ブラックが融資を受けられる上限に関する記事を一挙公開!

カードローン審査は普通の人なら通る審査と言って良いのです。また、審査が甘めで柔軟な消費者金融のカードローン審査なら、なお審査に通り易いので誰でも審査にパスできる可能性は高くなります。たとえば、某大手消費者金融の審査通過率はなんと47%!なんですよ!

つまり、申込者の約2人に1人の割合で審査に通っているのです。しかしながら、知名度の高い大手消費者金融や銀行のカードローンとなると、ブラックの人は審査に通してくれないと言って良いのです。大手消費者金融は、先にも触れたようにかなり審査が甘めなのですが、申込者の信用力はかなり重視されることになるので信用力の低いブラックでは審査に通ることが非常に難しいのです。
(⇒審査の甘いカードローンを教えて!

そうなるとブラックでも利用できるカードローンは、中小消費者金融や街金融と言う事になってしまうのです。中小消費者金融や街金融では、大手消費者金融や銀行のカードローン審査に通らないような人を積極的に自分たちの顧客として救い上げているので、ブラックでもカードローン利用を認めてくれる余地が出てくるのです。

そして、ブラック対応可の消費者金融では、ブラック利用可に応じた独自の審査を設けているのです。で、その独自の審査基準さえきちんとクリアできればカードローン利用を認めてくれるのです。ところで気になるのは、「仮にカードローン利用が可能になってもブラックだと借入額の上限はどのくらいになるのか?…」と言う事ではないでしょうか?

この点については「ブラックだと借入額の上限は○○万円まで…」と言ったように一概には言えないのです。つまり、借入の上限はブラック対応可の各々の消費者金融によってまちまちと言って良く、ブラックである申込者本人の様々な条件によって上限が左右されてしまうと言うことなのです。

その一方で、ブラックでもカードローン利用を認められて融資された方々の口コミ情報を見てみると、一般的にブラックに対する借入の上限は低く抑えられてしまう傾向があると言えます。具体的には5万円~10万円くらいが普通みたいですね。

また、比較的ブラックに対する融資比率が高いとの評判の消費者金融での上限は30万円くらいに留まるようです。カードローン利用を審査に通って認めてくれるとしても、やはりブラックである事実に変わりは無いことから信用力は低く見積もられてしまいます。

そして、信用力が低い人にはやっぱり大きな融資上限は与えられないのです。それゆえ、ブラックの人は「ブラックでもカードローン審査に通してくれてお金を貸してくれる…」との事実を重視すべきではないでしょうか?

【参考ページはこちら】
上限額が上がるほど審査も厳しくなる?

閉じる
閉じる