> > ブラックの方でも審査OKのカードローンを探す方法

ブラックでも利用OKのカードローン記事特集です

返済の遅延や滞納を繰り返したり、自己破産や任意整理、代位弁済等の債務整理をしてしまうと事故扱いとされて信用情報機関にブラックとして名前が登録されてしまいます。そして、ブラック扱いになると、たいていの金融機関でカードローンが利用できなくなります。

理由は、ブラックの人はお金を貸せるだけの信用が無い人と見做されるからなのです。お金を貸しても返済してくれなさそうな人には絶対に融資してくれません。たとえば、審査が厳しめと言われている銀行系カードローンの審査では、申込者の信用力を重視するのでブラックだとまず審査に通してくれません。

また、消費者金融系のカードローンは銀行系カードローンよりも審査が緩めで借り易いとの特徴がありますが、テレビCM等で知名度の高い大手消費者金融のカードローンだとブラックでは利用を認めてくれないのです。

そして、信用情報機関にブラック登録されている期間は、カードローンの利用が非常に難しい、あるいは利用できないと考えてください。一般的に返済の延滞でブラックだと3年~5年ほど、債務整理のケースでは5年~10年くらいの期間に亘ってブラックとして名前が残ると言われています。
(⇒何年経てばブラックは時効になる?

その一方で、消費者金融の中でも中小消費者金融や街金融ならブラックでもOKのカードローンはあります。ブラックでもOKの消費者金融では、ブラック申込者に対応した独自の審査基準を設けているところが多いのです。

そして、その審査基準をクリアできればブラックでもカードローンが利用できます。審査基準としては、まずブラックであることが「過去の事実」としてすでに決着していることです。具体的に言えば、自己破産の場合には“免責決定済み”となっていることです。

また、任意整理等の場合は返済を完済しているか、あるいは返済義務をきちんと遵守していることとなります。加えて、申し込み時に継続した一定の安定収入のあることも条件となります。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準を教えて!

さらに言えば、地方の信用金庫のカードローンもブラックで利用できる可能性があります。と言うのは、信用金庫によっては審査の際に信用情報機関に与信をかけて調べない場合があるからなのです。

与信をかけて調べなければブラックである事実は審査でばれません。それゆえ、ブラックでもカードローン審査に通る確率は高くなると言って良いのです。とまれ、ブラックだと基本的にカードローン利用は厳しいと考えておくべきでしょう。が、ブラックでも利用可能なカードローンは必ずありますよ!

【参考ページはこちら】
ブラックでも安心して借りられる業者とは?

たとえ、収入や勤続年数などの利用基準を満たしていても、「ブラック」だと銀行カードローンはおろか、殆どの業者で借入審査に落とされてしまいます。何度も審査落ちを繰り返す人の中には、自分がブラックであることに気がついていない人も多いようです。 そうかと思えば、間違った情報から自分はブラックだと思い込み、今にも”審査不要!ブラックOK”と謳う高金利な怪しい業者で、お金を借りようとしている人もいるでしょう。 今回は、このような問題の原因「ブラック」について、より...

銀行のカードローンは消費者金融に比べ安心感があるし、金利も低めなので人気です。 便利だし、いざというときのために一枚作っておきたい。しかし、何度申請しても審査に通らない!という人がいるようです。 銀行は審査が厳しいとは言われますが、何度も審査に落ちるというのは不安ですよね。 ひょとしたら、知らない間にブラックという状態になっているのかもしれません。 それって、ブラックリストに名前が載ってるていうこと?まさか!とびっくりされるかもしれませんが、いつま...

「もしかして、ブラックリストに載ってしまったかも!」 少しでもそんな不安を抱くと、毎日お金を使うたびにハラハラしてしまいますよね。 カードローンやクレジットカードを作れない「ブラック扱い」。もしブラック扱いになってしまったら、一生お金は借りられないのでしょうか。 どんなことをした場合にブラック扱いになってしまうのか?ブラックになってしまったら、その情報は何年経てば消えるのか? そんなあなたの疑問に、わかりやすくお答えします。 え?ブラックリストは...

ブラックだけどお金を借りたい!という人も実際にいますが、実はキャッシングやカードローンでは、ブラックだと借りれないんです。 中にはブラックでもお金を貸してくれる業者もあります。けれども、「ブラック借り入れOK」としている業者には危険性もあるので、まずは自分自身がブラックにならないよう金融事故を防ぐ努力が必要です。 ここではブラックの原因となる金融事故を防ぐための注意点を3つ紹介します。 ブラックになったらどうしよう…と不安に感じている方、ブラックにな...

金融機関での借り入れを行うにあたって、まず注意してもらいたいのが、ブラックとして扱われてしまうことです。自分でも気がつかない内にブラックに認定されている場合もあるので、初心者の方は特に注意が必要になってきます。 ブラックとして扱われると、審査に通るのはとても困難になりますし、キャッシング自体することが不可能になってしまうこともあります。 後々どういうものなのか知っても手遅れになるので、この機会に是非、金融ブラックに対して正しい知識をつけておいてください...

うっかり「ブラック」になってしまった経験のあるあなた。銀行のローンカードを利用するのは、「ブラック」じゃ永遠にムリだろうなあ・・・なんて思っていませんか? ちょっと待って。確かに銀行の審査は厳しいけれど、「ブラック」の過去があったとしても、二度と融資してもらえないというわけでもないんですよ! 自らあきらめて高金利の業者に走るより、時期を見て、銀行からの融資を目指してみませんか。金利もお得で信用もおける銀行はやっぱり借入れ先に選びたい金融機関です。 こ...

金融事故などでブラックになってしまうと、基本的に審査に通らないため、CMなどで有名な大手消費者金融や、銀行系・信販系のカードローンでの借り入れはまず無理、というのが常識です。 しかし、ブラックだと絶対に借りられない、というわけでもないのです。 自分はブラックだから、と諦めている人がいるかもしれませんが、実は貸し付けてくれるところは存在します。 ですが、冒頭でも触れたように、大手の会社は相当厳しい…。 そこで狙い目なのは、審査が緩めの中小消費者金融で...

カードローンを利用していて、あってはならないこと。それは返済の遅れや延滞の繰り返しです。 そのことが余りにも続くと、たちまちアナタの金融情報は日本信用情報機関にて、返済不能者、所謂ブラックリストへの登録者になってしまいます。 でもブラックに登録されたからと言って、一生つきまとうわけでもありません。 JICCでの掲載期間が過ぎれば、自動的にその情報は消え、また、再びカードローンを利用することも可能なのです。 今回は、ブラックの人が再びカードローンをご...

長期の不況が続いたため、現在ブラックとなっている人が少なくありませんが、どんな人でもお金が必要になることはあるものです。以前はブラックの場合相手にしてくれるのは闇金ぐらいしかありませんでしたが、最近は正規業者も対応してくれるところがあります。 ただブラックもさまざまで、状況によってはそういった業者でも融資してもらえない場合もあります。またブラックになる人は再度行き詰る傾向があるのも問題で、借入れする場合は返済についても考えておかなければなりません。 こ...

自分が「金融ブラック」の状態である時に限ってお金は必要ですよね。そんな時、目につくのが「ブラックOK」という消費者金融の広告の文字です。聞いた事がない会社でも、お金に困っていたら藁をつかむ様な思いで融資の申し込みをしようと思いますよね。 しかし、ちょっと待ってください!実は、「ブラック」という言葉を使用している消費者金融は危険である可能性がとても高いのです。 今回は、そんな危険な広告を出している業者がいかに危ないか、そしてブラックでも安心して利用できる...

1 / 41234
新着記事
TOPICS