> お金を借りたい方の為の職業別記事一覧

カードローン審査での職業のブラック度を紹介しています!

カードローンで“ブラック”と言えば、まず思い当たるのは返済で問題を起こして事故扱いにされて信用情報機関に要注意人物として名前が登録されてしまう「金融ブラック」ではないでしょうか?!また、短期間にたくさんのカードローンに申し込むと「申込ブラック」と見做されます。

そして、金融ブラックでも申込ブラックでも、ブラックだとカードローン審査に通らなくなります。理由は「お金を貸すには信用できない人!」と見做されてしまうからなのです。

そのようなブラックに加えて、カードローンでは特定の職業が審査で不利になってしまうようなブラック扱いされてしまう、強いて言えば“ブラック職業”みたいな基準があるケースがあるのです。

ただし、一般的に「ブラック職業」とは言いません。敢えて言えば、特定の職業に関して「金融ブラックである人と同じように審査で不利になってしまう…」との意味合いでブラックな職業なのです。

まず最初に指摘できる点は雇用形態です。カードローン審査では公務員と正社員が一番有利となり、次には派遣社員と契約社員、一番不利を被るのは自営業、パート、アルバイトといった職業なのです。(こちらもご参考に→日雇いでもカードローンは使える?

カードローン審査では、収入の高低よりも「収入の安定度」を重視するので、収入が不安定な自営業やパート・アルバイトはどうしても不利になります。一方、具体的な職業としては、パチンコ店の店員は職業としてのブラック度が高いと言えます。

理由は離職率が高いからです。またパチンコ店員は住込みの職業となるので辞めてしまうと連絡が付き難い点もマイナスです。次にブラック度の高い職業としては、タクシー運転手やトラックドライバーを挙げられます。これら職業は歩合制の給与体系となるので収入の安定度に難ありと見做されるからです。

さらに言えば、水商売の職業に就いている方もブラック職業として扱われてしまう場合が多いようです。消費者金融によっては水商売はNGとしているところもあります。以上のようなブラック度の高い職業の共通点は、①収入が不安定、②離職率が高い、③雇用が不安定となります。

また自営業者も収入と雇用の安定度での不安要素が大きい職業と見做されます。加えて、収入が高くても歩合制の給与の場合はブラック度が高い職業と見做される場合があります。

そして、ブラック度の高い職業に就いている人の場合は仮に審査にパスしても同じ年収の公務員や正社員に比べて融資枠は低めにされるようです。

【参考ページはこちら】
公務員なら低金利で借りられる?

普段がんばってやり繰りしている専業主婦の方でも、時には思わぬ出費で家計がピンチに陥ることもありますよね。 友人や実家に頼るのは気が引ける。でもお金は必要だし…一体どうしたらいいの?! そんな時、心強い味方になってくれるのがキャッシングです。 しかし収入の無い専業主婦は、キャッシングって無理なんじゃないの? 確かに消費者金融の場合、年収の1/3までしか貸し付けできない総量規制という法律があり、無収入の人は申し込んでも審査に通るのはまず無理とされていま...

毎月頑張ってやりくりしている主婦の方も「今月はちょっとダメかも」という月もあるでしょう。そんな時にキャッシングが利用できたらとても便利ですよね。 自分は専業主婦だから、パートしかやっていないからと利用をあきらめていませんか?そんな主婦の方にいま注目されているカードローンがあります。 今回は「みなと銀行カードローン」がなぜ主婦の方に選ばれているのか、ご紹介させていただきます。 こんな人が「みなと銀行」を選んでいます みなと銀行ってご存知でしょうか?兵庫...

いま現在のあなたの姿と、子ども時代の同世代の姿を比べてみてください。20年前、30年前の同世代の人々に比べ、格段に若い気がしませんか? 若返っているのは見栄えだけではありません。心映えも行動も若々しくエネルギッシュな60代、70代のなんと多いことか。 草食系などと呼ばれ、どこか覇気のない若い世代に比べ、今のシニア世代の元気なこと。その元気なライフスタイルを支えるのは資金、つまりお金です。 ところが65歳になると途端にお金を貸してくれるところが少なくな...

カードローンは一昔前と比べてより安全で便利になり、利用者も軒並み増えています。 中でも銀行カードローンが人気を集めているのは、安全性もさることながら、やはり低金利であることが大きな理由でしょう。 多くの人がカードローンを選ぶ時、金利面を重要視しているんですね。 そんな中、公務員や大手企業勤務者は更に金利が優遇されるという噂は本当なのでしょうか?(こちらもご参考に→カードローン金利はどうなってる?) 今回は、巷でささやかれる気になる噂を検証してみまし...

給料日前で家計が苦しい時などは、旦那に内緒でカードローンに手助けをしてもらいましょう。 最近では、主婦のカードローン利用も珍しくもなく、家族に気づかれない内に借入してきちんと返済することも可能です。 ただ、一括りに主婦と言っても自身に収入がある場合とない場合では、審査の通りやすさや借り入れ方法なども大きく異なってきます。 今回は、大手メガバンク、三井住友銀行のカードローンをご紹介し、主婦が利用するにあたってどんな注意点があるのか探ってみましょう。 ...

不便だけど、仕方ない。自分は公務員だからカードローンやキャッシングを利用できないと思っていらっしゃいませんか? 公務員だって生活者の一員なのですから、日常生活に伴う出費の機会がなくなるわけではなく、むしろ周囲との付き合いに心をくだくことも多いはずなのです。 たしかに公務員は広い意味での公人として、職場に活躍し、また倫理規範などを厳しく受けて、生活の全体を管理されているということもできるでしょう。 だからといって、カードローンやキャッシングは利用できな...

キャッシングでお金を借りれるかどうかってどうやって決まっているの?こんな疑問をお持ちの方、結構多いのではないでしょうか? キャッシングには「審査」が有り、その審査で契約が決定されているのですが、では、その「審査」は何を元に、どうやって行われているのでしょう? 例えば、無職の方が即日融資を望んでいるとして、働いている方と比べて、審査結果にはどういう違いが生じるのでしょうか? ネットでは「審査不要」と謳っている業者も少なくありませんが、今回は借入審査の必...

カードローンは、“安定収入”さえあれば、誰でも利用できる使いやすいローンと言ってよいでしょう。 一方で、安定した収入がないから、カードローンの利用ニーズは高くなってしまうとも言えます。 たとえば、働き始めた方などは、「収入が落ち着かない」「収入が少ない」との理由で、当座をカードローンでしのぎたいと思うのではないでしょうか。 そこで今回のレビューでは、働き始めた方向けのカードローン利用術について考えてみます。 働き始めは本当にお金借りれない? 学...

無職の方や年金暮らしの方は、自分が融資を受けられるのか、わからない方もいるでしょう。 比較的、借りやすいと言われるカードローンにも審査があり、審査基準に達していない方は利用ができません。 いざという時に融資できない!ということが無いよう、現状で融資を受けられるのか?知っておく必要があります。 今回は、無職や年金暮らしの方へ、キャッシングやカードローンの個人利用についての情報をお届けします。 キャッシング・カードローンを利用できる人、できない人 お...

ますます進む高齢化社会。65歳になると年金受給者の対象になります。でもここ最近は65歳を過ぎても元気に働く人々が増えてきました。 でも?年金生活に入っても、何かとお金の出入りは激しいはず。特に生活費、交際費は今までの蓄えと毎月入る年金の中からやりくりをしていかなくてはなりません。 しかしたび重なる出費が続くと、年金だけの範囲では限界がありますよね。そこで今回はそんな年金受給者の皆さんのために、何処の金融業者であればカードローンが作れるのか、本当に年金の...

1 / 612345...最後 »
新着記事
TOPICS