> > > 新卒の状態でカードローンは借りられる!?借りたい人の為のノウハウ

新卒の状態でカードローンは借りられる!?借りたい人の為のノウハウ

人生毎日生きていると急にお金が必要になることってたくさんあります。いざという時のためにできるだけ貯金などをして貯蓄をたくわえておくのが一番良いのですがなかなか日々の生活も苦しく、貯金まで回らない人達が圧倒的なのではないでしょうか。また年齢など関係なく、若いうちでもお金が必要になることってたくさんあるんですよね。大学生ぐらいになると充実してきて私生活屋や学業共々、色々な付き合いがあり、お金をたくさん使うことが多くなります。

自分で自由にできるお金が少なくなってきたら、親や兄弟、もしくは友達などに借りる人も少なくないでしょう。しかし、なかなかお金を貸してくれとお願いするのはプライドも許さないですし、言い出しにくいですよね。

そんなときは消費者金融などでお金を借りると、金利はかかりますが、割り切って後腐れなく借入することができます。それでは今年新卒予定の学生がカードローンなどの申し込みをすることは可能なのでしょうか。

就職が決まってこの先、給料を必ず手にできる状態であっても現段階ではまだ学生という立場です。その状態でお金を借りることができるのかそのあたりを紐解いていきたいと思います。

新卒の状態!カードローンで借りられる?

学生でもお金に困って消費者金融などでカードローンを借りたいな思う人って結構いるんですよね。でもここでちょっとした疑問が出てきます。基本的に消費者金融のカードローンは一定の収入が無ければお金を借り入れすることができません。

それでは、学生の状態でお金を借り入れすることは可能なのでしょうか。基本的に学生の内はお金を借りることは不可能に近いと思っていて良いでしょう。

特に大手の消費者金融などは二十歳以上でしっかりと収入がある人しか申し込みすることができません。学生はどうしても二年後三年後に状況が一変してしまいます。

就職などを控えてますので仮に借り入れを申し込んだその時の状況とは相当内容が変わってきます。もしかしたら留年する可能性もありますし、大学院に行く可能性だってあります。

学生のうちの数年間は状況が大きく変わる可能性が高いですし、安定しませんので、なかなかお金を貸し付けられる状況では無い訳です。

特に大手の消費者金融となるとそのあたりはとてもシビアだったりしますので、注意が必要です。

しっかりと就職が決まっていても借りられないもの?

それでは新卒でしっかりと就職がきまっている状況であっても、絶対にお金というのは借り入れできないものなのでしょうか。就職が決まっているということはこの先、安定した収入があるということになります。収入があれば返済する見込みがありますので、お金の借り入れをすることは可能な筈ですよね。しかし新卒予定の状態ということはまだ学生であるということになります。

いくら大企業に就職が決まって、一定の収入を約束されていたとしても、今現在収入があるわけではありませんので大手消費者金融などのカードローンに申し込む事は不可能ということになります。

たまにインターネットの金融掲示板などにお金に困った学生が新卒予定で就職が決まっているのですが、お金を貸してくれるカードローン会社を紹介してくださいみたいな書き込みをしている場合があるのですが、就職が決まっていたとしても今現在収入があるわけではありませんので、紹介できる金融会社はありませんと一蹴されている書き込みを見たことがあります。

たまに勘違いしている人もいるのですが新卒ではなく卒業し、社会人となってきちんと収入を得てから出ないとお金は借り入れ出来ないということを覚えておく必要があります。

学生のうちは学生ローンがお薦め?!

学生のうちは一定の収入がないので消費者金融のカードローンに申し込みすることは不可能だという話しをしましたが、実は学生専門のローン会社があることをご存知でしょうか

学生ローンと言いまして、大学生などを対象にした消費者金融が存在するんです。大学生であるという証明書が必要となりますが、利用している人がとても多く、有名な学生ローンの会社はたくさんの人たちが申し込んでインターネットなどでも話題になっています。なんとなく怖いイメージがあったりするのですが全然そんなことはなく、学生たちが利用しやすい老舗の学生ローン会社も結構あるんですよ。気になる方は一度インターネットなどで調べてみると良いでしょう。

ただし、学生ローンも利用するにはある一定の条件があったりします。学生であることは絶対条件ではあるのですが、返済の見込みのある学生にしか貸付を行っていないところが多いです。

つまり、学生であってもバイトをしたりして自分の小遣いをしっかりと稼いでいて、貸し付けても返済に困らないであろうという学生にしか貸付を行っていないところがとても多いんです。

言い換えれば学生であってもバイトをしていて返済の見込みがあるのならば、借入可能ということになります。もちろん審査はありますが、他の学生ローンから借金をしていないのであれば十分審査対象となりますので、お金がどうしても必要な人は是非、学生ローンを検討してみてください。

学生ローンは意外にも利用している人が多く、結構支持が高いのですが、比較的借りやすかったりするので学生の状態から多重債務に陥る人も少なくありません。

どうしても使い過ぎてしまう傾向がありますので借り過ぎてしまうことだけは絶対に注意が必要です。できるだけ無駄遣いをしないようにして、本当に必要な時のみ、学生ローンの借り入れを利用するようにしましょう。

働いて一年目からカードローンは借りられる?

新卒予定から就職が決まり、やっと社会人一年生になり、収入を得るようになったらお金を借りることができるのですが、社会人一年生の状態でカードローンなどからお金を借り入れすることが可能なのでしょうか。

基本的にしっかりとした収入がある場合は借入の申し込みをすることは可能なのですが、勤続年数というのもある程度審査の対象となりますので、社会人一年生であればどんなに大企業で働いていたとしても申し込んだ消費者金融の会社によっては、審査が否決してしまう可能性があります。

消費者金融の審査に可決するということはそれだけその人の信用が高いということになるわけですが、勤続年数が長いとその分だけしっかりとした一定の収入があるという証拠になりますので、そのような状況で申し込むと審査は可決されやすくなります。

一般的に消費者金融などのカードローン審査に通りやすい人の条件は下記の条件となります。

  • 過去に金融会社の返済に遅れたことがない。
  • 他社の借り入れが多くない。
  • ここ最近、いろいろな金融会社に借金の申し込みをしていない。
  • インターネットの後払いの買い物などで期限内にきちんと払込をしている。
  • 毎月、一定の収入がある。
  • 勤続年数長い。

これらの条件に全て回答している人は審査に通りやすくお金を借りやすい人というでしょう。社会人一年生はまだ勤続年数が短いですのでそのあたりをシビアに見る消費者金融ならば審査否決となる可能性が高くなりますので、もう少しだけしっかり働いて自分の信用をしっかりをつけてから申し込むようにしましょう。

消費者金融やカードローンはとても便利で、どうしてもその点で味をしめて使い過ぎてしまう傾向が強くなります。社会人一年生になって、いきなり借金地獄の始まりで返済に追われる日々を送るのはあまりにも辛いですので、どんなことがあっても多重債務になってしまう事だけは避けなくてはなりません。

そのためには自分自身で使いすぎないようにしようという強い意志が必要となります。正しく利用すればあなたの味方になってくれることは間違いありませんので、しっかりと使い方を見極めて、いざという時に頼りするようにしましょう。

【参考ページはこちら】
仕事をしてなくてもカードローンを利用する方法

新着記事
TOPICS