> > > 新社会人必見!借金に苦しまないで便利にカードローンを使う方法

新社会人必見!借金に苦しまないで便利にカードローンを使う方法

大変な就職活動を乗り越え、晴れて新社会人になったあなた。前途洋々たる未来を描いて、仕事に精を出す日々!・・・でありたいものですが、理想と現実はまったくかけ離れているものですよね。

新社会人になって、学生時代に比べてお金も生活も安定してくるかと思いきや、いきなり、「お金がない!」「生活が大変!」と、悩む新社会人の方は大変多いです。

そんな時に頼りになるのがカードローン。

でも、カードローンの使い方を間違えてしまうと、せっかく稼いだお金も殆どが返済にまわってしまいます。

カードローンは、上手に使えばあなたの味方になってくれるとっても便利なものなんです。

仕事もプライベートも快適な生活をおくるために、カードローンを賢く利用する方法をご紹介します。

あなたは大丈夫?新社会人の方にありがちなカードローンの勘違い

カードローンに、あなたはどのようなイメージをお持ちですか?

もしかしたら、そのイメージは的外れかもしれません。

カードローンや消費者金融会社に以外と多い勘違いをご紹介します。
(⇒おすすめのカードローン会社情報

新社会人になったらすぐにカードローン審査に通る!?

カードローンを利用するには、審査が必要なことはご存知だと思います。その審査の内容は、一言で言うと「返済する能力があるかどうか」です。

ということは、安定した収入・職業が何よりも大事になります。

たとえば、学生時代のアルバイトではカードローンは利用できないけれど、会社員になったらカードローン審査にほぼ100パーセント通るだろう、と思っていませんか?

会社員だからといって、必ずカードローンの審査に通るとは限りません。

たとえば、他の会社に借り入れがたくさんあるために、また新しく借りても返済するのが難しいと判断された場合、いくら安定した収入があっても審査には落ちてしまうでしょう。

それならば、今までカードローンを利用したことがない人で社会人であれば、カードローン審査に通るのでは?と思うかもしれませんね。

しかし、それもまた100パーセントとはいえません。カードローンを利用したことのない人は、これまでの信頼がないため、むしろ審査には通りづらいとも言えるのです。

それに加えて、新社会人の場合社会人になったばかりでお給料も安定せず、また、今後ひとつの会社で長期間働けるかどうかもわかりませんので、信頼は低い方と言えます。

カードローン会社の審査に通りやすいモデルは、勤続年数が長く、クレジットカードの延滞なく便利に利用しているような中堅の会社員。

ですので、新社会人になったからといって、すぐにカードローンの審査に申し込むのはあまりオススメできません。少なくとも半年くらいは働いてからの方が良いでしょう。

あなたは正確に知ってる?カードローン会社と闇金融の違い

カードローンをこれまでに利用したことのない方で多いのは、「カードローンを利用すると借金まみれになるから危険だ」という勘違いです。

そういう方は、カードローン会社と悪徳業者である闇金融を一緒くたにしてしまっているのです。

ヤミ金融といえば、恐ろしい言葉で取り立てをしたり、途方も無い高額の金利を取ったり・・・。

一度でも手を出してしまうと、生活のすべてが台なしになってしまうといわれる恐ろしいものです。

ヤミ金融は、その名の通り影に隠れて商売している存在なので、法律を無視して商売しています。ですので、高金利や違法な取り立てなど、悪いことができてしまうのです。

しかし、カードローンとヤミ金融はまったく別物です。大手消費者金融会社のカードローンは、法律をしっかり守っていますし、サービスも充実しています。

金融業を営んでいる会社はみんな「登録番号」を持っている

金融業を営むには、都道府県や国に届け出する必要があります。届け出すれば、法律を守らねば摘発されて営業停止になってしまいますよね。

ですので、届け出をして正々堂々営業している会社は、違法な取り立てや高金利などはありえないのです。

ちなみに、テレビコマーシャルなどで見かける大手消費者金融会社ではなく、中小の消費者金融会社はあまり耳馴染みがないため、ヤミ金融と疑ってしまうこともあるかと思います。

「ちょっと怪しいな?」と思うカードローン会社があれば、届け出してもらえる登録番号を調べてみましょう。

カードローン会社のホームページのトップなどを見てみてください。登録番号が、「関東財務局長(1)第×××××号」などのように掲載されているはずです。

また、金融庁のホームページ上でこの番号を検索して、本当に登録されているか調べることができるので、申し込みする前にぜひチェックしてみてください。

カードローンを利用しただけでブラックリストに載る!?

「カードローン利用してみたいけど、ローンなんかに手を出したら、ブラックリストに載っちゃうんでしょ?」

あなたはそう思っていませんか?

ブラックリストに載るというと、色々な恐ろしい運命が待ち受けているように思えますよね。

就職や結婚にまでケチがついて回るとか、一生住宅ローンや自動車ローンが組めないというウワサまであるくらいです。

しかし、それらは全くの都市伝説。実際は、ブラックリストなんて存在しないのです。

通称「ブラックリスト」と呼ばれているものは、本当は、あなたの信用情報機関の内容のことです。

お金を借りると、信用情報機関にあなたの借り入れや返済が記載されます。信用情報機関は3つの種類があり、あなたがお金をどこから借りるかによって、それらのどれに記載されるかが決まります。

「お金を借りたよ」と信用情報機関に登録されるだけでは、いわゆるブラックリスト扱いにはなりません。

ただ、もしあなたが返済の約束を守らなかったり、消費者金融会社からの再三の連絡に対応しなかったりすれば、危険人物として登録されてしまうのです。

あなたの信用情報機関は、どの金融会社も見ることができます。

新しく借り入れしようと思ったときに、申し込んだカードローン会社があなたの信用情報機関をチェックして、延滞が多かったり、自己破産したりした経験があれば、

「もしかしてウチの会社も同じことをするのではないか」と疑われて、審査に落とされる可能性があるのです。

そういう危険があるので、ブラックリストに載るという言い方が生まれたのですね。

でも、実際は、延滞したという情報も、およそ5年で消えると言われていますし、一生ローンが組めなくなるというのは大きな間違いなのです。

カードローンを利用したというだけではブラック扱いにはならず、むしろ、カードローンを上手に利用していれば、信頼が生まれて新しく借り入れしやすくなったりもするのです。

借金地獄!?カードローンが恐ろしいモノになる危険な使い方

今までで、カードローンはそれほど恐ろしいものではないとわかって頂けたかと思います。

しかし、どんなに便利なカードローンでも、使い方を誤ってしまうと、あなたの大事なお金と時間を失うコワ~イきっかけになるものです。

借り入れ目的が返済のあてのないギャンブル

一番やってはならないことのひとつが、コレ。

ギャンブルのために、カードローンで借金を抱えている人は、本当に多いのです。しかし、あなたの想像する通り、これは大変危険な行為です。

カードローンの金利は高いです。自動車ローンや住宅ローンの金利は2~3パーセントほどなのに対して、カードローンの金利はおおよそ18パーセントほどです。ずいぶん高いですよね!

とはいえ、ちょっとお金を借りるだけならば、住宅ローンや自動車ローンよりも高い金利を払ったとしても、十分便利に利用することができます。

カードローンは、契約・借り入れ・返済の一連の流れが、実にスピーディーに気軽に利用できます。

住宅ローンのようには審査に長い時間は取られませんし、思い立った時にコンビニで24時間借り入れオッケーという気軽さが売りです。

そのぶん、金利が高めに設定されているのですね。

100パーセント返済できる保証もないのに、大金を借り入れする。これでは、たったの数時間で借金地獄に陥ってしまうことにも!

お金を返すために借りる

あなたがクレジットカードやローンなどで借り入れしたお金を、お給料日が来ても返済できなかった場合、どうやって乗り切りますか?

もしあなたが、「カードローンで借りて返済すればいいや」と思うのであれば、カードローンを契約してはいけません!

返済のために借り入れすることは、借金が雪だるま状に増える原因です。

借り入れしたら、必ずあなたのお金で返済しなければなりません。そうしないと、本当には返済したことにはならないからです。

カードローンで借りたお金は、あなたのお金ではありません。いずれは必ず返済しなければならない借りたお金です。

ローンやクレジットカードのキャッシングは、必ず、あなたの稼いだお給料から返済するようにしましょう。そうしないと、あなたが自己破産する日がじわじわと近づいてきます・・・。

比較しないで契約する

インターネットで「カードローン」と検索してみると、出てくる数に驚いてしまいませんか?

カードローンには実に多くの種類があります。

その中には残念ながら、消費者金融会社の顔をした悪徳業者もあります。また、もし優良会社であったとしても、あなたに最適のプランを提供してくれるかはわかりません。

あなたに合わないカードローン会社を選んでしまって、借り入れを多くしてしまったら、あなたのお金の心配が解決するどころか返済するのに大変な苦労を要する場合もあるのです。

今は、インターネット上でも、口コミやサービスなどカードローン会社の比較がかんたんにできる時代です。お仕事で忙しくても、金利やサービスなどを比較するのはそこまで手間がかかりません。

比較することで、あなたの大事なお金を守ることができます。焦ってお金を必要とする時こそ、よく比較してカードローン会社を選ぶと安心です。

カードローンを味方にする!お得な借り方と安心な返済方法

カードローンに関する恐ろしい面ばかり見てきました。しかし、何度も繰り返してお伝えしていますが、本来は、カードローンは便利なものです。

カードローンを味方にするには、どのような使い方が適しているのでしょうか?そして、カードローンにはどんなメリットがあるのでしょうか?

低金利の銀行カードローン

カードローンには、大きく分けて2種類あります。

銀行のカードローンと、消費者金融会社のカードローンです。まずは、これらがどう違うのか、理解しましょう。

都市銀行を始めとした銀行では、カードローンの商品を出しているところがほとんどです。

たとえば、みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行などのカードローンのテレビコマーシャルを見たことがある方は多いのではないでしょうか。

都市銀行のみならず、ネット銀行や地方銀行でもカードローンは多く取り扱っています。

銀行のカードローンのメリットは、金利が低めということです。

金利とは、カードローン会社に支払うお礼のお金のようなものですから、同じ金額を借りるにしたら、低ければ低い方がお得に借りられるというわけです。

銀行のカードローンは、大手消費者金融会社に比べると、おおよそ4パーセント以上は金利が低いです。

たとえば、10万円を1年間借りるとします。金利18パーセントだと、金利は18,000円です。これが、金利14パーセントだと、14,000円になるわけです。

一年間で4,000円得するのですね。これがもっと低い金利だったり、大きな金額だったりすれば、もっとお得になる場合があります。

しかし、銀行のカードローンは、金利の低さに加えて安心感も手伝い人気が高いです。したがって審査は厳しめです。

以下は都市銀行カードローンの金利です。平均して14パーセントほどが最大金利です。

銀行名 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6~14.6% 500万円
三井住友銀行 三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 800万円
りそな銀行 プレミアムローン/クイックカードローン 3.5~12.475% 800万円/100万円
みずほ銀行 みずほ銀行カードローン 4.0~14.0% 1000万円

サービス充実の消費者金融カードローン

一方、消費者金融会社の場合はどうでしょうか。

消費者金融会社といえば、「アコム」「モビット」など、これまたテレビコマーシャルや電車の中吊り広告などで目にしない日はないような有名な会社揃いですよね。

消費者金融会社は、銀行に比べると金利が高めです。初めて借りる場合は、よっぽどの安定した職業ではない限り、18パーセントの金利からスタートするはずです。

しかし、消費者金融会社には、銀行にはないサービスがあります。

たとえば、無利息期間サービスです。新規のお客さん限定で、30日間無利息でお金を借りることができるという、大変お得なサービスです。

化粧品のサンプルやカルチャースクールの無料体験レッスンのようなイメージでしょうか。お試しでお金を借りて、便利だったらこのまま使ってくださいね、というようなサービスです。

もし、あなたが数万円を1週間借りたいということであれば、この無利息期間サービスの範囲でピンチを救ってもらえるチャンスです。

期間限定で、新規限定という条件はあるものの、無料でお金を借りられるなんて本当にお得!ただ、すべての大手消費者金融会社が無利息期間サービスがあるわけではないので注意しましょう。

また、消費者金融会社は、即日融資や、コンビニでの借り入れなど、スピーディーさに定評があります。

一刻も早く借り入れしたいあなたは、消費者金融会社にまず申し込みしてみるのが良いかもしれません。

人気の消費者金融会社の金利です。

カードローン名 金利 最大限度額 無利息期間サービス
アコム 4.7~18.0% 500万円
プロミス 4.7~18.0% 500万円
モビット 3.0%~18.0% 800万円 ×
アイフル 4.5~18.0% 500万円 ×

絶対に返済できる金額しか借りない

カンタンなようでいて、意外と強い意思が必要なことが、「返済できる分を借り入れする」ということです。

カードローンは大変便利です。インターネットでもコンビニでも町中にあるATMでも、カードさえあれば、思い立った時に借り入れができてしまいます。

気軽に借りられるということは、必要でない分も借りてしまう危険性があるということです。

「後1週間したら○○万円入るから、生活費を抜いて、○○万円までは返済に回せるな」などと予定を立てましょう。

また、目安として、お給料の3分の1までは借り入れしても安心と言われています。しかし、これはあくまで目安です。

趣味などに多くのお金がかかる人は、3分の1も余裕がない場合もありますし、逆にもっと借りても大丈夫な方もあるでしょう。

あなたの生活はあなたしかわかりません。お金は、自分で管理するしかないのです。

新社会人でも申し込みできるカードローン会社を比較してみよう

お金の管理をしっかりすることが、カードローンを便利に利用する基本です。

しかし、新社会人では色々と忙しく、自分で自分のお給料を管理するのにも不慣れで苦労しますよね。

一人暮らしを始めたり、仕事にも慣れなかったりして、身体も精神的にも疲れてしまうと思います。

そんな中でも、飲み会や友人との付き合い・スーツやバッグの新調など、お財布は寂しくなる一方!

そんな時こそ、カードローンの登場です。新社会人でもかんたんに申し込みできて、忙しい時でも管理しやすい優良カードローンをご紹介します。

オススメ銀行カードローン

新社会人は、残念ながら審査に通りやすいとは言えません。そんな中でも、やっぱり安心感のあるカードローンを利用したいという方は多いです。

安心な銀行のカードローンの中でも、審査がそれほど厳しくないと評判のカードローンをご紹介します。

銀行名 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 バンクイック 4.6~14.6% 500万円
新生銀行 レイク 4.5~18.0% 500万円
楽天銀行 スーパーローン 4.9~14.5% 500万円
オリックス銀行 オリックス銀行カードローン 3.0~17.8% 800万円

金利があまりに低かったり限度額が高額だったりするカードローンは、人気が高いため審査も厳しめです。

すぐにカードローンを利用したい場合は、そこまで低金利なカードローンよりも、15~18パーセントほどの金利の幅の会社を選ぶとよいでしょう。

ちなみに、上記の中で、銀行カードローンなのに無利息期間サービスがある珍しいカードローンがあります。

それは新生銀行カードローン「レイク」です。レイクは、もとが消費者金融カードローンなので、消費者金融会社と銀行の間の子のようなカードローンです。

無利息期間がある分金利は消費者金融会社並みですが、銀行カードローンの安心感があるために、人気が高いです。

また、今一覧にした会社は都市銀行とネット銀行のみです。この他、地方銀行のカードローンもいくつもあります。

地方銀行のカードローンは、低金利でサービスもなかなかのところが多いですが、審査は割と厳しめだと評判です。新社会人向けではないと思われます。

ただ、あなたのお住まいの地域に、また、あなたがいつも使っている銀行で評判の良いカードローンがあれば、申し込みしてみるのもよいでしょう。

審査は厳しめですが、地域密着型のカードローンであればライバルは少ないので、通るチャンスがあるかもしれませんよ。

消費者金融会社は大手が安心!オススメ会社一覧

銀行よりも比較的審査が甘いと言われているのが消費者金融会社です。消費者金融会社は申し込みしやすくサービスも充実しているので、人気が高いです。

提携銀行 カードローン名 金利 最大限度額
三菱東京UFJ銀行 アコム 4.7~18.0% 500万円
三井住友銀行 プロミス 4.7~18.0% 500万円
三井住友銀行 モビット 3.0%~18.0% 800万円
アイフル 4.5~18.0% 500万円

「提携銀行」に銀行名が書いてある会社は、いわゆる「銀行系カードローン」と呼ばれている会社です。

都市銀行のグループ会社である消費者金融会社のカードローンを、「銀行系カードローン」といいます。

銀行系といっても、提携している銀行からお金を借りるわけではなく、その消費者金融会社から借りることになります。

ですので、「銀行」と名前がついていても消費者金融会社なので気をつけましょう。

ただ、銀行系カードローンだと、提携している銀行のATMで無料でお金を借りることができるメリットがあります。

ATMでの返済・借り入れの手数料は、意外と高くつくものです。でも、時間を大事にするのであればATMの利用は必須ですよね。

ATMの手数料が無料だと、安心して返済も借り入れもすることができます。

お金も時間も大切にするあなたの初めてのカードローンは、銀行系を選ぶのがオススメです。

【参考ページはこちら】
銀行系カードローンの審査に落ちた!

新着記事
TOPICS