、どうも銀行の審査には通りそうにないという場合を考えてみましょう。

この場合には諦めてしまうという選択肢もありますが、カードローンはもともとは消費者金融の金融商品だという事を忘れてはいけません。そこで消費者金融の利用を考えてみることにしましょう。

銀行は厳しいと判断しても大手消費者金融がある

銀行のカードローンが好まれる理由は銀行のほうが安心できるからという人が大半ですが、では消費者金融では何が不安なのでしょうか。

これには歴史的な理由があって、消費者金融は以前ひどい取り立てなどで自殺者が出たりして社会問題になったことがあって、利用者の心理として恐怖を感じる場合が有るためです。

しかし現在カードローンを提供している大手消費者金融は、多くが銀行の傘下に入り、また上場を果たしたことによって、従来の暗い部分を担っていた裏組織との関係も切れています。

また金利も現在では上限が低くなっているうえに、法的に厳しく管理されており、正規業者であれば、銀行よりは高くなりますが以前のような高金利は付けられなくなっています。

したがって、消費者金融だからといって毛嫌いする理由はほとんどなくなって来ています。

ですから、銀行のカードローンを検討したが、どうも審査通過が難しいと思った場合には、消費者金融の利用を検討してみても良いのではないでしょうか。

銀行との金利差は利用方法でカバー

しかしやはり金利が高いのが気になるという人もいるかもしれませんから、利用方法で金利差をカバーすることはできないかを考えてみましょう。

カードローンの申込時に適用される金利は、銀行の場合で14%程度、消費者金融で18%程度になります。そこで利息差を計算してみましょう。

利息は次の式で計算できます。

利息 = 元本 × 金利(年利) × 借入期間(年換算)

です。

そこで10万円を1月借りたとして利息の差を計算してみましょう。

銀行の利息

10万円 × 14% × 30/365 = 1150

消費者金融の利息

10万円 × 18% × 30/365 = 1479

利息の差 = 1479 - 1150 = 329

このように利息の差はごく小さなものです。

利息は計算式から借入期間も利息には大きく影響する事が分かります。そこでいつでも返済できる任意返済という返済方法を用いて、お金ができたら返済日を待たずに返済することを考えてみましょう。

当然返済期間が短くなりますから、その分利息を減らせ、利息差をさらに減額できます。

もう一つ注意したいものにATMの利用手数料があります。現在では提携ATMを利用すれば、ほぼ全国で利用することができますが、利用方法によっては、利息以上に手数料が掛っていたという人もいます。

そこで、なるべく提携ATMの利用を避けるようにすれば、金融機関に支払う総額は減らせることになります。

審査に通らない人も必ずいる!そういう場合の対処法

しかし大手消費者金融といえども、返済能力がある程度無ければ審査は通しませんし、説明したように信用に問題がある場合もまず審査には通りません。

そういった場合もお金が必要になることは有ります。ではそんな時にはどうすれば良いのかについて考えていくことにしましょう。

返済能力が不足している場合

まず返済能力が不足している場合です。例えば返済能力が無いのに無理して融資を受けたらどうなるでしょうか。借入れした時は良いかもしれませんが、翌月からは返済が始まります。

返済能力が不足しているわけですから、返済は難しいでしょう。その場合返済を遅延するのか、あるいは新たな借入先を探してその場を乗り切るのか、乗り切ったとしても更に翌月にはその借り入れ分も返済がのしかかります。

結局、借入れはいつかできなくなって、自己破産するしか方法が無くなるでしょう。したがって、この場合は借入れはしてはいけないのです。別な方法を考えるしかありません。

生活費が足りないというのであれば、一度行政に生活相談をしてみてはいかがでしょうか。必要があれば生活保護の利用も視野に入れて、いろいろと相談をしてみる事を勧めます。

ブラック状態で信用が不足している場合

信用に問題があって借入れできないという人をブラックと呼びますが、これになってしまうと銀行や大手消費者金融ではまず審査は通りません。

以前であればそれどころか、中小の消費者金融を含めてほぼ借入れはできなかったのですが、銀行がカードローンの提供を始めたことによって利用者がそちらに流れ、消費者金融では中小を中心に利用者の確保が難しくなりました。

このためこういった消費者金融では何か目を引くような特徴を出さなければ生き残りが難しくなってしまいました。

そこで出てきたのが、ブラック対応という業者です。つまりブラックの人でも融資しますという業者が現在では存在するのです。

ただし前提として返済能力が無ければ、こういった業者の審査には通りません。つまり返済能力はあるが信用の問題でこれまで融資を受けられない人には審査では信用には目を瞑りますという業者です。

こういった業者は消費者金融でも増えてきており、都市部には必ず存在しますし、インターネットを利用すれば全国から利用できる業者も存在しています。どうしても必要な場合には利用を検討してみましょう。

ただしこういった中小の消費者金融は非正規業者である闇金と見分けをつけるのが難しいので、金融庁の貸金業データベースで次の情報を確認してから利用してください。

  • 名称
  • 所在地
  • 代表者名
  • 登録番号
  • 電話番号

一つでも違っていたら、それは闇金だと考えて間違いありません。慎重に確認することが重要です。

ここで審査に通る銀行のカードローンの選び方について纏めておきます。

  • 銀行の審査は厳しいところばかりではなく比較的緩い条件を満たせば通して貰える所も多い
  • 地方銀行など様々なカードローンの情報を集めて良いものを選ぶようにすればよい
  • 銀行が厳しい場合でも大手消費者金融は工夫さえすれば銀行と同じ程度に利用できる
  • 審査通過が難しい場合には理由によって対応を考える必要がある

時間を惜しまず情報を有効に利用して選んでください。

【参考ページはこちら】
オススメのカードローン会社情報

新着記事
TOPICS