> > > キャッシング攻略ガイド!失業保険中でも契約はできるのか?

キャッシング攻略ガイド!失業保険中でも契約はできるのか?

失業中で一番不安に感じるのはやっぱりお金の事ですよね。失業保険もいつまでももらえる訳ではありません。

いざという時にキャッシングカードぐらい1枚持っておきたい所ですが、失業保険だけの収入で契約なんてできるのでしょうか?

残念ながら無職でキャッシング契約をするのは極めて難しいと言わざるを得ません。しかし、失業保険をもらいながらキャッシング契約をする事は可能なんですよ。

言っている事が矛盾している?なんて言わずに最後まで聞いてください。

失業という苦境を上手く凌げる知恵とキャッシング攻略法を伝授しますよ。

キャッシングは無職の状態で契約するのは難しい

前振りでお話をしましたが、再度事実をはっきりしておいた方が良いでしょう。

無職の状態でキャッシングの契約をする事は非常に難しいという事です。

不可能とは言いませんが、そこには悪徳業者が手を伸ばしている領域でも有るので、手を出さない方が賢明でしょう。

無職でも契約できるのは悪徳業者

大体が苦境において良い話を持ってくるのは悪徳業者と相場が決まっていますし、また実際それが彼らの常套手段でもあるのです。

これは多くの体験談・検証サイトなどで実証されている事実ですが、大手キャッシング会社では無職の状態で契約はできません。

もちろん正規のキャッシング会社には小規模の所もたくさんあるので全ての所が駄目だという実証はされていません。

ただ、そうなるとやはり見分けにくい悪徳業者が紛れている可能性は充分に有るという事です。(こちらもご参考に→ブラックでも安心して利用できる業者は?

キャッシング審査のポイントとなるのは定収

なぜキャッシングで無職だと審査が通らないのか?その説明をしておきましょう。

それはキャッシングの審査において一番重要視されるのが収入の長期安定性という事だからです。

キャッシング会社の立場に立てば、それは良くわかるはずです。

キャッシング会社は毎月支払われる利息によって成り立っています。

会社を継続的に成り立つようにするには、より長期に渡り安定的な利息を支払ってくれる人が一番良い顧客というわけですね。

そういう意味で定職に就いているという事が審査において一番の信用性になるのですね。

失業中こそ知恵と知識で乗り切ろう

という事でやはり定職に就く事が一番なのですが、やはり長期で働く為には仕事の条件は慎重に選びたいですよね。

働かなければ定収入は得られないが、安易に仕事を選びたくないという葛藤、みなさんやはりそこで悩んでいるようですね。

そこで、ここでは

失業中に仕事を選びながら、且つ、ある程度の収入は得て、保険としてキャッシングカードの契約もできる方法をお教えします。

そんな都合の良い事があるのか?とお思いの方もいるかもしれませんが、そんなに特別な事でもないのです。

社会にはきちんと経済的な弱者を救済するシステムが存在します。

それを知っている人と知らない人の間で差が生まれてしまっているだけなのです。

失業中の上手なやりくり方法教えます!

まず失業中で一番初めに頼るべきものは行政が扱っている保険ですね。

私達は就業中には保険も支払っていますし、税金も支払っています。

そのお金の中には、失業者を支援し、救うための保険代金も含まれているのです。

ですから失業中に保険金を貰う事は当然の権利でも有る訳です。

失業保険を貰おう

みなさん就業中はあまり気にしないかもしれませんが、基本私たちは雇用保険というものを就業中に支払っています。

それは、もし失業した場合の保険として支払っているので、失業すれば保険金として支払いを請求できるのです。

失業保険を貰う資格としては、

  • 過去2年間で雇用保険を支払った期間が12ヶ月以上ある
  • 退職理由が会社都合で過去1年間に雇用保険を支払った期間が6ヶ月以上ある

という項目に当てはまれば貰えます。

通常雇用保険は毎月支払っているので、仕事を1年以上続けていれば貰える資格が有ります。

また半年間しか勤めていなくても、会社から解雇されたのであれば貰える資格が有ります。

保険金は働いていた時の6割ぐらいですが、働いていなくてもその金額は貰えるんですね。

失業保険を貰いながら働く事も出来る

次に失業保険を貰いながら働いて収入を得る事も出来るという事も覚えておきましょう。

もちろん本格的に働く必要は有りませんし、あまり働きすぎると失業保険の受給資格も失ってしまいます。

しかし以下の条件であれば働いて収入を得ても構わないのです。

  • 1週間の勤務時間が20時間以内
  • 雇用保険に加入しない(31日未満の仕事)

こういう条件となるとアルバイトになりますが、アルバイトでも仕事は仕事です。

求職もしながらですから、これくらいの時間の方が却って都合が良いものです。

余裕をもってしっかり求職活動に取り組もう

どうです?失業中でも、保険金を貰え、アルバイトで収入も得る事ができれば心に余裕が生まれて来るでしょう。

失業中には、この経済的な「ゆとり」が大事なんですよね。

やっぱり切羽詰ってしまうと条件の悪い仕事を選んでしまって結局長続きしないという「悪循環」になってしまいがちです。

まずゆとりのできる環境を作ってから求職活動をしても決して遅くは有りませんし、始めのこのちょっとした手間暇が苦境から脱出できる一番の近道になるはずです。

定職を持ってキャッシング審査を通そう

さあ、次はキャッシングカードの契約の通し方についてのお話をしていきましょう。

やはり社会生活において、現金を確保するという事は生命にかかわる一大事です。

転ばぬ先の杖、保険としてキャッシングカードを1枚くらい持っておいた方が良いですよね。

仕事がいざ決まっても転職は何かと入用が多いですので、転職後の生活を軌道に乗せる為にも必要アイテムですよね。

キャッシング審査のポイント

キャッシングの審査を通すためにはいくつかのポイントを押さえておかなければいけません。

ではいくつかのポイントをお話ししましょう。

  • 職歴は少しでも長い方が良い
  • 無職は絶対NG
  • 借入上限金額の設定は安全圏を狙おう!

始めの項でも説明しましたが、まず無職で通るキャッシングカードは有りません。

できれば失業する前にキャッシング契約は済ましておく事がベストです。

その時お金を借りなくても契約だけしておけばいつでも借りれますからね。

しかしもし現在無職という事であれば、アルバイトでもなんでも取りあえず仕事に就きましょう。

前項で話しをしましたが、失業保険をもらいながらアルバイトをする事もできるのです。

ここではまず仕事に就いている状態にいる、という事が重要なのです。

借入上限金額は年収で決まる

キャッシングを申し込む時は上限金額の設定も同時に行いますが、この金額も審査が通るか通らないかの一つのポイントです。

上限金額は総合判断で決まりますので、目安というものが解りにくいという事が言えます。

基本的には年収がベースとなりますが、アルバイトなど不安定な職業ではそこまではっきりした目安となりません。

アルバイトなどの身分で有る場合は最低限の金額で通すという事が重要です。

10万円ぐらいの金額であれば年収・身分に関わらず通りやすいという事が言えそうです。

キャッシング審査で知っておくべきいくつかの基礎知識

さあ、では実際にキャッシングの審査を通し、契約をしてみる事にしましょう。

ここでは、キャッシングの申込みをする時に気を付けるべきポイントをお話ししていきます。

そのポイントとは二つ、

  • キャッシングの申込みは一度に数社しておきべき
  • 借入上限金額は契約後でも引き上げが可能である

という事です。では一つ目の内容から説明していきましょう。

申込みは滑り止めを含め、数社しておくべき

前項で審査のポイントをお話ししましたが、アルバイトに就いていても条件としては悪い条件には変わりません。

また審査に絶対という事は無いので、保険としていくつものキャッシング会社に申し込んでおくべきなのです。

実際契約の段階まで行けば、通った中から選択して選べば良いので、まずは審査を通す事が重要なのです。

申込みを複数社する時は一度にしなければいけない

その時の注意点ですが、一つづつ申込みをして、1社落ちたら次、という形でしてはいけません。

一つ通ればいいのだから、順番にしていけば手間も省けるじゃないか?とお思いになるかもしれませんが、それでは駄目なのです。

なぜかというと、キャッシング会社は他社で申し込みをしている人を嫌うという事実があるからです。

そして1社申込みをした時に、その情報は数日間でキャッシング会社が共有している情報機関へ保管されます。

つまり、一度に申込みをしておけば、情報機関に申込みをしたという情報が伝わる前に審査を受けられるという事なんですね。

上限金額は契約後でも上げる事ができる

二つ目は借入上限金額は契約後でも引き上げが可能だという事です。

前項でも説明しましたが、契約をする為には、まず審査を通す事が必要です。

自分の条件が悪い時には、最低必要金額でまず審査を通し契約までする事が重要と言えるでしょう。

契約後に引き上げをした場合は、会社によって異なりますが、専用コールやホームページ上から増額の申込みが出来る所が多いようです。

決して契約時に決まった金額しか借りれないという訳では無いので、まずは契約をする事を最優先に考えましょう。

失業中は経済的な不安を無くして乗り切ろう

どうでしょう?失業中の経済面の不安の解消方法が少しわかってきましたでしょうか?

やはり失業中は将来の事など不安になる事が多いと思います。

繰り返しになりますが、焦って事を仕損じる、という事が誰にでも言える事ですので、まずは余裕を持つ事も重要な事です

経済的なゆとりが少しで出ればそれだけ集中して求職活動に専念できるというものです。

焦らず、将来の設計を立てながら求職活動に専念してください。

【参考ページはこちら】
無職と求職中の違いとは?

新着記事
TOPICS