> > > ブラックで銀行カードローンは無理?申し込みに通るか探る方法

ブラックで銀行カードローンは無理?申し込みに通るか探る方法

たとえ、収入や勤続年数などの利用基準を満たしていても、「ブラック」だと銀行カードローンはおろか、殆どの業者で借入審査に落とされてしまいます。何度も審査落ちを繰り返す人の中には、自分がブラックであることに気がついていない人も多いようです。

そうかと思えば、間違った情報から自分はブラックだと思い込み、今にも”審査不要!ブラックOK”と謳う高金利な怪しい業者で、お金を借りようとしている人もいるでしょう。

今回は、このような問題の原因「ブラック」について、より理解を深めていただくとともに、果たしてあなたが銀行カードローン審査に通るのか、その可能性を探ってみたいと思います。

アナタのクレジット情報はすべて記録されている

ブラックの理解を深めるために欠かせない知識として、まずは信用情報期間のことを知っておかなければいけません。

普段、何げなく使っているクレジットカードやキャッシング。その申し込みから、借入、返済まで、一連の情報は信用情報機関に登録されています。

信用情報機関とは
個人のローンやクレジットカードの借入情報の管理、提供を行う機関

ローンの申し込みがあると、ローン会社は加盟している信用情報機関に連絡し、申し込み者の情報の開示を求めます。信用情報機関は、すでに登録されている情報をローン会社に提供します。

過去に返済の遅れはないか、現在どれだけ借金があるのか等、ローン会社にとって、この情報は融資するかどうかの大きな判断材料になります。

現在、日本国内には3つの情報機関があり、加盟している金融機関がその母体となって運営しています。

機関の名称 加盟している金融機関
CIC(シー・アイ・シー) 銀行系・信販系・流通系クレジット会社
日本信用情報機構(JICC) 主に消費者金融会社
全国銀行個人信用情報センター(全銀協) 銀行系、一部の外資系クレジット会社

それぞれ管轄の違う3社ですが、互いに情報を共有しあえるようになっています。

滞りなく返済を続けていれば、その情報はあなたの信用になり、ローン審査にも有利に働きます。

逆に滞納などのマイナス要素は、ローン会社に不信感を与えてしまいます。あなたが忘れている都合の悪い情報も、ここにしっかり記録されているかもしれませんよ。

では、どんな状態がブラックなのか詳しく見ていきましょう。

信用情報に載っている事故記録がブラックの正体

ローン会社は信用情報をもとに、申し込み者が信頼に値する人物かどうかを判断します。そこで、一番評価の低い状態が「ブラック」です。

「ブラック」はブラックリストから派生した言葉で、ブラックリストを辞書で調べると”注意、監視が必要な人物の名簿。黒表。”と書いてあります。

実際のところ要注意人物リスト(名簿)などがあるわけではありませんが、延滞や自己破産などの金融事故を起こした事実が個人信用情報機関に登録されることを「ブラックリストに載る」という言い方をします。

そこから、ブラックリストに載るような人のことを世間一般に「ブラック」と呼ぶようになりました。

ブラックとは
過去一定期間にさかのぼり、大きな金融事故を起こし、事故記録が信用情報に記されている人のこと

そして大きな金融事故とは以下のような内容です。

・長期の延滞・・・61日以上の延滞
・債務整理・・・・自己破産、個人再生、任意整理など
・代位弁済・・・・保証債務を有するものが、債務者に代わって借金を返済すること
         (契約者に代わって保証会社が返済した場合)

このような問題が起きた場合、信用情報の返済状況の欄に「異動」と記されます。この状態が「ブラック」です。
(⇒金融事故を防ぐための注意点

そして、事故の種類や情報機関によって、登録される期間も違ってきます。

機関の名称 延滞の
登録期間
債務整理の
登録期間
代位弁済の
登録期間
CIC(シー・アイ・シー) 5年 5~7年 5年
日本信用情報機構(JICC) 1年 5年 5年
全国銀行個人信用情報センター(全銀協) 5年 5~10 5年

「ブラック」になっても返済すればそれで一件落着!というわけではありません。延滞中はもちろん、完済から上記の期間は登録が継続されるので、将来の生活にも大きく影響します。

債務整理や代位弁済に比べると「延滞」は軽く感じられますが、長期に渡る場合は支払う意志がないと判断されますので、十分悪質です。

この段階で少しでも心当たりのある人は、残念ですが、銀行カードローンは諦めたほうがいいでしょう。

急増中!携帯端末の滞納でもブラックになる!

携帯料金の滞納が原因で、いつの間にかブラックになっていたという人もいます。

新規でスマホや携帯電話を購入する場合、ほとんどの方が分割で購入されていると思います。これは分割払いのショッピングローンと同じです。

月賦なら実質0円!などといってもタダではなく、月々の支払いの中に端末代金もしっかり組み込まれていることを忘れてはいけません。

これには、経済産業省も「携帯電話の分割払いに注意!」と警鐘を鳴らしているほどです。各通信会社のホームページにも、必ず信用情報に関する注意事項が記されています。

そのほかに、奨学金の滞納も意外なブラックリスト入りの理由です。その数は軒並み増えており、統計では既に1万人を超えています。奨学金といっても教育ローンと同じ位置づけですから、支払わなければそれ相応の対応がなされます。

社会に出る前の、ローン経験の少ない若者層がブラックの対象になりやすいということですね。

※多くの学生に奨学金を貸与している学生支援機構は、事故対象者に限りその情報を信用情報機関に登録します。奨学金を借りている人全員のデータが記載されるわけではありません。

金融事故として扱われるのは、キャッシングやカードローンだけに限りません。当然ながら、クレジットカードでの物品購入、住宅ローン、自動車ローン等も同様です。

過去を振り返ってみましょう。不安な要素が少しでもあれば、「自分はブラックかも」と疑ってみる必要があります。

申し込みは慎重に!その他、銀行カードローンの審査に落ちる人

諸々のローンの支払いで、返済が数日遅れたことはあったものの、ちゃんと返してきたという方はブラックではありません。

しかし、安心するのはまだ早いですよ。ブラック(事故情報があること)以外にもローン審査に通らないケースがありますので、申し込み前に、以下の点をしっかり確認しておきましょう。

既にたくさん借りている場合も、審査に落ちる

金融機関は、あなたの収入や信用情報に登録されている現在の借入額などから、融資額を割りだします。

多くの借入があり、これ以上融資は無理と判断されれば、ローン審査には通りません。特に収入が少ない人は、既に借入上限額に達している場合が多いため、複数借入は難しいでしょう。

他社の借入がなかったとしても、希望額を少なめに設定して申し込むことで、審査にも通りやすくなります。

一度に複数業者に申込みするのは危険!

同時期に、複数の会社でローンの申し込みをすると、審査に落ちる確率が上がります。

ローンの申し込みをすると、金融会社によって、信用情報機関に「申し込み情報」として登録されてしまいます。短期間に複数ローンの申し込みをしていたという事実が信用情報から解ると、ローン会社は「この人はお金に困っているのではないか?」と警戒し、融資をしてくれません。

そしてこの「申し込み情報」は申込日から6ヶ月たたないと抹消されません。審査に自信がないなら、尚更、一社に絞ってから申し込みされることをお奨めします。

アナタは銀行カードローンの申し込み審査に通る人?

ここまで、主にブラックの意味と原因などについてご説明してきました。果たしてあなたはブラックでしたか?それとも違っていましたか?

ブラックではなかった、思い込みだとわかった人は、いかがわしい金融業者でお金を借りようとせず、安全な銀行でカードローンの申し込みをしましょう。

やっぱり不安・・・という人は、それぞれの信用情報機関で登録内容を確認されることをお奨めします。以前は窓口か郵送でしかその情報を入手できませんでしたが、最近では、スマホやパソコンでも申請ができるようになりました。

※本人が信用情報の開示を求める場合は「申し込み情報」として登録されませんので、安心してください。

低金利で高額の融資も見込める銀行カードローン。

確実に審査を通過するためにも、申し込みには万全の態勢で挑みたいものです。

【参考ページはこちら】
カードローン申込がブラックでもokなわけ

新着記事
TOPICS