> > > 急な借入が必要な人必見!審査が通りやすい所とコツをご紹介!

急な借入が必要な人必見!審査が通りやすい所とコツをご紹介!

来週の飲み会代が足りない…子供の習い事の月謝が足りない…突然の出費や給料前にお金が必要、なんて事もありますよね。

そんな時、手軽にお金が借入できるカードローンはとっても便利ですよね。

中でも急いでお金が必要!そんな時は審査の通りやすい所を選択すると間違いないでしょう。

審査の通りやすい業者というのは、審査が甘く審査時にチェックする項目も少ないため審査時間も短いことが多いのです。

そして、そのような業者は主婦や学生も利用しやすいといわれています。

今回は審査の通りやすい業者についてのご紹介や、知っておくと便利な情報をお届けします。

すぐにお金を借りたい!そんな人が利用する借入先をご紹介!

まず借入には審査が必要となりますが、審査には時間がかかったり通過しにくいと思っている人も多いことでしょう。

確かに銀行での借入など一定の審査内容がある金融機関もありますが、一番スピーディーで対応が柔軟なのは消費者金融での借入です。

ここで消費者金融での借入のメリットをご紹介します。

  • 審査時に年収や月収などの詳しい申告は不要
  • 来店せず、インターネットでの申込みが可能
  • 事前審査を受けておけば借入が可能かすぐに分かる
  • 14時までに申し込めば即日融資可能
  • 初めての借入でも手続きが簡単
  • インターネット申込みなら24時間対応
  • カードを作成すれば今後コンビニATMでの借入も可能
  • 自由度が高く、使用用途の申告が不要
  • 返済プランも相談しながら変更できる
  • 限度額内なら何度でも借入と返済が可能

これだけたくさんのメリットがあるので最近では消費者金融での借入を選ぶ人も増えています。

また最近では一定期間無利息キャンペーンを行っている消費者金融も増えているほか、消費者金融での借入を上手に活用しながら足りない分だけ借りるという自分にあった借り方をできるので最近では本当に身近なものとなりました。

審査時に細かい手続きが不要な上、すぐに借りれるという点だけでなく柔軟な借入方法があるだけでなく返済プランも相談できるのでたくさんの人が消費者金融を選ぶのですね。

一方、銀行やカードローンでの借入は事前に申込みが必要なことが多く、時間がかかるのですぐに借入が必要という人にはあまり向いていません。

しかし消費者金融での借入に関しての注意点は総量規制という収入の3分の1以上借りられないという規制があるので、最初の限度額は低めに設定しておくと借りやすくなります。
(⇒カードローンの上限に関するおすすめ記事

その他の注意点として他社からの借入がある場合、審査を通過できないこともありますのでどこかから借入をしている場合は先にそちらを完済してから次の借入をする事をオススメします。

審査には何が必要?審査をスムーズにパスするために必要なもの

審査に必要なものとして上げられるのはまず運転免許証や健康保健証などの本人確認書類と、直近数か月分の給料明細、もしくは源泉徴収票です。

その他に在籍確認の電話がありますので、勤務先に電話がかかってきたとしても対応できる状況を作っておきましょう。

在籍確認を上手にパスするためにはまず電話に出る可能性のある人に「新しくカードを申し込んだから在籍確認の電話がある」など事前に対応してもらえる環境を作ることが大切です。

在籍確認は個人名であなた宛に電話がかかってきますが、本人が対応する必要はありません。

席を外している、外出しているなどの返答でも在籍が確認できれば問題ないので電話の前で待っておく必要はありません。

万が一在籍確認の電話の対応が難しい場合は健康保健証と給料明細、そして源泉徴収票で在籍確認ができる場合もあります。

個人情報に関して厳しい企業も増えていますので在籍確認の電話に対しても答えられない企業もあるでしょうから、消費者金融に電話して難しい旨を伝えて他の在籍確認方法で対応してもらえるように相談してみましょう。

審査基準は甘く、諦めがちな主婦や学生も利用しやすい!

収入が安定していないアルバイトやパートの人、または現在働いていない主婦でも借入が必要なシーンはありますよね。(こちらもご参考に→主婦におすすめのカードローン情報

特に諦めがちな大学生や主婦でも最近では借入できる事がほとんどです。

では審査基準についてもっと詳しくご紹介していきますので、困った時は必要な金額を借りれる事を検討してみましょう。

現在働いていない主婦でも借り入れ可能?

あなた自身が働いていなくてもご主人が働いている場合、借入できる事がほとんどです。

その際に必要なものとしてはご主人の源泉徴収票や直近数か月分の給料明細、そしてあなた自身の運転免許証や健康保険証が必要となります。

生活費が少しだけ足りなくて困っているという主婦の方は少しだけ借入が必要となる場合もありますよね。

消費者金融ごとに基準は異なりますが、大体の消費者金融では非常に柔軟に対応してくれますので主婦だからと諦めずにインターネットで検索したり、女性専用フリーダイヤルで問い合わせをしてみましょう。

パートの主婦なら借入がもっと有利に

もちろん毎月安定した収入がなくても少額でも収入があれば専業主婦よりも借り入れしやすくなります。

パートで働いていれば収入があるとみなされるので旦那さんや家族に知られることなく借入ができます。
(⇒主婦のレディースローン活用法

その時に必要となるのは扶養に入っている、いないに関わらず健康保険証や運転免許証、そして直近数か月分の給料明細などがあれば借入できます。

返済も毎月定額でリボ払いを選べば家計に響くことなく返済していける他、上限いっぱいで毎月借入と返済ができるのでお金が必要になった時だけ借入れするのも良いでしょう。

成人していれば学生でも借入可能!

アルバイトで学費や食費をまかなっているものの仕送りとアルバイトではどうしても足りない時もありますよね。

実は最近では大学生でも消費者金融を利用する人が非常に増えているのです。

大学生で借入を断られる場合というのはアルバイトをしていない場合、そして未成年の場合です。

毎月少額でもアルバイトをしていたり、日雇いでも収入があれば大学生でも借入することができます。

もちろん返済は毎月一定額を返済する方法と残高に応じて返済額が変わる方法があるので自分にあった返済方法を選びましょう。

また就職活動においてこの借入が影響することはありません。

個人情報は守られますのであなたが借入をしているという事は就職先や活動中に影響しませんので、安心して今後の就職活動を続けてくださいね。

事前審査を上手に活用!インターネット申込みがお薦め

インターネットサイトを検索すると事前審査が受けられる消費者金融がたくさん出てきます。

この事前審査というのは今後突然借入が必要になった場合や深夜などいつでも受けることができるので大変便利です。

24時間携帯電話やスマートフォン、またはパソコンで審査を受けれるだけでなくすぐに結果も分かるのでそのまま借入の申込みをできるのも最大のメリットです。

実際窓口へ足を運ぶ時間がない人や、近くに無人自動契約機がない場合でもすぐに申込みができるのでぜひ利用してみましょう。

それだけでなく14時までに申し込んだら即日振り込みが可能という消費者金融がほとんどですので、急ぐ人には特にオススメです。

事前審査でチェックされる項目は「現在他社からの借入がないか」「過去5年以内に延滞などの金融事故を起こしていないか」そして現在の収入を自己申告すれば審査結果がすぐに分かります。

事前審査で限度額が分かればあとは申込み、そして借入までスムーズに終わらせることができるので審査が通りやすいといわています。

もちろん家族に知られたくないという人は郵便物が届かないように申請しておけば自宅に請求書など届かずインターネットでWEB請求書などで利用履歴のチェックをすることもできます。

何事においてもプライバシーは守られますので、家族や会社に知られずに借入することは可能です。

お金が必要となる理由は人それぞれです。

上手に借入をしながら延滞しないように心がけて、万が一返済が遅れそうな場合は事前に電話して相談しておきましょう。

返済方法の変更や利息分だけの返済に変更するなど、消費者金融の対応もとても柔軟ですので困った時は返済が遅れる前に相談しておくと、今後の借入の際に信用情報に傷をつけずにすみますので覚えておきましょう。

審査時に知っておきたい事!そして借入のチェックポイント

事前審査や本審査時にはどんな事をチェックされるのでしょうか?

最後に借入時に覚えておきたいチェックポイントをご紹介します。

  • 直近5年以内に滞納や踏み倒しなどをしていないこと
  • 現在どこからもお金を借りていないこと
  • パートやアルバイトで収入がある、もしくは世帯として収入があること
  • 20歳を超えていること
  • 同時に複数社に借入の審査を受けていないこと

例えば同時に複数社に借入の審査を受けてしまうと、審査を受けたという履歴が信用情報機関に1年程度残ってしまうのでよっぽどお金に困っていると判断されて審査通過が難しくなります。

その他にも現在他社からの借入があるのを隠して審査をうけても、金融機関側が信用情報機関にあなたの借入状況を取り寄せるとすぐに分かってしまうので隠して審査を受けるなど絶対にしないようにしましょう。

それだけでなく過去に滞納や踏み倒しなどの金融事故を起こしてしまうとそれも信用情報機関に掲載されてしまうので今後の借入が難しくなります。

信用情報機関では金融機関同士が個人の借入状況や過去の金融事故などを情報共有しているのでごまかしてもすぐに分かってしまうのです。

借入を急ぐ気持ちは分かりますが、今後の借入に影響させないためにも現在他社からの借入がある場合はその借入先に追加融資をお願いするなどして多重債務にならないようにしましょう。

もちろん今後の借入に影響するので滞納や延滞などを避けて、どうしても返済が難しくなりそうな場合は事前に金融機関に相談して利息だけでも払うようにしましょう。

返済方法の見直し、また金額の見直しなどを相談して、できるだけ信用情報に傷をつけないことが何よりも大切です。

しっかりと正しい知識を持って借入すれば返済もスムーズにできる上、限度額内で借入と返済をきちんと行えば困った時は必ず力になってくれます。

急な借入に備えて消費者金融のカードを持っておけばコンビニATMでの借入もできるので24時間いつでもどこでもお金を借りる事ができます。

困った時は無理をせず借入を検討してみましょう。

【参考ページはこちら】
審査が甘いのはどこ?急いで借入をしたい人へ

新着記事
TOPICS