> > > 車欲しい方必見!車ローンはカードローンがあっても通るの?

車欲しい方必見!車ローンはカードローンがあっても通るの?

車を買いたくてローンを組みたい場合に、既に他のカードローンを借りてしまっている場合もあるかと思います。そうなると、車ローンの審査に通らないのでは・・・そんな心配もでてくるのではないでしょうか。

今回は、カードローンが既にある場合にも車を購入するためのローンを組むことができるのか、気になる点を探ってみました。ぜひ、車を購入される際のご参考になさってください。

大丈夫!車ローンは車という担保が信用となるから諦めないで!

車を購入する際のローンには、担保を付ける必要があります。しかし、購入した車そのものが担保となりますし、それがあなた自身の信用にもなってくれるでしょう。

車ローンは担保がなく返済終えるまで所有権がない!

まず、カードローンと車ローンには性質上異なるものであることを知っておきましょう。カードローンは、担保を必要としないのですが、車ローンは車を購入することが目的であることから、担保が必要となります。

カードローンでは、借入限度額や金利等は借りる側の信用や返済能力、そして業者側に貸し倒れのリスクがないかどうかによっても、決まってくるのです。車ローンでは、借りたお金を返済終了するまでの期間は、車の所有権は車ローンを借りたローン会社の物となります。

その期間は、車を利用する人は『運転する者』とみなされます。ローンの返済が終了すれば、晴れて所有者となることができるでしょう。

気を付けて!延滞してしまえば車を返すことになるかも!

返済が終わるまでは、購入者が車の所有権を得られないことから、車は担保と同じと考えられるでしょう。そういったこともあり、車ローンの業者としては貸し倒れになってしまう危険性は少なくなります。

もし、車ローンを組んでいる本人が延滞してしまえば、せっかく購入した車をローン会社に返さなければいけない事態に陥ってしまうことも考えられます。よって、車ローンを組む際には気を付けなければいけません。

車という担保が信用になるから車ローンも借入できる可能性が!

カードローンの審査においては、借りる人の収入が返済能力だとみなされます。そして、収入の中からある程度の額を、月々の借金返済に充当することになり、カードローンを返済した分の残りの額が、新規にローンを組む場合の返済できるであろう額になります。

そういったことで、車という担保があることが借りる人の信用となることから、もしカードローンを借りていたとしても、車ローンを組むことは不可能ではないのです。

車ローンは借りる種類によっても違いがあるから注意!

車ローンと言っても、どれも同じというわけでもありません。貸してくれる会社によって、違いがあることも覚えておきましょう。
(⇒車を買うならマイカーローンより銀行ローン?

同じじゃないの?車ローンの違いとは何だろう!

まず、ディーラーのローンについて見てみましょう。こちらは、ディーラー提携の信販会社のローンのことです。金利が少々高いのですが、審査がスピーディーであり手続き自体もディーラーが代わりに行ってくれるので、便利さがあります。

また、もうひとつには銀行のカ―ローンもあります。こちらについては、申し込み者が手続きを全部行うことになり、手間がかかってしまいますし、1週間ほど審査時間がかかってしまうということがネックになります。それでも、金利の低さは魅力でしょう。

両者を比較してみると、ディーラーの車ローンの方が、審査が緩くて借り易いようにも思えますが、100%の確率で借りられるというわけではないことも知っておくことが必要です。借りるなら、早いうちに銀行に申し込んで、もし否決されてしまったらディーラーローンに申し込むことが賢明と言えるかもしれません。

ここも注意!借入件数は少ないほうが有利になることがある!

他のカードローンがあったとしても、大丈夫だということは一概には言えないでしょう。他のカードローンがあるよりは、ない方が良いのです。それに、そのカードローンで借りている額も少ない方が有利に働くでしょうし、同じ額を借りているのなら、複数社よりも1社から借りている方が、業者への信用度は高くなるでしょう。

カードローンを借りていても車ローンに申し込むならば、そういった事も念頭に置いておきましょう。

ここで検証!どんな人が車ローンに通過できないの?

これまでお話した通りに、カードローンがあったとしても車ローンを借りることができる可能性は大いにあるわけですが、審査に通過するのが難しいと考えられる方もいらっしゃるので、どういった方がそうなのか、考えてみましょう。

あなたはどうですか?カードローンでの借入で難がある人とは?

まず、既に借入をしているカードローンのことについてです。消費者金融で、年収の1/3以上借りてしまっている人は、車のローン審査に通過することは厳しくなってしまうでしょう。また、過去に1回でも延滞をしたことがある人、そして近頃借りる金額が多くなっている人も通過できない可能性があります。

あなたも、ご自身のこれまでの借入状況をよく確認しておくようにしましょう。

気になる!その他で審査に通過できない要因となる事とは何?

他にも、審査に通過できないかもしれない要因となる事柄があります。それは、今の段階で一定の収入を得ていない人です。車のローンを借りるにしても、収入がない人には業者側も貸せませんので収入はやはり大事だということです。

さらに、車ローンで借りたい額を高く希望する方も、審査で通過できないかもしれません。車を買うということは、高額な買い物ではありますし、なるべく高い額を借りたいと思うかもしれませんが、借りる額を欲張ってはいけないということです。

身の丈に合った金額を申請するようにしましょう。

嘘はいけません!申請は正直にすることが鉄則

先程、他社からの借入はない方が有利だということをお話しました。しかし、だからと言って、カードローンの借入があるにも関わらず、他社から借りていないと申請するのは嘘になりますので、絶対にやめましょう。

カードローンを2社から借りていても、車ローンが借りられたというケースもありますし、嘘偽りなく正直に申請をすることが大事です。

カードローンあっても諦めないで!車ローンは借りられる可能性も!

車ローンは、カードローンがあったとしても借りられる可能性があることが、おわかりいただけたかと思います。車ローンの種類を把握して賢く申し込むことも大事ですし、どういった場合に審査に通過できないのかを知っておくことも必要です。

それでも、車のローンを組むということは、車が担保となってくれますし、それが利用者の信用に繋がるので、カードローンがあっても借りられる可能性は大いにあると考えられるでしょう。

【参考ペジはこちら】
カードローンがあっても自動車ローンに通る?

新着記事
TOPICS