> > > 職業は関係無し!?無職でも融資審査が通る条件とは

職業は関係無し!?無職でも融資審査が通る条件とは

融資審査において、無職というのは非常に不利な状態です。

世間一般では、「仕事をしていない=収入無し」となってしまいますので、これは仕方の無い事と言えます。

しかし、実際には無職だからと言って無収入とは限らず、収入さえあれば借りられる可能性もあります。

では、無職でも借り入れが可能になるのは、どのようなタイプの方なのでしょうか?詳しくご説明いたします。

無職では厳しい融資の仕組みについて

今現在も厳しい景気が続いている昨今では、本人の希望に関係なく無職となる方も多く、同時にそれは融資が受けにくい方も増えたという事になります。

無職が融資を受けられないという理屈は、一般的に『無職=無収入』の図式が完成しているからで、無収入ではお金を借りても返済する事は不可能です。

金融業者はそもそも、お金を貸し付けて利息と一緒に回収を行いますから、収入が無い人に貸さないのは当たり前です。

こうしたお金の問題については他人事ではなく、自分が「今現在収入の無い知人にお金を貸せるか?」と考えると、比較的理屈としては納得しやすくなります。

無論、金融業者は職業や収入以外の項目も見て審査します。

  • 勤続年数
  • 過去の融資履歴
  • 今現在の借入総額

どれも大事な要素ではありますが、無職で返せるお金がないというのなら、見る必要はありませんね。

収入があれば例外!無職でも実は融資が受けられるケースとは

無職=収入が無いというのは、多くの仕事をされていない方に当てはまるでしょう。

しかし、実は『仕事をしていない全ての人に収入が無いとは限らない』という事を、ご存知でしょうか?

そして無職と呼ばれる状態であっても、ある程度収入が発生している場合、融資を受けられる事があるのです。

無職でも借入が可能になる条件と言えば、主に以下の3つの状況が該当します。

  • 不労所得が発生している
  • 専業主婦をしている
  • 年金を受給している

今回はこの3つのケースにつきまして、それぞれ何故借りられるか?というのを説明していきます。

不労所得があればOK!仕事をせずとも借りられる

まず、不労所得での融資についてご説明します。

不労所得とは、会社員などの労働を一切行わずに、収入を得ている人全般を指します。

一昔前ならどんな方法か見当もつきませんが、今はインターネットにて情報の共有も簡単ですので、この不労所得を得られる方法も簡単に調べられます。

  • 不動産を所有して賃貸収入を得ている
  • 株式を所有しての配当金を得ている
  • 書籍やCDの印税を得ている

不労所得というと大変響きが良いものの、この所得のみで生活するまでには、相応の手間も必要なのが分かりますね。

そうした手間を乗り越えた人は、労働から解放されるだけでなく、融資においても道が開けます。

不労所得しか収入が無く労働も行わない場合、無職に分類される事がほとんどですが、収入がきちんと発生して返済能力がある以上、融資審査に通過する事も可能なのです。

不労所得でも収入がある事を示すのは、会社員に比べてかなり難しいので、確定申告書の控えなどを用意しておきましょう。

大金は不可能!?不労所得での融資制限とは

働かずして収入を得て、さらには融資まで思いのまま…そう考えるかもしれませんが、金融業者というのはシビアです。

不労所得で得られる金額次第ですが、普通の会社員等と比較した場合、融資審査では大抵不利になります。

融資が全く受けられないわけではありませんが、高額融資を受ける場合、かなり厳しいと言わざるを得ません。

それは何故なのかと言いますと、『不労所得は安定収入と判断しにくい』からなのです。

●マンションを所有して賃貸収入を得ている
→住む人の人数や老朽化などに伴って変動しやすい
●株の配当金を得ている
→株価の暴落など経済に左右されやすい
●書籍の印税がある
→人気が出ないと大幅に収入が減る

こうした要因は、他の仕事で多少通じる部分はあるものの、失業後の保証では不労所得の方が圧倒的に乏しいです。

特に株などでは億万長者がある日一転、多額の債務を背負う事になる…そうしたリスクもあるので、不労所得のみでは大金を借りにくいのです。

夫の収入で審査?専業主婦が借入を可能とする条件

続きまして、専業主婦について説明していきます。

しかし、専業主婦というのは他の2つの要因と比較した場合、正確には本人に収入はありませんので、多少特殊に感じるかもしれません。

専業主婦の場合、本人に収入が無くとも配偶者に収入があるなら、そちらを目安に審査を受ける事ができます。

こうした借入方法を『配偶者貸付』と呼び、その仕組みは以下のようになります。

専業主婦として融資に申し込む

配偶者(夫)の年収をきちんと証明する

配偶者に確認が向かうので、そこでOKが出れば融資を受けられる

専業主婦は配偶者の収入にて生計を共にするのですから、借入の返済についてもその収入を参照するのは、理屈としても納得です。

仕組み上、配偶者の方の同意が必須なので、内緒で借入を受ける事は不可能となりますから、その点は注意しておきましょう。

対応状況に注意したい配偶者貸付の欠点とは?

専業主婦でも割と簡単に融資を受けられる…と言いたいところですが、やはり制限もあります。

配偶者貸付というのは、全ての融資が対応しているわけでは無く、むしろ対応している融資の方が少なめと言えます。

その理由については、やはり総量規制の存在が影響しています。

●総量規制について
総量規制とは、借り過ぎを防止する為の制定された法律であり、消費者金融や信販会社などの貸金業者から借入を受ける場合、最大でも年収の三分の一となります。

この理屈で言えば、収入0は融資も不可能となりますよね?

ゆえにほぼ全ての消費者金融では、『本人に安定収入がある事』を条件としていますので、配偶者貸付は不可能となっています。

唯一総量規制の対象外である銀行は、一部にて配偶者貸付が可能となっています。

ただし、消費者金融と同じように本人の収入を重要視している会社も多く、専業主婦が借りられる銀行は限られてしまうのです。

尚、主婦は主婦でもパート等をしている場合、配偶者貸付ではなく通常の融資を受ける事も可能になります。
(⇒主婦におすすめのカードローン情報

年金も安定収入!だから高齢者でも融資を受けられる

それでは3つめの例外とも言える、年金収入について見ていきます。

年金収入は国民年金か厚生年金かで金額は異なるものの、さすがにサラリーマンの収入に比べると、その金額は小さいです。

ですが、融資において重要視されている『安定収入かどうか』の点で言えば、年金収入は十分条件を満たせます。

年金は規定の年齢になれば、一定期間毎に安定して支給されますので、融資を受ける為の収入条件に該当しているのです。

例えば働き盛りで日雇い派遣をしている人と、年金収入のみで生活している人の場合、年金の方が有利と判断する金融業者は多いです。

収入においては金額の如何に関わらず、まず安定しているかどうかが見られている事は、融資審査を受ける上で覚えておいて下さい。

中には『年金収入は不可』と明記している金融業者も存在していますが、こうした事が記載されていない場合、借りられる可能性は十分あります。

また、年金をもらっていてもまだお仕事もされている場合、より一層融資審査で評価が高くなるので、是非カードローンなどを作ってみましょう。

心配すべきは年齢制限!?高齢者と融資の問題に向き合う

年金収入でも融資が受けられるのは、老後の生活を充実させる上で、非常に頼もしい事実でしょう。

ですが、年金収入で融資を受けたい方は、その金額よりもまずは年齢を気にすべきです。

というのも、多くの金融業者では融資に年齢制限を設定しており、年金を受給する年齢ともなると、すでに上限を迎えているケースが多いのです。

例として、大手の銀行と消費者金融の年齢上限を見てみましょう。

会社名 上限年齢
三井住友銀行 65歳まで
楽天銀行 60歳まで
アイフル 69歳まで
モビット 69歳まで

どちらかと言えば消費者金融の方が年齢制限が緩めですが、70歳以上で借りる事はできません。(こちらもご参考に→70歳でも借りられるキャッシングは?

年金の支給を65歳からと過程しても、借入先がかなり限定されてしまいますので、年金暮らしの方はこうした点も注視して下さい。

無職でも借入可能かも!融資を諦める前にしてほしい事

以上、無職に該当していても融資を受けられる状態についてですが、いかがでしたか?

最後に、今回のまとめ、そして必ずしてもらいたい事を記載いたします。

  • 収入がない無職では融資は不可能
  • 会社員の方が融資審査では有利
  • 無職でも収入があれば相談は必ずしよう

上二つはもはや当然の事ですが、注目すべきは一番下です。

無職でも収入がある場合、例え今回紹介した状態で無くとも、金融業者は相談に応じてくれます。

今回お教えしたのは、あくまで『無職でも収入が発生する一例』であり、これが全てではありません。

「無職で収入があるけれど、今回の条件に該当していない…」そうお考えの場合、金融業者に相談してみましょう。

金融業者からすると、収入の詳細について知れば融資の余地がありますので、出来るだけ貸し付ける方針で話を聞いてくれます。

自分は特殊だからと悩むだけでなく、動く事で初めて融資の可能性が出てきますし、相談は無料なので気軽に連絡してみましょう。

【参考ページはこちら】
無職と求職中との違いとは?

新着記事
TOPICS