> > > 一回に借りれる額が高いのはここ!オススメの金融機関3社!

一回に借りれる額が高いのはここ!オススメの金融機関3社!

安心してお金を借りられる消費者金融を探している方、必見の情報です!

ただお金を借りるだけではなく、どうせならできるだけ良い条件でお金を借りたいですよね。

融資の限度額が高く、借りたお金の使い道を自由に決められて、なおかつ、最短で当日のうちに融資を受けられれば理想的です。

こういった条件を踏まえ、安心してお金を借りられる金額機関を3つ、ピックアップしてみました。

高額の融資を希望している方、ぜひ参考にしてください!

オリックスローンなら、最大の融資額はなんと800万円です!

金融機関からお金を借りたいと考えた時、融資の限度額はいくらなのかというのはポイントの一つでしょう。

やはり融資の限度額の高さという意味でオススメなのは、オリックス銀行のカードローンです。これなら、最大の融資額は800万円になります。

さらに、300万円までの借り入れなら、収入の証明が不要です!

さらに利用者にとって嬉しいのは、融資の希望額が300万円までなら、収入を証明する必要がないということです。

他社のサービスだと、収入の証明を無しに高額な融資を受け取ることが難しい場合もあります。やはり、借金返済時の責任問題というのがありますから。

金融機関としては、顧客にとって無理のない範囲内でお金を貸したいわけです。だから、収入が低いということは借金の返済能力がないとみなされて、高額な融資を受け取ることが難しい場合も多いのです。

しかしながら、オリックス銀行の提示する、カードローンでの借り入れ限度額800万円、さらに300万円までの借り入れなら収入の証明が不要という条件は、まさしく破格のものです。

即日融資にも対応しているので、非常に便利!

さらにオリックス銀行のカードローンは、即日融資にも対応しています。

一部条件次第では申し込み日の翌日に振り込みということになる場合もありますが、ジャパンネット銀行の口座を開設している人なら、確実に即日融資を受けられます。

条件を満たせば、老若男女誰でもカードローンを申請できる!

オリックス銀行のカードローンを申請する条件はそれほど難しくありません。

満20歳以上から65歳未満の男女で、原則として安定した収入のある人だったら誰でも申し込めます。

オリックス銀行のカードローントはこんなサービスです

事業資金を除き、借入金の用途は自由。年率は3パーセントから17パーセント、月々7,000円から返済を受け付けてもらえます。

残高スライドリボルビング払いによる返済方式で、例えば借入金が30万円以下なら毎月七千円ずつの返済。

借入金が600万円以上と高額になれば、毎月の返済費用は8万円ということになります。

高額な融資は、例えば引っ越しやリフォームの費用、あるいはお子様の教育資金などに充てられる場合が多いようですね。

オリックス銀行のカードローンで融資を受ける際に、担保や保証人は不要です。

まとめると……

  • オリックス銀行のカードローンなら、最大の融資額はなんと800万円!
  • おまけに、300万円以下の融資なら、収入の証明は不要!
  • 即日融資にも対応しているので、非常に便利!
  • 条件を満たせば、老若男女誰でもカードローンを申請できる!
  • 事業資金を除き、借入金の用途は自由!
  • 年率は3パーセントから17パーセント、月々7,000円から返済OK!
  • オリックス銀行のカードローンで融資を受ける際に、担保や保証人は不要

モビットは大手で特に人気のカードローン業者です!

モビットも、借入の限度額に魅力がある消費者金融の一つです。

モビットのカードローンなら、最短30分程度(申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。 )の審査で、最大800万円もの審査を受けることが可能です。

年率は3.0%~18.0%。20歳以上69歳以下まで、安定した収入のある男女なら誰でも申し 込み可能です。

モビットは、三井住友銀行グループの金融機関だから安心です!

モビットは、三井住友銀行グループの金融機関だから安心です!

三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っていると、申し込みがweb完結。

とてもスピーディーに融資を受けられて便利です。

モビットなら、電話連絡なしです!

多くの場合、消費者金融から融資を受ける際、在籍確認というプロセスを経なければなりません。

在籍確認とは、カードローンを申し込んだ顧客本人、あるいはその配偶者に対して、勤務先に確認の電話を入れる作業のことです。

そもそも、金融機関が顧客にお金を貸す以上は、その顧客が借金の返済能力を十分に持っているかどうかというのが重要な問題になります。

それを確かめるために、在籍確認という審査を行うのが普通なのですが、在籍確認というのは、人によってはたいへん面倒だと感じるでしょう。

モビットなら電話連絡なしです。カードローンの申し込みから融資を受け取るまでの間、主要なプロセスは全てweb上で完結します。

電話連絡も行われず、必要な連絡事項は全てメールで、というのがモビットのスタイルです。

モビットなら、振り込み先の口座が選択できます!

モビットのカードローンを利用する際、とても便利で嬉しいサービスが一つ。

それは、借入金の振り込み先を自由に選択できることです!

借入金の振り込み先を自由に選択できるというのはつまり、自分がすでに持っている銀行の口座にお金を振り込んでもらうか、あるいはモビットが提携しているATMにお金を振り込んでもらうか、というパターンについて選択できるという意味です。

このサービスのどのあたりが便利なのか、すぐにはピンと来ず不思議に思う人も多いかもしれません。

けれどもこのサービスは本当に便利です。例えば、自分が口座を持っている銀行からお金を引き出そうということを考えた場合。

外出先などで簡単に自分が口座を持っている金融機関のATMが見つかればいいのですが、残念ながらすぐには見つからないということも多いです。

ということは、たとえ自分の口座に消費者金融からの借入金を振り込んでもらうなら、自分が本当にお金というものを必要に感じた時、自分がいる場所のそばに、自分が口座を持っている銀行のATMがないと無意味ということになってしまいます。

せっかく融資されても、そのお金を受け取ることができないわけです。

そういうトラブルを防ぐために、モビットのカードローンのように、希望する融資額をどの口座に振り込んでもらうか、自分の口座かあるいは提携ATMか、というのを選べるということは、とても便利なのです。

最短45分で200万まで融資可能!困った時はアローまで!

前項で紹介したモビットのカードローンは、短い審査時間で高額な融資を受けられるというのがたいへん大きな魅力でしたが、同様のスタンスでサービスを展開している消費者金融は他にもあります。

例えばアローなら、最短45分の審査時間で200万円の融資が受けられます。

すでに他の金融機関から融資を受けている場合も、ローンの「おまとめ」に対応しているので、金利を一本化できることも大きなメリットです。

フクホーからの融資を受けるには、どうすればいいのか

フクホーから融資を受ける方法はいくつかあります。

いずれも難しい方法ではないので、利用者にとっていちばん都合のいいやり方でお金を借りればいいでしょう。

まずは、おそらく一番お手軽な、インターネット上から融資を申し込む方法について。

これは要するに、ネット上でまずは仮審査を受ける形になります。

そしてその仮審査を無事にパスすることができれば、正式に融資を申し込むために必要な種類が、指定した住所に送られてきます。

インターネット経由以外で融資を申し込む方法は、直接フクホーの店舗に行く方法と、フクホーに電話をかける方法です。

来店の際は、プロのスタッフが丁寧に融資に関するガイダンスをしてくれますし、電話での申し込みの際も、音声ガイダンスに従って申し込むだけなので、初心者でも安心です。

アローから融資を受ける条件・金利など、気になるポイント

アローからお金を借りる条件は、それほど難しくありません。

一定期間にわたって安定した収入がある満20歳以上の男女なら、基本的に誰でも融資を受けることができます。

借りたお金の返済期間は最長で五年、分割払いの回数は2回~60回までということになっています。

融資を受けるにあたって、担保や保証人の類は不要です。

アローから融資を受ける際に必要なもの

アローから融資を受ける際に必要なものは、まず本人確認のための書類です。

いわゆる本人確認書類とは、運転免許証・各種健康保険証・パスポートなどです。

基本的にこの3種類のいずれかが提示できれば問題ありません。

また、フクホーでは希望の融資額に関係なく、原則として収入の証明書類の提出を求められます。

このプロセスがすでに融資を受けるための審査の一環だと考えてください。

フクホーのスタッフに自分の収入を把握してもらうことで、自分にとって最適な額の融資を受けることができるわけです。

そしてさらに、フクホーからの融資を受ける際には、住民票の原本を提示する必要があります。

その他、フクホーのスタッフからなにか求められた書類は情報があれば、指示に従って提示するようにしてください

まとめると……

  • アローなら、最短45分の審査時間で200万円の融資が受けられます!
  • ローンの「おまとめ」に対応しているので、金利を一本化できる!
  • ネット・電話・直接来店など、様々な方法で申し込み可能
  • 安定した収入がある満20歳以上の男女なら、誰でも融資を受けられる
  • 申し込みに際して、本人確認書類、収入の証明、住民票の原本等が必要

高額な融資を申請する際、気をつけるべきことは?

ここまで紹介してきたのは、いずれも「よい条件で高額な融資を受けることができる」オススメの金融機関ばかりです。

結婚や引っ越し、リフォームや教育資金などで高額な資金を必要としている人は、ぜひともこれらの情報を参考にしてください。

しかしながら、何も考えずに高額な融資を受けることは難しい場合もあります。高額な融資を受ける際に気をつけるべきこと押さえておきましょう。

高額な融資を申請する際、審査をパスするポイントは、まず、利用者自身の収入が十分にあると認められるかどうかにあります。

当然のことながら、消費者金融から借りたお金は返さなければなりません。

だからこそ、消費者金融のスタッフは、顧客がどの程度の借金返済能力を持っているのかというのをチェックするために審査を行うのです。

極端なことを言えば、年収が200万円という人が、300万円という高額融資を受け取ることはできないわけです。

たとえ、300万円までの借り入れなら収入の証明書が不要ということになっていたとしても、初めて借り入れを受ける前の審査で、必ず仕事や収入のことについては質問されます。

まずは顧客がきちんと借りたお金を返せるかどうかということを確認するため、初回の借入時は、高額な融資を受けられない場合も多いのです。

借金の返済が滞るとどうなるの?

基本的に、消費者金融から借りたお金を返す日というのは、毎月決められています。

いくつかの選択肢の中から利用者自身が選べるということもあるのですが、いずれにしろ、決まった日にはきっちりお金を返さなければなりません。

この返済が滞るとどうなるのか、当然、期日までに借金が一部でも返せないということになれば問題ですが、もっとまずいのは、借金の返済が遅れるという事実を、消費者金融のスタッフに黙っていることです。

借金の返済が間に合わないと思ったら、まずは利用している消費者金融に電話で連絡してください。

借金の返済が難しくなった時、金融機関に連絡を入れないという人もいますが、これが一番困ります。

借金の返済が遅れそうですという電話をしただけですぐになにかペナルティーが生じるのではないかと恐れて連絡を入れない人がいるのですが、それは間違いです。

実際、借金の返済が遅れ像な時にはきっちり電話連絡を入れた方が、利用者が受けるペナルティーが軽くなる場合も多いです。

借金の返済が遅れそうな時にはきっちり連絡をしましょう。できれば電話での連絡が望ましいです。

まとめると……

  • 審査をパスするポイントは、利用者自身の収入が十分にあるかどうか
  • 初回の借入時は、高額な融資を受けられない場合も多い
  • 借金の返済が間に合わなければ、利用している消費者金融に電話で連絡!

【参考ページはこちら】
キャッシングの疑問はここで解決!

新着記事
TOPICS