> > > 銀行カードローンの審査に落ちた人向け!キャッシング術公開

銀行カードローンの審査に落ちた人向け!キャッシング術公開

せっかく銀行のカードローンを利用しようと思ったのに、審査落ちしてしまったなら、本当に残念な気分になりますよね。

銀行カードローンがキャッシングのすべてではなく、キャッシングの方法の一部に過ぎません。キャッシングという大きい枠組みで考えれば、落胆に終わる必要はどこにもないのです。

キャッシングは日々の生活に不可欠なものになった現代だからこそ、基本的なことからもう一度、再確認したいものです。そこからキャッシングの活用方法がきっと見えてくるはず。

今回は残念ながら、銀行のカードローンが否決されてしまった人の参考になるように必須のノウハウを解説してまいりましょう。

銀行カードローンの審査に落ちる代表的な理由

銀行が提供しているカードローンは簡単に発行してもらえるわけではありません。今はほとんど、銀行が直接審査をするのではなく、ノウハウを十分に持っている消費者金融などの保証会社が担当します。

ですから消費者金融が審査するから審査は銀行の審査より通りやすくなったとは言えます。それでも実際には審査で否決されてしまう人が少なからずいることは変わらない事実なのです。

これはいったいどういうことなのか、と不思議に思うことは当然でしょう。多くのサイトでの推薦はつくり話をしているのでしょうか。決してそうではなく、審査落ちしてしまう共通の原因が解決されていなければ、審査に通るはずがないのです。

銀行のカードローンが簡単になったとはいっても、審査は審査として行われる以上、だれでも大丈夫なほど簡単ではないということになります。では、審査に落ちてしまう代表的な原因をおさらいしておきましょう。

そんなはずは…でもやっぱり申込金額が大きすぎたという原因

銀行によっては、収入証明書なしで200万円まで申し込みすることができるようになっています。これをそのまま鵜呑みにして申し込みするとまず審査に通りません。

確かに銀行カードローンは総量規制の対象外ですが、審査を担当しているのは消費者金融業者です。そのため申込金額の上限は年収の3分の1が目安なのです。年収400万円だとカードローンの利用限度額は120万円が上限だということになります。

知らずに総額150万円超えの申し込みになってしまうと、内部的には慎重審査の扱いを受けることになります。こうなると年収のレベルを推定されたりして審査に落ちてしまうのです。

慎重に?短期間に複数のカードローンに申し込んだけど…

複数のカードローンに申し込みすると落ちることが知られています。中には3社までなら大丈夫という人もいるのですが、この意見は単に程度の問題で、本質を見失っています。

銀行より優しいと評される消費者金融でも複数のカードローンを同時に申し込みすると審査に否決される確率が格段に高くなることが知られています。

カードローンは利用可能性の総額で判断されることが理由です。50万円のカードローンを2社で申し込みすれば、総額100万円の申し込みをしていることになるのです。

特に銀行は他行との競合を嫌う傾向が高いと言われています。念には念を入れてなどと複数のカードローンを申し込みする方もいらっしゃいますがあまり賢明な判断だとは言えないことです。

また他にもカードローンを持っていると落ちることがあるも指摘しておきます。他にカードローンを持っている場合、審査の時に同じように利用可能額の合算で審査をしますから、総額が慎重審査の対象になることがあるのです。

再挑戦!申し込み内容の記入ミスで審査落ちも可能性あり

意外だと思われるかもしれません。しかし実際に申し込み内容の記入ミスで審査に落ちてしまうことが報告されています。しかもこれは後でなかなか原因として判明しません。

申し込みの資格としては問題がなくても、審査落ちの経歴が記録されてしまっています。これは非常に納得がいかない結果かもしれないですね。この場合はしばらく期間をあけて様子を見ることをおすすめします。

1週間から10日程度で申し込み経歴が参照されなくなりますから、それからもう一度申し込みをやり直すことで審査に通る可能性があります。

過去の利用経歴に問題があると銀行カードローンは難しい

カードローンに限らず金融商品の利用経験が長い人の中には、返済支払いに問題があったという人もいます。1度や2度のことではなく何度か繰り返すと、利用事故という扱いになっているはず。

中には破産などの債務整理を利用した方もいらっしゃるかもしれませんね。このような事故を過去に経験していると銀行などのカードローンは長期間にわたって(10年程度)審査に通らなくなります。

中でも自己破産をしていると公告されているので、各業者が独自に管理している場合もあり、なお難しい状況になっている可能性も考えられるのです。身に覚えがなくこのような事態が疑われる方は個人信用情報機関に問い合わせて対処する必要があります。

銀行がだめでも消費者金融利用がオススメできるのは

銀行のカードローンの審査に落ちたからといってあきらめることはありません。カードローンを提供しているのは銀行に限らないのです。多くの消費者金融業者も使いやすいカードローンを提供しています。

カードローンはひとつのキャッシングスタイルに過ぎない

キャッシングを利用する上で、銀行と消費者金融業者とで大きな違いはなくなってきました。銀行のカードローンの審査を消費者金融業者が担当し、消費者金融業者のカードローンでは銀行が資金調達の便宜を図っているからです。

どちらのキャッシングも同じようにコンビニエンスストア等を利用することができます。銀行振込を活用したオンラインキャッシングを利用すれば、事情を知らない周囲からはほとんどわからないはずです。

ひろくカードローンはキャッシングの便宜を向上したものです。そして旧来のキャッシングも独自に便宜を向上させてきましたので、カードローンと旧来のキャッシングとでそれほどの違いはなくなったのです。

それでも、銀行と消費者金融とでカードローンの違いはある

どれほど便宜を向上させていても、それでも銀行と消費者金融とでは同じにできないことがあります。それはそれぞれの業者が規制されている法律の違いに起因します。

銀行を規制している法律は銀行法です。銀行法の目的は次の3つだと定められています。

  • 信用を維持
  • 預金者等の保護を確保
  • 金融の円滑を図る

これに対して、消費者金融業者が規制される貸金業法の目的は次のようになっています。

  • 事業に対し必要な規制を行う
  • 業者の組織する団体を認可する制度の適正な活動を促進
  • 貸金業を営む者の業務の適正な運営の確保
  • 資金需要者等の利益の保護
  • 国民経済の適切な運営に資すること

これをまとめると「適正な活動・運営」「利用者の利益保護」そして「国民経済への貢献」となります。内容は業者の営業を規制し、利用者の利益を保護するということですね。

このように銀行と消費者金融業者とを規制する法律の目的が大きく異なっており、結果的に消費者金融の方がより厳しく業務を規制することになっているのです。その規制から主だった違いは次のように整理されています。

  • 消費者金融では個人収入が必要である
  • 消費者金融では総量規制で利用限度額が決まっている

意外な得策かも!消費者金融のキャッシングローン

キャッシングローンとは消費者金融業者が提供しているサービスの方法で、キャッシングを申し込んで、審査、そしてローンの実施という旧来の利用形態のことです。

一見すると面倒に感じるかもしれませんが、必要な金額をローン申し込みするのですから、実はシンプルな利用の仕方になっているのです。審査も基本的に利用金額に対する審査ですから、カードローンのように大きくなる心配もあまりしなくてよいのが特徴です。

中小の消費者金融業者が主流なので、店頭に出向く必要があることが面倒かもしれません。しかし対面審査によって審査することで面倒さに変えられないメリットを享受することができるのです。

知らないと危険!個人向け金融業者の3種類を押えておこう

このように考えてきますと、個人向けの金融業者であればどこでも同じように利用することができます。問題は利用する側がきちんと目的に合わせて使い分けることができることでしょう。

ただし、単純に安心することは危険です。個人向け金融業者とは銀行と消費者金融だけではないからです。それらを大別すると3種類に分けることができます。

1.銀行
銀行は言わずと知れた免許事業です。内閣総理大臣の免許を受けて預金、資金の貸付け、手形の割引、為替といった業務を行います。
2.消費者金融業者
消費者金融業者は、貸金業法の規定により、各都道府県知事あるいは内閣総理大臣の登録を受けて資金の貸付けを行う業者です。
これら銀行、消費者金融業者、2つの業者は規制する法律に従って業務を行っているので正規の業者だと言えます。問題は残りの1つです。
3.ヤミ金
たしかに広い意味で個人向けの金融業者です。しかし彼らは法律の規制を受けずに事業しています。つまりは違法業者なので、利用者は基本的に法律による保護を受けられません。

個人向け金融業者には合法の業者と違法な業者とがあるので、違法業者とは関わらないように気をつけなければいけません。ここでも金融業者という場合、合法の業者を指していると考えてください。

便利に利用できる有名大手の消費者金融カードローン

有名大手の消費者金融業者が提供しているカードローンについては、既に触れていることもあって重複する部分もありますから、できるかぎり簡単にまとめておきたいと思います。

消費者金融業者を利用する上で気をつけておきたい条件は以下のとおりになっています。

  • 個人の収入があること
  • 個人信用情報の状態が問題
  • 短期間で複数のカードローン申し込み
  • 利用限度額を控えめに

最近のカードローンの一定額以下での申し込みは収入証明書が不要な場合があります。これを有利に活用しない手はありません。この意味でも申込金額を出来る限り低く押さえることが大切なポイントです。

オンライン活用でさらに便利なカードローンのご利用を!

ネット完結申し込みを利用することで、店頭に出向くことなくカードローンを手に入れることができるようになりました。このことをご存じの方も少なくないでしょう。

それはもちろんオンラインキャッシングの可能性のこと。インターネットを活用することで、時間と手間を掛けずにキャッシングを利用できるようになりました。

その手順をまとめると次のようになります。

  • インターネットから申し込む
  • キャッシングを依頼する
  • 自分の銀行口座から引き出す

もちろん、申し込みには審査がありますが、大手の消費者金融の中にはWEBですべての手続を完了できる業者もあり、店頭に出向く手間は省かれ、時間も節約することが可能です。

通常ならキャッシングカードが手元に郵送されるのを待つ必要があったり、店頭までカードの発行に出向かなければならなかったりするのですが、この方法ならそのような手間は一切なくなります。

中堅・中小消費者金融のキャッシングローン活用テクニック

利用の仕方での工夫は消費者金融が進んでおり、様々な便宜が図られていますが、それは有名・大手の消費者金融業者の話。まだまだ使いでのある中堅・中小業者を利用する場は多くあります。

過去の利用経歴などに問題があったり、不安を感じたりして有名大手の消費者金融はどうしても敷居が高くて使いづらいという方もいらっしゃるでしょう。

あるいは必要な金額以上のキャッシング審査を必要とすることに違和感を覚えるなら、必要な金額だけをキャッシングローンする方がすっきりするなら中堅・中小の消費者金融業者の利用がおすすめになります。

そのような事情は比較的多くあります。今でも有名大手の消費者金融に限らず、全国で営業している中堅・中小の消費者金融業者を利用するための方法をまとめておきますので、参考にしてみてください。

中堅・中小の消費者金融を選ぶポイントは確認作業にある

ネットで業者を探すということ。インターネットを活用すれば広範囲の地域から情報を得られます。地域を限定して営業している消費者金融業者が多いことを考えれば、ひろく探してから地域を絞るように選ぶことで効率的にまた、合理的に選ぶことができます。

このとき、気をつけたいのが情報の質です。インターネットから得られる情報には過去の古い内容と悪質なコメントが区別されず存在していることを忘れないでください。

良さそうな業者を見つけたら、まず次の2点を確認するようにします。

  • 貸金業法登録業者であること
  • 指定信用情報機関への加盟状況

貸金業法登録業者であることはキャッシング・ローン利用のための最低条件になりますが、指定信用情報機関への加盟は別の大きな意味を持ちます。

指定信用情報機関へ加盟している業者は、公平な画一的な審査基準を指向していることが期待できます。なので過去の経歴に問題があれば必ず問題になるでしょう。これらの業者は利用希望者の保護に大きな関心を払っている業者だと言えるはずです。

それに対して、信用情報機関に未加盟の業者なら利用希望者の自主性を尊重する立場をとっていると考えることができます。あくまでもキャッシング・ローンの申し込みと利用希望者の申告内容を主体に考えているのです。

以上の条件を確認したら、口コミで業者の雰囲気を確認するようにしましょう。口コミサイトで多くのコメントが挙げられている業者の方が安心だと言えるからです。少なくとも利用者が多いことは社会的に影響力を保っているからです。

中堅・中小消費者金融への申し込みをスムーズにするコツ

よさそうな業者を見つけたからといって、そのまま申し込みをしても大丈夫だと考えることはオススメできません。中堅・中小の業者はそれぞれの独立度が非常に高く、まったく審査基準が異なっていることが多いからです。

まずは、事前に電話をして条件を確認することが大切です。中には経歴ブラックでもキャッシングに応じてくれる業者もありますが、当然限度額について様々だからです。

申し込みをしてから審査に落ちると、申し込み経歴だけが残りその後の対応が難しくなる可能性もあります。なので審査に落ちる要因だと考えられることを電話で確認することがお得な準備になるのです。

また、事前に電話をすると業者の雰囲気がよくわかります。対応が丁寧であることは当たり前だと期待しますが、そうではない業者を事前に判断して避けるためにも役に立つ方法ですね。

そして店頭で個別に申し込みすることになります。ここまでくれば、ほとんどキャッシングは上手くいったと考えても良いでしょう。

中堅・中小の消費者金融の審査に可決してもらうポイント

中堅・中小の消費者金融を利用する場合、担当者と対面して審査を受けることになります。いわゆる対面審査と呼ばれたりすることがある審査形式をとることが普通のようです。

申し込みに際してオンラインの審査結果を主体に判断するのではなく、申込者自身に着目して担当者が判断する対話・面接しながら審査を進めます。一見すると面倒な気がしますが…。

対面審査では申込み内容や記述から相談ベースで進めることができます。ですから単純にキャッシングだけではなく、返済方法までを含めて相談に乗ってもらえることも多いようです。

結果的に中堅・中小の消費者金融業者を利用することのメリットはこの対面審査にあると主張する利用者も少なくありません。キャッシング利用の計画性を高める手伝いをしてくれるのですから、メリットがあるという主張ももっともでしょう。

銀行カードローンの審査に通らなかったことが、大きな問題ではないということはお分かり頂けたことと思います。今回説明した方法で是非、明日を切り開いて頂きたいと願っています。

【参考ページはこちら】
審査に落ちる日雇いでもキャッシング可能になる?

新着記事
TOPICS