> > > 大丈夫!他社で借りまくってる人でも借りれるレイクのご紹介!

大丈夫!他社で借りまくってる人でも借りれるレイクのご紹介!

もう何社からもキャッシングしていて、キャッシング枠がいっぱい。でも、どうしてもお金が必要なのに新規融資は大手からを断られてしまった。

どうしよう…。

そんな風に困っている人! 名前も聞いた事がない怪しげな消費者金融に行ってしまう前にぜひ見ていただきたいです。

借りまくっていてる人でも借りれる、そしてローンを一本化できるお得なレイクの「おまとめローン」をご紹介します。

借りまくっている人が借りれるのは「おまとめローン」だけ!

結論から言いましょう。

借りまくっている人が新たに融資を受けられるのは、銀行系の「おまとめローン」だけなのです。

どうして、銀行系の「おまとめローン」なら融資を受けられるのでしょうか? どうして大手消費者金融ではだめなのでしょうか?

その理由をご説明します。

こんな人はもう大手消費者金融では借りられない!

以下のような人は、もう大手消費者金融から融資を受けられません。

  • 複数の消費者金融から融資を受けている多重債務者
  • 何度が返済か滞っている延滞常習者
  • 既に複数のキャッシング枠がいっぱいの人

あなたはどれに該当しているのでしょう?

多重債務者がNGの理由とは

法律では5社以上から融資を受けている人を多重債務者と言います。

え? 私は4社からしか融資を受けていないから多重債務者じゃあないのに! と思うのは早いです。
(⇒複数社で借りている人必見のおすすめ記事

消費者金融業界では4社以上から融資を受けていると多重債務者とみなされます。審査の厳しい所では3社でNGです。

多重債務者は、A社の返済をB社で借りて返済する、B社の分はC社から借りて返済する。と言う自転車操業のような資金繰りをしている人が多いのです。

そのような人は、何かあると返済が滞る可能性が高いブラック予備軍と見なされてしまうのです。

大手消費者金融でブラック予備軍に喜んで融資をしてくれる所はありません。

延滞常習者がNGの理由とは

延滞常習者は、ブラック予備軍どころかブラックとされてしまいます。

遅れてはいてもちゃんと払っているのに! そう思っていてはだめなのです。

あなたが友人にお金を貸したとして、約束の日に払ってくれない友人を信用できますか? またお金を貸せますか?

遅れていると言う事は、契約をキチンと守らない人。もしくは、何かあると返済が出来なくなってしまう人と見なされてしまうのです。

そんな人の信用度はゼロです。いつ借金を踏み倒されるか分からないと思われてしまい、真っ当な消費者金融では新規融資をしてくれません。

既にキャッシング枠がいっぱいだとNGの理由とは

複数の会社からキャッシングはしているけれど、キチンと返済はしているのに! そんな人はキャッシング枠がいっぱいになっているのではありませんか?(こちらもご参考に→多重債務者の返済方法を教えて!

貸金業社に関する法律で、融資額の総量規制と言う物があります。

何社からキャッシングしようと、トータルでその人の年収の3分の1までしか融資してはいけないと言う決まりです。

例えば、年収が180万円だとすると融資を受けられる金額は何社合わせても60万円までなのです。

この法律を破ると貸金業者には一年以下の懲役刑、300万円以下の罰金などのペナルティが科されてしまいます。

真っ当な貸金業者では、そんなペナルティを受けてまで融資をしようという所はありません。

多重債務者の救世主!おまとめローン!

今、お金が必要なのに融資してもらえない! そんな多重債務を抱えた人やキャッシング枠がいっぱいの人を救ってくれるのが銀行の「おまとめローン」です。

どうして? 総量規制があるんじゃないの?

いいえ! 総量規制は貸金業に関する法律です。銀行には銀行業の法律が適用されるため、総量規制は関係ないのです!

今、お金が必要だけど、返して行く意志はあります! 借金を踏み倒す気はありません!

そう思っているのなら、ぜひ銀行の「おまとめローン」を利用して、融資を利用しながら債務を一本化してキレイな体になりませんか?

おまとめローンのメリットとデメリットとは?

複数の債務を一本化すると金額が高額になりますが、高額になると利率が下がります。

また、一本化して新規契約を結ぶため、月々の支払いを今までより少なく設定する事も可能です。

スゴイ! 良い事ばかりじゃない! と思うのは少し早いです。「おまとめローン」のメリットは大きいですが、やはりデメリットもあるのです。

では、銀行の「おまとめローン」メリットとデメリットとはどう言う物なのかをご説明します。

メリット

  • 融資額が大きいので複数の債務を一本化出来る
  • 融資額が大きいほど利率が低くなる
  • 一本化する事によって払い忘れをし難くなる
  • 月々の支払額を無理のない額に設定出来る

どうでしょう? すばらしいメリットではないでしょうか。

大きなメリットですが、債務がなくなる訳ではありません。くれぐれもそこだけはご注意ください。

デメリット

  • 月々の支払額を低くすると支払期間が延びる
  • 支払期間が延びるとトータルでの返済金額が増える
  • 銀行は消費者金融より審査が厳しい
  • おまとめした後は返済終了まで他の業者から融資を受けられない事が多い

おまとめ後は、返済終了まで他の業者から融資を受けられないと思ってください。おまとめローンは他に融資をしてもらえない場合の最終手段です。

そして、支払っていく意志はあるのに審査が通り難い。コレもかなり厳しい現実です。

デメリットがあっても「おまとめローン」にしたい理由

デメリットがあっても何とか「おまとめローン」にして、債務を失くして行った方が良い理由があります。

それは、将来、債務を支払えなくなっての債務整理や自己破産を避けるためです。

債務整理や自己破産をしてしまうと、完全にブラックです。その後は、どこからも融資は受けられませんし、クレジットカードも作れません。

今のクレジットカードが有るじゃない? などと思ってはダメです。自己破産した時点でクレジットカードはカード会社から解約されてしまいます。

もちろん住宅ローンもマイカーローンも組めません。ブラックリストから消えるまでの5年~10年の間、全てが現金での生活です。
(⇒何年経てばブラック情報は消えるの?

だからこそ、トータルでの支払いが増えようと、何とか「おまとめローン」の審査をパスして支払ってしまう事をお勧めしたいのです。

銀行系大手で安心!レイクのおまとめローンのご紹介!

レイク、レイクと言いますが、レイクは消費者金融ではないのです! レイクは新生銀行のカードローンレイクなのです!

レイクは何年か前までは消費者金融でしたが、新生銀行に譲渡されて2011年の下半期からは「新生銀行」のカードローンになりました。

銀行のカードローンとなったレイクは総量規制の対象ではないのです。

元消費者金融だったレイクは審査が柔軟!

レイクは他の銀行カードローンよりも審査が柔軟だと言われています。すなわち、他社での借り入れがあっても審査に通りやすいのです。

もちろん必ず審査に通ると言う訳ではありません。

延滞常習者ではブラックですからNGです。それは、逆に言うとブラック予備軍の多重債務者でも延滞がなければ審査に通る可能性が高いと言う事です。

ブラックになる前に、レイクの「おまとめローン」で予備軍を卒業してしまいましょう。

おまとめローン! レイクの借り換え制度

多重債務者の場合、一月に何度も返済日があるなど、手間も気苦労も多くなります。

それを解消して複数の金融機関からの返済をひとつにまとめて返済していくのが、レイクの「おまとめローン」です。

具体的には、「おまとめローン」とは、レイクで融資を受けて他社の債務を返済して、レイクに返済して行く借り換えシステムです。

そして、初めてのレイクの融資なら、5万円まで180日間無利息と全額30日間無利息の無利息サービスが受けられます。

レイクのおまとめローンの概要

では、気になるレイクのおまとめローンの概要をご紹介します。

項目 説明
契約限度額 1万円以上500万円以内
契約期間 5年間として、以後原則は1年毎の自動更新
最低借入金額 1000円
借入利率(実質年利) 4.5%~18.0
利息計算法 原則、残高スライドリボルビング方式(元利定額リボルビング方式も選択可能

借入利率が4.5%~18.0になっていますが、その内訳は以下となっています。

基準残高 借入利率
1円~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 12.0%~15.0%
2,000,001円~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,001円~4,000,000円 7.0%
4,000,001円~5,000,000円 4.5%

いかがでしょう? 借入金額が大きいほど借入利率が低くなっています。これだけでも借り換える価値は十分にあります。

レイクおまとめローンの返済の仕組みをご説明します

「おまとめローン」と言ってもローンはローンです。返済が必要です。

借りまくっている人は多重債務者でブラックへの崖っぷちギリギリにいます。ここは気を引き締めて無理のない返済計画を立てなくてはなりません。

無理なく返済に当てられる金額は月の手取りの25%までです。頑張っても40%が限界でしょう。

出来れば返済は手取りの20%に抑えて、ゆとりのある月には積極的に追加返済して元金を減らす方法をお勧めしたいです。

残高スライドリボルビング方式で計画的に返済

レイクの返済は基本は残高スライドリボルビング方式です。これは、借入残高によって約定返済額が変わってゆく方式です。

約定返済額と言うのは月々に必ず返済しなければならない金額の事です。

借入残高が少なくなると約定返済金額も少なくなりますが、返済はここからが踏ん張り時です。

少なくなってゆとりが出た分を追加の返済に回して、どんどん元金を減らす事をお勧めします。

もちろん、思わないお金がドンっと入った場合には、借入金の一括返済も可能です。

いつでも返せるレイクの返済方法のまとめ

レイクではWebからの返済、ATMからの返済、自動引落し、銀行振込みと言った多様な返済ができます。

その返済方法を表にまとめまてみました。いかがでしょう? 便利で思い立った時に返済出来そうではありませんか?

できる事 Web返済 レイクATM 自動引落し 提携ATM 銀行振込み
深夜の返済   ○   ×   ×   ○   ×
追加返済   ○   ○   ×   ×   ○
一括返済   ○   ○   ×   ×   ○
来店不要   ○   ×   ○   ○   ○
手数料無し   ○   ○   ○   ○   ×

こうしてみると、月々の返済は自動引落しにして確実に返済し、追加の返済をWebから返済と言うのが効率的です。

この機会にレイクの「おまとめローン」を利用して債務を一本化してみませんか?

以上、借りまくっている人でも借りられるレイクの「おまとめローン」のご紹介でした。

【参考ページはこちら】
おまとめローンを諦めない方法

新着記事
TOPICS