> > > 知って得する!東北銀行カードローンが新しく生まれ変わった

知って得する!東北銀行カードローンが新しく生まれ変わった

初めてカードローンを利用するなら、やっぱり安心できる銀行がいいと思っている方は多いと思います。

カードローンを扱っている銀行は都市銀行だけではなく、地方銀行でも独自に工夫したカードローン商品があります。

場合によっては、地方銀行のカードローンの方が圧倒的に使い勝手が良い、ということもあるのです。

今回はその一つ、最近、新しくなった東北銀行のカードローンを取り上げて、その魅力と可能性を探ってみたいと思います。

比べてわかる!都市銀行と地方銀行のメリット・デメリット

カードローンといえば都市銀行が発行しているカードローンがテレビコマーシャルなんかで有名で安心と思われがちです。

確かに都市銀行は大手銀行とも呼ばれ、小さいより大きいほうが安心だというニュアンスを持っているかもしれません。

でも、日本で営業している銀行の中には都市銀行ばかりではなく、地方銀行というグループも存在しています。

こちらの銀行でもカードローンサービスを展開していることはご存知ですか?

単純に都市銀行が良いという結論を下す前に、都市銀行と地方銀行との違いをメリットとデメリットで比較してみましょう。

知っているよとおっしゃる方はもう一度確認する意味で、知らなかったとおっしゃるあなたはきっとなるほどと思うはずです。

それではまず、都市銀行・地方銀行それぞれのカードローンが持つメリットとデメリットを表にまとめてみましょう。

都市銀行 地方銀行
メリット 安心感
画一的な対応
十分な融資限度額
低く押えられた金利
地元の経済に密着
地方に集中
十分な融資限度額
低く押えられた金利
地方で便利
デメリット 都市型サービス
薄い地域個別性
個別対応が不得意
審査基準が高い
地域経済の影響を受けやすい
営業地域が限定的
保守的サービス

都市銀行カードローンのメリットは銀行の大きさにある

都市銀行といえば、何よりも大手銀行が名前を並べていて、揺るがない安心感があるように思います。

銀行に求めるものの第一が安心感であるかもしれません。確かに銀行は利用者からの預金を守ることが第一の義務だからです。

さらに大手ならではの特徴として、全国どこに行っても銀行は銀行らしい対応を受けることができると言えます。

一般的に銀行はマニュアル教育が徹底して行われますので、支店によって内容が変化したりすることはあまりありません。

このことは店頭での対応についても同様だといえるでしょう。

銀行であれば、窓口が変わったら言っていることが違ったということは、まずありえないことです。

またカードローンにおいても信頼に値するスペックが用意されていると言えます。

500万円~1000万円といった大型の融資限度額は、まとめローンへの利用も可能な安心感を持っています。

そしてその他の金融業者では太刀打ち出来ない金利の低さは大きな魅力です。

融資限度額と設定金利というカードローンスペックの2大要素では他の金融業者の追随を許さない感があるのが都市銀行でしょう。

都市銀行ならではのデメリットは地方で明らかになる

しかし、都市銀行のメリットはある面ではデメリットとして作用するということもあります。

都市銀行は経営の効率化を進めた結果、サービスの提供の照準を都市に合わせています。

ですから、都市銀行の提供するサービスは都市型に特化したものになりがちだと言えるでしょう。

これはATMの設置状況などを見れば一目瞭然です。

ある都市銀行の場合は地方都市でのATM設置が各市郡に1台程度なのです。

これでは、せっかくの全国対応でも、とても利便性が高いとは言えないですよね。

都市銀行というだけあって、支店の展開状況も都市部に集中しており銀行の活動も都市が主体になっています。

経済的な、また社会的な状況が地域ごとにあるはずですが、それらに対する対応のための情報は都市銀行にはないのです。

出来る限り画一化された同じサービスを提供することが大手銀行の役割のひとつですから個別に地域対応できないのです。

カードローンに関連する点では、高い信用度を維持している都市銀行としてユーザにも同じように高い信用度を必要とします。

必然的に審査の基準は高くなり、なかなか思うように可決されて利用することが難しいことになります。

都市部での利用を前提していることが問題になるのは、会社勤めを前提にしている審査だといえるでしょう。

自営業などの信用度を都市銀行は把握しきれないという弱点があると言えるのです。

結果として他の金融機関よりも高めだと言われる審査基準は地方での適用には難があり、より審査に通りにくい傾向が高くなります。

地方銀行カードローンを利用するメリットは何なの?

地方銀行のメリットは、都市銀行のデメリットと裏腹の関係にあると言えます。

画一的で効率を追求している都市銀行に対して、地方銀行に求められる役割を考えれば当たり前のことかもしれません。

地方銀行は地元の経済状況を把握していることで都市銀行を大きく引き離しています。

地方各地ごとに異なる経済状況を都市銀行では把握して十分に対応することなど不可能ですが、これは地方銀行の得意分野です。

だからこそ、地方銀行は地元での営業を中心に力を注ぎ、サービス提供を展開しているのです。

カードローンのスペック的にも都市銀行に引けを取るということはないと言えます。

銀行のカードローンとして十分な融資限度額を用意している地方銀行も少なくありません。

当然、設定されるローン金利も銀行らしい低金利となっていることが普通で、地方とは言ってもさすが銀行といったところです。

つまり地方に限って考えれば、地方銀行カードローンは都市銀行に対して十分対抗できるスペックを持っているのです。

さらに、都市銀行の利用では問題になりがちなATMなどの数が地方銀行であれば当然ながら十分に確保できているわけです。

特にカードローンの利用ということを考慮するとき、ATMの設置台数は利用しやすさの大きな決定要因になります。

キャッシングが気軽にできるか、返済支払が簡単にできるかはATMが近くにあるかどうかが重要なことになるからです。

地方銀行カードローンのデメリットは地方に特化してること

あまりスポットライトを当てられてこなかった地方銀行のカードローンですが、それにはいろいろな原因が考えられます。

地方銀行も預金者からの資金を保護することが最も重要な指名であることは変わりません。

このことから銀行として安心度は至上命令だと言えるでしょう。

ところが、地方経済と密着した経営がもう一つの課題であり、地方経済の状況から大きな影響を受けざるを得ません。

結果として、地方銀行は都市銀行に比較すると様々な営業に対して消極的であるという印象・イメージが出ているのです。

このような条件から、さまざまなデメリットが発生します。

営業地域が都市銀行とは比較にならないほど限られてしまうことを挙げるべきでしょう。

地域に密着した営業だからこその地方銀行なのです。地方銀行が提供するサービスは日本全国に展開されてはいないのです。

宿命的、保守的な営業課題から消費者目線でのサービス提供のノウハウ蓄積が遅れてきたと言えるでしょう。

具体的には、窓口での対応が不十分であるなどというイメージが醸成されてきたということも含まれます。

新しくなった東北銀行のカードローン、イーノスは何が変わった?

そのような地方銀行のひとつとして東北銀行が発行していたカードローンは、今年2015年4月リニューアルされました。

但し、リニューアルされたといっても変わらない点がひとつあります。

それは東北銀行の営業エリア内に住所があるか、勤務地があるかのいずれかが利用者条件になっているということです。

これは先に説明した地方銀行の特性に基づいて考えれば当然の帰結であるといえるでしょう。

では何がどのようにリニューアルされたのか、それによってカードローンの使用感はどのように新しくなるというのでしょうか?

このことをはっきりとさせるために一旦、従来のカードローンをまとめて説明して確認を始めることとしましょう。

東北銀行(旧)カードローンまとめ

東北銀行のカードローンは大きく4種類のローンから構成されていました。

ローン 限度額 金利
心配無用PLUS 30万円~50万円 13.5%
夢・ポケット 90万円 14.5%
夢・ポケットPLUS 200万円 14.5%
カードローンBuDDY 500万円 4.8%~14.0%

このスペックを見ると特徴的なことがおわかりになると思います。

どのカードローンを見ても、限度額が非常に低く押えられていて、銀行のカードローンとしての魅力が感じられません。

唯一、魅力的に感じられるのは低額のローンに対する低い金利設定でしょう。
(⇒カードローンの金利についてもっと詳しく

通常は30万円のカードローンを入手したとしても、最初から金利が13.5%に設定してもらえることはあまりありません。

ほとんどの場合は、最初は設定可能な最高金利に近い数字を設定され、その後の利用に応じて徐々に低くなるのです。

それでもいざカードローンに申し込もうと思っても、一体どのカードローンを選べば良いのか決めかねるのです。

さらには、それぞれに申込み条件や審査の基準等が微妙に異なっていたことも裏事情にあったようなのです。

このように整理してみると、一体どのカードローンに申しこめばお得なのかが判断できないような複雑な商品だったのです。

それぞれのカードローン商品毎に保証会社が異なっており、審査基準も統一的だとは言えない設計がされていました。

慎重さとサービス精神とが干渉しあって、非常に複雑なカードローンサービスになっていたと言えそうです。

東北銀行の新しいカードローン「inos(イーノス)」とは

まず挙げるべきことは、これまでの複雑なカード商品展開を一掃して一本化されたということでしょう。

イーノスと名付けられたカードローンに一本化されたのでスペックが実にシンプルで統一されたイメージになっています。

年齢制限こそ年齢上限が66歳未満となっており、まだまだ検討の余地があるように思われるのですが、その他のスペックは…。

融資額 10万円以上500万円以下(10万円単位)
金利 変動金利4.8%~14.0%

融資限度額が最低で10万円から申し込みすることが可能になっていることで、利用が身近なものになったと言えるでしょう。

変動金利として審査の結果から金利が適用されるのですが、10万円に対して14.0%だとしても相当にお得な商品です。

他の銀行が適用する金利と比較しても10万円に対して14.0%の金利設定というのは他にないスペックかもしれません。

カードローンの基本スペックである、融資限度額500万円、設定金利4.8%~14.0%という内容は十分にお得なのです。

都市銀行と比較しても遜色がないカードローンスペックです。

このカードは、パート・アルバイト・年金受給者・専業主婦でも申し込めることになっており、銀行のカードらしくなっています。

これまでのイメージ、地方銀行のカードローンはどうしても使い勝手が良くないというのもこれで払拭できることでしょう。

これは東北銀行が非常に頑張った結果が表されていると言えるのではないでしょうか。

スペックだけではなかった新カードローンの変更点!

カードスペックが刷新されたということはもうお分かりでしょう。

でもこれだけ全部が変わってしまうと消化不良を起こしそうだという意見も聞こえてきそうです。

実はこの度のカードローンの刷新に大きく係わっている事実が隠されているのです。

それは、保証会社の変更があったという事実であり、もともと保証会社を引き受けていたのは信販系の業者でした。

信販系の金融業者は確かに銀行による審査よりは低い基準を採用しているのですが、それでもなお高めだったのです。

中には自社内で支払返済の履歴を独自に管理し、利用履歴に対して非常に厳しい態度をとる業者も含まれています。

そうなると、他の銀行でカードローンが発行できてもその業者の保証はもらえないということにもなりかねないのです。

それが今回、消費者金融系の業者に保証会社が変更されたという事実の意味を非常に大きくしていると考えられます。

つまり東北銀行のカードローンは場合によって実質消費者金融レベルの審査基準が適用されるということになるからです。

カードローンの分類が簡略化されて一本化されたことも利用者の目線に立った設計だということができるでしょう。

また、少額カードローンを優遇している金利設定についても、やはり利用者の便宜を図った決断だと思われます。

従って、今回の東北銀行カードローンの進化は利用者にとって極めて歓迎されるものだと言えるのではないでしょうか。

口コミからわかる!東北銀行カードローンの使い勝手

しかし、まだ新しくなって間もないことから様々な不安を感じるという意見も聞こえてくることは事実なのです。

ここでは、少しそのような意見を取り上げて、検討を加えることでカードローンの評価に客観性を持つようにしたいと思います。

結局、審査が厳しいのではないか

保証会社が変更されただけで結局審査は厳しいものではないかという意見があります。

しかし保証会社の意味を考えれば、この意見に対する反論とすることができると思われます。

保証会社は、人物を審査して完全無欠の人物であることを保証するわけではありません。

個人信用情報を照会することによって、申込者の利用状況を把握し利用能力を確認し、その人の利用金額を保証することが業務です。

ですから、必要以上の審査をすることはなく、ただ利用限度額との兼ね合いから利用者の代理弁済を引き受けるかを審査するのです。

ということは、保証会社は絶えず業務に対するリスクを判断しているのであり、リスクを回避するための審査は意味がありません。

保証会社の審査はリスクを引き受けることが前提の審査だと考えて下さい。

その上で保証会社が信販会社から消費者金融系になったということはリスクに対して大胆になったということができるのです。

このことから、審査が極限まで緩くなったなどと断言することは不可能ですが、確実に審査は通りやすい傾向になったと言えます。

金利の設定、変動金利が問題だと言われますが?

変動金利とは言っても、社会・経済状況に応じて揺れ動く変動金利という意味ではありません。

このカードローンの金利設定がカードローンに対する固定金利ではないという意味での変動金利なのです。

審査の結果によって適用される金利がそれぞれ異なってくることを意味しており、その後に勝手に変動するわけではありません。

審査いかんで金利が違ってくるということは実際、どのカードローンでも一般的なことだと言えます。

利用頻度がありロイヤルティを持っている利用者であれば、通常段階的に低い金利が設定されるものなのです。

むしろ、いずれかの金利が設定されるという候補が明確に示されていることは申込みをする際に明確でわかりやすいのです。

新しいカードで評価ができないから心配か?

地方銀行でも銀行である、ということを過小評価してはいけないでしょう。

銀行としてノウハウを蓄積してきたことは間違いありませんし、地元にあっては都市銀行よりも優れているといえるのです。

初めて発行するカードローンということであれば、それなりに手探りの部分もあるかもしれませんが、そうではありません。

従来発行していたカードローンを進化させたという位置づけが可能な新しいカードローンですから、そのような不安は当たりません。

どうしてもカードローンに申込んで見なければ、実際のところはわからないという言い方も確かに成立するでしょう。

でも、それは新しいということに限らないはずで、古くても結局のところ実際に申し込みしてみなければ結論できないのです。

東北銀行のカードローンは新しくなったのですが、これは全く新規に開発されたものではなく、更新された進化系カードなのです。

ですから、新しいカードで評価できないという評価は不当かもしれません。

むしろ、従来のカードローンの問題点をどのように東北銀行が理解して、解消しようとしているのかがわかるのではないでしょうか。

東北銀行カードローンの使い勝手が悪いとは言えない

岩手県に本拠を構える東北銀行のカードローンは、地方銀行のカードローンだから、新しいから使い勝手が悪いとは言えません。

地方に本拠を構えて地道に営業を継続する地方銀行ならではのメリットを享受するために最適なカードローンだと言えるでしょう。

当然、それには条件があります。

営業区域内に生活空間があることが絶対条件になっており、この点が都市銀行などとは根本的に異なるわけです。

盛岡市内に設置されているATMの数は24箇所に上るのに対し、一都市銀行では7箇所に過ぎないのです。

カードローンの使い勝手を決定するのはATM設置箇所の数に相違ありません。

地方では地方銀行のカードローンの使い勝手が大いに勝るという結論になるでしょう。

拡大する可能性!地方銀行カードローンだからチャンスあり

地方銀行だからこそ地元の人達に有利でなければならないはず。

地元に住んでいて良かったと思えるようなカードローンをこそ使いたいと思いますよね。

はたして東北銀行カードローンはそのような願いを満たす可能性はあるのでしょうか。

保証会社変更に伴うもう一つのメリット

複数の保証会社が1つの銀行と提携することは決して珍しいとは言えず、他銀行のカードローンでも目にします。

しかし、1つのカードローンに対して複数の保証会社が用意されることは、それほど頻繁ではなくなってきます。

さらに、どの保証会社によって審査を受けることになるのかについては、公開しているところはほとんどないのです。

だから、どの保証会社の審査を受けるかがわからないことはカードローンを申し込む時の大きな不安の1つになっています。

一般的に、審査基準の厳しい順に言えば、銀行、信販、消費者金融という並びになります。

信販系の場合、金利を低く設定しなければならないことが優先しますので、その反面審査基準は厳しくなるものとされています。

ロイヤルティの対する考え方も厳しいものだと言えます。一度でも遅延があると社内情報として留保される場合もあるのです。

そのような社内情報は原則無期限に保存されるとも言われ、信用情報が改善する可能性はほとんどないことになります。

それに対して、消費者金融系では支払遅延に対して適正な処置を取る限り決定的なダメージになることは稀だと言えます。

業界によって判断基準の違いがあるということになりますが、これはもともとの営業分野と必要から生じていることなのです。

この点、東北銀行のカードローンでは事情が違っており、利用申し込み者によってある程度選択可能になっています。

それで結局、東北銀行カードローンは使えるのカード?

ここでもう一度整理のために東北銀行カードローンのスペックを再評価したいと思います。

  • 融資限度額は十分な500万円
  • 金利は銀行と同等の4.8%~14.0%

保証会社が消費者金融系であり、中でも積極的な審査結果を出すことで有名な業者であることを考えればいかがでしょうか?

いざという時のために用意しておきたい一枚だということができそうです。

  • スペック的には都市銀行と並ぶ内容の充実度
  • 地方に特化した利用のしやすさ

以上を備えたカードローンとなれば、利用条件に適応している方であれば無条件にお奨めできる一枚だと言えるでしょう。

可決のチャンスを広げるヒントをご紹介

東北銀行カードローンのチャンスを広げるポイントは保証会社の変更にこそあります。

それがどういうことなのかと言いますと、…

通常、保証会社はいくつか用意されているのですが、それらの保証会社のすべてが保証しなければならないわけではありません。

どれかの保証会社が審査の上、あなたの保証を引き受けてくれれば良いのです。

かつては申し込みしたけれど否決されたという方もいらっしゃることでしょうが、その理由は明らかにはされません。

しかし、保証会社が変更されたということには、そのような方にも新たなチャンスがあることを示唆しているのです。

無論、自己破産などの債務整理をしたよという場合はやはり難しいかもしれませんが、そうでなければチャンスはあるでしょう。

現在の保証会社は2系統の業者が受託しており、クレジット会社系と消費者金融系になっています。

この2系統の保証会社のいずれを選択するかによって可決の確率は大きく異なってくるに違いありません。

主に積極的な審査結果で評価されているのは、消費者金融系の保証会社です。

今までの利用で実績があり、審査には特に心配がないという方であれば、もちろんそのまま申込みをすることができるでしょう。

しかし、少し過去にトラブルの種を抱えているような場合、少しでも審査が緩い方法で申込みをしたいのではないでしょうか?

東北銀行の場合、電話で申込みをすることによって消費者金融系業者が保証会社になります。

これによって、今までのカードローンよりも高いスペックのものにより緩い審査で、可決される可能性が高くなるといえます。

これは確かに拡大しているチャンスであり、このチャンスを活かすか否かはあなた次第だと言えるのでしょう。

【参考ページはこちら】
大手を超えた?おぎぎんのカードローン

新着記事
TOPICS