> > その他職業でお金を借りたい方はこの記事を参考に!

ブラックと職業に関する記事を公開しています

ここではブラックと職業について考えてみたいと思います。一般的にブラックだと、どのような職業に就いているかの如何にかかわらずカードローンの利用は難しくなってしまうと考えるのが妥当だと思います。

たとえば、カードローン審査では一番審査に通りやすいと言われている公務員であってもブラックだと、やはり銀行のカードローンや大手消費者金融のカードローン審査に通るのは非常に厳しいと言って良いと思います。(こちらもご参考に→公務員なら低金利で借りられる?

その一方で、中小消費者金融ならブラック専用の審査基準にパスできればブラックでもカードローン利用は可能であると言えます。その審査基準とは、まずなによりもブラックであることが「過去の事実」としてきちんと解決されていることなのです。
(⇒ブラックでも借りられる会社はある?

たとえば、自己破産の場合は免責決定済みであることが大前提です。また、任意整理や代位弁済の場合は債務整理で決められた負債を完済しているか、あるいは返済をきちんと履行していることが条件です。

加えて、現在きちんと働いており「継続した一定の安定収入があること」も審査に通す条件となります。なぜなら、安定収入が無いとお金を貸しても返済してくれないと見做されるからです。そして、この「継続した一定の安定収入の有無」との点において、ブラックである人の職業が審査に影響すると考えて良いのです。

ブラックの場合でも一般的に収入と雇用が安定している公務員や大企業の正社員であると審査で有利になると言えます。では、その他の職業の場合はどうなのでしょうか?たとえば、ブラック対応可で全国的に有名な某中小消費者金融のケースでは、派遣や契約社員、パートやアルバイトの方、加えて主婦や自営業の人は審査を受け付けてくれないようです。

つまり、これら審査対象外となってしまう職業は、収入や雇用の安定さにおいて、いまひとつ不安要素が強いと言うことなのでしょう。このようにブラックであっても審査に応じて審査に通ればカードローン利用を可とする消費者金融でも、なかには職業によってNGとしているところもあります。

しかし、このようなブラック対応可のカードローンで職業それ自体にNGを設けているところは全部ではないので、収入と雇用が安定していると認めてもらえる職業であれば、公務員や大企業の正社員以外のその他職業に就いているブラックでもカードローン利用できるところはあります。

しかしながら、収入と雇用の安定度が高い職業に就いているブラックの人の方が審査で有利になる点は否めないと思います。

【参考ページはこちら】
バイトでも借りられるカードローンは?

カードローンは一昔前と比べてより安全で便利になり、利用者も軒並み増えています。 中でも銀行カードローンが人気を集めているのは、安全性もさることながら、やはり低金利であることが大きな理由でしょう。 多くの人がカードローンを選ぶ時、金利面を重要視しているんですね。 そんな中、公務員や大手企業勤務者は更に金利が優遇されるという噂は本当なのでしょうか?(こちらもご参考に→カードローン金利はどうなってる?) 今回は、巷でささやかれる気になる噂を検証してみまし...

不便だけど、仕方ない。自分は公務員だからカードローンやキャッシングを利用できないと思っていらっしゃいませんか? 公務員だって生活者の一員なのですから、日常生活に伴う出費の機会がなくなるわけではなく、むしろ周囲との付き合いに心をくだくことも多いはずなのです。 たしかに公務員は広い意味での公人として、職場に活躍し、また倫理規範などを厳しく受けて、生活の全体を管理されているということもできるでしょう。 だからといって、カードローンやキャッシングは利用できな...

カードローンは、“安定収入”さえあれば、誰でも利用できる使いやすいローンと言ってよいでしょう。 一方で、安定した収入がないから、カードローンの利用ニーズは高くなってしまうとも言えます。 たとえば、働き始めた方などは、「収入が落ち着かない」「収入が少ない」との理由で、当座をカードローンでしのぎたいと思うのではないでしょうか。 そこで今回のレビューでは、働き始めた方向けのカードローン利用術について考えてみます。 働き始めは本当にお金借りれない? 学...

1日だけの超短期勤務なども多い『日雇い』での職に就いているアナタ。日々、勤務先が変わることもあれば、何かしら必要になり、お金に困ることもあるのではないでしょうか? 日雇いという安定しない職だからこそ、ここぞのキャッシングが頼りになります! しかし、日雇いの方々は『安定した収入』という面で欠けており、キャッシングを利用するのが難しいと言えます。 でも大丈夫!日雇いである為に、キャッシングの審査に落ちてしまっていた方に、4つのポイントをお教えします! ...

借り入れの金利の低さや安定性で考えると銀行カードローンという人も多いと思いますが、その中でも最近では広島銀行の「公務員カードローン」に人気が集まってきています。 広島銀行は返済プランに合わせてカードローンが商品分けされていて、使用用途に応じた融資を受けることが出来るのが特徴になります。申し込む際もインターネット上で行う事が可能なので非常に便利です。 公務員の方でなくても、おすすめをしたいカードローンの商品もあるので、そちらも踏まえて紹介をしています。出...

医療費といえば健康保険が適用され、負担が軽減されますが、美容整形やレーシック等のように保険適用外の物も少なくはありません。 そういったときにお金の余裕がなければ、クリニックでは医療ローンの利用を紹介されます。しかし医療に利用できるローンはこれだけではありません。様々なローンがあるので紹介しましょう。 その中でどのローンを選べばよいのかは利用者次第ですが、その選択の目安について、どれが最もお得になるのかと、どれが審査に通りやすいのかという点から検討してい...

社長や会社経営者は「社会的地位も高く、信頼できる人」というイメージですよね。 しかし、お金を金融機関から借りるという面からすると、実は、一般従業員よりも社長や経営者の方が審査に通りにくいという事実があります。 社長がカードローンの審査に通りにくいという理由はなぜでしょうか。 誰でも想定外の出費と言うのはあります。社長でも、いや社長だからこそ、キャッシングやカードローンの利用をせざるを得ないこともあるでしょう。 今回は、社長という役職者がカードローン...

日雇いの場合、カードローンの審査が厳しくなることは良く知られています。これは金融機関が収入の安定性を重視するためです。 このため、申込みに際して、日雇いという事を隠しておこうと考える人がいます。しかし、審査では在籍確認が行われるので、すぐにばれてしまうため、お勧めはできません。 そこで、可能性は小さいとはいえ、日雇いの中でも通りやすい場合と、通りにくい場合があり、どのような働き方をすれば、審査に通りやすくなるのかを調べてみました。 また審査に通ったと...

自由業は収入が不安定のため、キャッシングするときに消費者金融から信用が低いです。反対に、一般のビジネスマンは、万が一に返済できなかったときの請求先や会社に勤めていれば収入が保証されていることから、審査が通りやすいです。 たとえ、自由業が一般のビジネスマンよりも月収が上回っていても、継続性がなければ信用が足りてないと見なされます。消費者金融や銀行の審査基準は「収入・返済能力」が大事だからです。自由業の方の場合も、一般のサラリーマンのように「収入・返済能力」...

キャッシングやカードローンで融資を受ける際、審査を受けることは必須です。当然、申込者の職業も、重要な審査項目です。 審査に通過しにくいといわれている職業には「運送会社」があります。自動車やトラックで荷物を運んでいるドライバーさんが当てはまりますね。 具体的には、どういった点で審査に落とされてしまうのでしょうか? 運送会社にお勤めの方は、カードローン申し込みの前にしっかり理解しておきましょう。 カードローン審査!運送会社勤めだと落ちや...

1 / 212
新着記事
TOPICS